離乳食は使う道具を工夫して時短・節約!食べないとき対策もご紹介

離乳食の役割

固形物を噛む練習

離乳食は、今まで飲むことしかしなかった赤ちゃんが、固形物を食べるための練習です。段階をふむことで、時間をかけて大人と同じものが食べれるようになります。

味覚を育てる

離乳食は、特に初期は、薄味にして色々な素材の味を教えてあげましょう。初めから濃い味にしてしまうと、薄味のものを食べてくれなくなることがあります。

また、濃い味に慣れてしまうと、将来的に生活習慣病に繋がる可能性があります。さらに、薄味だと赤ちゃんの内臓の負担にもなりません。

赤ちゃんの味覚は、味以外にも、触感、におい、温度、盛り付けや色どりなどの五感を通して発達していくといわれています。「甘いね」「すっぱいね!」などと味を表現したり伝えてあげましょう

食べたい!食べることって楽しい!を育てる

つかみ食べさせて、食べる意欲を促したり、一緒に食卓を囲んで、同じものを食べることで、食べることって楽しい!を体験させてあげましょう。また、気持ちを共有したり共感することは、心を育てることにも繋がります

いつから始めたらいいの?

生後5~6か月頃といわれています。とはいえ個人差がありますので、赤ちゃんの様子をみて判断してあげてくださいね。

こんな様子が見られるようになったら始めるサイン

  • 首がすわっていて、お座りも安定している
  • おもちゃなど何でも口に入れたがる
  • 食べ物の興味を示す
  • スプーンを口に入れても拒否しない
  • 歯が生え始め、よだれの量が増える

どうやって進めたらいいの?

5~6か月頃(初期・ごっくん期)

10倍粥をすりつぶしたものを1日1回小さじ1杯から様子を見ながら。食材は、なめらかにすりつぶしたものを与えましょう。

7~8か月頃(中期・もぐもぐ期)

中期になると、食べ物をすり潰す練習が始まります。食材のつぶが少し残る状態で与えましょう。1日2回に増やして、少しづつ大人と一緒の食事のリズムに近づけていくのも、この時期です。

9~11か月頃(後期・かみかみ期)

この時期になると、離乳食が主な栄養源。指でつぶせるバナナくらいの硬さのものを少しずつ与えていきましょう

少量であれば油分もOK。焼いたり炒めたりして、調理のバリエーションを増やすのも〇。手づかみ食べや遊び食べが増えてくるのも、この時期。汚したり、こぼしたりしちゃいますが、温かく見守ってあげましょう。

1歳~1歳6か月頃(完了期・ぱくぱく期)

1歳ごろになると、前歯が生えそろってきて、かじって食べたり、手づかみ食べが上手に出来るようになってきます。ご飯は、おにぎりにしたりして、手づかみ食べしやすいようにしてあげましょう。

※一人ひとり個性がありますので、目安通りにいかなくてもあまり気にせず、温かく見守ってあげてくださいね。因みに、うちの子供はつかみ食べしません~

離乳食を手作りする4つメリット

材料費を抑えられ節約になる

赤ちゃんの食べる食材はほんの少しです。一食当たり数十円といったところでしょうか。市販の離乳食は一食当たり100円~200円ほどしますので、手作りのほうが経済的です。

家庭の味がわかる

いわゆる”おふくろの味”です。大人になっても恋しいですよね。同じ料理でも、それぞれの家庭で微妙に違うんですよね。そんな愛情たっぷりの、おふくろの味を赤ちゃんに教えてあげることができます

食材そのものの味を認識しやすい

市販の離乳食の食材は柔らかく、食べやすいよう作られているのですが、食材そのものの味はあまりしません。手作りですと、しっかりとした食材の味を教えてあげることができ、味覚の発達にも繋がります

よく噛んで食べるようになる

手作りの離乳食をよく食べていたこどもは、市販の離乳食をよく食べていた子に比べて、よく噛んで食べる傾向にあるそうです。噛むことは脳を活性化し、良い歯並びにも繋がります。

私が使用してよかったと思う便利グッズ8選!

ベビー調理器セット 9王(クッキング)

フタ・おろし器・こし器・すり鉢・マッシャー機能付調理スプーン(3.5cc)・目皿・ヘラ・ピーラー・おそうじブラシがセットされていて、すりおろす、こす、すり潰す、蒸す、といった作業をこのセット一つで行うことができます

また、コンパクトで場所を取らず、使いたい時にサッと取り出せます。

Amazon

わけわけ フリージングブロックトレー 15

我が家では離乳食開始時にはお粥や野菜のペースト、月齢が進んでくると主菜・副菜の冷凍保存容器に、長期間に渡って活躍しています。

積み重ねて収納でき、冷凍庫の場所も取りません。繰り返し使えて電子レンジ加熱OK。手頃な価格でコストパフォーマンスが高いです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

チュチュベビー 離乳食保存用 小分けパック 60ML/120ML

容量別に3種類販売されているこちら。30mlや60MLは解凍ムラが少なく、スプーンですくいやすい形状に設計されていますので、使い勝手が良いです。こちらも手頃な価格で繰り返し使えますので、コストパフォーマンスが高いです。

120ML主にご飯の冷凍保存用に使っています。ラップをしたり、一つ一つの容量がバラバラになるといったことがないので、時短・節約できます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

食べさせる際に使用してよかった便利グッズ

リッチェル ND 離乳食スタートセット

冷凍保存したストックを容器に入れレンジ加熱後、クールシートで冷ましてすぐに食べさせられるので便利です。

付属のスプーンも使いやすく、離乳食開始時、嫌がることなく口に入れてくれました。また、月齢が進んでくると、ワンプレートで食事を出すことができます。現在1歳8か月のわが子の場合、おかず入れとして現在も活躍しています。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

