一生モノの食器をプレゼントしよう。選び方のポイントとおすすめアイテム

大切な人だからこそ選びたい、食器の贈り物

女性は特に、身近な人の節目節目でお祝いを贈る機会が多いですよね。家族、親友、先輩、上司…自分にとって身近で、大切な人への贈り物は、リサーチの時間やお金をかけて、ついこだわってしまいます。ずっと使ってもらえるもの、ちゃんと喜んでもらえるものを贈りたい、と。

そんな場面でぜひともおすすめしたいのが、食器のプレゼント。食器となると、少しハードルが高いように感じる人もいるかもしれません。

でも、ちょっとした選び方のコツがわかっていれば大丈夫。センスが光るおしゃれな贈り物を手に、大切なあの人のお祝いの席へと向かいましょう。

食器のプレゼントは節目のお祝いにピッタリ

食器のプレゼントは、就職、引越し、結婚、出産、新築祝いなど、人生の節目のお祝いにふさわしいアイテムです。

「これはあのときにもらったものだわ。」とか、「そういえば、こんな事があったのよね。」とか、その食器を見ただけで『あの頃』を思い出してもらえる。一緒に思い出話に花を咲かせることができる。

そんな風に昔の記憶を辿って思いを馳せることができるのは、年代や世代をも超えて、ずっと長く使える食器だからこそ。大切な人にこそ食器をプレゼントする、一番の醍醐味のような気がします。

食器をプレゼントするときに気をつけたい意味

実は、贈り物にはそれぞれに隠れた意味が存在します。縁起のいいものはちろんですが、シチュエーションによってはタブーとなるプレゼントがあったりもします。そして、食器のプレゼントにもそのタブーが存在するのです。

陶磁器やガラス製品などの割れ物の食器類は、「割れる」=「バラバラになる」、「仲たがいする」というイメージにつながるため、結婚のお祝いには避けるのが無難だと言われています。

ただ一方で、割れるとその破片が無数に砕けて数が増えることから、「子孫繁栄」の良いイメージとしてとらえられることもあるよう

また、新築祝いや引っ越し祝いの場合、火事や火を連想させる「赤」を使った食器は避けるのがベスト

今の世の中ではほとんど気にされないレベルではありますが、贈り物をするうえで知っておきたい豆知識です。
特に、年配の方や目上の人への贈り物の際には一層注意してくださいね。

プレゼントの食器選びのポイント

食器をプレゼントとして選んでしまう前の『見極め』が大事です。

食器のプレゼントを決める前に考えたい2つのこと

1.食器を贈って喜んでもらえる相手ですか?


出典:うちる

食器のプレゼントにも、向き不向きがあります。

そもそも、食器を贈って喜んでくれる人なのかどうか。お料理好きや自炊派の人、食器やキッチンウェアが好きな人であればクリア。

逆に料理やお皿にまったく興味がないという人の場合には、もちろんプレゼント候補から外してしまいましょう。好きかどうか分からない…と曖昧な場合にも、食器のプレゼントは避けたほうが良さそう

2.テイストが違えば使ってもらえないのが食器

食器にプレゼントで絶対にハズしてはいけないこと。


出典:うちる

それは、相手の食器の趣味をきちんとつかむこと。

例えば、北欧雑貨が大好きで北欧テイストの食器をたくさん集めている、という友人がいたとして、そんな友人に、どんなに素敵で、どんなに高価な和食器をプレゼントしたとしても、喜ばれるはずがありませんよね。

手持ちの北欧食器とマッチするデザインのものであれば、意外と気に入ってもらえる可能性はりますが、そこは選ぶ側のセンスが試されてしまう…という話。


出典:うちる

逆にどんなに奇抜なデザインでも、「これ、どうなんだろう…」とあなたが思うような色柄でも、それが相手の大好きなブランドや好みのものであれば喜ばれるのです。

特段深いこだわりはなくとも、好きではないテイストだったり、手持ちアイテムとの組み合わせに困るものだと、まったくと言っていいほど使ってもらえず、ほぼお蔵入り状態となってしまうことも多いのが食器の悲しいところ。

