「お食事マット」で離乳食をもっと楽しく!食べこぼしの片付けもラクチンに。

子どもが食べこぼしをするのはどうして?

離乳食は生後5ヶ月頃からスタートします。離乳食初期はお父さんやお母さんが食べさせてあげるので、食事の汚れは気になりません。離乳食が進み、後期食を食べるようになる生後9ヶ月頃になると、自分で食べたいという意志が出てきて「手づかみ食べ」をするようになります。

「手づかみ食べ」をすると、どうしても手はぐちゃぐちゃ、洋服が汚れたり、テーブルや床にも食べ物がこぼれて汚れてしまいますよね。

お母さんとしては、汚れが気になって途中で食べさせてあげたくなりますが、この手づかみ食べも成長の証でもあるんです

また手づかみ食べをしながら、手で食材をつまむという運動に繋がったり、食材の形や感触など五感を使って食事を楽しみます。スプーンやフォークも最初から上手に食べれる子どもはいません。子どもは食べこぼしながら自分で食べる練習をしているんです。

お食事マットが便利

子どもの成長過程とはいえ、毎日、そして毎食のようにぐちゃぐちゃの食べこぼしを片付けるのは大変な労力でよね。そこで、後片付けが楽になるような食事グッズを使うことをおすすめします。そのひとつに「お食事マット」があります。

「お食事マット」の役割

「お食事マット」とは、ランチョンマットのようにテーブルにセッティングして使います。シリコン素材で作られているお食事マットが人気です。お食事マットの上に食べこぼしがたくさんあっても、そのままシンクに運びお皿と一緒に洗い流すことができます。また可愛らしいお食事マットは子どもも喜び、楽しい食事タイムにしてくれます。

お食事マットの種類

お食事マットにも色んな種類がありますのでご紹介します。

ランチョンマットタイプ

ランチョンマットのようにお皿の下に敷いて使うタイプのお食事マットです。テーブルが汚れるのを防いでくれます。

シートタイプ

レジャーシートのように広めのシートを床に敷いてその上に椅子や机を置いて使うタイプのお食事マット。派手に食べこぼしをしてしまう子どもや、床を絶対汚したくないという方におすすめです。子どもは様々な行動をしてしまい、とっさにお皿を落としてしまったり、飲み物をこぼしてしまうことがあります。シートの上だと汚れても掃除が楽なので、お母さんやお父さんは心に余裕を持って子どもの食事を見守ることができますね。

食器一体型タイプ

シリコン製のマットにお皿機能が一緒になったお食事マットです。お皿が必要なく、お食事マット1枚で食事ができるので、準備も後片付けも楽にできるのはお母さんにとっては嬉しいですよね。お皿をひっくり返すという心配もありません。

ポケットがついているタイプ

お食事マットの子ども側にポケットがついているタイプもあります。テーブルと子どもの間にポケットがくるようになっているので、子どもの口元からの食べこぼしをキャッチしてくれるんです。食べ物がコロコロと床に落ちるのを防いでくれます。

お食事マットの選ぶ4つのポイント


出典:Rakuten

たくさんあるお食事マットの種類から選ぶポイントをご紹介します。

1.お手入れしやすい

お手入れのしやすいお食事マットを選んで片付けの時間を短縮させましょう。撥水加工や防水加工のされているお食事マットは、汚れたり、濡れてもサッと拭き取ることができます。シリコン製のものはお皿などと一緒に丸洗いができるので、お手入れが簡単で衛生的です。他にも、洗濯機や食器洗い機で丸洗いできるお食事マットもあります。

2.マットがずれにくい

テーブルの上に敷いて使うタイプのお食事マットはずれにくいシリコンタイプや吸盤付きのものをおすすめします。子どもは良く動くので、引っ張ったり、動いた拍子に引っかかるなどして、お食事マットごと床に落ちてしまうかもしれません。子どもが集中して食事を食べることができるように、ずれないマットを選びましょう。

