赤ちゃんにとって最適なお風呂の温度は?夏と冬で違うお風呂の適温。

赤ちゃんにとって最適なお風呂の温度は?

赤ちゃんは「熱い」「寒い」を言葉で伝えることができません。また生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節機能が未熟で、外気温に大きく影響を受けます。ベビーバスを使っての沐浴の時にはもちろん、お父さんやお母さんと一緒にお風呂に入れるようになっても赤ちゃんにとって最適な温度を準備しましょう。

夏のお風呂のポイント

赤ちゃんは代謝が良く大人の約2倍汗をかきます。また皮膚がデリケートなので汗疹ができやすいんです。赤ちゃんの肌を清潔に保つために夏のお風呂は大切。夏に最適とされるお風呂の温度は37℃~38℃くらい

大人にとっては少しぬるめと感じるお湯の温度が赤ちゃんにとっては丁度良いんです。赤ちゃんの体積は小さいのですぐに温まります。お湯の温度が熱いとすぐにのぼせてしまいますので気をつけましょう。

夏はシャワーだけではダメなの?という声も聞こえてきそうですね。湯船に浸かること体の芯から温まり、ほどよい疲労感でお風呂のあとはぐっすりと眠てくれますので夏でもお風呂に浸かることをおすすめします。

冬のお風呂のポイント

赤ちゃんは1年中汗をかきます。汗をそのまま放置して置くと冬でも汗疹などの湿疹ができてしまうんです。冬でも毎日お風呂に入って赤ちゃんの体を清潔に保ってあげましょう。冬のお風呂の温度は40℃くらいが最適とされています。外気温が寒いので、夏よりも熱いお湯を準備しましょう。

そして、冬は湯冷めしないように配慮することが大切です。着替えをさせるリビングや脱衣所だけでなく浴室全体を暖めてたり、すばやく着替えができるようにしっかり準備しておきましょう。

おすすめの温度計

赤ちゃんのお風呂のお湯をためるときには温度計でしっかりチェックしましょう。赤ちゃんのバスタイムが楽しくなるような可愛い温度計をいくつかご紹介します。

BABY BBZ 「デジタル ベビー 湯温度計」

まるでおもちゃのように見えますが、あひるの形をしたデジタル湯温度計です。可愛い外観ですが、機能性や安全性に優れています。10秒という短い時間で正確な湯の温度を表示してくれるんです。また、温度が30℃以下になったら緑に光り、40℃以上になったら赤く光り知らせてくれます。

警告高温の設定は変更可能です。赤ちゃんが大好きなあひるのデザインなので、お風呂の時間を楽しくしてくれます。無臭のPVC素材で作られているので、なんでも口に入れてしまう赤ちゃんにも安心して使うことができますね。

TANITA(タニタ)「湯温計 ラッコちゃん」

体重計や温度計で信頼のある会社「TANITA(タニタ)」が作る湯温計です。ラッコのデザインが可愛らしい湯温計をお湯に浮かべると正確なお湯の温度を表示してくれます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

パパジーノ「湯温計 ルーム&バスサーモメーター(デジタル式) 」

「パパジーノ」のみつばつの形をした湯温計です。お湯の温度だけでなく、室温や時計も表示してくれます。どんな場所でも設置可能なので、お風呂以外でも、お部屋やトイレや車、外でも使用できるんです。

お風呂場ではお湯に浮ばせると赤ちゃんは興味津々。お風呂の時間を楽しくしてくれる湯温計です。またタイマーやストップウォッチ機能もあるので、子どもが成長したら数字や時計の勉強にもなりそうですね。30度以下になると緑色に光り、37℃~40度の高温設定を超えると赤色に光り警告してくれる機能が付いています

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ピジョン 「湯温計 白くま」

ベビー用品を取り扱う会社「ピジョン」が作る湯温計です。可愛い白くまさんを湯船に浮かべるとお湯の温度を表示してくれます。また適温表示がついているので、お湯の温度が適温かどうか判断しやすいんです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
 