それは女性のファッションとよく似ていて、おしゃれに敏感な人ほど、そうなってしまいがち。


出典:うちる

プレゼントを選ぶときって、多少なりとも、贈る側の趣向や好みが無意識にも反映されてしまうもの。ですが、食器を贈る場合には、「贈る側が贈りたいもの」をチョイスするのではなく、相手の好みにトコトン付き合い寄り添うこと

そして選ぶ前の、さりげなく抜かりないリサーチが、プレゼント成功へと導いてくれるのです。

どんな食器が喜ばれるの?

男性

お料理男子や弁当男子などの、いつもキッチンに立つ男性は別として、一般的な男性だと、いくつものお皿を料理によって使い分けるなんていうことはあまりないでしょう。マグ、ジョッキ、タンブラーなど、用途が明確に分かるコップ系のものが無難なよう。

ありきたりだな、と思われちゃうかも…とつい考えてしまいますが、そこはデザイン性や機能面で勝負しましょう。

ただし、個性が強すぎるデザインだと使ってもらえない可能性が高いので注意が必要。『デイリーに、どんな男性でも使えるものを選ぶ』というのが、男性へのプレゼントを選ぶときの鉄則です。カラフルなものや派手な色使いは好みが分かれてしまいますから、選ぶときは慎重に。

女性


出典:うちる

男性と比べると、あまりハードルは高くはないでしょう。というのも女性の場合、好みのテイストとライフスタイルさえきちんと押さえられていれば、それだけでどんな食器でも喜んでもらえる可能性がうんと高まるからです。

ほとんどの女性は、たとえ一人暮らしだろうと、ファミリーだろうと、『おしゃれな食器でごはんを食べる。』というただそれだけで、充足感を感じて満たされます。最近は、フォトジェニックな写真映えするお皿が人気です。

かといって、リッチなお皿を自分で買うかと言われると、食器に数千円ってなかなか手が出ないんですよね。

特に結婚している女性の場合、食器を使うのは毎日のことですから、好みや用途に合うものであれば、待ってました!と言わんばかりの、とても嬉しいプレゼントになります。

メイン料理を盛るような平皿や、シリアルボウル、マグカップなどが人気です。

これさえ押さえておけば大成功!プレゼントに食器を選ぶときのコツ

1.デザイン面

好きなブランドやこだわりのテイストなど、相手の趣味がしっかり定まっている以外は、個性が強すぎるものはNG。男女ともに、使いやすい色柄デザインであることが大切です。

どうしても迷った時には、ぜひ和モダンなテイストのものを選ぶのがおすすめ。和モダンな食器は、有田焼や波佐見焼などの伝統工芸品でありながら、落ち着いた洋の要素も感じられるスタイリッシュなデザイン。

普段使いも気軽にでき、使いやすさと合わせやすさが特徴。和洋折衷の優れものです。和の要素が抑えてあるシンプルなデザインを選ぶと、さらに使いやすさが増します。センスのいい食器なら年代を問わずに贈れますから、年齢層などはあまり気にしなくて大丈夫。

2.機能面

使いやすいとは、どんな時に、どんな場面で使うのか、を贈った相手が想像できること。使いやすい=『いつでも使えるもの』というわけではありません。ですから、例えば、主婦である女性に来客やホームパーティーの時にしか出番がないような『よそ行きの食器』を贈る。これもいいのです。

むしろ、よく来客がある家庭の場合は、普段使う食器をプレゼントするよりもかえって喜ばれるかもしれません。

また、サラダをのせてもサマになるし、メインディッシュをのせても素敵、というように、あまり使う料理を限定されないものもいいですね。使う出番やシチュエーションが明確なもの、どんな料理にも合わせやすい、という機能性を持ったものを選んでみては

3.食器を送る相手のライフスタイル

食器を贈る相手のライフスタイルを考えることも大切。例えば、カップルやファミリー家庭の人に贈る場合、枚数に注意が必要です。

マグやタンブラーなど、その人専用で使うようなものであれば単体で贈っても構いませんが、平皿や小皿、グラスなどとなれば、人数分以上はないと使い道に困ってしまいます。

どんな人と、どんな場面で使うものなのか、相手の生活に合ったシチュエーションを想像しながら選びましょう

【お祝いシーン別】喜ばれる食器のプレゼントをシーン別でご紹介

お祝いシーンごとにぴったりなプレゼント。私ならこんなの欲しい!という心の声にしたがって厳選してみました。

こんなステキな贈り物はいかがですか?

