子供が片付けたくなるお部屋作り!片付けのコツとポイント!

どうして子供は片付けが出来ないの?

子供がいらっしゃる家庭では一日に何回「お片付けしなさい」と注意するでしょうか。口うるさく言う側も言われる側も良い気持ちではありませんよね。

ではどうして、子供は散らかしてしまうのでしょうか?子供がお片付けできないワケを探ってみましょう。

遊びをやめたくない

子供は遊ぶことが大好きです。永遠に遊んでいられるくらい、夢中で遊びますよね。遊びに欠かせないおもちゃは「これでもか?!」というくらいに派手に広げて遊びます。

おもちゃ箱の中から、必要なモノそれだけを取ればいいのに、おもちゃ箱をひっくり返して次から次に遊ぶ子供たち。おもちゃは遊ぶものであって、お片づけするものではないんですよね。だから、次から次に、おもちゃを変えながら遊ぶんです。また、遊びは楽しいからやめたくはないんです。

だから、どうしてもお片付けが後回しになりがちです。

片付けは楽しくない

大人だって片付けは楽しくないですよね。子供ならなおさら楽しくないからお片付けはイヤイヤになってしまいがちです。

片付けなさいと言われテンションが下がる

自分たちが子供の頃も親に「片付けなさい」と言われて「いま片付けようと思ってたのに!」とやる気が一気になくなった経験ありませんか?

大人はどうしても、先のことまで考えてしまい、口うるさく「片付けなさい」と言ってしまいがちです。子供にとったら、片付ける気持ちがあるのに先に言われると、テンションが下がり反抗気味になったり、片付ける気持ちがなくなってしまうことがあるかもしれません。

片付けしているつもり

子供たちは片付けしているつもりだけど、グチャグチャになおしているので、パパやママには片付けてないと思ってしまうことがあります。

親の「片付けの理想」と、子供の「片付け現実」が一致していないんですよね。子供はどんな風に片付けるということが分かっていないだけなんです。

子供を片付ける気にさせるコツ

子供が自分で「片付けよう」と思わせるコツがあります。ただ「片付けなさい」と口だけで注意するのでは子供はいつになっても片付けが下手なままです。子供が片付けしやすい環境を親が整えてあげたり、声かけなど、子供が片付ける気になるコツをご紹介します。

片付けやすい環境作り

とにもかくにも、子供にとって片付けやすい環境を整えることが大切です。片付けにくいと、子供は最初から片付けを放棄してしまいます。ここでは片付けやすい収納のポイントをご紹介します。

ジャンル別の収納ボックスを準備しましょう

OURHOMEさん(@ourhome305)がシェアした投稿

ブロックならブロック、積み木なら積み木、おままごセットならおままごとセットと、1つのボックスに1ジャンルのおもちゃを収納することをおすすめします。こうすることで、遊びたいおもちゃだけを箱ごと取り出して遊ぶことができるので、お片付けも楽になりますよ。

この時に、シンプルな箱をそろえて準備しておくと、並べて収納したときに見た目もスッキリとおしゃれにみえます。おもちゃを購入したときについている収納ケースは色もサイズもバラバラで、ゴチャついて見える原因になります。

また、専用の収納ケースはきちんと戻さないと箱の蓋がしまらないことが多いです。子供たちにとってお片付けのハードル高く感じて片付けることが億劫になるかもしれません。

思い切って、専用のおもちゃ収納ケースは処分して、準備した収納ボックスにそろえると、お片付けしやすく見た目もスッキリしますよ。収納ボックスのサイズは収納したいおもちゃの量にもよりますが、あまりにも大きいと小さな子供ひとりで支えきれません。

ボックスを購入するときには、子供でも持てるサイズを意識して選びましょう。

ワンアクションで片付けられる工夫

小さな子供は、大人と同じ握力ではないということを意識して片付けの方法を考えてください。なるべく面倒でない方法で、簡単に片付けられる収納方法を考えてあげましょう。子供が片付けられないのは、片付けにくい環境が影響しています。

