システムキッチンの収納アイディア!快適に家事が出来る環境を作りましょう。

美しく使い勝手の良いキッチンの条件

キッチンはほぼ毎日使う場所です。1日3度の食事の準備、後片付けで結構な時間をキッチンで過ごします。そのキッチンが使いやすいかどうかで、家事はかどり方も大きく変わってきますよね。美しく使い勝手の良いキッチンだと、毎日の調理がストレスなく快適に過ごせます。

キッチンの上はすっきりと

出典:mollif

キッチンスペースは限られています。キッチンの上や周りに何もモノが置かれていないすっきりとした環境は皆の憧れ。余計なモノが置いてないと、調理するスペースを広くとれて気持ちよく料理をすることができます。

また、すっきりとした環境を維持していると掃除も楽にでき、綺麗なキッチンを維持しやすいでしょう。ただ、家族が多ければ多いほど、キッチンには色んなモノが集まってくるんです。

知らず知らずにモノが集まり、とりあえずその辺に置いておくと、あっという間にモノが溢れしまいます。シンクの周りは水はね、コンロ周りは油はねで汚れる原因に。

見た目は美しく、使い勝手の良いキッチンを目指すにキッチンの上にものを置かないことがおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

必要なモノをすぐに取り出せる

見た目が美しいだけで、使いたいものが取り出せない不便なキッチンでは家事の時間がストレスになります。

収納したいものを把握

まずは、今キッチンにあるモノを把握しましょう。とりあえず直しこんで、「使っていないもの」「キッチンに置く必要がないもの」などはありませんか?収納スペースを増やしても、モノの把握ができていないと、同じことの繰り返しになります。

賞味期限が切れたストック類は処分しましょう。1年以上使っていないものは思い切って処分やリサイクルなどに出すか、別部屋に借り置きするなどしてキッチンから出すことをおすすめします。

何をどこに収納するのか決める

出典:mollif

キッチンに収納するモノを把握したら、次は何をどこに収納するのか決めましょう。片付けの基本はモノの定位置を決めることです。そして、必ず定位置に戻す習慣が身につくと、綺麗な空間を維持できますよ。

ワンアクションで取って戻せる収納方法

使うとき、戻すときにワンアクションで出し入れできる収納方法はとても重要です。手間がかかる場所に収納していると、面倒だからと出しっぱなしになったり、その辺に置いてしまう癖がついてしまいます。

引き出しを開けたらすぐに取れる、扉を開けたら全体を見渡せるなど、ワンアクションで取って戻せる収納できる方法を考えましょう。

場所別のキッチン収納アイディア

料理の作業に合わせて、ツール別に収納されていると、調理がとてもスムーズになります。調理中の導線をイメージしながら、何をどこに収納したら良いのか決めていきましょう。

シンク下の収納アイディア

シンク下にはシンクで使うものを収納するようにしましょう。例えば、ザルやボウル、シンクを掃除する洗剤や掃除道具など。シンク下収納で注意が必要なことは排水溝が通っているため湿気がたまりやすいということです。

高温多湿となるシンク下にお米を保管するのはやめましょう。また、ダンボール類も湿気でカビ発生の原因になります。

rerechan*さん(@_rerechan)がシェアした投稿

シンク下専用の整理収納棚を購入すると、排水溝を避けて設置できるので収納力が高まるのでおすすめです。

レイモンさん(@kiitos___home)がシェアした投稿

このように白い収納ケースで統一すると、すっきりと見えます。

meguri.kさん(@meguri.k)がシェアした投稿

こちらは引き出しタイプのシンク下収納です。100均の半透明ファイルボックスで仕切られた引き出しのなかに、綺麗にボウルやザル、タッパーやまな板、洗剤などが収まっていますね。一番奥にはたまにしか使わない水筒や洗剤のストックを入れることができます。

ザルとボウルはセットになっていて、すべてを重ねてしまうとワンアクションで取り出しにくいんです。写真のように1セットずつ立てて収納すると取り出しやすく戻しやすいですね。

meguri.kさん(@meguri.k)がシェアした投稿

シンク下の中段の引き出しです。お皿を拭くキッチンクロスや、お手拭タオルなどの布類をまとめて収納されています。こちらはセリアの白い収納ケースで統一されているので見た目もすっきり。大目に準備しておくと、いつもきれいなタオルで拭くことができますね。

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿

シンク下にはシンクで使うキッチンクロスや、掃除道具などが無印良品のメイクボックスに入れて収納されています。ボックスの中に入っているので、そのままボックスごと取り出せるのも嬉しいところです。

