観葉植物を飾りたい!おすすめの観葉植物と選び方、育て方のポイント!

観葉植物がお部屋をおしゃれにしてくれる

観葉植物がお部屋にあると癒されたり、おしゃれな空間になりますよね。まずは観葉植物のあるおしゃれなお部屋をみてみましょう。

keikoさん(@keiko_storyhome_110)がシェアした投稿

シンプルなお部屋にインパクトのある大きな観葉植物がとても印象的です。背の高いグリーンが温かさをプラスしてくれています。

棚の上にさりげなく置かれた観葉植物がほっと一息つきたいときに癒しを与えてくれそうな存在です。

fukaさん(@fuka_0718)がシェアした投稿

とてもシックなお部屋にも観葉植物はとても合いますね。男性の部屋に観葉植物があると清潔感があり、とても好印象です。

Tomo Dachiさん(@tomodachii___)がシェアした投稿

カーテンからこぼれる太陽の光が観葉植物にあたり、グリーンをもっと綺麗に輝かせてみせています

shihoさん(@4ho1105)がシェアした投稿

ベッドルームにも観葉植物があると、癒しの空間になります。朝も気持ちよく起きれそうですね。

ゆかりさん(@yukari1088)がシェアした投稿

空間が限られていたり、小さな子どもや動物がいても、このように吊り下げる観葉植物を上手に利用すれば、グリーンのある生活を楽しむことができます

観葉植物を選ぶポイント

観葉植物に囲まれた空間で暮らしたいという方は多いですよね。

ただ、初めて観葉植物を購入する人はどんなものを選んだら良いんだろう?と分からないことも多いのではないでしょうか。観葉植物を購入するときに選ぶポイントをご紹介します。

どこに観葉植物を置きたいのか決めておきましょう

好みの観葉植物をお店に見に行くのもいいですが、まずはどこに置きたいのかあらかじめ考えておきましょう。

お店で見て気に入っても置くスペースがないと、とてももったいないです。またお店の人に相談するときにも、「ここに置きたい」と具体的に伝えることができるとプロの立場で色々なアドバイスをもらうことができますよ

観葉植物を置く場所の日当たり

まずは観葉植物を置く場所の明るさを確認する必要があります。観葉植物によっては直射日光が苦手なもの、日陰に強いものなど植物の性質がそれぞれ違うんです。

観葉植物を枯らさずに、育てるためにもとっても必ずチェックしておいてくださいね。

観葉植物を置く広さや高さ

観葉植物を置くスペースの高さや広さを確認することもとても重要。購入時点での大きさはもちろん、観葉植物の種類によっては天井や床に葉っぱが伸びていくものもあります。

大きくなりすぎて困ったということがないように、スペースの確認をしておきましょう。

育てやすく丈夫な観葉植物

観葉植物初心者さんは、枯らさないか心配になると思います。とくに初めて観葉植物を購入する人は育てやすい丈夫な観葉植物からスタートされてみてはいかがでしょうか。

多くの観葉植物は熱帯性で寒さに弱いのが特徴なんです。地域にもよりますが、日本の冬の寒さでは育てられないものがほとんど。

冬は室内に入れるようしたり、季節ごとにお世話の仕方が変わってくることを知っておきましょう。

観葉植物を枯らさないための3つのポイント

観葉植物を部屋に置きたいけど、「枯らしそう、、、」や、以前に枯らした経験があるから次の植物に手が出せないという人もいますよね。

そんな観葉植物のお世話に不安がある方に、植物を枯らさないための3つのポイントをご紹介します。

水やり

水やりは簡単そうで難しいですよね。水が足りないと枯れる原因にもなり、逆にあげすぎると根腐れの原因にもなります。

「土が乾いたらたっぷりと」が原則

植物の種類によっても水のあげる量やタイミングが違うこともありますが、観葉植物の水やりは「土が乾いたらたっぷりと」が原則です。頻繁に水を与えすぎて、土が常にジメジメと湿っている状態だと、植物は酸素不足になり根腐れしてしまいます。

土がしっかり乾くまで次の水やりは待ちましょう。土が乾き白っぽくなったら、受け皿に水が浸み出してくるまで水やりをします。この時、受け皿に溜まった水は捨ててください

受け皿に水が溜まった状態を放置すると土が湿った状態が続くので根腐れの原因になります。

葉っぱにも水やりをしましょう

水やりとセットで覚えておきたいのが葉水。葉水とは霧吹きスプレーなどを使って葉の表と裏に直接水を吹きかけることです。

葉水をすることでイキイキとした葉に育ち、乾燥を好む「ハダニ」などの病害虫を防ぐことができます。

日当たり

植物によって日当たりが良い場所を好むものと、日陰を好むものなど、それぞれ必要な日光の量が違うんです。日光が好きな植物を日が当たらない環境に置いておくと、枯れたり、育ちが悪くなってしまいます。