子供の目線に合わせた高さに収納し、ワンアクションで片付けできるように、ふたがない収納ボックスをオススメします。ふたがついている収納ボックスだと、開け閉めに時間がかかり、面倒に感じる原因になっています。小さな子供たちにとって、ふたの開け閉めは結構な労力になるんですよ。

ふたがついていない収納ボックスだったら、ポイっとおもちゃを入れることができますよね。なるべく子供が簡単に片付けられるようにと意識して収納環境を作ってあげましょう。

ボックスには中身の分かるラベルを!

Emin♡さん(@emin_emyu)がシェアした投稿

モノを種類別に収納したら、写真や絵や文字などをラベリングして何がどこに入っているのか誰でも分かるようにしておきましょう。このひと手間で、お片づけしやすくなります。「お片付けしなさい」といわれても、そもそも子供はどんな風にお片付けしたら良いのか分かりません。

収納ボックスごとにラベルがあると、「積み木はここにお片付けすれば良いんだ」「お人形はここ」など、とても分かりやすいです。親も「これは車の写真が貼ってある箱に戻してきてね」など具体的に伝えることができます。

また、お友達が遊びに来たときにも、皆で片づけができるというメリットもありますよね。ラベルを貼るメリットは、お片付けしやすいということだけではないんですよ。

どこに何のおもちゃが入っているということが一目瞭然なので、使いたいおもちゃをすぐに取り出して遊ぶことができますよね。

子供が片付けられる量

SHOKOさん(@otofunoie)がシェアした投稿

モノが多いと子供は片付けがイヤになってしまいます。収納スペースを決めて、その中に入る分だけと決めておもちゃを収納しましょう。

とは言うものの、おもちゃはいつの間にかどんどん増えていきます。子供はその時々で、遊ぶおもちゃが決まっていて、遊ばないおもちゃも中にはあります。

親がおもちゃを整理しようとしても、子供はおもちゃを手放したくないものです。

そこで、おもちゃを定期的に交換するという方法があります。おもちゃが収納スペースから溢れてしまったら、子供と相談して「今、遊んでいるおもちゃ」「今は遊ばないおもちゃ」に分けて、その時に必要なおもちゃだけを収納スペースに収納します。

そして、今は遊ばないけど処分したくないおもちゃは、箱に入れて別部屋などの収納できるスペースに保管しておきます。こうすることで、一定量を保つことができます。そして、時々、おもちゃを交換することで、子供は目新しく感じて楽しく遊んでくれますよ。

子供にとって負担のない量を片付けさせることで「片付けできた!」という達成感も味合うことができますよ。

絵本の収納は表紙が見えるとワクワク

子供たちは絵本が大好きです。とくに小さな子供たちは表紙を見て本を選びます。そこで、絵本の表紙が見えるような本棚をおすすめします。表紙が見えるタイプの本棚は小さな子どもでも収納しやすいというのも嬉しいポイント。ギュウギュウに本を収納してしまうと、子供が読みたい本が取りずらくなります。

家にある全ての本ををディスプレイするように収納する必要はありません。一定期間ごとに絵本を順番に入れ替えながら、子供が絵本に興味がわくように収納を工夫しましょう。子供はディスプレイしている本が変わるだけで「あれ?いつもと違う!」と今まで読まなかった本に興味がわきますよ。

子供は本を読むことで、たくさんの良い影響をうけることができます。子どもが絵本に興味がわく収納スペースを作ってあげたいですね。


楽天市場

なんでもボックスをつくっておく

おもちゃをジャンル別に分けていくなかで、「これはどこかな?」と悩むモノが出てきます。

こまかくモノを種類別に分けることはとても難しいことです。大人でも難しいことは子どもにとってはもっと難しくお片付けが面倒に感じてしまいます。そこでおすすめなのが「何でもボックス」。

