赤ちゃんの入浴の方法とは?初めての『沐浴』経験に

初めてのお風呂、赤ちゃんの沐浴のこと

赤ちゃんをお風呂にいれることを、沐浴と言います。初めての沐浴がどんなものか見ていきましょう。まずは時期と必要な道具についてです。

時期について

一般的には赤ちゃんの沐浴は一ヶ月検診が終わったころに、大人と一緒のお風呂に入っても良いとされています。しかし、家庭によっては別々で入った方がいい、ベビーバスの方が簡単と、感じ方もそれぞれ。そこで、時期を想定してベビーバス選びをしていきましょう。

沐浴に必要な道具

赤ちゃんの沐浴に必要アイテムと、人気のベビーバスも一緒に紹介します。

ベビーバス

赤ちゃんが生まれたときに産院で沐浴方法を教えてもらう事がそれぞれあります。しかし、産院では備え付けのベビーバスだったり整った環境で揃っている物がほとんどですよね。

そこで家の中での環境に合ったものや、必要な物を見てみましょう。赤ちゃんのお風呂は安全第一に考えなくてはならない物なので、しっかりとした準備が必要です。

【床置きタイプ】栄和 『新生児用ベビーバス お風呂でもキッチンでも使えるバスタブ』

床置きタイプは、数あるベビーバスの種類の中で安定感と丈夫さに優れています。汚れなどの掃除もしやすく、清潔に保てるのもこのタイプの特徴です。難点をあげるとすれば、床置きタイプのベビーバスは置き場所を一番取ることです。

なのでベビーバスの置き場所の確保ができる家庭であれば、最も安全性に優れたおすすめのベビーバスです。

Amazon
楽天市場

【床置きタイプ】リトルプリンセス 『フォールディングバス』

床置きタイプのベビーバスがいいけれど、置き場所がなくて困っているママに朗報です。実は私もこのタイプを使っていますが、床置きタイプで折り畳めるものがあるのです。浴室の物干竿にかけられるという優れものなので、床置きタイプをご検討のママさんは是非、参考にしてみて下さいね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【マットタイプ】赤ん坊カンパニー 『安心やわらかマット』

マットタイプは洗面台やシンクにマットとして敷き、そこにお湯を溜めてベビーバスとして使用します。

マットなのでクッション製や安定感、そして赤ちゃんにとっての心地よさは抜群に良いんです。沐浴としての使用が無くなっても、オムツ替え用マットとしての使用に回せたりと、長く使えるという点ではとても優れています。そして何よりママの腰に負担ががかりにくい位置で沐浴させることが出来るのでおすすめです。

デメリットは、そのままシンクや洗面台には置いておけないため、毎回浴室などへ濡れたものを干しに行く手間です。手間を無くしたいママにとっては面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、小さく収納し持ち運べるという点では、とても使い勝手のあるベビーバスです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【エアータイプ】Richell 『ふかふかベビーバスW』

エアータイプのベビーバスは空気を入れて膨らませて使います。柔らかい素材ですので、ぶつけたり怪我などの赤ちゃんへの心配は少なくなりますね。赤ちゃんにとってはママのお腹の中での生活を感じさせられるような、柔らかさに水の中で包まれリラックスした沐浴になります。

注意点は、ビニール製の製品は長期間の使用には向かないこと、隅々まで汚れが入り込んでしまう為汚れの洗い残しに注意が必要なところです。しかし、空気を抜いてコンパクトにし持ち運びも可能ですので、里帰りや実家に行ったり来たり数カ所で使われるママにも大人気なベビーバスといえます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

赤ちゃん用せっけん(ベビーソープ)

赤ちゃんを洗うせっけんに、どのようなものがあるか見ていきましょう。大人と同じものでもいいかなと思いたくなる気持ちもわかりますが、赤ちゃんの肌はデリケートなので、なるべく専用のものを使ってくださいね

固形タイプ

大人も使ってる方が多いせっけんですよね。産院ではとくに固形せっけんをおすすめされるところが多いです。泡立てないといけない手間がありますますが、固形せっけんの良いところは原材料がシンプルであり、無添加なものが多いので赤ちゃんの肌には安心して使うことができます。

液体・泡タイプ

押すだけで簡単に泡になってでてくるので、赤ちゃんを片手で支えながらでもスムーズにプッシュ一つで簡単に洗うことができます。しかし、つい押して出しすぎてしまうということからコスパが悪かったり、使い過ぎてしまい赤ちゃんの肌の大事な皮脂を必要以上に奪ってしまうことに気をつけなければなりません。その他はとても使いやすく、不器用な私はずっと泡タイプのせっけんを使っています!

