「ジャック・オ・ランタン」の由来とは?親子でのハロウィンの楽しみ方もご紹介

ハロウィンの風物詩「ジャック・オ・ランタン」について知りたい

ハロウィンが近づくと街中でよく見かけるカボチャのお化け「ジャック・オ・ランタン」。目と鼻と口をくり抜いて作られたカボチャを見ると秋を感じさせてくれるほど、ハロウィンに欠かせない存在です。

でも、どうしてカボチャをくり抜いて火を灯したり、玄関に飾ったりするのか?その由来や意味については意外と知られていません。

「ジャック・オ・ランタン」は英語?スペルはどう書くか知ってる?

皆さんはジャック・オ・ランタンが英語でどう書くのか知っていますか?ジャック・オ・ランタンは英語で「Jack-o’-Lantern」と書きます。

その読み方は様々で「ジャック・オ・ランタン」「ジャックオーランタン」「ジャコランタン」などいくつかあります。

実は「Jack-o’-Lantern」の「o’」の部分は「of」や「on」の略で、元々アイルランドで「Jack of Lantern」と呼ばれていたのが変化して現在の英語表記「Jack-o’-Lantern」になりました。

ランタンは「ちょうちん」という意味なので直訳すると「ジャックのランタン」になります

意外と怖い!「ジャック・オ・ランタン」の由来

ジャック・オ・ランタンは日本語で調べると「カボチャちょうちん」や「鬼火・孤火」となっています。

日本語訳が「カボチャちょうちん」になっているののは理解できますが、なぜ空中を漂う炎の「鬼火・孤火」になっているのでしょうか?そこにはジャックという男の悲しい男の話が由来しているのです。

「ジャック・オ・ランタン」は元々はカボチャではなくカブだった、悲しいジャックの話

ジャックオーランタンの正体は、ズル賢く、悪さや乱暴ばかりして墜落した人生を送っていたアイルランドのジャックという男です。

ジャックは大の酒好きで毎日のように酒場で飲んだくれていました。10月31日そんな悪行をみかねて家に帰る途中に悪魔が遂にジャックの魂を奪いにやってきます。ジャックは魂を取られたくなかったので「最後にお酒を飲みたい」と悪魔に頼んだのです。

不憫に思った悪魔はお酒の代金に変身。ジャックは変身した悪魔を騙し、お金を自分のお財布に封じ込めました。その時に自分の魂を10年間取りに来ないことを悪魔に約束させ、財布から解放したのです

10年経って悪魔が魂を奪いにきた時もジャックは同じように騙し続け、何年も生き延びました。しかしそんなジャックも寿命になり、本当に魂を奪われる時がやってきました。

ジャックは日頃の行いから地獄行きを命令されましたが、地獄にいた悪魔から「お前の魂は取れない約束だから、地獄には入れない!」と言われ、地獄にも天国にも行けなくなってしまったのです

行き場を失ったジャックの魂。ジャックは悪魔に頼んで地獄の火のかけらをもらい、道に転がっていたカブをくり抜いてチョウチンを作り、居場所を求めてさまようようになったそうです

ジャックが空中を漂う炎の「鬼火・孤火」とされている所以はこの悲しい話に由来していたのです。

元々カブだったジャック・オ・ランタンがどうしてカボチャになった?

ジャック・オ・ランタンの由来の話の中ではカボチャではなくカブを被っていたジャック。なぜ元々カブだったものがカボチャに変わってしまったのでしょうか?実はそれには移民や食文化事情が関わっていました

1800年頃アイルランドで大飢饉があり、この大飢饉の影響で150万人以上のアイルランド人が亡くなったといわれています。アイルランドの人々は大飢饉を逃れるために次々とアメリカに移民をして、アメリカでもジャック・オ・ランタンの話が伝わっていきます。

しかしカブはアメリカにとってあまり馴染みもない野菜だったので、アメリカで手に入りやすく、細工もしやすいカボチャが代わりとして使われるようになったそうです。

ジャック・オ・ランタンのかぼちゃに火を灯すには訳があった!

