大切なニットを自宅で洗おう!ニットの正しい洗濯法を徹底伝授

ニットを洗う前の5つのチェックポイント

自宅でニットを洗うのは少々難しそうだと感じる方も多いでしょう。しかし、きちんと手順をふんで行えばとっても簡単に洗濯できるんです。ニットを自宅で洗う前に、洗濯が可能かどうかのチェックをしましょう。

1.洗濯表示の確認

ニットの内側についている洗濯表示を確認します。「ドライ」「洗濯機」「洗面器」マークにバツがつていなければ自宅で洗濯することが可能です。

2.装飾品の有無

洗濯表示をクリアしても「スパンコール」や「革」などの繊細な装飾が施されている場合は自宅での洗濯はできませんので気をつけてください。

3.使用素材の確認

ニット素材の中に「アセテート」「キュプラ」「シルク」「レーヨン」が含まれている場合にも自宅での洗濯はできませんのでクリーニングに出すなどプロに任せましょう

4.色落ちチェック

洗濯表示、使用せれている素材をクリアしたら次は色落ちをするかしないかをチェックします。規定量より少々濃いめに溶いた洗剤を、生地の目立たないところに少しつけてみましょう。

5分ほど放置し、生地の状態をチェックします。洗剤を馴染ませた部分を白い布で叩き色が移るか見ましょう。この時点で色が移ってしまった場合は自宅での洗濯を控えておきましょう

5.シミの有無

襟や袖などに目立つようなシミがある場合は洗濯をする前に事前に染み抜きをしておきましょう。ウール系のニットの場合は塩素系漂白剤の使用は厳禁です。

必ず酸素系の漂白剤を使用しましょう。この時も色落ちしないかを生地の目立たない部分で確認をしてから染み抜きをするようにしてください。

力を加えると生地が傷んでしまいますので、シミの部分をつまみながら汚れを押し出すように洗うと良いでしょう。

お気に入りのニットだからこそ長く大切に着たいですよね。正しいお手入れでニットを長く楽しみましょう。

ニットを洗うために必要なものの準備

ここまで紹介してきたチェックポイントを全てクリアできたら次のステップへと進みます。洗濯に必要なものを準備していきましょう。

洗濯ネット

出典:とみおかクリーニング

ニットを摩擦や色落ちから守るために必ず洗濯ネットは用意しましょう。ニットを二つ折にした時にぴったりと収まるサイズのものが良いです。

洗濯ネットも柔らかすぎるものもあるので、しっかりと形をキープできるような少々作りがかための物、またはニット用の洗濯ネットをおすすめします。洗濯ネットに入れるときは、袖汚れなど汚れのある部分をなるべく表面に出すように入れましょう。

柔軟剤

出典:とみおかクリーニング

すすぎの最後に柔軟剤を使うとふわふわに仕上がります。静電気も防いでくれる効果がありますのでおすすめです。柔軟剤は洋服に残し、留めておきたいものなのですすいでしまわないように注意してください。

お気に入りの柔軟剤を使ってニットをふわふわに仕上げましょう。

おしゃれ着用洗剤

ニットの洗濯に塩素系やアルカリ性の洗剤は使えません。おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用しましょう。クリーニング屋さんでも使用しているニット洗い洗剤を使うのもおすすめです。

たらい

手洗いの場合、たらいや洗面器などを利用して洗うと良いでしょう。

ニットを手洗いする方法

ニットを手洗いする場合の方法を紹介します。

  1. たらいに適温の水を張り、専用の洗剤を溶かす
  2. たらいや洗面器などに、洗濯表示通りの水温の水を用意します。使用する洗剤に表示されている水の量と規定量の洗剤を溶かします

  3. ニットは裏返して洗剤水に浸ける
  4. 裏返しにし、畳んだニットを用意した洗剤水に優しく浸けます。ゴシゴシと洗わず、上から体重をかけるように優しく押し洗いをしていきましょう。

  5. 水を取り替えよくすすぐ
  6. 十分に押し洗いができたらニットを泳がせるような感覚で優しくすすいでいきましょう。水は何度か取り替え、しっかりとすすぎます。

    この時に柔軟剤を入れることでニットがふわふわに仕上がり、冬場の嫌な静電気も防いでくれます。柔軟剤はすすいでしまうと効果がなくなってしまうので、最後のすすぎのタイミングで入れましょう。

  7. 絞るときは押しながら
  8. 水を切るときはまず大まかな水分を押すようにして水を切ります。

  9. 脱水
  10. ある程度水分が切れたところで今度はしっかりと水分を取り除いていきましょう。タオルにニットを挟み、タオルにニットの水分を吸い取らせるように上から押しながら水分を切っていきます。ニットはデリケートなので全ての行程は丁寧に優しく行ってください。

  11. 干す
  12. ニットを干すポイントは「平干し」「日陰干し」「きちんと形を整えて干す」です。直射日光に当てて干してしまうと変色する恐れがあるので日陰干しをしましょう。ハンガー干しや物干し竿で干すと、重さのかかる部分に負担がかかり型崩れしてしまいます。

平干し用ネットなども売られていますので専用の物を使用した方が間違いないです。三段ほどネットが縦に連なっている物や、先端がフックになっている平干し用ネットもありますので、ネットを物干し竿に引っ掛けるだけでスペースも取らず簡単に干せます

何段も連なったタイプならニットをまとめ洗いしたときなども便利です。専用ネットがなくてもお風呂のふたにタオルを敷き、その上にニットを形を整えて置いて干しても良いでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