コンロ下の収納アイディア

コンロ下には、鍋やフランパンや油など、火を使う時に使用するものを収納しておくと使い勝手の良いキッチンになります。この時フライパンは立てるように収納することで、使いたいときにサッと取り出しやすくなりますよ。またフライパン同士がこすれてコーティングの傷みを防ぐことができます。

meguri.kさん(@meguri.k)がシェアした投稿

こちらのお宅では、ホーローの重たい鍋が収納されています。重たいので、コンロの一番近くに収納されているのでとっても便利。またゆとりを持って収納されているので、取り出すときや戻す時にスムーズです。

meguri.kさん(@meguri.k)がシェアした投稿

鍋の上の段には、調味料と木べらなどコンロ調理の時に必要なものが収納されています。調理の時の導線が短くスムーズに調理がすすみそうですね。

misaさん(@ruutu73)がシェアした投稿

コンロ下中段に片手鍋やフライパンが立てて収納されています。また一緒の引き出しに調味料が白い蓋のケースに収納されていて見た目もすっきり。

作業台下の収納アイディア

シンクとコンロの間に位置するこの場所にはキッチンバサミやピーラー、軽量スプーンやお玉などのキッチンツールなどを収納すると便利です。サイズがバラバラなので、余白スペースを意識しながら仕切ると収納しやすくなります。

meguri.kさん(@meguri.k)がシェアした投稿

作業台下の上段の引き出しに、軽量カップや菜ばしなどのキッチンツールが収納されています。何がどこに入っているのかパッと見渡せて探す手間が省けますね。ひとつの仕切りにひとつの種類が入っているので、取り出しやすく、戻しやすいです。

また、何かが戻っていないときにもすぐに気がつくことができるので、モノの紛失を防ぐことができます。

こちらは作業台下の下段の引き出しです。フライパンが立てて収納されていて、取り出しやすそうですね。

mujikko(RIE )さん(@mujikko_rie)がシェアした投稿

無印良品のポリプロピレン整理ボックスで統一して菜ばしや軽量スプーンなどのキッチンツールを収納されています。ボックス毎に汚れたら水洗いができるので、清潔を保つことができますね。

Mariさん(@lovehome_5)がシェアした投稿

こちらは仕切りなしで綺麗に整理整頓されています。本当に必要なものだけをそろえると余白スペースがうまれ、仕切りなしでも取り出しやすく戻しやすくなるんです。

吊り戸棚の収納アイディア

背の高さによっても収納するものが変わってきますが、上段はかなりの高さなので普段使わないものを置いておくことがおすすめ。例えば、たまにしか使わないケーキを作る道具やパーティーで使うお皿や土鍋やカセットコンロなど。

また使うか分からないけど、処分しにくいもはひとまずここに収納しておいて、今後どうするか考えましょう。

吊り戸棚の下段は手を伸ばせば届く場所なのでラップやアルミホイルなどの日常で使う軽いものを収納しましょう。重いものを置いておくと万が一取り出すときに落ちてきたら危ないです。

下段の奥は手が届きにくいので、消耗品のストックなどを入れて置くことができます。この時も取り出しやすいように、取っ手のついた収納ケースにいれておくと便利です。

holonさん(@holon_)がシェアした投稿

一番下の段には、毎日使う雑巾や、キッチンタオル、調味料が並んでいます。中段には時々使うものを無印良品のファイルボックスに種類別、使うシーン別に分けて収納されています。

細々したもの、高さのさるファイルボックスなので落ちてくる心配もありません。また、統一されたファイルボックスで扉を開けたときも見た目がすっきりとしています。キッチンの上の棚は手が届きにくいので、一目瞭然で必要なものが分かるようにラベリングすることがおすすめ。

@ladybug_simpleがシェアした投稿

このように取っ手がついているボックスは取り出しやすくて便利です。

ちよさん(@chiyo_home)がシェアした投稿

リビングから丸見えの吊り戸棚の中は、このようにすっきりと整理されていると、とても気持ちが良いです。使うシーンごとに収納されていているので、扉を開けたり閉めたりという手間が省けます。

rieさん(@rie1212wa)がシェアした投稿

左の扉の中には、子供さんのお弁当箱入れをボックスに入れて収納されています。お弁当箱は色や形が様々ですが、このようにボックスの中にきれいに納まっていると、ごちゃついて見えないのでおすすめ。上段には水筒が手前の方に並んでいるので取りやすそうです。