ガーゼ

yukiさん(@ku_y_ki)がシェアした投稿

沐浴では大判のガーゼを二枚使用します。一枚は、赤ちゃんは裸でいる状態に不安を感じますので大きなガーゼを広げてかけてあげて安心させるため。もう一枚は赤ちゃんのからだを洗うためなのですが、からだ・顔と折り返してつかうので大きめであるほうがとっても便利です。

余談ですが、ガーゼは使用前に一度「水通し」することで生地についているノリがとれてふんわり柔らかくなり、吸収性がアップします。新品のものは汚れていないので洗剤を使う必要は無く、手洗いし、天気の良い日に天日干しすることをおすすめします。

必要な準備と沐浴の方法

さあ、しっかり準備が整ったら沐浴を始めてみましょう!

沐浴の手順

  1. 必要な準備は全てしておき、スタート
  2. 着替えのオムツ、肌着、ベビー服はボタンを外し重ねた状態で袖通しまでしておくと、お風呂上がりがとてもやりやすいです。赤ちゃんを抱いていると、手が塞がってしまい忘れ物があっても取りに行ったりするのは難しいです。なので下準備はしっかりすることをおすすめします。

  3. ベビーバスに40度のお湯をためる
  4. 手の感覚では、大人が感じる温度と赤ちゃんが肌で感じるものとでは感じ方が違うので、この時は水温計を使用して下さい。

  5. いよいよ赤ちゃんをいれていきます
  6. ママの手で温度が確認出来たら、赤ちゃんの服を脱がせて仰向けにし、首の後ろとお尻を包み込むように支え、足からゆっくりとお湯へつけてあげます。この時首の後ろを支える手の指は、できれば赤ちゃんの耳をふさいであげるような形になっていることが理想です。

一枚のガーゼを濡らし広げ、赤ちゃんのおなかの上にかけてあげましょう。布がかかっていることで、赤ちゃんが安心感をもってくれます。

もう一枚のガーゼで、頭から下へ向かって、顔、首周り、脇、胸、お腹、手と足、そしておまたをあらっていきます。最後に赤ちゃんをうつ伏せにし、お尻です。この時必ず気をつけたい事は、赤ちゃんの顔がお湯につかっていないか、注意して下さい。

慎重にゴシゴシする必要はなく優しくサッと丁寧に。と私は心がけていました。温かいお湯にゆっくりとつけてあげたい気持ちにもなりますが、沐浴にあたる入浴時間は5分と言われています。短いですよね。時間内で済ませられるような流れを自分なりにつくっていくとやりやすくなっていきますよ。

どれが赤ちゃんには合ってるの?おすすめのせっけん、保湿剤を種類別にご紹介!

赤ちゃんのからだはとってもデリケートです。しっかり知っておきたい肌に合ったせっけん、保湿の方法や種類までご紹介します。

固形タイプ、泡タイプのおすすめのベビーソープ

ママたちから人気のベビーソープを少しご紹介します。

ピジョン『全身泡ソープ』

9年連続でベビースキンケア、ベビーソープ泡で選ばれている言わずと知れた人気商品です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ジョンソンベビー『全身シャンプー 泡タイプ』

こちらも生まれたその日から使える目にしみにくいノーモアティアーズ処方で、水と同じくらい低刺激、弱酸性と言われることで人気です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

SARAYA『arauベビー 泡全身ソープ』

保湿効果のあるシソ葉エキス&ローズマリー葉エキスの植物エキス配合で潤う中でもきめ細やかにさらっと仕上がりすべすべになると好評の商品です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

牛乳石鹸『キューピー ベビーせっけん』

赤ちゃんにも、そしてママも使える先輩ママの使ってよかったNO.1口コミにも輝いたキューピーベビー石けん。スクワラン&シアバター配合でキューピーこだわりの釜だき製法。有名な牛乳石鹸なだけに安心と信頼も兼ね揃えた唯一の固形石鹸ですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ママが使っている人気のベビーローション

保湿剤もとても様々な種類が出ていて、とても迷いますよね。先輩ママたちが選ぶ人気の保湿剤をお教えします。

ピジョン『ベビーミルクローション』

赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分(ピジョンベビーリピッド)を配合したベビーローション

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ジョンソンベビー『ベビーローション 無香料』

ベビー保湿成分とベビーオイルのダブル保湿でしっとり、乾燥や肌荒れ防止にうれしいベビーローション

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ヴェレダ『カレンドラ ベビーミルクローション』

赤ちゃんから大人まで使える、ライトでみずみずしいつけ心地が欲しいときに、オイルよりもサッパリだけどさらっと潤う全身用保湿乳液。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ALOBABY『ミルクローション』

無添加・無着色でママも赤ちゃんも癒す、ホホバオイル・シアバター配合のオーガニックローション。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

保湿する上で気をつける事とは?

