お気に入りのニットは手洗いで長持ちさせたい!自分でできるお手入れ方法

ニットの性質を知っておこう

「ニット」とはどういうものでしょう。「セーター」を表すおしゃれな言い方だと思っている人も多いのではないでしょうか。実は少し意味合いが違うんです。基本から詳しく知っておきましょう。

「ニット」ってどういう意味?

「ニット=セーター」だと思っている人も多いはずですよね。最近ではセーターのことをニットと呼ぶのがトレンドのようです。ですが、ニットというのはあくまでも「編み物」という意味。編んでいるので、横にも縦にもよく伸びるという性質があります。

もう少し詳しく言えば、「1本の糸でループを作りながら編まれた生地」という意味で、衣類の「素材」や「組成」を表す言葉。ニットで作られたもののひとつにセーターがありますが、セーターとは衣類の「形状」のひとつということになります。

一部のメーカーやブランドでは、厚手のものを「セーター」と呼び薄手のものを「ニット」と呼び分けたりもするから余計にわかりにくいですよね。あくまでも、セーターは形状、ニットは素材を表す言葉、と覚えておきましょう。

ニットの種類はどんなものがある?

ニットは使う糸によってさらに分類され、大きく分けて動物性天然繊維と化学繊維とに分かれます。

  • 動物性繊維
  • ウールニット:羊の毛から作られたもの
    カシミヤニット:カシミヤゴートというヤギの産毛で作られたもの
    アルパカニット:アルパカの産毛で作られたもの

  • 化学繊維
  • レーヨン:木材パルプを原料とする
    ナイロン:絹タンパクに近い物質から作ったもの
    アクリル:羊の毛に似た物質から作ったもの

このように、一言に「ニット」と言っても肌触りも素材も、そして値段も違うものが多いのです。ここを覚えておかないと、自分で洗濯するときに失敗してしまうんですよ。

ニットはなぜ縮みやすいの?

ニットのセーターを家で手洗いしたところ、子どもサイズみたいに小さくなってしまった!という失敗談はよく聞きます。これはどうして起こるのかというと、主に素材に原因があります。アクリル系化学繊維ではなく、ウール系(動物性)天然繊維のニットは特に注意が必要です。

ウール系繊維は、人の髪の毛のキューティクルのように、「スケール」と呼ばれるタンパク質でできたうろこ状のものが覆っています。スケールは普段閉じていますが、水分を含むと一気に開き、スケール同士が絡み合い、引っ張り合い、そのまま乾くため、縮むのです。

このため、「ニットはクリーニングしかできない」と思っている人も多いのだとか。

洗濯表示をよく確かめて!

また、ありがちな失敗談には「洗濯表示を確認していなかった」というものがあります。自宅での洗濯が難しいニットですが、中には「手洗い可」と表示のあるものも多くあります。これを知らずに普通に洗濯機で洗ってしまうと縮んでしまう結果になります。

基本的には、衣類の洗濯表示に「水洗い可」と書かれていなければ洗わないようにするのが無難です。

「水洗い可」

水温や水流に気を付ければ自宅で洗濯機で洗濯することができる

「手洗い可」

洗濯機では洗濯できないけれど、丁寧に手洗いする程度ならOK

水温や水流など気を付けないといけないことが多いのがニットです。繊維が摩擦を起こし絡まないように、洗濯機なら「ドライコース」、手洗いなら丁寧に「押し洗い」をするように心がけてくださいね。

2016年12月に洗濯表示マークが改定されました

手洗いや水洗いが可能かどうか、水温はどれくらいか、などが詳しく表示されています。衣類を買う前にも、そして洗濯の前にも必ず表示を確認するようにしてください。

出典:消費者庁

ニットを洗うための下準備

洗濯表示を確認し、自宅で洗えるニットだということを確認出来たら次のステップです。ニットを自宅で洗うときにはいろんな注意点があります。覚えておけば手軽にホームクリーニングできますよ。下準備までは洗濯機も手洗いも同じです。

水温が決め手!

