おすすめベビーカーの暑さ対策法!猛暑の夏のお出かけはこれで乗り切ろう

夏のベビーカーの危険

知っていましたか?夏のベビーカーには危険がいっぱいなんです。小さな子どもを守るため、ベビーカーに潜む危険について知っておきましょう。

ベビーカーのカラーで温度が変わる

明るい色に比べて暗い色は熱や温度を吸収しやすい傾向にあります。温度も高くなるため、ベビーカーの色は明るめの色を選ぶようにすると、熱や温度に対しては効果的です。また、ベビーカーに後から取り付けられる日よけカバーなどの色選びにも気をつけてあげるといいでしょう。

また、最近ではベビーカー自体の高さを変えることのできるものもあるので、購入する時にそういった機能のあるベビーカーを選ぶこともおすすめです。

ベビーカーは地面に近いので照り返しが強い

体感温度よりもアスファルトなどの地面の近い部分の方が、温度が高くなることは知っていますか?小さい子どもの方が大人よりもずっと体感温度が高くなるのでとっても危険なのです。大人の高さとベビーカーに乗っている子どもの高さだと体感温度は3〜5℃変わります。

また、日なたと日陰でも体感温度は変わってきますので、できるだけ日陰を選んで歩くようにしましょう。移動距離がある場合は日陰などで休憩をすることも大切です。

おすすめベビーカーの暑さ対策 グッズ編

ママたちが実際に取り入れているおすすめのベビーカーの暑さ対策グッズを紹介します。

ベビーカー用 扇風機

ライオンの形がとってもかわいい扇風機ですね。下の部分がクリップ式になっているので好きな場所に挟んで使えます。ぐらつきもなく、挟むだけでしっかりと固定できます。電池式なので持ち運びも楽チンで、充電のし忘れで使えない!なんてこともなく安心です。こんなにかわいい扇風機なら子どもも喜びそうですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ベビーカー用 保冷シート

座っている時間が長くなると背中まで汗で濡れてしまし、蒸れてしまいます。保冷と保温、2通りの使い方のできる万能なジェルシートです。冷凍庫で凍らせてもカチカチに固まらないので赤ちゃんにも優しい使い心地です。

ベビーカーだけでなく抱っこ紐にも使えたり、チャイルドシートにも使える万能なジェルシートです。カラーも3色ありとってもかわいいです。一つは持っていて損はないアイテムだと思います。

ベビーカー用 日よけ

後付けタイプの日よけカバーです。強い日差しと紫外線をしっかりとカバーしてくれます。上、横、前からの日差しをしっかりとカットしてくれるように設計されているので安心ですね。UVカット加工をしているのではなく、繊維そのものにUVを遮断するものを使用しているので赤ちゃんのお肌にも優しいです

UPF50+で効果はバッチリです。好きな角度で使用でき、軽量設計なのもポイントが高いですね。使用しない時期はコンパクトにまとめて収納もできるので便利です。

ベビーカー用 照り返し防止シート


出典:Rakuten EIGHTEX

ベビーカーの後ろ側に取り付ける照り返し防止シートです。遮断効果、UVカット効果、吸水速乾に優れていてしかも体感温度までも下がる万能な照り返し防止シートです。生地には伸縮性があるので装着したままベビーカーを折りたためるのでとっても便利ですね。プレゼントなどでも喜ばれているアイテムです。

ひんやりUVブランケット

接触冷感素材の生地で作られているのでひんやり気持ちのいいブランケットです。さらにUVカット機能も備わっているので、ひんやりと気持ちいいのにしっかりと日焼け対策できちゃいます。抗菌、防臭、汚れ分解効果とUVカット率も94%と優秀なアイテムです。デザインもとっても可愛く、5色から選べます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

デジタル湿温計

暑さ対策に湿温計を活用するのも効果的です。ポータブルタイプなのでベビーカーやバッグに簡単に取り付けられます。外出先でも簡単に温度と湿度の確認をすることができるので、あるととっても安心です。熱中症を未然に防ぐことができるので便利なグッズですよ。


楽天市場

おすすめベビーカーの暑さ対策〜西松屋編〜

西松屋で揃うベビーカーの暑さ対策グッズを紹介します。

ドーナツ型アイス枕

冷凍庫で冷やしても完全には固まらないので、赤ちゃんの頭にもやさしいです。ドーナツ型の枕なので赤ちゃんの頭の形に馴染みやすく、凍らせて何度でも繰り返し使えます。発熱時やねんざなどにも使用できるので便利ですね。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

ベビーカードリンクホルダー


出典:Wowma! 西松屋

夏の外出時に欠かせないものといえば、こまめな水分補給です。その都度カバンから飲み物を取り出すのはなかなか面倒ですよね。簡単に取り付けることができるドリンクホルダーはとっても便利です

べびみず、べびちゃ

富士川源流の天然水からミネラル成分と不純物を取り除き、加熱処理をした赤ちゃんに安心安全な水とお茶です。べびみずはミルクを作る時にも使用できます。お茶はノンカフェインなので生後1ヶ月頃から、水は新生児から飲めます。こまめに水分補給をして熱中症にならないように気をつけましょう。