また、葉が薄い観葉植物は直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので注意が必要です。観葉植物をインテリアに取り入れたい場合は、それぞれのお部屋での日光の当たり具合と植物の特性を考えて置く必要があります。

明るいところを好む植物はリビングの明るいところに。トイレや洗面所などの日当たりが悪い場所に置きたいなら耐陰性のある植物を選ぶようにしましょう。

温度・湿度・風通し

多くの観葉植物は暖かい地域の植物なので、冬を越すときに注意が必要になります。冬は室内の暖かい部屋の中で管理しましょう。

また、風通しを良くしておくことも植物を枯らさないために大切な要素です。風通しを良くして観葉植物の病気やカビを予防しましょう。

お部屋に適したおすすめの観葉植物

観葉植物は置きたい場所に合わせて選びましょう。

リビングにおすすめの観葉植物

リビングは家族みんなが集まる場所でもあり、来客をおもてなしする場所でもある、家の中心となるお部屋です。

そこに大きな観葉植物があると、とてもおしゃれな空間を演出できます。日当たりも良いので観葉植物を育てやすい環境です。

モンステラ

モンステラは葉っぱが大きく切れ目が特徴的な植物です。乾燥には比較的強いので明るい室内でたまに水やりをするだけで綺麗に育ってくれるので観葉植物初心者さんにもおすすめ

耐陰性のある植物なので日光が入らない部屋でもたくましく育ってくれるのは嬉しい特徴です。アロハシャツにもよくデザインされているモンステラの葉っぱ。ハワイでモンステラは神聖な植物とされ魔よけの効果があると言われているそうです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

フィカス・ウンベラータ

インテリアに合わせる植物としてとても人気のあるフィカス・ウンラベータ。柔らかいハート型の葉と曲線を描いたような個性的な樹形が印象的です。

どんなインテリアにもマッチして、お部屋をおしゃれな印象にしてくれます。サイズも大きいので、お家のシンボルツリーとして、目立つグリーンは空間のアクセントとなって表情が生まれますよ。


出典:Re:CENO

日当たりが良い場所を好むので、レースカーテン越しの窓際が最適です。明るい場所を好みますが夏場の強い直射日光は葉焼けしてしまうので注意しましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

パキラ

パッと開いた5枚の葉とユニークな幹が特徴的なパキラ。発育が良く、病害虫が少ないので初心者にとてもおすすめの観葉植物です。暑さや寒さに強く、乾燥にも強いので枯れにくいということも嬉しいポイント。


出典:Re:CENO

耐陰性もあるので、日光が届きにくい場所にも置いても大丈夫です。別名「発財樹」という縁起の良い呼ばれから開業祝いなどのお祝いの贈り物としての観葉植物としても人気なんですよ。カーテン越しの明るい窓際がおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

エバーフレッシュ

夜になると広げていた葉を閉じる習性があるので、昼と夜で違う表情をみせてくれるのが特徴のエバーフレッシュ。


出典:Re:CENO

小さな葉の集まりとしなやかな樹形。


出典:Re:CENO

ナチュラルな明るい印象のリビングに背の高いエバーフレッシュがよりお部屋を爽やかにみせてくれます。お部屋によって表情をコロッと変えてくれる観葉植物です。


出典:Re:CENO

空気が乾燥する室内では霧吹きで葉水をして乾燥から守ってあげましょう。乾燥から守ることで害虫予防にもなります

エバーフレッシュは葉が薄いので水不足や周囲の湿度が低下すると葉がちりちりになってしまいますので、チェックしてあげましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

オリーブ

北欧家具やナチュラル系インテリアにぴったりのオリーブ。サラサラとした小さめの葉と太すぎず横に広がる樹形が特徴です。

外でしか育てられないという印象をお持ちの方も多いと思いますが、条件が揃えば室内でも育てることができます


出典:Re:CENO

日当たりの良い場所を好むので窓際やベランダが適しています

生育期の春~秋はたっぷりと日光を浴びさせてあげたほうがいいので、ベランダなどにだして日光を当ててあげましょう。


出典:Re:CENO

時々、剪定をして風通しをよくしてあげましょう。風通しを良くすることで、害虫被害を予防したり、残った葉へ日当たりがよくなるというメリットがあります。全体のバランスを見ながら剪定していってください。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