お話の中では行き場を失ったジャックがカブに光のかけらを入れてチョウチンにしたという言い伝えがありました。今でもハロウィンになると顔の形に切り抜いたカボチャに火を灯し、提灯として玄関などに飾ります。

もちろんカボチャに火を灯すのはジャック・オ・ランタンの言い伝えが由来しているのですが、現在は「魔除け」として玄関に飾られているようです。家の明かりを消して光を灯したジャック・オ・ランタンを玄関に飾っておくことで、悪魔がランタンの光に引き付けれらると考えられています。

そのことから玄関に光を灯したジャック・オ・ランタンを玄関に置いておくと家に悪魔が入ってこないという意味合いがあったのです。

ジャック・オ・ランタンで使わられるかぼちゃの種類はなに?

カボチャの種類は大きく分けて「西洋カボチャ」「日本カボチャ」「ペポカボチャ」の3つに分類されます。

英語でカボチャの総称として「スクウォッシュと」といい、その中の表面がオレンジ色のカボチャだけを「パンプキン」と言います。日本で一般的に見かける表面が緑色のカボチャは正確にはパンプキンではなかったのは驚きですよね!

ハロ会陰で使われるカボチャは大・中・小のサイズ別にいくつか存在します。

プッチーニ(小さいサイズ)

プッチーニの大きさは12~13cmで重さは200g~300gの手の平サイズでとても可愛いカボチャです。

こちらはハロウィンの小さな飾りとして使われますが、食べることもできて、しかもとても甘くて美味しいんです。レンジでそのまま調理ができるので飾りとしてだけではなく、料理にも、スイーツにも活用できるカボチャです。

おもちゃカボチャ(小さいサイズ)


出典:はなどんや

おもちゃカボチャはプッチーニよりさらにミニサイズで大きさは5~13cm。見た目はプッチーニと似ていますがこちらは完全に観賞用なので非常に軽く中身はスカスカで食べることができません

ベピーバム(中くらいのサイズ)

ベピーバムは凹凸がなくマルッと綺麗な形をしているのが特徴。サイズも物にもよりますが2〜3キロ程度で、サイズ感も良く形も綺麗なのでハロウィン様のカボチャとしても人気の種類になります。食用は可能でスープなどとして食べることができます

ハロウィンカボチャ(中くらいのサイズ)

ハロウィンカボチャはペポカボチャの一種です。物にもよりますが、手のひらサイズのものから40〜50cmくらいのものまで様々です。食べられない訳ではないですが、果実が渋く硬いので主に観賞用として使われます

アトランティックジャイアント(大きいサイズ)

とにかくその大きさに驚かされる超ビッグサイズのカボチャです。そのお重さは100kgを超えるものもあり、大きさを競うコンテストなどに出品される観賞用のカボチャです。日本最高記録の大きさははなんと591kgというから驚きですよね!

ジャック・オ・ランタンで使われるかぼちゃの入手方法

ジャック・オ・ランタンをいざ作ろう!と思ってもハロウィンで使われる観賞用カボチャは日常生活で中々見かけることはありませんよね。では、ハロウィンで使う観賞用カボチャはどこで購入することができるのでしょうか?購入できる場所は意外と多く5つくらいあります。

  • 花屋さん
  • デパートやスーパー
  • 東急ハンズなどのバラエティショップ
  • インターネット
  • 八百屋さん

花屋さんは観賞用のカボチャをたくさん置いていて、おもしろい形のものや珍しい種類のものなどが手に入りやすいです

どちらかというと花だけを取り扱っている様な花屋さんよりも、ガーデニングなども取り扱っている総合的な花屋さんの方が置いている可能性が高いです。

その他のお店もそれぞれ9月の終わり頃から季節商品として取り扱いを始めます。ハロウィンが近づいて来たらぜひ店頭に並んでいるカボチャをチェックしてみてください!

10月に入ると街はハロウィンに向けてオレンジ一色。ジャック・オ・ランタンも街のそこかしこに飾られていきます。近年では仮装する人も多く、様々なイベントも開催されます。

でもハロウィンになぜ仮装をするのかや、お菓子を配るのかなど知らないことは意外と多いです。そもそもハロウィンの日にちはいつなのかなど知っておきたいポイントをご紹介していきます。

意外と混乱しがちなハロウィンの日にち

ハロウィンは10月の最後の日つまり「10月31日」と決まっています。元々ハロウィンは古代アイルランドのケルト民族の「サーウィン」というお祭りでした。ケルト人にとって10月31日は一年の終わりにあたる日になります。

この日は現世と死後の世界が繋がる日とされ、現世に戻ってくる祖先の霊を供養し、現世の悪霊を追い出すための行事だったのです。日本でいうと暦場では大晦日、行事ではお盆の様な感じになります。

ハロウィンで仮装するその訳とは?