ペットボトル用キャップ ジューシーキャップ

ほとんどのペットボトルに取り付けが可能で、小さな子どもでもこぼすことなく上手に飲み物が飲めます。吸ったしか出てこないので、子どもにさっと手渡してもこぼさず飲んでくれるので安心ですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

おすすめベビーカーの暑さ対策 100均編

100円均一にもベビーカーの暑さ対策に使えるグッズはありますよ。おすすめも暑さ対策グッズをご紹介します。

保冷剤


出典:Rakuten hyakuemon-plus

保冷剤も100円で買えるんです。100円ならいくつかストックとしてまとめ買いもできますね。暑さ対策だけでなく、食品の保冷としても使えるので便利です。

冷却シート

発熱時にも使える子ども用の冷却シートです。持ち運びにも便利なので、バックに入れておいてもいいですね。

赤ちゃんクッション

保冷剤を入れられるポケットがついてるクッションで、ベビーカーに簡単に取り付けられます。これを使えば赤ちゃんも快適に過ごせますね。

冷却スプレー

冷却スプレーも100円均一で買える時代です。瞬時に冷却してくれるので、持ち運びように携帯してもいいですね。ただしスプレー缶は長時間高温になる場所に置いておくと爆発する危険もありますので扱いには注意が必要です。

ネッククーラー

水に濡らすだけで瞬時に冷えるネッククーラーです。体温であたたまってしまっても水に濡らせば冷たさが復活します。

おすすめベビーカーの暑さ対策 〜手作り編〜

新しくグッズを買うより手作りの方が経済的ですよね。簡単に作れる照り返し防止シートの作り方をご紹介します。

保冷バッグをリメイクした照り返し防止シート

  1. 100円均一で買える保冷バッグを用意します。
  2. バッグの両サイドを切ります。すると取手部分が上下にくるようになり、縦長の状態になります。
  3. 取手部分を切り落とし、上下左右の隅の4箇所にマジックテープや紐をつけて完成です。

通常1000円ほどする照り返し防止シートがわずか200円ほどで簡単に作れちゃいます!

手作り保冷剤入りネッククーラー

ZUKKA_shizukaさん(@risunowa_shizuka)がシェアした投稿

バンダナやお気に入りの手ぬぐいに保冷剤を出し入れできるような口を縫うだけで、簡単にネッククーラーが作れちゃいます。中に入れて使う保冷剤も、ケーキなどを買った時につけてくれる小さいもので十分です。手縫いで簡単にできるので作ってみてはいかがでしょうか?

暑さ対策をするときの注意点

暑さ対策をするに当たって気をつけてほしいポイントを紹介します。

霜焼け

保冷剤などは使う直前まで冷凍庫に入っていると思います。これをそのまま直接赤ちゃんに使うのは霜焼けになる危険があります。保冷剤はきちんとタオルでくるんで使用してください。また、時々タオルがずれていないか確認したり、長時間同じ場所ばかりを冷やしすぎないように気をつけましょう。

こまめな水分補給

夏の暑さ対策の基本にはなりますが、こまめな水分補給は大切です。しかも赤ちゃんや小さな子どもの場合は大人に比べてかく汗の量も多いのでできるだけこまめな水分補給を心がけましょう。

出かける時間帯の工夫

出かける時間帯を制限されない限りは、日差しの弱くなる夕方などに出かけるなど、出かける時間帯を工夫することも暑さ対策には有効です。13時〜16時は一日のうちで最も暑くなる時間帯なので、その時間帯も避けた方が良いでしょう。

背中の蒸れ対策

ずっと座っていると背中にも大量の汗をかきます。背中の蒸れはとっても不快に感じます。背中部分をしっかりと冷やしてくれるシートや保冷剤も上手に活用すると良いでしょう。通気性もよく、速乾吸水性に優れた素材で作られているものが多いので快適に過ごせますよ。背中も忘れずにしっかりと冷やしてあげましょう。

着替え

屋内に入った時に汗で濡れたままの服の場合、汗が冷えて風邪を引く原因にもなりますので、汗をこまめに拭いたり常に着替えは持ち歩くようにしましょう。小さな子どもは大人以上に汗をよくかくのでまめな着替えを心がけるといいですね。

お出かけのときもベビーカーの暑さ対策で熱中症を予防しよう!

暑さが厳しい夏、ベビーカーに潜む危険は思っている以上に高いです。ベビーカーの暑さ対策をしているママ少ないのが現状です。小さな子どもや赤ちゃんは熱中症になる確率もとても高いです。ベビーカーは大人よりも地面に近い分、照り返しによって体感温度も高くなります。

体温調節機能も未熟な赤ちゃんの場合は言葉で伝えることができませんから、念には念を入れた暑さ対策が必要になってきます。暑さ対策をした後も赤ちゃんの様子をこまめに確認し、安全面に気をつけて正しく使用しましょう。