フィカス・アルティシマ

丸っとして厚みがある色鮮やかな緑の葉と曲線を描いたような個性的な樹形が印象的なフィカス・アルティシマ。

寒さにも比較的強いので、寒さ厳しい日本でも育てやすいと人気の観葉植物です。背が高くて存在感があるのでリビングのソファーやダイニングテーブルの横に置けば、お部屋の印象がグッと明るくおしゃれになりますよ。


出典:Re:CENO

大きいサイズのフィカス・アルティシマは存在感があり、おうちのシンボルツリーのようです。


出典:Re:CENO

こちらは少し小さめで、個性的な樹形のフィカス・アルティシマがおしゃれな印象を与えてくれています

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ユッカ

太い幹と上向きの葉を茂らせるユッカはとても力強い印象で、男性の部屋にとてもおすすめです。生成期の青年のようにどんどんと盛んに葉っぱを出すことから別名「青年の木」とも呼ばれています。

masahisa saitoさん(@masahisa_saito)がシェアした投稿

日本よりも雨の少ない地域に生えているので、水やりの頻度が他の植物に比べて少なくてすむんです。

そのため、多少乾燥した状態にも強く育てやすいのも魅力のひとつ。ユッカは細長く先が尖った葉を上向きに生えるので、横向きに伸び続ける植物に比べて狭いスペースで育てられます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ドラセナ/幸福の木

ドラセナ幸福の木は名前の通り、幸福を呼ぶ木として多くの人に親しまれている観葉植物です。縁起が良いので新築祝いなどの贈り物としておすすめ

耐陰性や耐寒性があるので、寒さ厳しい日本でも育てやすい観葉植物です。幸福の木を長く楽しむために、水のやりすぎには注意してください。根腐れしないように、しっかり土が乾いてから水やりをするようにしましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ドラセナ・コンシネ

ドラセナ・コンシネは別名「真実の木」とも呼ばれています。シャープな葉の形がスタイリッシュな印象を与え、男性のお部屋にもおすすめ

室内でも育てやすく、インテリアとしても根強い人気があります。明るい場所を好みますが、直射日光は葉焼けしやすいので夏場の日差しが強い季節は注意が必要です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

キッチンにおすすめの観葉植物

キッチンはリビングに比べて日光が届きにくいくらい場所というご家庭は多いですよね。そんな日陰のキッチンでも大丈夫な耐陰性のある植物を選ぶと育てやすいです。

また高さがあるものや上に向かってどんどん育っていくものは、限られたキッチンスペースでは邪魔になってしまいます。スペースを有効活用して観葉植物を飾ることで毎日の忙しい家事の時間をなごませてくれますよ。

アイビー

垂れ下がるツタが可愛らしいアイビー。キッチンのカウンターなどにおいて垂れ下がりばがら成長する様子を楽しむことができます。

耐陰性のある植物なので日陰でも大丈夫ですが、時々は日光に当たる場所に移動して光を当ててあげましょう


楽天市場
Yahoo!ショッピング

エアプランツ

エアプランツの一番の特徴は土を使わないで育てられるということです。土がいらないので、キッチンでも清潔を保つことができます

また雑貨とも合わせて飾ってもおしゃれです。熱帯アメリカ地方のジャングルや砂漠などに生息しています。本来は木などにくっつい空気中の水分を吸収して成長しているんです。

ポッチワンさん(@pocchione)がシェアした投稿

週に1回、霧吹きで水やりをしましょう。日当たりがよく風通しが良い場所を好みます。暗い場所でダメになるということはありませんが、植物の成長のためにときどき日当たりが良い場所に移動させてあげてください。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ポトス

ポトスには色々な種類があるので、お好みのものを選ぶ楽しさも味わうことができます。観葉植物初心者でも育てやすいのでおすすめ

耐陰性があるので、日陰でも育ちますが時々、日光に当たる場所に移動して成長を助けてあげましょう。下に垂れるように成長していくのでキッチンのカウンターなどに置いたり、高いところからつるしても良いですね。

また、伸びたところをカットして水につければ挿し木でも増やせます。ポトスは育てやすいので、鉢で色々と個性を楽しみながらキッチンのインテリアを楽しまれてはいかがでしょうか。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

トイレ・洗面所におすすめの観葉植物

無機質になりがちなトイレや洗面所に小さな観葉植物をおくだけで、とってもおしゃれで明るい印象になるんです。トイレや洗面所は光が入らないご家庭が多いと思うので、耐陰性のある観葉植物をご紹介します。