お片付けに迷ったら、とりあえず「なんでもボックス」に入れることができると思うと、気持ち的に楽にお片付けができます。「何でもボックス」は定期的に見直して、その時に合わせて収納場所を考える時間を作ってくださいね。

文房具の収納アイディア

学校にいきはじめると文房具をつかうことが増えてきます。文房具は家族みんなが使うもなので、必要なときに、すぐに使えるようにしておきましょう。また次の人のことも考えて、きちんと元の場所に戻せるように家族で共有しましょう。

びーちママさん(@beachmama1005)がシェアした投稿

文房具は家族みんながつかうものなので、みんなが集まるリビングに収納スペースがあると便利です。

引き出しの中身はギュウギュウに収納するのではなくスペースに余裕を持たせるのがコツ!また、それぞれに文房具を戻す位置がラベリングしましょう。

こうすれば、戻す位置がすぐに分かります。もし文房具が戻されていないこともすぐに気づくことができますよね。収納スペースに戻ってきていないことに気づかずに、文房具が紛失してしまったということを防ぐことができます。

オススメの収納棚

子供が収納しやすいく、またおしゃれに見える収納棚をご紹介します。

無印良品のスタッキングシェルフ

無印良品のスタッキングシェルフはシンプルな形、カラーで、温かみを感じる木材でできた収納家具です。どんなお部屋にも馴染み、インテリアもスタイルも選ばないとても使いやすいです。またライフスタイルに合わせて色んな組み合わせができるのが嬉しい特徴です。

子供たちの収納棚として使わなくなったあとでも、様々な使い方ができるので長く使えます。

まどなおさん(@itsudemo_home)がシェアした投稿

こちらのスタッキングシェルフは、子供のおもちゃや絵本の収納されています。同じく無印良品の収納用品には様々なケースがあるのでお好みに合わせてえらべるのも嬉しいポイントです。

monari0324さん(@monari0324)がシェアした投稿

無印良品のスタッキングシェルフは途中で買い足すことができます。素材が木材なので、高さが出ても圧迫感がありませんよね。
絵本もたくさん収納できます。小さな子供でも取り出しやすいように、透明のアクリルスタンドの仕切りを使うととても便利です。透明なので、スッキリとみえますよ。

出典:無印良品

収納スペースを飾りだなとして楽しみつつ、収納していくのもおしゃれですよね。

出典:無印良品

また、スタッキングシェルフ専用の扉をつけてごちゃごちゃしてるものを隠すこともできるんです。この中には写真やポストカードなどをはさむことができます。

無印良品のユニットシェルフ

上口 彩子さん(@411aya)がシェアした投稿

こちらは無印良品のユニットシェルフに、登園グッズをまとめて収納してあります。収納ケースは同じく無印良品のラタンバスケットとソフトボックスです。子供たちは幼稚園から帰ってくると、通園バッグをその辺にポイっとおいていることはありませんか?

引っ掛ける収納などは、大人は簡単に見えても、子供たちにとってはとても面倒なことなんです。

保育園でも通園バックは棚の中にサッと置けるタイプの収納方法を取り入れられているところが多いようです。

通園グッズを1箇所にまとめて、自分で準備する練習をしましょう。とはいっても、子供が準備したあとは、引き出しの中がグチャグチャになりやすいです。そうならないように工夫をしましょう。

こちらは、衣類の種類別に仕切って「ハンカチ&ティッシュ」「靴下」などを収納されています。衣類の収納のコツは立てて収納すること!どこに何が入っているか一目瞭然なので選びやすいです。

収納ボックスに合わせて、紙袋や空き箱を利用して仕切りを手作りすることもできます。

pochkaさん(@_pochka)がシェアした投稿

上端にスペースには、次の日の準備をしておくことができます。前日の夜などに、次の日に着る洋服や、登園に必要なハンカチや靴下などをあらかじめ出しておいておくことができるんですよ。