結婚祝い

結婚祝いと言えば、やっぱり定番はペア食器。いつまでも「ふたりで一緒に」楽しんでもらえるアイテムを贈りましょう。

RIVERET(リベレット)「タンブラー コクーン」

天然の「孟宗竹」という竹材を使い、抜かりない品質管理のもと、こだわり抜いたオリジナル商品を作り続けているテーブルウェアブランド。あのフェラガモ社が経営しているワイナリーとのコラボレーションも。世界にも認められた MADE IN JAPANです。

その中でもおすすめしたいのが、「コクーン」という名のタンブラー。RIVERETの商品はどれも魅力的なものばかりなのですが、中でも「コクーン」は使い回しが抜群。

お酒を飲む・飲まないが別れてしまうと使いにくいペアのコップやグラスが多いなか、こちらはソフトドリンクからビールまでどんな飲み物にでもOK!

木製だから、どんなテイストの食器と組み合わせても違和感がありません。低い熱伝導率で温度が保たれやすく、6層コーティングで匂いや色移りも心配なし。

シンプルでありながらも高級感の漂うデザインは、結婚のお祝いのぴったり。名入れもできて、さらにおしゃれ感が◎。食洗機対応とあって、新婚の奥様に喜ばれるプレゼントになること間違いなし。

Amazon
楽天市場

新築・引っ越し祝い

引っ越しや新築したときって、新しく買い揃えたいという気持ちも大きくなり、あれもこれも欲しくなる時期。自分では買わないけれど、こんなの欲しかった!というようなものが喜ばれそう

貝印「野崎洋光がすすめる和食用調理道具 だしポット」

調理用食器とでも言いましょうか。ダシが簡単に取れる陶器製のポット。その名も「だしポット」。国内のキッチンメーカーでおなじみ、「貝印」と日本料理人・野崎洋光氏のコラボレーション商品です。

昆布と鰹節に熱湯注ぐ、という極めてシンプルな工程。たったそれだけの手間いらずで、あっという間に本格的な和風ダシが取れるんですから、忙しい主婦にとってはまるでスーパーヒーローのようなアイテム。

ポット1杯で500ml、お味噌汁約4杯分が一度に取れます。どんなおうちにも合うホワイトカラーで、どこに置いていても邪魔になりません。

ダシと無縁の日本人家庭はほとんどないでしょうから、喜ばれること間違いなし。「こんなものがあるの!?」と思わせる、ちょっとユニークなプレゼント。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

就職祝い

就職で一人暮らしをする、友人や先輩へ。忙しくなる毎日の中でも、手軽に使える機能的なものを選びましょう。

bodum(ボダム)「TITLIS」

耐熱グラスでおなじみの北欧・デンマークのキッチンメーカー「bodum」。結婚祝いなどの選ばれることが多いbodumのアイテムですが、一人暮らしを始める人にこそ、ぜひとも使って欲しいのがこれ

手軽さと機能性を兼ね備えた、おしゃれな形状のグラス「TITLIS」。このグラスの最大の特徴は、ダブルウォールの耐熱二層構造。保温性抜群の結露知らずで、温度を一定時間キープしてくれます。

コースター不要でスタッキングもできるため、収納に場所を取りません。モダンでユニークなデザインながら、どんなテイストにも合う北欧食器らしいマルチさが魅力。一人暮らしといえど、恋人や友人が遊びに来たときに出せるよう、ペアで贈るといいですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