ハロウィンでは大人も子供も仮装する風習がありますが、仮装をする様になったのにはきちんとした理由がありました。

アイルランドでは現世と死後の世界が繋がる10月31日は悪い魔女や悪霊がくる日といわれており、そんな悪霊たちから身を守るために怖い格好をしたのが始まりと言われています。ジャック・オ・ランタンを「魔除け」としてこの日に玄関先に飾るのも頷けます。

ハロウィンでお菓子を配る理由

ハロウィンでお菓子を配る理由も「魔除け」の意味合いがありました。ハロウィンでは子供達が仮装をして “Trick or Treat”(トリック オア トリート)と言いながらお菓子を近所の家にもらいにいきます。

実はこれ、厄除けの行事の一つと言われています。訪ねてこられた家の大人たちは子供にお菓子を配ることで、自分の身に災難が起こらない様にしているそうです

ちなみにお菓子をもらう時の合言葉 “Trick or Treat”(トリック オア トリート)は日本語で直訳すると「お菓子をくれないといたずらをするよ!」になります。

大人は魔女や悪霊に仮装した子供にいたずらをされない様せっせとお菓子を配っているんですね。お菓子を渡した後のお返しの言葉は「Happy Holloween!」なので、お菓子お配った時は子供達に是非この言葉を返してあげましょう!

ジャック・オ・ランタンなどのハロウィンの飾りはいつからいつまで飾る?

ハロウィンの飾る期間は日本のお雛様の様に厳密なルールはない様です。ただ、一般的には1ヶ月前の10月初旬ごろから飾ることが多い様です。

ハロウィンの飾りはとても可愛いので、日本でも早いところでは9月の終わりくらいからハロウィンの飾りはグッズが店頭に並部のを見かけますよね。いつまで飾るのかも同様にルールは存在しませんがイベントが終わった節目として11月1日にしまってしまうことが多い様です。

子供と一緒に作れるものも!ジャック・オ・ランタンで楽しく工作♪

ジャック・オ・ランタンの由来を聞くとちょっぴり怖く感じるオレンジのカボチャですが、ハロウィンには欠かす事のできないアイコン的存在ですよね。

ジャック・オ・ランタンはお化けの提灯ですが、色合いやなんとなくユニークな表情からとても親しみやすく、子供からも大人気のキャラクターです。

そんなハロウィンの風物詩のジャック・オ・ランタンを手作りしてハロウィンをより一層楽しみましょう!親子で楽しくし工作できるものもあるので是非お子様と挑戦して見てください。

こちらは羊毛フェルトを使って作られたジャック・オ・ランタン。羊毛フェルトは裁縫が苦手な人でも、毛糸をチクチクしていくだけでできるのでとってもお手軽!

オレンジの羊毛フェルトを用意してどんどんチクチクしていくと丸くなるので後は目と鼻と口を書くだけ。お子様と一緒に作る場合は針が当たって怪我をしない様に気をつけてくださいね。

手作りのジャック・オ・ランタンやお化けたちが可愛い貼り絵。これならママがパーツを切っておいて、子どもに貼らせて一緒に工作をすることができますよね。お化けの包帯部分は折り紙をビリビリと自由に手で切らせてあげると子どももきっと大喜びしてくれるのではないでしょうか?

なんと自分の足型を重ねてジャック・オ・ランタンのカボチャに見立てた足型アート!自由な発想がとてもユニーク!

後は切っておいた黒の画用紙の目と鼻と口を並べて貼るだけ!お家でするとフローリングが汚れてしまうので大きなレジャーシートなどを敷いて家族で楽しんでみるのもいいかもしれません。

こちらはフェルトを切って作られたハロウィンのキャラクターたち。文字や口などを糸で縫うのは子供にはちょっぴりハードルが高いですが、目の部分をボンドでくっつけるのは簡単なので一緒に参加でそうですよね。

フェルトでできた可愛いキャラクターたちをゴミなどにつけてヘアアクセサリーにしたり、安全ピンをつけてバッジにしたり色々な楽しみからができそうです。

折り紙を使ったハロウィンの工作。子供って折り紙が大好きですよね!可愛いハロウィンのキャラクターならちょっとだけ難易度が高くても子供も頑張って作ってくれそう。

幼稚園や保育園のお友達のお手紙に入れたり、プレゼントしたりして季節のお便り贈ってみてはいかがでしょうか?