自宅でニットを洗う場合、30℃以下を厳守しましょう。

ニットを着る機会が多いのは主に冬。水で手洗いするには厳しい季節ですが、その時は少しお湯を足すと汚れ落ちも良くなります。ですが、絶対に30℃を超えないようにして下さい。ニットは冷水でも温水でも縮みやすくなりますので、洗濯機の水温調整は慎重にやるようにしましょうね。

手洗いの場合、水温はわざわざ温度計で計るのも面倒なもの。肘をつけてみて、熱く感じると30℃を超えています。肘をつけて何とも感じない温度が適温です。試してみてくださいね。

洗剤は「おしゃれ着洗い」を使おう

使う洗剤は特別なものは必要ありません。アクロンなど、おしゃれ着洗いと呼ばれる洗剤であれば大丈夫です。柔軟成分を含んでいるため、ウールやカシミヤなどの動物性天然繊維もふんわりしあがります。また、毛玉防止効果もあるのでアクリルなどの化学素材にも効果がありますよ。

動物性繊維もおしゃれ着洗いならふんわり仕上げてくれます

出典:アクロン

毛玉のつきやすいアクリル素材は洗うときに裏返しておくと安心です

出典:アクロン

逆に、普段の洗濯では効果があるとされている「弱アルカリ性」お洗剤は、ウールには厳禁。ウールのたんぱく質を取り除いてしまう可能性があるので、絶対におしゃれ着洗い用洗剤(中性洗剤)を使いましょう。

洗濯機に入れる場合はネットを使おう

洗濯機を使用する場合は繊維が絡み合わないようにするために必ずネットが必要です。汚れのある面を外に向けて畳むといっそう汚れ落ちが良くなりますよ。

また、せっかくネットを使っているのに、ネットの大きさに合わせて畳まなければネットの中で洗濯物がよれたりします。必ずネットの大きさと同じように畳んでください。

採寸をしておくと後で形を戻せる可能性も

もし万が一、小さく縮んでしまったとしても干す前の成型で形が戻せることもあります。ですが、元のサイズが分からなければお手上げですよね。このために、簡単にサイズを測っておくことをおすすめします。測っておくのは身丈(洋服の長さ)、身幅(洋服の横幅)、袖丈(袖の長さ)の3ヶ所です。

シミや汚れの確認

シミや汚れがある場合は先にそこだけ「予洗い」しておきましょう。予洗いとは、特に汚れのひどい場所だけ、先に洗剤を溶かしたぬるま湯でつまむように洗っておくこと。特に袖口や襟元は良くチェックしておきたいですね。ただし、この時も激しく揉んだりこすったりしてはダメですよ。

色落ちしないかどうかチェック

ニットは色落ち・色移りも激しいことで有名です。必ず個別に洗うか、同色系でまとめて洗うようにしておきましょう。

洗濯機でのニットの洗い方の手順

ではいよいよニットを洗っていきます。まずは洗濯機での洗い方を見ていきましょう。

ネットに洗濯物をきちんと詰める

他の洗濯物の繊維と絡まないように必ずネットを使用します。ネットの大きさに合わせて畳むようにしましょうね。また、ネットの中に何着も詰め込んでは汚れが落ちません。1つのネットに1着です。洗う衣類は「袖たたみ」をしておきます。

袖たたみの方法

汚れやすい袖や襟元を表に出して畳む方法です。

洗濯コース選びが重要!

「弱水流」「おしゃれ着コース」「ドライコース」など、おしゃれ着用のコースを選びます。洗濯機のメーカーによっても名称が変わりますので、詳しくは取扱説明書で確認してください。このコースの特徴は、洗濯槽がほとんど動かず水流だけでゆらゆら揺らされているような洗い方をするということ。

あまり激しく動かさず、繊維が絡まないようにしているんですね。コース選びを間違うと大変なことになるので注意です!