誕生日祝い

誕生日祝いなら、贈る相手が「自分専用」で使えるようなものをチョイス。結婚していたり、家族がいると、自分だけのものってなかなかないのです。

生まれた日をお祝いするギフトだからこそ、特別感が欲しいですよね。

marimekko(マリメッコ)「Saapaivakirja マグカップ」

知る人ぞ知る、大人気の北欧ブランド「marimekko」から、洗練された大人デザインのマグをご紹介。植物をモチーフにした、大柄のイメージが強いブランドですが、こちらのマグはいい意味で「らしさ」が感じられない大人っぽいデザイン。

どこかモダンな雰囲気もあり、男性へのプレゼントでも◎。落ち着いたカラーで、季節も年代も問わずプレゼントできます

仕事が終わったあとや、子供達が寝静まったあとの、静かなひととき。ホッと一息つきたいその瞬間に、自分だけ専用マグで気軽にリフレッシュタイム。ちょっとだけ贅沢な時間を過ごしてもらえそうですね。

ちょっと高価なカップ&ソーサーもよくバースデープレゼントとして挙げられていますが、洗い物が増えるなど、なんとなく手間がかかるイメージが…。ペアで贈らないのであれば、マグの方が断然おすすめ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ワンランク上のプレゼントをしたいならコレ!おすすめの食器をセレクト

いつもお世話になっているあの人へ。とびきり大好きなあの人へ。

もっと豪華に、いつもよりワンランク上の贈り物をしたいときのプレゼントをセレクトしました。見た目のボリュームでさらに華やかさが増す、セットものがおすすめです。

amabro「MAME」&「MAME GIFT BOX」セット

人気の雑貨ブランド「amabro」。様々なアーティストやプロダクトとのコラボ、アートとの融合で、近代的かつ日本らしさ溢れる数々のおしゃれなキッチンウェアを展開しています。

そんな「amabro」からのご紹介するのが豆皿「MAME」シリーズ。私たち日本人の和食には欠かせない存在の豆皿。昔ながらの和食器の絵柄のついた磁器の豆皿に、独特の金の上絵とユニークな形状で「amabro」らしさを表現しています。

お正月やお節句などのお祝いの席はもちろん、日々の食卓でも華やかに活躍。テーブルコーディネートのアクセントとして使ってほしい、コロンと可愛らしいお皿たち。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

いくつも持って使い分けたくなるデザインですから、桐箱でできた豪華な「MAME GIFT BOX」に詰めて5枚セットでのプレゼントがおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

au-dela des mers(オドゥラデメール)

「南部鉄器カラーポット」&「南部鉄器小皿」セット

フランス紅茶「アンシャンテ・ジャポン」が運営する南部鉄器の専門店からセレクトしたのがこちら。フランスらしい上品さと、南部鉄器の高級感がたまらない一生モノのティーポット。

落ち着いた大人の凛とした佇まい。テーブルに置いておくだけでも絵になる洗練された美しさは、まるでパリジェンヌのよう

クラシックなものから和を意識したものまで、デザインは全部で6種類。それぞれに合うカラーがセレクトされていて、控えめな水色のシエルや黄色のミモザ、フランスの冬の空をイメージしたグレーのイヴェールなど、カラーにもフランスらしさが漂っています。

紅茶が好きな人や、フランス雑貨が好きな人にぴったりのアイテム。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング


出典:au-dela des mers

同じ南部鉄器でできた珍しい小皿とセットにすれば、なお一層喜ばれることでしょう。マーガレットがモチーフですが、和菓子をのせてもサマになる、使い勝手抜群の小皿

こちらもポット同様、豊富なカラーバリエーション。同じカラーで統一すればバランス感満点、あえて違う色にしてみてもまた素敵。組み合わせる楽しみを感じながら、選んでみてくださいね。

FUTAGAMI(フタガミ)「鋳肌カトラリー」

富山の老舗である真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げた生活用品ブランド。砂型の鋳物で作られるからこそできる『鋳肌』はホンモノの証。その独特の真鍮ならではの質感を、目から、指先から、存分に楽しめます。

