全世界から共感・評価されている「フィンランド流子育て」

「ネウボラ」と呼ばれる独自の子育てサポート制度

dkzakkaさん(@dkzakka)がシェアした投稿

聞きなれない言葉ですが、フィンランドには「ネウボラ(neuvola)」という子育て支援制度があります。これは「アドバイス(neuvo)の場所(la)」という意味。フィンランドでは妊娠したら産婦人科より先にこのネウボラを訪ねるのが一般的です。

日本でも導入され始めた「ネウボラ」制度

自分が妊娠したとき、また子育て中を思い出してください。何をどこに相談したらいいか全くわからなかった、なんてことがありませんでしたか?

産婦人科はどこを選べばいいのか、何を準備したらいいのか? 不安になることの方が大きかったのではないでしょうか。

妊娠初期から就学前までの子どもと親、家族全体の心身のサポートを総合的にしてくれるのがフィンランド独自の子育て支援サービス「ネウボラ」なんです。現在、ネウボラを日本にも導入する動きがあり、実際に三重県や千葉県など一部の市町村でスタートしました。その内容を詳しく見ていきましょう。

妊娠したらまずネウボラへ

夫婦の健康状態や家庭環境などをトータルに支えてくれるのがネウボラのシステム。

担当制となっているネウボラ

ネウボラはどの自治体にもあり、健診は無料です。1回の面談も30分~1時間とじっくり丁寧に行われています。その程度なら、日本でも実施されているような気がしますよね。

ですがネウボラでは、妊娠初期から子どもが就学するまでは基本的に同じ担当者が継続的にサポートしてくれるため、信頼関係が築きやすいのが特徴。

親子にとって長い付き合いになるので、些細なことでも相談しやすい雰囲気になりますし、しかもそこで話し合った内容は医療機関などとも共有されており、病院を受診したときに改めて一から説明しなおす、なんてことがないので、これはありがたいですね!

また、出産・育児にかかわる話というのは、子どもと母親の支援に偏りがち。ですが、ネウボラでは両親の精神的支援、特に父親の育児推進なども手掛けています。

このため、フィンランドでは「イクメン」に該当する言葉がありません。父親は子育てに参加して当たり前! という風潮なんですね。

▼パパも子どもと触れ合う時間を多く
ネウボラでの検診には父親も同伴を求められることがあります。フィンランドではパパは育児を「手伝う」のではなく「一緒に育児するのが当たり前」になっているのです。

すべての子どもに贈られる「育児パッケージ」

このネウボラをきちんと受診していれば、出産に際して国や自治体から「育児パッケージ」が支給されます。日本でも多くの自治体で取り入れられているこのシステムは、一体どんなものなのでしょうか。

社会全体が「新しい命を祝福している証」として贈る

育児パッケージというのは、日本でいう「子供手当」のようなもので、現金支給と育児パッケージのどちらかを選択できます。ほとんどの親が第一子では「育児パッケージ」を選択するそうですが、これには所得制限などありません。

分け隔てなく社会が子供の誕生を祝福しているという証なんですね。

パッケージの中にはどんなものが入っているの?

この「育児パッケージ」、ただのプレゼントと思っていたら大間違い! 中身は50点もの品物が詰め込まれており、その箱にまで工夫があるんです。北欧デザインとして世界に名を馳せるだけあって、素晴らしいんですよ!

▼空き箱まで無駄にしない北欧デザイン
50点もの品物を詰め込んだ箱、大きくて場所を取りますよね。ところがこの空き箱は、子供が成長したら子どもの遊ぶおもちゃに早変わりするんです。

▼木箱でできた育児パッケージはアイデアの玉手箱
こちらのすごい点は、入れ物の蓋がゆりかごになるというところ。箱の下の部分はなんと子供用の椅子になったり、クッションを外せばデスクにもなります。

▼中身はなんと50点も!
「生まれてくる時点で子どもたちに差があってはならない」という考えに基づき、充実した品物が贈られるのだそうです。

「パパになる自覚を促す」育児パッケージ、通販で購入できます!

日本ではまだ一部の自治体でしか取り組まれていないこの「育児パッケージ」。世界中で評価が高く、ついにフィンランドのパパ3人が会社を立ち上げて、購入できるようになりました。

0413ctさん(@0413ct)がシェアした投稿

実はこのパッケージ、単に「デザインが可愛い」とか「育児に役立つ」だけでなく、大きな効果が期待されています。

女性は妊娠し、体の変化とともに「ママになる自覚」が生まれますが、男性はなかな実感の湧きづらいもの。そこにこのパッケージが届くことで、「男性がパパになる自覚が生まれる」ととても評判なのです。

出産への備えとして、また、新しい「パパ」への贈り物としても、検討してみてはいかがでしょうか。

▼フィンランドベビーボックス株式会社(FINNISHBABYBOX)で購入もできます

北欧デザインの可愛い洋服や、お布団セットなども詰め込まれています。丈夫な箱は赤ちゃん用の簡易ベッドにもなる優れもの!

https://www.finnishbabybox.com/en/products/finnish-baby-box/

幼児期の子どもへの充実した育児政策

出産した後もフィンランドでは手厚いサポートが受けられます。例えばそのひとつが「保育園」や「プレスクール」。日本とは大きく異なるこの制度、知れば知るほど羨ましくなります!

