お食い初めのやり方をわかりやすくご紹介♪想いを込めて準備しませんか。

お食い初め(おくいぞめ)とは

子どもが一生食べものに困らないようにと願いを込めて、赤飯や尾頭付きの焼き魚など、赤ちゃんのために用意した祝膳の食べ真似をさせてお祝いをする儀式です。

平安時代に宮中で行われていた「五十日百日之祝儀(いかももかのしゅうぎ)」に由来するといわれ、赤ちゃんの乳歯が生え始める生後100日目に行うのが一般的ですが、地方によっては110日目や120日目のところもあります。

「お食い初め」の呼び名も地方によってさまざまで、初めて箸を使うので「箸たて」や「箸揃え」、初めて魚を食べることから「真魚(まな)の祝い」などと呼ばれているところもあるようですね。

昔は子どもの成長を見届けることが容易ではなかったので、節目節目に感謝の気持ちを込めて、お祝いをしていたのかもしれません。

医療が発達した現在でも、子どもの健やかな成長を願うことには変わりはありませんよね。現代では「100日目」でお祝いするより、その前後で都合の良い日に祝うことが多いようです。

お食い初めのやり方って?用意するものは?

赤ちゃんのために祝い膳を整え、食べさせる真似をします。ここでは用意するお箸や食器、祝膳のメニューなどをご紹介していきますね♪

祝い箸


出典:minne

赤ちゃんが実際にお箸でいただくことはありませんが、おせち料理などでもよく使われる、両方の先端が細くなっている「両口箸」といわれるお箸を用意するのが一般的です。

一方は神様用、もう一方は人が使うためと言われ、捧げることでご利益を得るという意味が込められているそうですよ。なんだか神聖な感じが漂いますね。ただ「両口箸」を絶対に使わないといけない、といえばそういうことはありません。

お祝いの気持ちが込められた、折れにくい新しいお箸を準備するのがふさわしいです。私の子どものときは、お宮参りのご祈祷のとき神社から授かったお箸でお食い初めの儀式をしましたよ♪

国産手作りのお店竹工房オンセのBABYSET


出典:竹工房オンセ

赤ちゃんがお箸を使うのは先になりますが、お食い初めのお祝いに合わせ「人生初めてのお箸」としてとっておきのお箸を子どもに贈るのはいかがでしょう?

そこでご紹介したいのが竹工房オンセの「ベビーセット」です!日本産の竹を使い、全ての工程が手作業という丁寧に作り上げられたお箸。無薬品、無塗装で子どもが噛んでも安心ですし、名前を彫り込んでもらえるので、世界でたった一つの特別なお箸になること間違いなしですよ♪

お食い初めにオススメの食器

平安時代から伝わる「お食い初め」の儀式。使われる食器にも伝統があるようです。早速みていきましょう!

男の子用(総朱)

男の子用と女の子用は色が違いますので、気をつけてくださいね。男の子は内側外側どちらも朱色です。色が違う理由は、古来の男性女性に対する考え方の違いのようですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

女の子用(黒内朱)

女の子は外側が黒色で内側が朱色です。お食い初めの器は買い揃えると高価ですから、レンタルサービスなどを上手に利用してみてるのもありですよ♪

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

アグニーの天然竹食器

正式な塗り物の食器も素敵ですが、お食い初めの機会に離乳食用を兼ねた食器を買い揃えるご家庭も多いようです。男女共用で使えるアグニーの天然竹食器は、どんな食材でも美味しそうに見えるという声が多数。離乳食がより美味しく見えると、食に興味を持ちやすいかも?


楽天市場
Yahoo!ショッピング

amaburo(アマブロ)の波佐見焼の食器

一点一点丁寧に作られた波佐見焼のamaburoは、お食い初めから離乳食期を終えた後でも、長く愛されるように飽きのこないシックなデザインにこだわっています。1点1点こだわって作っているので個体差はありますが、風合いがあって素敵ですよ♪

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

お食い初めの食器は、おうちにある離乳食用のものでもいい?

はい、もちろん使えます!この機会に出産祝いなどでいただいた離乳食用の食器を下ろすのもいいですね♪上の写真はわが家のお食い初めの祝膳ですが、食器は出産祝いでいただいた離乳食用の食器を使わせてもらいましたよ

新たに買い揃える時は、食材の見栄えがよさそうなものやお手入れがしやすいものなど食器を扱うママの使い勝手と、手触りがなめらかで重すぎないなどお子さんの使い勝手、どちらにとっても使いやすい要素を満たした食器を探してみるのがオススメですよ。

扱いにくい食器だと普段使いから敬遠してしまいがちになりますので、食洗機などの対応が必要な方はしっかりチェックしましょう。

ニッコーのこども食器

日本製だからこそ追求できる安全面と「握りやすい」「すくいやすい」「適度な重さで持ちやすい」にこだわった食器です。ネーム入れも出来ますよ!電子レンジや食洗機に対応しています。

陶磁器なので割ってしまうのでは?という心配な場合は、用途に合わせて上手に組みかえながら使ってみても。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

栗原はるみプロデュースのキッズ食器セット


出典:yutori no ku-kan

日々の生活を第一に思う栗原はるみさんプロデュースの食器セットは、飽きがこないシンプルさが魅力的なのはもちろんのこと上品さも漂いますね。色違いでピンクもあります。こちらも電子レンジ食洗機対応、安心安全の日本製。赤ちゃんが口に入れたりする食器は安心して使えるものを選びたいですね♪

10mois(ディモワ)mamamanmaプレートセット

赤ちゃんが自分ですくって食べる楽しみを大切に設計されています。くもの形がごはんが集めやすくしてくれるので、スプーンの上達を促してくれますよ。素材の約52%が竹と有機物で出来ていて、天然の抗菌作用があり、食洗機電子レンジ対応も嬉しいですね。ママも可愛く盛り付けするのが楽しみになりそうなプレート♪

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

倉敷意匠×kata kataの印判手豆皿

離乳食の傍に、愛嬌のあるかわいらしい動物模様の手豆皿で食卓に彩りを添えてみませんか?おやつ入れにしてもいいですね。不揃いが生む素朴な優しさは、しあわせの時間を育んでくれそう♪

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

お食い初めのメニューは?