3.大きさ

様々なサイズのお食事マットがあります。シートタイプのように床に広げて子どもの周り全体をカバーしたいのか、テーブルの上だけのマットが欲しいのか選びましょう。またテーブル付きの椅子で食事している場合はテーブルにお食事マットのサイズが合うかどうかを事前にチェックしておく必要があります。

4.素材

一般的なランチョンマットは布製で作られたものが多いです。食べこぼしの多い子どもの場合に布製のものを使うと、ずれやすかったり、水分を多く含んだものをこぼしたときに下まで浸みこんでしまいます。

食べこぼしが多い時期は、防水や撥水が優れているビニールやシリコン製で作られたお食事マットがおすすめです。また、お食事マットにこぼれた食べ物を口にしたり、小さな子どもはマットを舐めてしまうこともあります。口に入れるものですので、ぜひ安全性の高いお食事マットを選んでください。

おすすめのお食事マット11選

子育て中のお母さん達に人気のあるおすすめのお食事マットをご紹介します。

HANBUN 「子供用 シリコンマット」

雲の形が可愛らしいシリコン製で作られたお食事マットです。シリコン製なので、テーブルの上で使ってもずれにくく、お皿なども固定しやすいのが嬉しいポイント。撥水性にも優れているので、汚れや水がこぼれてもサッと拭き取ることができます。

お手入れも簡単で、お皿などと一緒に丸洗いができるので、いつでも清潔なマットを準備することができますね。また-40℃~240℃まで対応できる安全性の高いマットです。厚みのあるシリコンマットなので、耐久性も高く繰り返し洗って使っても大丈夫。子どもが使わなくなったら、鍋敷きとして使えるのも耐熱性に優れているからできることです。


出典:amazon.co.jp

サイズは横幅約48cm×縦幅(一番長い箇所)27cmで大きめのお食事マットなので、しっかりと食べこぼしをキャッチしてくれます。そして、使わないときはクルクルを丸めて小さくすることができるので、持ち運びにも便利です。


出典:amazon.co.jp

とてもおしゃれなお食事マットなので、このように大人用もまとめてセッティングすると素敵な空間になります。

Amazon

日本パフ「ポケット付きお食事マット」

日本パフのシリコン製でポケットがついているタイプのお食事マットです。一番の特徴はポケット。セッティングの仕方はポケットをテーブルから出るようにしてください。

すると、子どもとテーブルの隙間にポケットがくるので、食べこぼしをキャッチしてくれます。また安全性も高く、食品衛生法の基準を満たしているので安心して使うことができますね。

シリコン素材がお皿を動きにくく固定してくれるので、片手でお皿を支えることができない小さな子どもでも、食べやすいんです。お食事マットの裏面には吸盤がついているのでマットのずれを防止してくれます。サイズは縦25.5cm×横35cmと一般的なランチョンマットと同じ大きさです。こちらは小さく丸めることができるので持ち運びに大変便利。こだわりがたくさんつまったお食事マットです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

LOTUS LIFE 「もぐもぐキャッチ ランチョンマット」

子どもとママのための生活雑貨を作る日本の会社「LOTUS LIFE」のお食事マットです。横幅40cmの「もぐもぐキャッチ」が口元からの食べこぼしを幅広くキャッチしてくれます。さらに、汁物がこぼれても流れ出ないように縁取りがされているんです。

シリコン製のマットは程よい厚みがあるので、耐久性と安定感があります。育児と家事に忙しいお母さんに嬉しいポイントがたくさんつまっているお食事マット。そのひとつに食器洗浄機で丸洗いができるので、いくら汚れて入れもお手入れがとっても簡単なんです。

お食事マットの淵に付けられた輪っかはひっかけて干したり、収納するためにとっても便利。食事に関するものは安全性が気になるところですよね。「LOTUS LIFE」のお食事マットは、アメリカ保健福祉省の食品医薬品局で商品の安全性を証明するFDA規格を取得されているんです。 小さな子どもにも安心して使用することができます。

Amazon

ティーレックス 「お食事マット スマートダイナー ブルーム」

鮮やかな色合いと立体的なお花のデザインがおしゃれなお食事マットです。シリコン製のマットにポケットがついています。マットのポケットがテーブルと子どもの体の隙間にくるようにセットすれば食べこぼしをキャッチしてくれるんです。