赤ちゃんと一緒にお風呂に入りましょう

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときの準備やお風呂の入れ方のポイントについてご紹介します。

まずは準備の3STEP

赤ちゃんをお風呂に入れるときに一番大切なポイントはしっかりと必要なものを準備しておくことです。準備がしっかりとできていると赤ちゃんをスムーズにお風呂に入れることができます。

1.お風呂のお湯を溜める

生後1ヶ月頃までの新生児期はベビーバスに、それ以降は湯船に赤ちゃんに38℃~40℃の最適な温度のお湯を溜めましょう。必ず温度計でチェックしてください。

2.着替えを準備する

お風呂から上がったらすぐに着替えができるように、着替える場所におむつや着替えを準備しておきましょう。その際に肌着と洋服えおあらかじめセットしておくとスムーズに着替えることができます。また一緒に、お臍の処置セットや、保湿剤なども準備しておきましょう

3.お風呂グッズを準備する

ベビー用の石鹸、体を洗うガーゼ、タオルなど赤ちゃんをお風呂に入れるときに必要なものを、お風呂場に準備しておきましょう。とくに寒い冬に、必要なものがそろっていないと、赤ちゃんを裸の状態で待たせることになります。準備をしっかりしておくと、スムーズに赤ちゃんをお風呂に入れることができて、快適なバスタイムになりますよ。

さあ!お風呂に入りましょう

準備がしっかりできたら、赤ちゃんをお風呂に入れましょう。お風呂につかる時間や、洗い方のポイントなどをご紹介します。

お風呂に入る時間はどのくらい?

赤ちゃんは体が小さいので、長時間湯船に浸かると最適な温度でものぼせてしまいます。湯船に浸かる時間の目安としては5分以内で、体を洗ったりする時間も含めてトータルで10分~15分以内にお風呂から上がるようにしましょう。

赤ちゃんの体を洗う

一番のポイントはしっかりと頭を支えてあげることです。利き手ではない方の手を使って親指と中指で首下から後頭部を支えます。安定感があると赤ちゃんは安心してくれるんです。

赤ちゃんの体が安定したら、利き手で赤ちゃんを丁寧に優しく体を洗っていきます。まずは顔を洗います。目の周りにはめやにがついていることがあるので、ガーゼを使って優しく丁寧に取り除きましょう。顔は乳児湿疹が出来やすい場所なので、丁寧に洗って清潔にしてあげてください

顔が洗い終わったら、首、胸~お腹、両手、両足、背中、おしりの順番で洗っていきましょう。この時、皮膚同士が重なりやすい、首周りや脇、おまたや指の間などもしっかり洗ってください。赤ちゃんは汗をかきやすく、そのまま放置しておくと汗疹になりやすいです。

汗疹を予防するためにも丁寧に洗ってあげましょう。赤ちゃんは手のひらをグーと握っていることが多いです。赤ちゃんの小指側からお母さんの親指をゆっくりと入れてあげると、手のひらを広げてくれますので、しっかりと洗いましょう。

赤ちゃんとスキンシップの時間

初めての子どもを育てるお父さんやお母さんはお風呂の時間もドキドキしますよね。そのドキドキは赤ちゃんにも伝わってしまいます。ぜひ、楽しいスキンシップの時間だと思って赤ちゃんとのお風呂の時間を楽しんでください。すると、自然と赤ちゃんも心地良さを感じてくれますよ。

お風呂から上がったあとのケア

赤ちゃんは外気温に大きく影響をうけてしまいます。とくに寒い冬は湯冷めに気をつけてください。お風呂からあがったら、すばやくタオルで水分をふき取って洋服を着せましょう。

湯冷めしないようにすばやく洋服を着せる

タオルでしっかりと水分を拭きとって、あらかじめ用意しておいた洋服やおむつを着せましょう。赤ちゃんは解放感でおしっこを飛ばしてしまいます。せっかくお風呂に入って綺麗にした状態なので、すばやくおむつをつけてあげるのがポイントです。

おへその処置や、保湿剤や軟膏などを塗るときには寒くないように洋服やタオルなどで調整しながらケアをしてあげてください。

水分補給をする

赤ちゃんは短時間のお風呂でもエネルギーを消耗しています。ぜひ、お風呂のあとは授乳やミルクなどの水分補給をしてあげてください。

赤ちゃんのお風呂は何時頃が良いの?