朝、起きたらこのスペースに出しているものを身につけるだけなので、準備がスムーズです。朝はどうしてもバタバタになり、忘れ物をしたり、慌ててモノをとるので引き出しの中がぐちゃぐちゃになる原因になります。前もって準備をする習慣が小さなときに習慣になると、今とっても役にたちますよね。

ついつい収納棚は余すことなく収納したいという気持ちもありますが、このように余白を上手に使うのもポイントですね。

IKEAトロファスト

北欧の家具をリーズナブルに購入できるIKEAの商品「トロファスト」はとくに子供がいる家庭にとても人気な収納棚です。

木材のフレームに白の収納ケースがとてもおしゃれでどんなお部屋にも馴染みます。なんといっても嬉しい特徴は、子供用として製作されているので、子供たちが使いやすいということです。引き出しにいれるだけの「投入れ収納」が可能なので、小さなこどもたちでも片付けが簡単にできますね。

収納ケースのサイズも変えることができるので、子供の成長に合わせて収納方法を変えることができます。フレームにも縦型、横型、階段型があり、好みで選べたり、成長に合わせて買い足すことができるのも嬉しいポイントです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

片付け始めは親も手伝う

子供は正しい片付け方というものが分かりません。片付けやすい環境を整えたからもう大丈夫!ではなくて、最初は親がお手本として片付けを手伝いましょう。

毎日、お片付けをしていくうちに、片付けの要領もわかり、いつも間にかひとりで片付けをするようになっているかもしれませんよ。

ゲーム感覚で楽しくお片づけ

「どっちが早く片付けられるかな?」「これはどこのお家に直すのかな?」など、子供が片付けを楽しいと思える声まけを取り入れてみてください。大人もそうですが、子供にとって片付けは楽しいものではありません。

遊んでいるほうが楽しいし、遊びを終わらなくてはいけない片付けなんて、マイナスなイメージですよね。そんな片付けをゲーム感覚で楽しんでみてはどうでしょうか?子供をその気にさせて、楽しませることも親の役目なんです。

遊び終わったら片付ける習慣をつける

子供は次から次に遊びを思いては、色々な遊びに夢中になりますよね。このときに、今まで遊んでいたおもちゃを片付けずに、次のおもちゃを出していたら、お部屋がおもちゃで溢れかえってしまいます。

収納ボックスから出ているおもちゃが多いと、その分片付ける量が増えて片付けるのが億劫になってしまいますよね。「遊び終わったおもちゃは片付けてから、新しいおもちゃを取る」という習慣がつくまで、根気強く声かけしていきましょう。

片付けたくなる声かけ

ついつい「早く片付けなさい!」「きちんとなおして!」など、頭ごなしに片付けを促していませんか?実はその言葉は子供にとって漠然としすぎてて、子供には伝わっていないんです。子供には具体的に、そして先の見通しがイメージできるような声かけをしてみてください。

例えば「お片付けが終わったら、美味しいご飯たべよう」「お片付けが終わったら、お外にお散歩に行こう」など。

子供は次の楽しみを見つけたら、ワクワクして片付けをしてくれます。漠然と片付けを促すのではなく、子供が片付けの先に待っていることをイメージできるように具体的に伝えるように心がけましょう。

お片づけのタイミング(先に伝えておく)

大人は時間という制限になかでスケジュール調整をしながら生活をしていますが、子供は「時間」を意識せずに生活をしています。だから子供たちは遊びに夢中になれるんです。そこで、保育園でも取り入れられている時間の管理方法をご紹介します。

保育園ではホワイトボードなどを使って、今日一日のながれを番号をふって子供たちに伝えます。例えば「1番、朝の会」「2番、絵本」「3番、園庭遊び」…という具合です。子供は順番で伝えられると頭の中で理解しやすいそうです。