侮れない!100均一のジャックオランタングッズが可愛い

100均一のジャックオランタングッズは子供心をくすぐるアイデア商品が多く、例年10月に入る頃には売り切れる商品も多いとか。9月に入ると商品が並び出すところも多いので、きになる商品は早めにゲットしちゃいましょう。

暗いところで光るライトグッズ。写真のようなインテリア以外にも、手首につけるタイプのものや、イアリングになっているものなどあり、種類も豊富です。

パーティーなどで使えそうなカップやピックなどのキッチン雑貨。季節ものなのでお手軽に楽しむことができるのは嬉しいですよね。ピックはお弁当に入れてもハロウィン気分を味わえてオススメです。

マスキングテープやステッカーなどの文具雑貨も充実しています。マスキングテープを無地の封筒の淵に貼るだけでハロウィン仕様のお手紙に。

ステッカーもたくさん入っているので、風を閉じるシールとして活用するのはもちろんのこと、お手紙交換の中に入れたりして楽しむすることもできます。

ジャック・オ・ランタンをモチーフにした料理や装飾でハロウィン気分を満喫

家の中の飾りやジャック・オ・ランタンをモチーフにした料理でハロウィンを家族で楽しんでみませんか?小さくてもオレンジ色のカボチャをリビングに置いたり、料理に遊びココロをプラスすることでハロウィンの気分が一段と盛り上がります。

厚揚げをお化けのモチーフにしたり細いソーセージを並べてカボチャに見立てたり、ウインナーがチーズの包帯を巻いてたり。見ているだけでも楽しい気分になれるプレートですよね。

全部を作るのは無理でも、ちょっと真似できそうなアイデアをもらって家族に振る舞ってあげると大喜びしてくれること間違いなしです!嫌いな野菜もこんなに可愛く盛りつければパクリと食べてしまうかもしれませんね!

こちらのアイテムはなんと全て100均一で揃えているそう。とてもおしゃれでそんな風には思えないですよね。

100均一ならそんなに金額もかからないし、挑戦しやすいのではないでしょうか?ちょっとしたひらめきで、ガーベラの造花も可愛いお化けに大変身!アイデア次第でコストを抑えつつハロウィンインテリアを満喫することができます。

消しゴムはんこもハロウィン使用!色使いもハロウィンのカボチャや秋を感じさせてくれてとても素敵。ちょっとしたお手紙やメッセージカードにも使えそうですし、手作りお菓子を入れるラッピング用紙にワンポイントで貼っても季節感があって喜ばれそうですね。

大胆に紅葉を飾ったおしゃれなインテリア。その大きな紅葉の下にはジャック・オ・ランタンをはじめとする楽しい仲間たちがまるでピクニックを楽しんでいるよう。リースや大きなキャンドルもアクセントになっていてアイデアの詰まった空間です。

3色のおにぎりをまるでクロカンブッシュのように盛り付けたアートのような料理。3色のまん丸おにぎりを作ったらどんどん積み上げていくだけでできるのでお手軽に作れそう。

ハロウィンの時期が近づくと、ジャック・オ・ランタンの目や鼻や口を型どったのりや、その形になるのりパンチも販売されるので、活用しながら楽しんでみるといいですね。

子供が大好きなハンバーグに星や愉快なキャラクターが大集結!ハンバーグの近くにあるジャック・オ・ランタンの付け合わせはなんとカボチャを裏ごししたものを混ぜた白玉団子!

手の込んだものはできなくても、人参や大根を星型に型どってお皿にちりばめるだけでも気分が盛り上がるし、子供もきっと大喜びしてくれるのではないでしょうか?

ジャック・オ・ランタンの由来を知ってハロウィンをもっと楽しもう!

見た目はとっても可愛いジャック・オ・ランタン。その可愛いキャラクターとは裏腹にちょっぴり寂しい話が隠されていました。

10月31日に仮装する意味やなぜお菓子を配るのかなどの歴史を知っておくと今までとは少し違った感覚でハロウィンを楽しむことができるかもしれません。

ジャック・オ・ランタンをモチーフにしたグッズ作りや料理なども挑戦してみながら家族みんなでハロウィン気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか?