木の薫りに包まれる暮らしを、「Oak Village(オークヴィレッジ)」の家具とともに。

Oak Villageとは?

「Oak Village(オークヴィレッジ)」は、自然環境との共生を目指しながら、長い年月をかけて培ってきた伝統的かつ卓越した木工技術で「100年使えるモノづくり」をモットーに生産・販売を行なっている国内メーカーです。

今では、木製家具の「製造」「販売」「木造建築」「森林資源」の有効利用とそれに伴う地域活性化、木育という、4つの事業を展開しています。

出典:Oak Village

1974年、岐阜県・飛騨高山の地で、ナラ材を使った注文家具工房として創設されたのがこのOak Villageのはじまり。国土の約7割が森林に覆われている、私たち「日本」の財産とでも言うべき森林資源。

そんな再生可能な資源である「木」を有効的に活用するため、国産の木材を使うことに徹底的にこだわったモノづくりをずっと続けています。

出典:Oak Village

近頃では、優れたプロダクトデザインに贈られる「レッド・ドット・アワード」や「グッドデザイン賞」、優れた建築物へ贈られる「建築賞」など、さまざまな賞を受賞してきました。分野に関わらず、国内外で高い評価を受けています。

Oak Villageの家具が素晴らしいわけ

Oak Villageを支える3つの理念

Oak Villageは3つの理念のもと、素材+技術+デザインの三位一体型のモノづくりをずっと追い続けています。

「100年かかって育った木は100年使えるように」

使っているのは、永い年月をかけて大きく立派に育った木。その木を慈しみ、木が生きてきた歳月と同じくらい、立派に使えるモノをつくることを目指しています。

「お椀から建物まで」

出典:Oak Village

日本に生息しているさまざまな広葉樹を使い、漆器や家具、文具、玩具から木造建築にいたるまで、日々の暮らしのあらゆるところに自然素材を取り入れるモノづくりをしています。

「子ども一人、ドングリ一粒」

「100年かけて大きくなった木を使ったら、100年後に同じ大きさになるドングリを一粒植えて、木を山へ返そう。」

1981年に発足したNPO法人「ドングリの会」などの植樹活動を通して、未来に森林資源を残すべく、広葉樹の植林・育林の取り組みを続けています。

素材はすべて飛騨高山の天然無垢材

Oak Villageの家具に使われる素材はすべて、日本国内に生息するナラやカバなどの広葉樹が中心。天然の無垢材だけを使用しています。

出典:Oak Village

一般的に、木の密度が高く、硬くて重いと言われる無垢材。傷がつきにくく、しっかりとした強度があるため、家具や床材として向いているそうです。一つ一つそれぞれに木の個性がよく出ており、木目や色など表情の豊かさも無垢の大きな魅力。

日本の匠たちが受け継いできた「木組み」の技術

出典:Oak Village

「木組み」とは、接合部分に釘や金物を使わずに「刻み」という切り込みを入れて、木と木を嵌め合わせていく昔ながらの技法。古来日本より、ずっと受け継がれてきた伝統工法です。

木材の性格に合わせて加工法を使い分ける必要があるため、腕利きの匠による高度な加工技術が必要不可欠。Oak Villageではさらにその技術を独自に進化させてきました。

出典:Oak Village

家具をはじめ、そのほかの木工品の構造、用途に合わせた加工技術の開発に日々取り組んでいます。

「適材適所」のモノづくりは、木を大切に想うからこそ

出典:Oak Village

無垢材の使用において大切なのが「適材適所」のモノづくり。

ひとつの丸太から切り出すときも、使う木材の強度やクセ、木目や色の美しい出かたなど、さまざまな木材の性質を見極め、「適材」を「適所」に使う。そうすることで、余すことなく木を有効利用できるのです。

出典:Oak Village

ほんの一片たりとも無駄にはしないその信念は、木を慈しみ、木を大切に想うからこそ。そして、ずっと永く使えるより良いモノづくりのために。「あるべきもの」を「あるべきところ」へ。より良いモノづくりのための使い分けです。

製造からメンテナンスまで、100年家具にするための丁寧な手仕事

製造

出典:Oak Village

100年使える家具にするため、製造からメンテナンスまで抜かりなく行われる丁寧な手仕事。綿密な「木組み」の技術によって作られたOak Village製品のほとんどは、「漆」もしくは「植物性オイル」を使って仕上げられます。

環境に配慮した塗料を使っていて、塗り直しや補修もできるので、永く使いたい製品にはぴったりの仕上げ。赤ちゃんの玩具や積み木など、口に入れてしまうこともある製品は無塗装仕上げです。安全性とともに、木の質感や香りを直接感じてもらいたい、という想いも込められています。