真ん中の棚の中には日常使いの食器を必要最小限そろえて収納されています。無印良品のアクリル収納仕切り棚で収納スペースを仕切ってあるので、高い位置でも取り出しやすく直しやすそうです。シンクの真上なので、食器を取るとき、戻すときの導線が短くて便利です。

rieさん(@rie1212wa)がシェアした投稿

右の棚にはお茶セットが収納されています。急な来客のときにも、この棚をあければお茶を出す準備ができるんです。あっちを開けたり、こっちを開けたりとバタバタせずにサラッと準備ができるのはとても素敵に見えます。

吊り下げ収納アイディア

頻繁に使うものは吊り下げておくと、すぐに使えて、洗ったすぐに戻すことができるので便利です。ただ、たくさん吊り下げてしまうと、ごちゃごちゃして見えるので必要最小限にしましょう。おしゃれなモノや統一感のあるものを選ぶとすっきりと見えます。

mujikko(RIE )さん(@mujikko_rie)がシェアした投稿

リビングから見えない位置に木製のまな板と必要最小限の調味料と鍋が吊り下げられています。ひとつひとつに統一感があり、ごちゃつきは感じられません。少しの生活感が温かみを感じます。

出典: Re:CENO

タワーシリーズのキッチンツールフックです。キッチンツールが壁にくっつかないのでとても衛生的。このように統一感のあるキッチンツールを掛ければ機能的かつ見た目もおしゃれに収納できます。

出典:Re:CENO

こちらのアイテムはもともとある戸棚下のスペースにはめ込んで使うので、穴あけや接着剤など不要で、いつでも取り外し可能なのも魅力。

Mari Shiraishi Tatsumiさん(@marinbow)がシェアした投稿

賃貸のお部屋など、キッチンスペースが狭くてどうしても収納スペースが足りないという方におすすめのウオールシェルフ。デザイン性、利便性があって人気の有孔ボードを使って吊り下げ収納できる空間をDIYすることができます。収納スペースが大きく広がり、飾るように収納できるのがポイントです。

種類別収納アイディア

カトラリーや調味料など細々したしたものは、まとまりがなく見えたり、実際に取り出しずらかった経験はありませんか?ここからは種類別に収納方法のアイディアをご紹介します。

調味料

定番のお砂糖や塩の他にもスパイスやハーブなど、どのように収納されていますか?開封してしまうと、新鮮なうちに使いたい調味料。時々しか使わない調味料は奥に直し込んで存在自体を忘れてしまうことになりがちです。調味料はまとめて1箇所に収納することがおすすめ。

misaさん(@ruutu73)がシェアした投稿

とってもシンプルでおしゃれな調味料入れはsarasa design storeの「b2cスパイスボトル」です。このスパイスパイスボトルを無印良品の整理トレーに収納されています。統一感があり、出していてもおしゃれです。

出典:sarara design store

穴種は1ホールと6ホールがあるので用途に応じて使い分けができます。おしゃれな見た目だけでなく機能性も高く、その1つとして片手で開閉できるのも嬉しいポイント。

出典:暮らしのほとり舎

モクネジのPotキャニスターです。透明のガラスに木製の蓋がとてもナチュラルでおしゃれですね。木製の蓋はケヤキの木でとても手触りが良いんです。見た目のおしゃれと手触りだけでなく、精巧なねじ切り加工で壊れにくく、開閉しやすくなっています。

広口設計なので、出し入れも簡単で、しっかりと洗うことができるので清潔も保つことができるのも嬉しいポイント。サイズは3種類から選ぶことができます。

出典:暮らしのほとり舎

モクネジの卓上用のスパイスボトルです。透明なガラスにケヤキの木でつくられた蓋がシンプルかつおしゃれなスパイスボトル。塩入れには穴が3つ、こしょういれには穴が7つとしっかりと考えてつくられています。

出典:暮らしのほとり舎

塩は保管状況によって固まってしまいます。陶器の塩壷に保管しておくと吸湿性に優れているので塩をさらさらのまま保管しておくことが可能です。

取り口は広く、蓋もポンっとのせるだけなので、とても使いやすいのも嬉しいですね。どんなキッチンにも馴染むデザインとカラーなので出したままでもごちゃつきません。

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿

カインズやイオンで販売されているワンプッシュで開けることができる保存容器です。

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿

コンロ下にワンプッシュコンテナに入った調味料がずらりと何でいます。見た目もすっきりで、片手で開けて使える機能性も嬉しいですね。

Rrrrriiiiiさん(@rrrrriiiii)がシェアした投稿

iwakiの調味料入れは見た目もスマートで液だれしにくい機能性でとても人気です。

ストック

スーパーの割引で安いからとついつい買って収納しきれないということはありませんか?ストックの場所を1箇所にして、何が何個あるのか把握しやすい収納スペースを確保しましょう。