シュガーバイン

小さな葉を5枚広げた形がとても可愛らしい観葉植物です。可愛らしい葉と長めのツルがトイレや洗面所のアクセントになってくれます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

フィカス・プミラ

小さな葉っぱに白い模様が入った可愛らしい印象のフィカス・プミラ。見た目以上にとっても丈夫なので育てやすい人気の観葉植物です。耐陰性もあるので日陰でも大丈夫ですが、時々日光浴をさせて成長を手助けしてあげましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

多肉植物

多肉植物はサイズが豊富で、トイレや洗面所の置きたいスペースに合わせて選ぶことができるのが魅力です。ただ日当たりが良い場所を好むので、2日に1回は日当たりが良い場所に移動して光をあててあげてください。

小さいサイズだと置く場所を選ばないので、インテリアとして飾りやすいです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ヒメカズラ


出典:AYANAS

ハート型の葉がとても可愛らしい観葉植物です。小さめなので出窓や狭い場所に置けます。

耐陰性もあり、丈夫なので観葉植物初心者の方におすすめ。成長すると枝を伸ばしてツルが垂れ下がります。高いところに置いて成長を楽しむことができますね。


出典:AYANAS

このように同じ観葉植物を並べてもとてもおしゃれです。

ガジュマル

観葉植物の中でも人気のあるガジュマルはとても丈夫で耐陰性もあるので、どのお部屋でも育てやすいんです。

根上がりがとても特徴的でタコの足にも見えるので「多幸(タコ)の木」とも呼ばれています。幸福をもたらす妖精キジムナーが宿る木とも言い伝えられ、プレゼントとしても喜ばれる観葉植物です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

玄関におすすめの観葉植物

玄関はお家の顔とも言える場所なので、観葉植物を飾っておしゃれな空間にしたいという人は多いとのではないでしょうか。

日当たりが良い玄関はどんな観葉植物でも育てやすいと思いますが、日が当たらない玄関も多いです。そこでここでは日当たりが良くない玄関でも育てられる観葉植物をご紹介します。

オキシカルジューム


出典:無印良品

無印良品には壁に掛けれるタイプの観葉植物があります。狭い玄関でも壁掛けタイプなら、スペースの有効活用でおしゃれな空間を演出できますね。

オキシカルジュームは耐陰性のある植物なので日陰でも育てることができますが、時々明るい場所に移動させてあげましょう。

テーブルヤシ

テーブルヤシは南国の雰囲気を感じられる観葉植物ですが、比較的寒さや暗さにに耐えることのできるので、日が当たりにくい玄関でも大丈夫

美しいヤシの葉が玄関を明るい雰囲気にしてくれるのでインテリアにピッタリです。玄関の飾り棚に置いたり、小さめの椅子に飾ってもおしゃれですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

サンスベリア

サンスベリアは室内の空気清浄効果が期待できることで人気があります。インテリア性の高い観葉植物なので、玄関に置くととてもおしゃれに見えます

日陰でも育てやすいですが、寒さには弱いので冬場は暖かいリビングなどに移動してげるましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

サンスベリア・シリンドリカ・オバケ

名前も見た目も面白い個性的な観葉植物です。太い棒状の葉を扇のように開くサンスベリアの1種。インテリアオブジェのような一癖ある面白い姿が人気の理由です。

株全体に水分を蓄えているのでしばらく水やりを忘れてしまっても大丈夫。耐陰性もあるので、日が入りにくい玄関でも育てたられますが、時々日光に当ててあげると元気に成長します。

北欧インテリアにもマッチしますね。ちょっと変わった観葉植物を探している人におすすめです。

お家の顔である玄関に置いておくと、とても個性的でおしゃれな空間を演出してくれます。


楽天市場

子どもがいる家庭におすすめの観葉植物

小さな子供やペットがいても観葉植物を楽しむことができます。子供やペットが植物に触れないように天井から吊るしたり、壁掛けタイプの観葉植物を飾っておしゃれな空間の中で暮らしましょう

このように上から吊るしたら小さな子供は届かないので、観葉植物を倒したり、土を触る心配もありません


出典:無印良品

無印良品の壁に掛けられる観葉植物です。土台が白なので、綺麗なグリーンがとても映えます。

どんなお部屋にも馴染み、飾り方しだいで色んな楽しみ方ができるインテリア性の高い観葉植物です。子供も触る心配もなく、観葉植物を飾りたいけどスペースがないからと諦めていた人もスペースを有効活用して楽しめます。