お食い初めの正式な祝い膳は海の幸と山の幸をとりいれた一汁三菜です。


出典:季膳味和

尾頭付きの鯛か、金頭と呼ばれてお祝いの時にいただくホウボウ科の魚の姿焼きです。

お刺身ではなく尾と頭が揃った全形を用意しましょう。「めでたい」からくる語呂合わせにおいても鯛が用意できたら理想的ですが、できる範囲で準備しても問題ありません。

赤飯

赤い色は古来より魔除けや邪気を払う力があると言われてきました。赤飯に込められた思いを大切にしたいですね。

吸い物


出典:ニッスイ

貝のお吸い物、特に蛤(はまぐり)が良いとされています。蛤は二枚の貝が同じ貝でなければぴったりとは重ならないことから、良縁に恵まれることを願うお祝いの御膳にはよく使われるそうです。子どもの健やかな人生を願う気持ちがどこまでも込められていて素敵ですね♪

煮物

種芋に小芋がたくさんつくので「子宝」を願い里芋を、穴がたくさん空いているので「見通しのよい人生」を願いレンコンを煮物に入れることもありますが、これといった決まりはないようです。彩りのよい旬の野菜で準備するといいそうですよ。

香の物

縁起をかついで「紅白なます」を用意するところが多いですが、「多幸(たこう)」を願ってタコの酢の物を準備する地域もあるようです。

お食い初めのやり方って?

用意するものが整ったら、健やかな成長を願い「お食い初め」の儀式を行いましょう。

誰が食べさせるの?

赤ちゃんに食べる真似をさせるのは、長寿にあやかる意味を込めて出席者のなかで一番年長者にお願いするといわれています。形式にこだわらなければ、みんなでお祝いする思いを込めながら順番に食べさせる真似をするのも記念になって良いようです。

食べる順番はあるの?

1.ご飯→汁、ご飯→魚
2.ご飯→汁、ご飯→煮物
3.ご飯→汁、ご飯→香の物

1~3の流れを3回繰り返した後に

4.ご飯→汁、ご飯→歯固め石、で「歯固めの儀」を行います。

1~3を繰り返している間に、赤ちゃんがじっとするのは難しいですよね。そのときは回数を減らしてもよいそうですよ。

歯固め石はどこで手に入るの?

お宮参りで歯固め用の石をいただくこともありますが、そうでなければ氏神様の境内から形の良い石を選びます。お食い初め膳の食器を購入した場合は、石がセットで用意されていることもあります。小石の数は2、3個のところが多いようですね。

「小石を噛んでも大丈夫なくらい、強い歯が生えますように」という願いを込めて、箸で石を触り、その箸を歯茎にちょんちょんとつけるやり方をします

服装に決まりはあるの?

子どもの服装


出典:minne

ちょっと珍しいと思われるかもしれませんが、お食い初めで「お色直し」という儀式を行う地方もあります。白の産着から色のついたベビー服に替えることで成長を祝うようです。おしゃれなベビードレスなどを用意してもいいとは思いますが、撮影を終えたら赤ちゃんがご機嫌よく過ごせる服がいいかもしれませんね。

パパやママ、親族の服装

自宅でする場合は、スーツまではいかないまでも普段着は避けた方がいいでしょう。料亭などでお食い初めを行う場合は、家族で格を揃えた正装が好ましいですね。

お食い初めはライフスタイルに合わせた場所でOK!

ホテルや料亭のいいところ

生後3ヶ月のまだまだ手がかかる時期に、お食い初めの用意をするのは大変ですよね。ホテルや料亭でのお食い初めはゆっくりと会話を楽しみながら、豪華で思い出に残るひとときが過ごせますよ♪

高齢のおじいちゃんやおばあちゃんに参加していただくときは、掘りごたつがある個室を用意するなど配慮をきかせることもできますよ。

自宅のいいところ

授乳やオムツ交換のタイミングを気にせず、リラックスしながらお食い初めを行うことができます。ただお食い初め膳と大人の祝膳の両方を準備しなくてはいけないのが大変ですよね。手際よく準備できる環境が整っていればいいですが、そうでない場合は仕出しなどに頼むのも一つの手段ですよ!

私の子どものときは、大人の祝膳は仕出しを頼んで、子どもの祝膳だけは自分で用意しました。

あっ!でも尾頭付きの鯛は、一人目の子どもの時にグリルで焼いたら思いの外すごく時間がかかってしまい親族の皆さんを待たせることになったので、二人目の時には仕出しのお店にお願いしましたよ。

仕出しのお店を自分で調べるのが大変なときは、どこがオススメか近所の先輩ママに教えてもらってもいいですね♪

おわりに

1歳まではとにかくお祝いごとの行事が多くて、その度にクタクタになるママも少なくないかもしれませんね。でも数年後写真で振り返ってみたときに「やっておいてよかった」素直にそう思える日が必ず来ます。形式を重んじて完璧にやり遂げようとしなくても大丈夫!感謝しながら子育てをする気持ちだけはどうぞ大切に…。