赤ちゃんをお風呂に入れる時間帯は、とくに決まりはありません。ご家庭の都合に合わせて、お父さんやお母さんが入れやすい時間帯でOKです。赤ちゃんの生活リズムを整えるために、なるべくなら同じ時間帯にお風呂に入れることをおすすめします。

赤ちゃんはお風呂に入ると体の芯から温まり、またほどよい疲労感でぐっすりと寝てくれます。赤ちゃんのお世話でなかなかぐっすり眠れないお母さんはぜひ赤ちゃんと同じタイミングで休んでくださいね。

赤ちゃんを一人でお風呂にいれないといけないときに便利なグッズ

赤ちゃんをお母さんひとりでお風呂に入れなければならない状況もあると思います。そんな時にあると便利なお風呂グッズをご紹介します。

まめいた「 お風呂用ねんコロマット」

まだ首がすわっていない赤ちゃんにも使える「 お風呂用ねんコロマット」。厚みのあるスポンジ素材で柔らかくもあり弾力性もあるので、お風呂場にこちらのマットを敷いて赤ちゃんを寝かせることができるんです

お母さんやお父さんが自分の体を洗うときに、赤ちゃんはマットの上で待つこともできます。他にも、赤ちゃんを抱っこして洗うのが不安な方は、マットに赤ちゃんを寝かせて、そのまま洗うということもできるんです。スポンジ素材なのでそのままシャワーなどでかけ湯もできます。使い終わったら洗い流して干すだけなので後片付けも簡単です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

Swimava (スイマーバ)「うきわ首リング(ダックイエロー)」

日本でも大人気の「スイマーバ」はお風呂で使える赤ちゃん用の浮き輪なんです。首が据わっていない赤ちゃんから使用できます。浮き輪が後頭部をアゴでしっかりと赤ちゃんを支えてくれるので、赤ちゃんは手足を動かしてお風呂の時間を楽しんでくれるグッズです。

赤ちゃんがひとりで待つグッズではありません。お父さんやお母さんが体を洗うときなどは絶対にスイマーバをつけた赤ちゃんから目を離さないようにしてください。使い方を間違えなければとっても楽しいバスタイムにしてくれますよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

Richell(リッチェル)「ふかふかベビーチェアR」

お座りができるようになってきた7ヶ月頃から使えるベビーチェアです。エアータイプなのでふかふかとした座り心地で、水に塗れても大丈夫!赤ちゃんをこちらのベビーチェアに座らせてそのまま洗うこともできます。

またお母さんやお父さんが自分の体を洗う間隣に座って待つこともできるんです。洗い場に直接座らせると、冷たかったり、床が固かったり、滑ったりと危ないですが、こちらのベビーチェアなら快適に座って待っていてくれます。

こちらのベビーチェアはエアーポンプが内臓されているので、2分ほどで簡単に膨らませることができるんです。また使わないときには空気を抜いてコンパクトに収納できます。旅行や帰省などにも持ち運びができるので大変便利です。もちろんお風呂場以外でも使えるので、様々な使い方ができます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

お風呂の温度に注意して、赤ちゃんとの楽しいバスタイムを

赤ちゃんは自分の言葉で伝えることができないので、お父さんやお母さんが色んなことに気を配ってあげる必要があります。お湯の温度も季節によって最適な温度が違うんです。手間はかかりますが、赤ちゃんが快適なバスタイムになるようにしっかりと温度計でお湯の温度をチェックして準備してあげましょう。

そして、お風呂は赤ちゃんとのスキンシップの時間でもあります。赤ちゃんをお風呂にいれるポイントをしっかりとおさえて、あかちゃんにとってもお父さんやお母さんにとっても楽しく快適なバスタイムを過ごしてください。