観葉植物を長持ちさせるためのお世話

観葉植物は常に成長していますので購入したままの植木鉢や土のままでは、根が窮屈になって根づまりをおこしてしまいます。植物の成長に合わせて植え替えや肥料を足すなどお世話をして、観葉植物を長持ちさせましょう

1~2年に1回植え替えを

観葉植物の植え替えは生育環境をリセットすることが目的です。植物は成長し続けているので、購入したままの土や植木鉢のままでは根づまりを起こし、酸素不足になり枯れる原因となってしまいます。

1~2年に1回は植え替えをして、観葉植物が元気に成長するようにお世話してあげましょう

植え替えのタイミング

  • 植木鉢の底から根が飛び出してきている
  • 根は生えるスペースを求めて、植木鉢の中にどんどん根を伸ばしています。最後は鉢の底穴から根を張り出してくるんです。

  • 水やりをしても土に吸い込まれない
  • 植木鉢の中に根が張っていると、水の通るスペースがないのでスムーズに土に浸みこまず、土の表面に水が残ってしまうようになります。また水をとどめることもできなくなるので、土がすぐに乾燥して水やりの頻度が増えてきたたタイミングです。

  • 鉢植えが良く倒れる
  • 植物が成長して、植木鉢を植物のバランスが悪くなって、良く倒れるようになります。

植え替えに必要なもの

  • 今の植木鉢よりも一回りおおきな鉢
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石や軽石
  • 観葉植物用の培養土
  • ハサミ

植え替え方法

観葉植物は寒さが苦手なので、5月~9月の暖かい時期に植え替えるようにしましょう。

  1. 7日ほど水やりを控えて、土を乾燥させます。
  2. 土が白っぽく乾燥してきたら、鉢から根を抜き取ります。
  3. ついた土を手で優しくほぐすように落とします。
  4. 根の先端が傷んでいたり、黒ずんでいるものはハサミで切り落とします。
  5. 葉が茂っている場合は何枚か取り除きます。
  6. 新しい鉢に鉢底ネット、軽石を敷き、観葉植物用培養土を底から少し入れます。
  7. 苗を鉢に中心に入れ、残りの培養土を棒などでつつきながら、根の隙間までしっかりと土を入れて固定します。
  8. 水やりをします。

植え替え後の養生

植え替えたあとは根が土にうまく定着するまで、風が当たらない明るい日陰で様子をみましょう。水やりも土が乾いてからにしてください

植え替え後は根が水を吸えない状態なので、根具されしやすいので気をつけてください。新しい芽が出始めたり、葉の生長が見られたら根が定着した合図なので、今まで通りのお世話で大丈夫です。

正しい肥料の与え方

購入した観葉植物はすでに肥料が混ぜ込まれているものがほとんどです。これを元肥(もとごえ)と言います。その後、時間た経つにつれて肥料の効果がなくなるので追加で肥料を与える必要があります。これを追肥(ついひ、おいごえ)と言います。

肥料は主に有機質を無機質に分けられ、室内の観葉植物には無機質の肥料がおすすめです。

休眠期の冬以外に2ヶ月に1回のペースで固形タイプのじわじわ効き目のある「緩行性化成肥料」を追肥として与えます。葉に元気がない場合には即効性のある「液体タイプの肥料」がおすすめです。

冬越し・夏越し

温度の差が激しい「夏」と「冬」を上手に乗り越えるコツをご紹介します。

冬越し

冬は休眠期といって多くの植物の活動が鈍くなるので、夏ほど水を必要としません。水やりはどんどん回数を減らして控えめにしていきましょう。ただ、室内の暖房で乾燥しやすいので、葉水をして水分補給をしてあげてください。

夏越し

エアコンの冷房で乾燥しやすいので、適度な水やりと葉水をしてください。また熱帯夜が続く時には、夕方に水やりをして夜の温度を下げるという工夫もおすすめです。

大きい観葉植物は通販が便利!

観葉植物を購入できるお店は、お花屋さんや大型ショッピングセンターの他にネットショップがあります。大型の観葉植物を購入したい場合は持ち帰る方法などを考えると、ネットショップが便利な場合もあります。

おすすめの観葉植物でグリーンのある生活に

手のひらサイズの小さな観葉植物から、家のシンボルツリーになるほどの大きな観葉植物まで様々な種類、サイズがあります。

小さくても、大きくても、グリーンが家にあるととっても明るく爽やかな印象になります。インテリア性の高い観葉植物もたくさんあるので、お気に入りのグリーンをゲットしておしゃれで癒しのあるお部屋で暮らしてみてはいかがでしょうか。