小さな子どもが食事で使うものなので安全性にはこだわりたいですよね。こちらは食品衛生法に基づいた検査にクリアしているので安心して使うことができます。シリコン素材なので、お皿が動かないように固定してくれるので、お皿を支えることが出来ない小さな子どもでも食べやすいですね。

またマット自体にも8個も吸盤が取り付けられているのでマットがずれるという心配もありません。お手入れもとっても簡単で、お皿などと一緒に丸洗いができます。耐熱温度が100℃なので食器洗い乾燥機も使うことができるのは忙しいお母さんにとって嬉しいポイント。

使わないときにはクルクルと丸めてキャッチポケットに入れ込んでコンパクトになるので、収納や持ち運びに便利です。

Amazon
Yahoo!ショッピング

hibote 「キッズ ランチョンマット」


出典:amazon.co.jp

食卓が明るく楽しくなる目を閉じたくまさんが可愛らしいお食事マットです。可愛いだけでなく機能面も優れています。-40℃~240℃と幅広い温度に対応できるシリコン製で作られています。シリコン製なので、お皿を置いてもずれにくく、片手でお皿を支えることができない子どもでも食事がしやすいマットです。

撥水性、防水性に優れているので、食べこぼしでもサッと拭いて取り除くことができます。お手入れも簡単で、お皿などと一緒に丸洗いができるのでいでも清潔な状態を保つことが出来ます。耐久性にも優れているので、繰り返し洗っても大丈夫。

QShare「幼児用プレート」

お食事マットと食器が一体型になった幼児用プレートです。面白いデザインのプレートがたくさんで選ぶ時のわくわく、実際に食卓に並んぶ楽しみを味わうことができます。可愛いだけでなく、機能性も高く、安全性も高いプレートなんです。

食べこぼしをキャッチするマットと食器が一緒になっているので、準備や後片付けがとても簡単ににできます。テーブルにピタッと吸着するように設計されているので、テーブルから落ちる心配もありません。-40℃~220℃の幅広い温度対応するので、電子レンジ、冷凍や冷蔵、食器洗浄機OKなのは嬉しいポイント。また耐久性も高いので繰り返し使っても変形する心配もありません。

サイズは約28cm×20cmと小さめサイズなので、どんなテーブルにも置きやすい大きさ。テーブル付きのハイチェアにも収まるサイズです。安全性の高いシリコン素材を使用して作ってあるので、食べ物をそのままのせても問題ありません。食事の時間がちょっと苦手な子どもでも、この可愛いプレートに盛られた食事はワイワイと楽しく食べれそうですね。

Amazon
Yahoo!ショッピング

エデュテ 「ezpz (イージーピージー) ハッピーマット 」

世界中で人気のある「ezpz (イージーピージー) ハッピーマット 」。お食事マットとお皿が一体型になっているタイプです。シリコン製なのでテーブルにピタッとくっついてずれたり、子どもがお皿をひっくり返すという心配もありません。お皿とお食事マットが一緒になっているので、準備も後片付け楽にできます。

耐熱温度も-25℃~220℃と幅広いので冷凍、電子レンジでの調理ができるので使い勝手が良いんです。また食器洗浄機や乾燥機対応というのも嬉しいポイント。丸洗いができるのでいつでも清潔な状態を保つことができます。

食事に関するものは安全性にもこだわりたいところ。「ezpz (イージーピージー)」 のマットはアメリカ食品医薬品局(FDA)が認めた食品用のシリコンゴムを100%使用して作っているので小さな子どもにも安心して使用することができます。


出典:Edute

シンプルなデザインで使いやすく、お手入れがしやすい形。よく見ると、笑ったようにもみえませんか?盛り付け次第でいろんな表情を見せて楽しませてくれます。カラーバリエーションも豊富で選ぶ楽しさも味わえますよ。マットが丸いデザインはサイズが少し小さめの「ミニマット」です。食べこぼしの量が少なかったり、テーブルのサイズに合わせて選べます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