すすぎと脱水

洗濯コースを間違いなく選んでおけば、すすぎと脱水の時間が通常より短くなっています。

手洗いでのニットの洗い方の手順

1.前準備はしっかりと

たらいなどに水をため、先におしゃれ着洗い用洗剤を溶かし込んでおきます。使用料は洗剤に記載の分量を守りましょう。予洗いを済ませた衣類は、洗濯機を使う時と同じく「袖たたみ」をしておきます。

2.洗い方の基本は「押し洗い」

洗濯溶液の中に、袖畳みをした状態で衣類を入れます。ポイントは「押し洗い」! 絶対にゴシゴシこすったり揉んだりしないようにしましょう。優しく何度か上から押し、水圧で汚れを押し出すイメージです。

もともと水に弱い素材ですので、何十分も押し洗いをする必要はありません。丁寧に、でも素早く数分で終わらせましょう。

3.すすぎと脱水は丁寧に、かつ素早く

洗濯溶液を捨ててすすぎに移ります。1度目は注水しながらすすぎます。この時、すすぎ残しがないように、泡が出てこなくなるまで手早くすすぎます。
2度目のすすぎで柔軟剤を入れます。

衣類に残すものなので、これはすすぎ流さないようにするのがポイントです。脱水ももちろん手早く丁寧にやらないといけません。まずは手で軽く絞りますが、掌を押し当てて水気を切るような感じです。雑巾絞りのようなことをしては意味がありませんよ!

また、洗濯機の脱水コースを使ってもOKです。この時、必ず30秒くらいで脱水を終えられるように調整をしてください。絞りすぎると余計なシワを作ってしまいます。

洗濯し終わったニットの干し方

キレイに洗濯が終わりました! しかしまだ気を抜くわけには行けません。最後に干し方をマスターして、ニット洗いのプロになりましょう。

干すときは「陰干し」「平干し」が基本

洗濯したニットを干す場合は、風通しの良い場所で陰干しするのが基本です。また、この時に普通のハンガーにかけてしまうと、水の重みでニットが伸びてしまうことも。これを防ぐには、「平干し用のネット」を使うと便利です。

もし持っていない場合は、大きめのバスタオルを広げてその上で干したり、角ハンガーの上を利用して干してもいいですよ。

衣類用平干しネット(スリーコインズ)

干すときは大きくなり、使わないときはコンパクトに収納できるので助かります

縮んでしまった時の対処法

どれだけ気を付けていても失敗するときはするもの。そんな時、縮んでしまったニットをもとに戻す方法も知っておくと便利ですね。

ヘアトリートメントで復活!

hair atelier HUEさん(@hair_atelier_hue)がシェアした投稿

ウールやカシミヤ素材のニットを縮ませてしまった場合、ある程度なら復活させることができます。

このとき使うのは、いつも使っているヘアトリートメントやリンス。これに含まれる「アモジメチコン」という成分がニットの絡まりに有効なんだそうです!髪の毛のキューティクルを整えてくれるわけですから、繊維の絡まりも整えてほぐしてくれるというわけですね。

適温の水を張ったたらいにトリートメント15グラムほど入れて溶かし、縮んだニットを30分ほどつけ置きしてください。すすぎは必要ありません。その後、洗濯機で軽く脱水(1分ほど)して平干しします。

大人サイズが子どもサイズになるほどの縮み方だと無理かもしれませんが、少し縮んだくらいなら修復も可能。ぜひ試してみてください。

ニットの毛玉を取るにはどうしたらいいの?

洗濯しても取れない毛玉。ニット特有の悩みですよね。どうやったら衣類を傷めずに毛玉だけ取ることができるのでしょうか。

毛玉を取るなら専用の毛玉取りブラシが効果的

ニットの毛玉は見た目にも嫌なものですよね。どうして毛玉ができるかというと、着用時の摩擦や洗濯時の絡まりによるものです。引っ張ったり、ハサミやカミソリなどでカットすればいいのですが、本体である衣類を傷める原因にもなります。

やはり専用の毛玉取りブラシを購入して丁寧に除去するのが一番です。

浅草アートブラシ社「毛玉取りブラシ」

繊維に沿って動かすだけで手軽にしっかり毛玉を取ってくれます。

また、毛玉ができないように気を付けておくのも必要ですね。洗濯は時間を短めにするようにしたり、バッグなどを肩にかけるのも控えめにして、摩擦を減らすといいですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

丁寧な手洗いでニット長く愛用しよう

いかがでしたか? ニットを自宅で洗濯するときの注意点について調べました。日ごろから丁寧に扱うことで、愛着がわき、長く着用することができるのがニットの良いところです。

素材によってもいろんな楽しみ方があるニットでオシャレを満喫した後は、ぜひ自分で手洗いしてみてくださいね。