メンテナンス

出典:Oak Village

木組みの家具や木工品は、万が一の破損の際も修復・修繕ができます。これが木組み製品の大きなメリットのひとつ。また、自然塗料で仕上げている家具や木工品は、経年劣化による製品の「味」とともに、塗り直しや補修もOK。

塗り直しを行うと、木地がよみがえり、また違った魅力のあるものに生まれ変わるのだそう。長い年月をかけて少しずつ変わっていく木の表情を楽しみながら、母から子へ、子から孫へ、世代を超えて使い続けていきたいものです。

時代の流れもカタチにする、木目の美しいデザイン

出典:Oak Village

木の魅力を全力で引き出すために、デザインの面においても「適材適所」の考えが反映されています。Oak Villageのデザインが追い求めるのは、単なる造形的な美しさではありません。

安全性や機能性はもちろんのこと、素材ごとにある個性や雰囲気をどうカタチにできるのか。どう見せられるのか。木本来の魅せ方にトコトンこだわるのです。

40年以上にわたって製品を作り続けてきたからこそ分かる、時代の流れや変化に合わせたデザインのリニューアルも行なっています。

出典:Oak Village

木目の美しさがちゃんと表現されているデザインへ。このように比べて見てみると、その差は一目瞭然。

Oak Villageといつまでも。自然の息吹きを感じる家具と暮らそう

まるで自然の息づかいが聞こえてくるかのような、Oak Villageの家具たち。これまでお伝えしてきた魅力が存分に詰まった、素晴らしい商品をご紹介していきましょう。

ダイニングテーブル「Swallow」

出典:Oak Village

その名前のとおり、「ツバメ」の羽を連想させる緩やかな曲線美のダイニングテーブル。その緩やかさで表現されている『ゆったり感』が、心地のよい空間とおだやかな時間の流れを演出してくれます。

匠の洗練された手仕事だからこそできる、弧を描くような滑らかなフォルムはお見事。天板、脚、テーブルのどこをとっても尖ったところはひとつもなく、そのシンプルな形状と柔らかな雰囲気は、どんな空間にも自然に馴染むデザインです。

出典:Oak Village

同じシリーズの椅子「swallowチェア」は、2008年にグッドデザイン賞を受賞した名誉ある作品。テーブルとセットで使用することで、互いの魅力がなお一層引き立ちます。

基本は、テーブルの幅と仕上げ方法をカスタマイズできるセミオーダーですが、奥行や高さを自由に変更できるフルオーダーも可能。家族が集い、ほっとできる空間を「Swallow」テーブルとともに。

デスク「kabano」

出典:Oak Village

硬くて緻密なカバの木材を使った家具、「kabano」シリーズからおすすめしたいのがこのデスク。カバの材質だからこそ表現できるシャープさが魅力。

天板や脚、引き出しの取っ手などに、丸みを帯びたデザインを施すことで、どんな空間にも優しく馴染むデスクに仕上がっています。滑らかな質感の手触りと木目の美しさは、いつまでもずっと色褪せることなく、心地よさを感じさせてくれるでしょう。

出典:Oak Village

Oak Villageの飽きの来ないシンプルさは、永く使ってもらうためになくてはならないもの。

子どもの頃は学習机として、大人になったらワーキングデスクとして。子どもたちとたくさんの思い出とともに、一緒に成長してゆくデスクです。ぜひ同シリーズの椅子と一緒に使ってくださいね。

「KOBAKO」スターターセット:B

出典:Oak Village

ニレ材という国産の天然無垢材を使った、空間に無駄を生まない正方形のユニット家具「KOBAKO」。昔ながらの「木組み」の伝統工法だけで作り上げられた、Oak Village家具を代表するシリーズです。

組み合わせ次第でさまざまな使い道が広がる「KOBAKO」の魅力を感じられる最初の入門家具として、ぜひおすすめしたいのがこちら。「KOBAKO」がドッキングされたフォルムで、縦と横を自由に使える「2KOBAKO」+基本の「KOBAKO」がついた2点セット。


置く場所の空間や、使う用途によって、その形を自在に変えることができます。

アイデア次第で使い方はいろいろ。ディスプレイ用として空間を贅沢に使ったり、ブックシェルフにしたり。違う「KOBAKO」を組み合わせることで、それまでとは全く違う新しい使い方もできるのです。