こうすることで、さきの見通しがつきますよね。そして、遊ぶときには動かせる見本の時計を使って、「この針がここまできたら、お片付けをします」と、先に伝えてから遊びはじめるそうです。

すると、子供たちは自然と時計を意識して、先生が声かける前から「もうすぐお片付けだよね」と言ってくるそうです。子供が理解できるように具体的に伝えるようにしましょう。

また、日常の中でお片付けのタイミングがあります。

例えば

  • ごはんを食べる前
  • おやつを食べる前
  • お出かけをする前
  • お昼寝をする前
  • お風呂に入る前
  • 夜、寝る前

など、「〇〇する前に片付けしようか」とタイミングに合わせて片付けを促して見ましょう。

他にも、お片づけする音楽をかけるというアイディアもあります。ぜひ、子供に合わせて色んな方法を試してみてください。

子供を信じる

完璧にお片付けができる子はなかなかいません。そして、親の理想的な片付けを子供ができていなくても、大目にみてあげてください。

子供が頑張って片付けをしている時に「なんでこんな片付け方しかできないの!」「全然片付いてない!」などマイナスな声かけはしないでください。子供はプレッシャーを感じたり、自信をなくしてしまいます。

子供は成長とともに、だんだんと片付けも上手になっていきます。今は片付けようとする気持ちを大切にしてください。

お片づけができたら褒める

片付けができたら「ちゃんと片付けできたね!すごいね~」と褒めてあげてください。そして「片付けしてくれたから助かった~」とありがとうの気持ちを伝えてください。

自分が掃除をする事で喜んでくれる人がいると分かると子供の自信につながります。片付け途中でも褒められると、ますますやる気がアップしますよ。

子供はいくつになっても親から褒められると嬉しいものです。自分のおもちゃなんだから片付けるのは当たり前という意識は捨てて、ぜひお片付けができたらちょっとオーバーに褒めてあげてください。次の片付けのモチベーションにつながりますよ。

子供の成長に合わせて収納方法変えていく

子供は日々成長していきます。幼児期は収納スペースにはおもちゃがたくさん入っています。小学校にあがると、おもちゃに加えて学習道具や学校用品が増えてきます。

このように、子供の成長に合わせて、どんな収納環境が便利なのかを考えながら、常に収納の形を変えていってください。

お片付けから子供が学ぶこと

子供が片付けをする事で、部屋がきれいになるだけでなく、子供の成長発達にたくさんのことを学ぶことができます。

判断力がつく子に

部屋を片付けるときにどうしても収納に入らないことがでてきます。この時に「いる」「いらない」を判断できるようになります。また遊びの途中でも片付けの習慣がついていると、「今はこのおもちゃはいらないから戻しておこう」などの判断もできるようになります。

こうして判断力がつくことによって、今自分にとって大切なことは?など優先順位をつけられるようになるんです。

モノを大切に扱う

片付けをしないと、あちこちにおもちゃをポイっと散らかしてしまいますよね。片付けることで、もとに戻すという行動を通して、モノを大切に扱うことにつながります。またお片付けしやすいように自分で収納の方法を考えたりできるようにもなります。

自信がつく

自分で片付けができたんだ!ということは自信につながります。

習慣がつくことで、今後ずっと役に立つ

習慣を急に変えることは難しいです。子供の頃から片付ける習慣がつくことで、今度の人生に大きく役にたつのではないでしょうか。

子供が片付けしやすい環境を作ってあげましょう

子供が片付けしやすい環境が整うことで、親が口うるさく言わなくても子供は自分から片付けはじめます。親ができることは、「片付けやすい環境を整えること」「慣れるまで親がお手本をみせること」「1人で片付けるのを見守ること」「ほめること」なんですよね。

片付けは自分のことは自分でするという「生きるために必要な力」を育てる大切な行動です。そんな大切なことにつながる片付けを子供たちが出来るように、まずは片付けやすい環境作りをしていきましょう。