たくさん買いすぎて、収納スペースからはみ出したり、賞味期限内に使い切れなかったという無駄がないように管理しましょう。

Na〜さん(@with.lattice)がシェアした投稿

バラバラになりがちな食材のストックも仕切りがあれば、種類別に収納できるので、ごちゃつかず、在庫の確認もしやすいです。こちらは無印良品の2/1ファイルボックスで仕切りを作られています。

カトラリー

カトラリーは毎日使うものですが、忙しい時間にスムーズに必要なものが取れないとストレスです。また、子供でもとりやすいように分かりやすい収納方法だと食事の準備を手伝ってくれます。家族みんなが取り出しやすく戻しやすい収納スペースを作っておきましょう。

mujikko(RIE )さん(@mujikko_rie)がシェアした投稿

無印良品の「ポリプロピレン整理ボックス」を使ってカトラリーの種類別に収納されています。このように単品のケースに入っていると、そのまま食卓に運ぶこともできるのでとても便利です。

また、その都度洗うこともできるのでとても衛生的。ひとつのボックスに色んな種類をたくさん入れてしまうと探すことがストレスとなってしまうので、1つのボックスに1種類がおすすめです。

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿

ニトリのカトラリーケースに種類別に収納されています。パッと見渡せて必要なものを取り出せますよ。

minaさん(@m____mina.room)がシェアした投稿

ケユカのエクステンドトレーにカトラリーを収納されています。種類別に2本ずつ重ねて収納されているようです。たくさん重ねるとバラっとなりがちですが、2本ずつだと取り出しやすく、戻しやすいのでストレスなく収納できます。

収納したい棚はそれぞれサイズが違ってぴったりとケースが納まらずにスペースを無駄にしてしまうこともあります。こちらのケースは伸縮するので、棚に合わせてサイズを調整してセットすることができるのが魅力。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

食器

ついつい増えてしまう食器。限られた収納スペースだからといって、たくさん積み重ねてしまうと、取り出しにくくなります。

丁寧な暮らしに欠かせないおしゃれな器だからこそ、全てお皿が取り出しやすく見た目もすっきりを収納したいですね。使う頻度や、どんなときに使う器なのかを考えて収納してみましょう。

限られた収納スペースを無印良品のアクリル収納仕切り棚を使って収納されています。この仕切り棚があれば簡単におしゃれに収納スペースを増やすことができます。このように奥を2段にすると手前のお皿、スペースを有効活用できますね。

出典:無印良品

アクリルの透明な棚でデザインもシンプルなので、どの場所にも馴染みやすいので使いやすいです。このようにお気に入りの食器を飾るように並べてもおしゃれですね。

minaさん(@m____mina.room)がシェアした投稿

この3段の棚にコップ類をまとめて収納されているようです。右側には普段使うコップをサッと取れるようにそのまま並べられています。

左側の無印の2/1ファイルボックスには来客時に使うコップが収納されているので、ボックスのまま取り出して準備できるので便利です。2/1ファイルボックスはコップ収納に丁度良い高さでおすすめ。

普段使うカトラリーとグラスなどのコップ類が引き出しにまとめて収納されています。

ゴミ袋や布類

毎日のキッチン仕事にかかせないゴミ袋やタオルやキッチンクロス。必要なときにサッと取り出せるように収納しましょう。

可愛い収納ボックスにキッチンタオルを入れておくと、キッチンに出しっぱなしでもおしゃれにみえます。

misatoさん(@misat_s)がシェアした投稿

無印良品のファイルボックスとハンキングホルダーを使ってゴミ袋を収納されています。

お弁当箱

家庭環境や家族構成によっては様々な形や大きさで以外とごちゃついてしまうお弁当箱。朝の何かと慌しい時間に準備するものだからこそ、サッと取り出したいものです。

また時々しか使わない家庭ではどのように収納するのがベストなのでしょうか。

mai ˹simplelife˼さん(@_____mai.3)がシェアした投稿

食洗機下の浅い引き出しの中に、お弁当で使うものがまとめで収納されています。朝の忙しい時間なので、お弁当準備に使うものが一箇所にまとめてあると導線も短くて良いです。