洗濯機でニットを洗う方法

ドライマークがある場合や洗濯機での洗濯が可能な場合の洗い方を紹介します。

ニットは畳んで洗濯ネットに入れる

裏返しにして汚れた部分がある場合はその部分がなるべく表面に出るように畳み、洗濯ネットに入れます。このとき大きすぎる洗濯ネットの使用は避けましょう。

できるだけニットが動かないようにニットのサイズにぴったりの洗濯ネットを使用しましょう。洗濯ネットにベルトがついていて衣類が動かないように固定できるのものあるので、そのようなタイプの洗濯ネットの使用をおすすめします。

洗濯機を使っての洗濯になりますので、できるだけ生地へのダメージと型崩れを防ぎたいのでニットの大きさに合ったものを使用しましょう。

洗濯機に専用洗剤を入れ、ドライコースか手洗いコースを選択

洗濯機に専用洗剤を入れます。柔軟剤も一緒にセットしておくと仕上がりがふわふわになり、静電気も防いでくれます

洗濯機を使って洗濯をする場合は必ず「ドライコース」か「手洗いコース」を選択してください。標準コースですとニットにかかる負荷が全く違ってきます。水分を含んだ状態で強い機械力がかかることで、ウールの表面が傷んでフェルト化して縮みの原因になります。

また、毛羽立ちや型崩れの原因にもなりますので必ず「ドライコース」か「手洗いコース」を選択してください。

きちんと手順を踏んで正しい方法で洗濯をすれば、自宅での洗濯でもふわふわに仕上がります。

干す

洗い上がったニットを干す方法は手洗いの場合と全く一緒です。直射日光に当てて干してしまうと変色の原因になりますので避けましょう。

陰干しの平干しが鉄則です。ハンガーや物干し竿にそのまま引っ掛けて干してしまうと、水分を含んで重たくなったニット自身の重みで型崩れしてしまいます。平干し専用ネットを使用して干すか、平らな場所に形を整えて干しましょう。

気をつけたいニットの縮み

ニットを洗濯するときに一番気になるのがニットの縮みではないでしょうか?お気に入りのニットが洗濯によって縮んでしまっては悲しいですよね。大切なニットが縮まないようにポイントを紹介します。

レーヨン、キュプラの場合


出典:UR ONLINE STORE

キュプラとは綿を溶かして取れるセルロースという素材で作られた再生繊維のことです。同じ再生繊維であるレーヨンと似た性質を持っているのが特徴です。

キュプラは摩擦に強いことから洋服の裏地として主に使用されることが多いです。シルクのように柔らかく光沢があります。キュプラは摩擦に強いのですが、水にはとっても弱く縮みやすいのが難点です。

キュプラを洗濯するときはきちんと洗濯表示を確認し、水洗い可能でしたらおしゃれ着用の専用洗剤を使ってニットのように優しく洗いましょう。

レーヨンは水に浸けることで繊維が一気に水を含み繊維の一本一本が膨張します。この膨張することによって繊維同士の間隔が狭まってしまうことが縮みの原因となります。

したがって、レーヨンを洗濯するときは手洗いで手早く洗濯するのが好ましいです。つけ置きや洗濯機での洗濯は不向きです。

ウール、カシミヤの場合

KAGUREさん(@k_a_g_u_r_e)がシェアした投稿

ウールは人の髪の毛と同じように繊維がウロコ状になっています。髪の毛が水に濡れると膨張するように、ウールも水を含むと繊維が膨張します。

この状態で繊維同士が洗濯などの摩擦によって絡まり、そのまま乾燥してしまうとウールは縮んでしまいます。カシミアにもウールと全く同じことが言えます。

ウールやカシミアのニットを洗濯をするときは専用の洗剤で摩擦が起こらないようにやさしく押し洗いをし、干す時も平干しをしたり丁寧に扱うようにしましょう。

洗濯頻度はどれくらいが適切?

ニットは着たら洗濯をした方がいいの?どれくらいの頻度で洗濯すれば長くニットを楽しむことができるのできるか紹介します。

洗いすぎると……

  • 生地が傷み縮んで固くなる
  • 洗濯時に生地が濡れ、その重みで生地が伸びる
  • 毛玉ができる
  • 網目が広がる
  • 色が落ちる

洗わなさすぎると……

  • 汚れが蓄積される
  • 生地が傷む

どちらにしてもニットの風合いが損なわれたり、生地が傷んだりとニットにとっては良くありません。衣類の汚れには衣類の外側に付く汚れと、衣類の内側に付く汚れの2つに分けることができます。

「内側の汚れ」とは具体的に皮脂や汗などの汚れです。「外側の汚れ」とは食べこぼしやほこり、タバコの匂いや焼肉の匂い、花粉といったものが挙げられます。

それらの汚れをそのまま放置しているとニットの生地は傷みます。でも、洗濯をしすぎても繊細なニットは傷みます。良く着るものはワンシーズンに3〜4回程洗濯するのがベストだと言えそうです。

1ヶ月に一回程度の洗濯でしたらニットの風合いを損なわず着ることができますのでおすすめです。

正しくお手入れをして長く大切にニットを楽しみましょう

自宅でニットを洗濯している方は意外にも多く、8割の方が自宅でニットを洗濯をしてます。

ニットの洗濯は一度手順を間違えてしまったりすると着られなくなってしまう可能性が大きかったり、洗濯をする際にもやさしく丁寧に扱うことが必須なことからクリーニングに出す人も多いのも事実です。

今回紹介した方法での洗濯は、きちんと洗濯表示を確認することで失敗することなく自宅でも簡単にニットを洗うことができます。

ニットはとってもデリケートなので、洗いからすすぎ、干す行程など全てにおいて丁寧に扱うことが鉄則。大切なニットを長く楽しむために、自宅でのこまめな洗濯をおすすめします。