ここでは保湿する上で知っておきたいこと注意点などをご紹介します

保湿剤は、赤ちゃんの肌に合ったものを選ぶ

どんなに人気のものでも、その人その人に合ったもので無ければ意味がありません。サンプルなどを利用し、赤ちゃんの肌に合った保湿を心がけましょう。

塗る際は、こすらずゆっくりたっぷりと

少なすぎや、こすり過ぎは摩擦となり赤ちゃんの肌に負荷がかかってしまいますので、多めのローションでゆっくりマッサージをしてあげるようなイメージで塗ってあげると、赤ちゃんも気持ちよくリラックスすることができます。

知っておきたい赤ちゃんと弱酸性、アルカリ性との関係

赤ちゃんのからだに影響を及ぼす成分を学び、どんなものがいいか選んでみましょう。

弱酸性、アルカリ性の性質や成分について

弱酸性やアルカリ性とは物質を水に溶かした液の性質の名前で、お酢や果汁のようにすっぱい味のするものが酸性、草木を燃やした後にできる灰を水に溶かした灰汁のように苦い味のするものがアルカリ性と言われています。

どんな影響を及ぼすの?

肌は弱酸性でできています。そこから汚れを落とすことだけを考えればアルカリ性が適しているのですが、肌にある潤いやバリアまでも強い力で落としてしまうことになります。後にそれが肌荒れとなってしまうのです。

赤ちゃんの肌は、モチモチで潤いたっぷり!と思われがちですが、実はお肌の表面水分量は大人に比べてとても少なく、皮脂の分泌量は生後2ヶ月をすぎると急激に減少すると言われています。だから実は赤ちゃんのお肌はモチモチだけどとても乾燥している状態なのです。

お風呂はママと赤ちゃんにとっての大事なコミュニケーション

忙しい毎日の中でかかせないお風呂、そんなお風呂の時間がママと赤ちゃんにとってどのような時間になるのか考えてみましょう。

どんな効果があるの?

赤ちゃんとお風呂に入りコミュニケーションを図ることで会話したりすることを浴育とも言います。浴育とは子どもがお風呂でママやパパと会話したり、お勉強したりすることを指しますが、赤ちゃんにとってもママとのコミュニケーション、ママが発してくれる言葉、お風呂に入ること、それ自体が脳に伝わり浴育となるのです。

浴育は普段ママほど赤ちゃんとの時間が作れないパパにとってもとてもいいコミュニケーションとなりますので、休日だけでもぜひ、赤ちゃんとのコミュニケーションを沐浴を通して図ってみて下さい。

ママと赤ちゃんにとってお風呂の時間の大切さ

赤ちゃんにとってもママとのお風呂の時間は肌と肌が触れ合う時間。とても心地よくて一番温かさを感じる事のできる時間です。人と人の触れ合いに、喜びや快楽や安心感を得られるのと同じように赤ちゃんもママとのお風呂の時間は、大好きなママに抱きしめられるとても大事な時間と言えます。

忙しくて、面倒だなと思っても、やりづらさを感じてもう!と思うことがあっても、一瞬だけでもママはここにいるよ。お風呂気持ちがいいね。と話しかけて、感じさせてあげる事で十分に赤ちゃんに肌から伝わるぬくもりとなります。

赤ちゃんとのお風呂の時間を楽しもう!

毎日の赤ちゃんのお風呂、一日の終わりにくる入浴は忙しいママにとっては決して楽なことではないけれど、触れる事で感じられるあたたかくとても幸せな時間。赤ちゃんがママを信頼して身をゆだねてくれる時間。

家事や育児にイライラしがちな私でも、赤ちゃんとの入浴はとても大好きなコミュニケーションの時間です。皆さんも、今しか味わえないそんな幸せな時間の一つを感じながら、入浴を通して親子共々日々のリラックスをしてみて下さいね!