そんな「FUTAGAMI」の鋳肌の美がトコトン生かされているのが、このカトラリーたち。フォーク、スプーン、ナイフこれらもれっきとした『食器』です。

見るだけでわかる滑らかな質感と、持ち手と先部分のコントラストが素敵。光りすぎない、アンティークな艶感もまたいいですよね。どんなテーブルにも馴染んでくれて、使うシーンは問いません。

引っ越しや新築を機に、買い換えたくなるのがカトラリー。主婦や新婚さんが、開けた瞬間に「わあっ!」と声をあげたくなる、もらうからこそ嬉しいプレゼントになるでしょう。家族の人数分を揃えて贈ってくださいね。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

能作「盃ー喜器 金箔」&「片口 ちょろりん」セット

大正から続く、富山の老舗鋳物メーカーである「能作」。『錫』を使った、変幻自在の曲がるテーブルウェアが大人気。

老若男女、世代を超えて、ずっと使い続けていきたいと思えるようなアイテムばかり。その確かな品質と高級感たっぷりのデザインは、全国各地の有名百貨店にいくつも店舗を構えているほど。

和でありながらも、モダンテイストな空間にもちゃんと馴染む無機質さこそ、「能作」最大の魅力。ブラックのダイニングテーブルやランチョンマットとのコントラストは、もう別格です。

そんな「能作」からご紹介するのが、内側に金箔が貼られたシルバーのお猪口と片口のセット。お祝いにぴったりのデザインで、ここぞ!という時に出したい酒器にとして使ってもらえそう。

錫のイオン効果による浄化作用で、お酒のまろやかな口当たりを楽しめると言われていて、とにかくお酒が大好き!という人には、たまらないギフトですよね。

たった1、2分のあいだ冷蔵庫で冷やしただけで、キーンと冷たいお酒が味わえるのは、錫の熱伝導率の良さからくるもの

楽天市場
Yahoo!ショッピング

片口の「ちょろりん」は、ドレッシングを入れたり、ワインを入れて使えるなど、お酒を注ぐ以外の使い道もあり、150mlと小ぶりなボディならではの使い方ができそう

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

IVV(イヴヴ)「LOTO」 プレートセット

イタリアで有名な、ハンドメイドガラス器の老舗メーカー。有名なハイクラスホテルやレストランなどでも使われていて、そのデザインと商品の良さはお墨つき。世界中でセレクトショップを展開する、バーニーズニューヨーク各店でも販売されています。

こちらの「LOTO」は、ホワイトとパープルの大輪の花がモチーフ。日本に馴染みの深い落ち着いた色合いと、どんな食器にも合わせやすいガラス製。洋花がモチーフになっているシンプルモダンなデザインでありながら、どこか和の雰囲気も感じる逸品。

春夏に大活躍間違いなしの涼しげなこちらのお皿、プレゼントにはぜひペアで。色違いにしておけば、お料理や気分に合わせてカラーも変えられるからおすすめ。冷たくしておいたプレートの上に、冷たい前菜やカッペリーニ、サラダなんかをのせて食卓の真ん中に出しても◎。

カップルや夫婦、ファミリーの女性へ、シンプルでゴージャスなプレゼントとして選んでみてはいかがでしょうか。

Amazon
楽天市場

心のこもった食器のプレゼントで、大切な人の、人生の門出をお祝いましょう

選びにくい、失敗しやすい、というイメージから、これまで食器の贈り物を敬遠してきた人も多いのではないかと思います。これを読んで、「次はあの人に食器を贈ってみようかしら。」と思ってもらえたのなら、嬉しい限りです。

『どんなものが好きで、どんなものを喜ぶのか。』長い時間を共有してきた相手だからこそ、ちゃんと向き合って選べば、おのずと見えてくるものなのではないでしょうか。

心のこもった食器のプレゼントで、大切な人とのかけがえのない瞬間が、思い出とともにまたひとつ増えることでしょう。