エデュテ「 ezpz (イージーピージー) ケアベアマット」

世界で人気のある 「ezpz (イージーピージー) 」のひっくり返らないシリコン製食器と、こちらも世界中で大人気のケアベアのコラボ商品です。大好きな可愛いケアベアに盛り付けられたら、苦手なお野菜も食べれるようになるかもしれません。


出典:amazon.co.jp

おやつタイムに「ezpz (イージーピージー)」のマットは使えます。楽しいおやつタイムになりそうですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

Honel 「お食事マット」


出典:amazon.co.jp

シリコン製のお食事マットとお皿が一体型になっています。こちらのプレートが食卓に並ぶと、車が大好きな子どもはテンションが上がりそうですね。耐熱温度は-25℃~220℃と幅広いので冷凍したり、電子レンジで温めたりと様々な使い方ができます。

食器洗浄・乾燥機も使用可能なのでお手入れも簡単です。アメリカ食品医薬品局(FDA)が認めた食品用のシリコンを100%使用して作っているので小さな子どもの食事にも安心して使用できます。

Zicac 「お食事マット 食べこぼしマット」 

可愛らしい動物のイラストが描かれているシートタイプのお食事マットです。サイズは110x110cmと大きめなので、床に敷いてその上にテーブルや椅子をのせて使用することができます。子どもは派手に食べこぼしをするので、床にまで食べ物が落ちてしまいますよね。そんなときに、大きいお食事マットを敷いておくと床を汚す心配はありません。

また裏面は滑り止め加工がされているので、子どもが動いてもずれにくいんです。素材はポリエステル100%素材で作られていて、さらに防水加工がされています。汚れに強く、食べこぼしなどもタオルなどでサッと拭くだけで汚れが取れるんです。洗濯機で丸洗いができるのでお手入れも簡単にできます。

Amazon
Yahoo!ショッピング

サンデシカ 「防水お食事マット」

「サンデシカ」の「防水お食事マット」は100cm×135cmと大きめサイズ。マットを床に敷いて、その上に椅子を置くことで床に落ちてきた食べこぼしをキャッチすることができます。

子どもは予想のつかない行動をしてお皿が床に落ちてしまったり飲み物がこぼれてしまうことがありますよね。そんな時にシートを床に敷いておけば、床が汚れる心配がありません。シートは防水加工がされているのでサッと拭き取るだけで汚れが取れるので後片付けも楽です。水洗いも可能なので、いつも清潔な状態で使うことができるのも嬉しいポイント。

Amazon

bumkins(バンキンス) 「丸洗いOK 防水スプラットマット」

「bumkins(バンキンス)社」は20年以上アメリカで愛用されているマットを作る会社です。こちらのマットはシートタイプなので食事マット以外にもレジャーシートやお絵かきマットなどマルチに使えます。

サイズは106cm×106cmとほどよいサイズで使い勝手が良いんです。軽くて薄い作りなので、小さく折りたたんでコンパクトに持ち運びできるのでとっても便利。防水加工がされているので、食べこぼしもサッと拭くだけで汚れが取れます。

また洗濯機で丸洗い可能なのでお手入れも簡単にできるのはお母さんにとっては嬉しいですよね。すぐに乾く素材なので、すぐに使えるのも魅力。カラーバリエーションも豊富でおしゃれなデザインの中からお好みに合わせて選ぶことができます。1枚準備しておくと様々なシーンで使えるので便利です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

お食事マットで離乳食期の食事の時間を快適に

離乳食が進んで後期食を食べ始める生後9ヶ月頃から、子どもが自分で食べたいという思いが強くなります。最初は手づかみ食べ、そしてスプーンやフォークを使って自分で食べる練習を頃は食べこぼしの量にビックリしますよね。

そんな時にお食事マットがあれば、毎日、そして毎食後の片付けがグンと楽になります。自分で食べたいという子どもも、そしてお母さんにとってもお食事マットがあれば食事の時間が楽しく快適になりますよ。ぜひお気に入りのお食事マットを探してみてください。