フライパンや鍋

フライパンは立てて収納すると取り出しやすく、戻しやすいんです。鍋は様々なものがありますが、ホーロー鍋は重く、大きいサイズのものもあります。収納しやすくおしゃれにみえるアイディアをご紹介します。

フライパンは立てて収納することをおすすめします。重ねてしまうと、片手で取り出したり、戻したりできません。また、フライパン同士がこすれて塗装が傷つく心配もありませんよ。

こちらの家庭では100均のファイルボックスを利用されています。

山崎実業のシンク下フライパン&鍋蓋スタンドタワーです。収納したい場所に合わせてサイズを調整できます。

洗剤や掃除道具

キッチンはいつも清潔にしていたいですよね。シンクは水垢で汚れやすく、コンロは油ハネなどでベトつくので、汚れたらその時にサッと掃除ができるように掃除道具を取り出しやすく収納しましょう。

misaさん(@ruutu73)がシェアした投稿

粉類の洗剤を統一された白い蓋の容器に粉の洗剤を移し変えて収納されています。袋のままだとパッケージがごちゃついて見えたり、形がそれぞれ違うので、うまく収まらないことがあります。移し変えるというちょっとしたひとてまで、おしゃれにすっきりを収納できるんです。

便利な収納グッズ

すっきりとおしゃれな収納には欠かせない収納グッズ。シンプルで無駄のない無印良品の収納グッズはおしゃれなお家には定番。またプチプラのものでも優秀な収納グッズはたくさんあります。アイディア次第ですっきりとキッチン収納の手助けをしてくれますよ。

無印良品

misaさん(@ruutu73)がシェアした投稿

  • (左上)
  • オリーブオイルとごま油と、鍋の取っ手を収納しているのは「アクリル仕切りスタンド」。中の仕切りは取り外しが可能なので、収納したいものに合わせて調整できます。アクリルで透明なのでごちゃついてみえないのが嬉しいポイント。

  • (右上)
  • 「ポリプロピレンメイクボックス」にステンレスの鍋を収納されています。メイクボックスとして販売されていますが、シンプルなデザインなので、サイズが合えばどんなものも収納できるのが無印良品の魅力。

  • (左下)
  • 「アクリル仕切りスタンド」に鍋の蓋を立てて収納されています。アクリル仕切りスタンドの幅は2種類から選ぶことができ、こちらは狭いタイプです。

  • (右下)
  • 「ポリプロピレンファイルボックス」に片手鍋が収納されています。持ち手もピッタリとボックスの中に納まっているので、他のものを取るときに引っかかっる心配もありません。このボックスは縦にも横にも置けるのでお好みに合わせて置くことができます。

まどなおさん(@itsudemo_home)がシェアした投稿

ポリプロピレンファイルボックスは幅が選べるので収納したいモノに合わせてサイズを選ぶことができます。全てカラーは一緒なのですっきりと収納することができるのが魅力。

出典:無印良品

ボックスタイプで中身が見えないのでごちゃつきを隠すことができます。

出典:無印良品

整理収納ボックスはカトラリーや調味料を入れたり、キッチンツールを入れる仕切りの代わりとしても使えます。使うシーンに合わせて必要なサイズをチョイスしてオリジナルにカスタマイズできるのも嬉しいですね。

ayaさん(@irodori.0305)がシェアした投稿

ポリプロピレンラップケースに別売りの専用のマグネットをつけると、冷蔵庫などにくっつけて収納できるようになります。収納場所に困らず、すぐに使えれて、戻しやすく、デザインもシンプルなので、ごちゃついて見えません。

100均グッズ

かのんさん(@kanone0517)がシェアした投稿

セリアの調味料入れです。プチプラに見えないモノトーンデザインがとてもおしゃれですね。手のひらサイズで、片手で蓋が開けられる機能性も魅力。

さっちゃんさん(@sachan_dhagydja)がシェアした投稿

セリアの調味料いれにラベリングされています。ラベルのデザインによっても印象が変わりますよ。

あきんこさん(@saffy825)がシェアした投稿

キャンドゥのオイルボトルに、オイルやドレッシング、ソースなどを移し変えて使用されています。シンプルでスタイリッシュなボトルにおしゃれなラベルでとても統一感がああってとてもおしゃれですね。

システムキッチンの収納を工夫して料理が楽しくなるキッチンに

毎日、使うキッチンだからこそいつもスッキリと綺麗に整えていたいですよね。片付いているだけじゃなくて使い勝手の良いキッチン環境を作っていきましょう。スッキリとしていて、使い勝手の良いキッチンだと、毎日の料理もきっと楽しくなりますよ。