出典:Oak Village

家族の成長とともに、さまざまなかたちに変わっていく生活環境のなか、家具を買い替えるのではなく、必要に応じて買い足し、家具自身を生活の変化に対応させていく。

100年使える家具をつくるOak Villageだからこそ生まれた、『成長する家具』です。


Yahoo!ショッピング

「PIKO(ピコ)スツール」

玄関での腰掛け椅子、来客のときのサッと出せる予備の椅子。キッチンでのちょっと一息のお供として、ナチュラルなインテリアとして。家庭の中で相棒ともなるような、マルチな存在のスツール。

出典:Oak Village

邪魔にならない程度の存在感ですが、その使用頻度は高く、永く使いたい愛着が持てるアイテムです。

そんなスツールの魅力を分かっている人にこそ手に取ってもらいたいのが、この「PIKO(ピコ)スツール」。
座ったときに座面とのフィット感を感じる、緩やかな曲面。持ち運びがしやすいよう座面の下には溝が彫ってあり、自然と指がかかる設計に。

出典:Oak Village

脚部分は下にいくにつれて細くなっていく繊細なフォルムでありながら、驚くほどに倒れにくいのだそう。見た目からは想像がつきませんが、それもOak Villageの高度な加工技術があってこそ。

全体的に丸みのあるデザインが柔らかさを演出。シンプルで上品な佇まいは、家庭内のどこに置いていても絵になります。

Oak Villageの社会への取り組みがすごい

Oak Villageだからできる取り組み

出典:Oak Village

森を育てる。森の木を使って、長く、永く使えるモノを造る。使ったその分だけ木を山に返すべく、また森を育てる。そして、森とともに生きる人々とその森林資源を、林業を中心とした「地域産業」と結び付けて、地域と森との永続的で豊かな暮らしを実現させていく。

このような「循環型社会」を目指して、Oak Villageは日々モノづくりを続けています。

「100年もつ家」をつくる、Oak Villageの木造建築

出典:Oak Village

Oak Villageの基本理念のもと、素材・設計・技術の三位一体型で「100年もつ家」を作り続けているのが、Oak Villageの建築部門である「オークヴィレッジ木造建築研究所」。

1985年に本格始動して以来、住宅だけでなく、お店や施設などあらゆる建築物を手がけてきました。

その家の中でどう過ごしたいか、何をしたいか。それぞれの「らしさ」を表現することにこだわり、その家に住む人の「暮らし」までもを形作っていく。だから、これまでの建築物の中にひとつとして同じものはないのです。

出典:Oak Village

またオークヴィレッジは、削ぎ落とした中に生まれる美しさを大切にしてきました。自然の力をそのまま取り入れ、削ぎ落とされたシンプルさの中にも、見惚れるような素材や構造美を表現できるのは、素材・設計・技術の三位一体のオークヴィレッジであるからこそ。

子供たちの未来を木で育む「木育」

出典:Oak Village

東京おもちゃ美術館と連携し、「オークヴィレッジ木育キャラバン」を全国各地で開催しています。

自然と共生するモノづくりを通して生まれた、「日本の子どもたちに、日本の木で作ったおもちゃを届けたい」という思い。

その思いを軸に、「地域森林資源」を有効利用して作られた木のおもちゃを、子どもの遊び場とともにキャラバンで提供し、そこに携わる企業や自治体を通じて、地域産業や地域そのものの活性化に働きかけていく、というOak Villageのプロジェクト。

出典:Oak Village

自然のあたたかさを肌で感じることのできる、親子で楽しめるおもちゃ空間です。

人と森との繋がりをつくる「地域活性化」

出典:Oak Village

この数十年、国内で販売されている木工製品のほとんどは輸入木材で賄われています。

それにより林業は廃れ、雇用の場も失われることに。ずっと育んできたはずの、人の暮らしと森とを繋ぐ里山文化がなくなったことによる地方の過疎化や経済産業の縮小は、今の日本で大きな問題となっています。

出典:Oak Village

Oak Villageは、40年以上続くモノづくりのノウハウと林業分野での新しい枠組みをフル活用して、資材調達や商品開発、製造から流通までをその地域の中だけで完結できる、循環モデルを作る取り組みをはじめています。

自然の風が流れる暮らしを、Oak Villageの家具とともに。

Oak Villageの家具の魅力を存分に感じていただけたでしょうか。

ただ国産の天然素材を使っているというだけではない、自然環境への配慮やモノづくりに携わる人々の長年の想い、40年という長い月日の中で生み出されてきた独自の技術など、Oak Villageのバックグラウンドのすべてが詰まったたくさんの美しい家具たち。

自然の風が流れ、木の薫りが漂う暮らしは、Oak Villageからのあなたへの一生モノの贈り物です。ずっと受け継いでいきたいと思える、心通う素敵な家具に出会ってくださいね。

Oak Village

Oak Villageの商品は、こちらからご購入いただけます。