保育は「すべての子どもに」平等に与えられています

北欧 | ヒュッゲ、暮らしの伝言。さん(@hyggelife.jp)がシェアした投稿

日本では今でも「子供を保育園に預けるのは可哀想…」という声が聞かれます。しかしフィンランドでは、「子どもに良質の保育を確保することは子供の権利」と位置づけ、母親の就労にかかわらず保育園に通うことができます。

利用料は所得に応じて変わりますが、24時間の保育を自治体が用意しなければならず、日本でよく聞く「待機児童」などはありません。とても心強いですね!

保育内容も日本とは格段の差

子どもの年齢によって「保育士の配置基準(必要とされる保育士の人数)」が違うのはご存知でしょうか? これは日本もフィンランドも同じですが、違うのは、その内容。

日本では0歳児約3人につき1人の保育士がつくようになっていますが、3歳を超えるといきなり保育士1人に対して20人の児童、4・5歳では保育士1人で30人もの児童を担当することになります。

これに対し、フィンランドでは3歳を超えても7人に対して保育士1人という少人数制。保育士の目の届き方が違うだけでなく、万が一の災害などの時にも必要な措置だと言えます。

就学前プレスクールは遊び中心に

2015年には就学前に「プレスクール」に通うことが義務付けられました。これは、6歳児全員を対象として、1年間を小学校で学ぶ準備期間として勉強するもの。そして集団生活に馴染むためのものであり、簡単な読み書きや数字を習うことになっています。

昼過ぎには終わるものが多く、その後の時間は引き続き保育園などでのんびりした時間を過ごします。

勉強を押し付けることが子どもにとってマイナスになり、勉強嫌いの原因になると考えているフィンランド人は多く、プレスクールでも子どもには自由な時間が与えられています。

なぜ学力世界トップクラス? フィンランドの学校教育の秘密

世界中の15歳児童を対象に実施される国際学力比較調査(PISA)では常に上位にランクインするフィンランド。そんなフィンランドではどんな学習方法を実施しているのでしょうか。

子供の幸福を最優先にした教育方針

常に学力トップクラスということは、どれほど最新のシステムで勉強させているのかと思いきや、事実は全く逆。

まず、日本での学習環境を思い浮かべてみましょう。ようやく小規模クラスが実現し始めましたが、それでもひとつの教室には30人近い児童が座っています。これに対し、フィンランドは1クラス24名以下と決まっており、しかもほとんどのケースで20人を下回っているのだそうです。

これは教師が一人一人に目の行き届く授業をしているということであり、「落ちこぼれ」を作らないシステムなのです。

こうしてフィンランドでは徹底した学力の底上げを行い、平均的に高い学力を維持しています。

個人間の学力格差が少ないだけでなく、地域による格差も少ないのが特徴。フィンランド国内ならどこへ行ってもほぼ同じレベルの教育が受けられます。

「比べない」教育方法

日本ではテストのたびに順位が張り出されたり、他人の成績と比べられ、競争させられています。ところがフィンランドでは「競争が子供の学力だけでなく幸せまで奪う」という考え方があり、そのようなことはしません。勉強は他人と比較するための物ではなく、「学ぶ意味を理解する」ためのもの、という位置づけです。

それどころか、OECD加盟34か国の中で、フィンランドは最も授業時間が少ない国なのです。テストもないわけではありませんが、あくまで習得度を確認するためのものであり、日本のように順位をつけたりすることはありません。

フィンランドの親と教師の間には、「幼い子供たちには定期的に遊び時間をたっぷり設けてあげる必要がある」という考えが根付いています。こうした家族や友人との日常を通じて、自ら考える力をはぐくむのが、フィンランド流の教育です。

教育費は小学校から大学まで無料

子どもを抱えているお家では教育費も頭を抱える問題ですよね。ですが、フィンランドでは教育費は無料。それも、小学校から大学まで!しかもこれ、授業料だけでなく、教科書や学用品、スクールバスなどから給食に至るまで完全無料なんです!

子どもは家庭の事情など関係なく好きなように等しく学べる土台作りができているため、学力が向上するんですね。

読書量が多い

フィンランドをはじめ北欧の国々は、長い冬を室内で過ごすために読書文化が根付いています。図書館利用率は世界一! 国民一人当たり年間21冊の本が貸し出されています。ちなみに日本は年間4冊というから5倍以上ですね。

さらに、フィンランド人の77%は一日に1時間の読書をするという統計もあります。これがフィンランドの学力を支えていることは疑いないでしょう。

▼図書館とその分室の数がコンビニより多いフィンランド
大人も子どもも読書が好き。

中でもフィンランドでは、パパが息子や娘のために家の敷地内に「レイキモッキ」と呼ばれる小さな家を作ってあげますが、ここで子どもたちはゆっくり読書をし、一人の時間をはぐくむそうです。

▼小さな家「レイキモッキ」

FJplanningさん(@f_plus_j)がシェアした投稿

学ぶべき点の多い、フィンランド流の子育て

「お母さんにやさしい国」ランキングでは2年連続世界1位のフィンランド。ほとんどの女性がフルタイム勤務であるにもかかわらず、合計特殊出生率も約1.8という高水準(日本は1.42)の国です。これには、妊娠中から絶え間ない手厚い子育て支援があることがわかりました。

のびのび子育てをするには、ママとパパとが心にゆとりをもって不安なく生活できることが必要不可欠。そのための支援政策がとても充実しているんですね。

また子供の人生そのものを見ても、大人から押し付けるようなことのない、自主性に任せて寄り添うような教育方針をとっていたり、見習うべき点の多い国です。もちろん民族性の違いなどもありますが、良い点は積極的に取り入れていきたいものですね。