アクリア いきなりストローマグセット

コップでマグとストローマグのセットです。私が店舗にお伺いした時は他にもカラー・デザイン展開がありました。

  • コップでマグ

初めてのストロートレーニングに使用。フタを押すと飲み物がストローから出てきます。

  • ストローマグ

コップでマグに慣れてきた頃、こちらに切り替えました。コップでマグと同じ吸い口なので、早い段階で使いこなすことができました。コンパクトでしっかりとフタが閉まるので、お出かけの際は重宝しています。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ぷちストローボトル

こぼれにくく、ハンドルが折りたためてコンパクトになりますので、外出用として使っています。

ストローフードを開閉するだけの簡単設計で、サッと飲ませやすいところも〇。他にもカラー展開があり、好きなカラーを選べるのもいいですよね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

T-REX ティーレックス スマートビブ クリスタル お食事エプロン

柔らかいシリコン素材で肌当たりが良く、ぴったりとフィットします。お手入れも簡単で、コンパクトに折りたためますので、持ち運びにも便利です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

評判の良いグッズ紹介

調理セット(ピジョン)

口コミ:家にある道具で離乳食を作るつもりでしたが、少量のため作りにくいので購入しました。とても便利です。特に裏ごししたかぼちゃやさつまいもはおいしそう。電子レンジ、食洗機も使えるので楽です。離乳食後も毎日の調理にも使えそう。

引用:https://pigeon.info/mystory/detail.html?id=4348

私が使用した「ベビー調理器セット 9王(クッキング)」に比べて、ジュースしぼりがついています。より調理の幅が広がりますね!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

炊飯器用おかゆポット(ピジョン)

口コミ:購入前は深めのお椀で作っていたのですが、とるときが熱くて(T-T)これは、取り出すとき用がついてるので助かりました‼

(引用:https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-024519400)

私は炊飯器のお粥モードで作っていましたが、こちらを使用すると、大人のご飯と一緒に作れるので、時短になりますし、節約もできます

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

電子レンジ用おかゆクッカーE

<調理方法>
1.スプーンで必要な量のごはんをカップに入れます
2.ごはんをスプーンで軽くつぶします
3.カップの目盛まで水を入れて、ほぐします
4.泡受けをはめて電子レンジにかけます(600wで約4分)
5.泡受けを外して10分間蒸らし、すりつぶします
6.そのまま食器としてあげることもできます

口コミ:おかゆが簡単にレンジでできるのはもちろん、それ以外の食材もレンジで簡単に調理できるので超便利です!

(引用:https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-350096900)

この商品の存在を知らなかったので、知っていればどんなに楽だったことか!と悔やまれるばかりです!そのまま食器として使用できますし、何より簡単に素早く作れる点が素晴らしいと思います。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

エジソンママ 冷凍小分けパック Sサイズ(24ブロック)/Mサイズ(15ブロック)

口コミ:離乳食を始めるにあたり、購入しました。取り出しやすいですし、しっかりしています。初期の離乳食では量が少ないですし、これくらいの単位で増減できると調整もしやすく便利に使えています。少し離乳食が進んできたので、Mサイズも購入しようと思っています。

(引用:https://akachan.omni7.jp/detail/545007900)

口コミ:Sサイズで使い気に入りました。mサイズ購入時に1度違うメーカーのものにしましたが、私はこちらの方が使いやすく、買い足す時にエジソンママに戻ってきました。

(引用:https://akachan.omni7.jp/detail/545008000)

取り出しやすく、しっかりしているのがポイントのようです。やはり、素早く取り出せて、繰り返し使用可能なのは、ありがたいですよね。

私もそうでしたが、冷凍保存容器は使い勝手が良いものを、サイズ違いで揃えました。こちらの保存容器は他メーカーに比べて、少々値が張りますが、丈夫さという点で優っているようです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

コンビ ベビーレーベル ヌードルカッター&スプーン LT

口コミ:口コミでいいと聞いていたので購入しました。麺類をお箸で切っているよりはるかに早くて簡単!まだ10ヶ月のベビですが、お外での食事も増えてきたのでこれからどんどん活躍しそうです。もちろん、家でもコレ使ってます!スプーンもお口に入れてくれるので、サイズも感触も悪くはないみたいですヨ。

(引用:https://www.rakuten.ne.jp/gold/orange-baby/)

私も、外出先では箸やフォークなどで細かくしていました。細かくするのに時間がかかっちゃって確かに不便なんですよね。家でも使えますし、一つあれば重宝しそうです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

購入場所

私は主に赤ちゃん本舗や、ベビーザらスの実店舗にて購入しています。店舗まで行くのが難しい場合は、ネット購入する手もあります。

楽天市場やAmazonも取り扱い商品が多く、比較的安価で購入出来るようですので、利用してみるのもいいかもしれません。

また、ポイントをつけることができるので、貯めたポイントを使って購入するなど、賢く利用していきたいものです。

・アカチャンホンポ
・ベビーザらス
・楽天市場
・Amazon

離乳食を食べてくれない?!原因4つとオススメ対策4選

どうして食べてくれないの?

離乳食を開始する時期が早い

生後5か月くらいになると哺乳反射(ミルクや母乳を飲む為、反射的に行う一連の行動)は無くなるといわれていますが、生後6か月近くまで残っている赤ちゃんもいます。哺乳反射が残っている場合、スプーンを口に入れても、押し出されてしまいます。

食べることにあまり興味がない

食べることに興味がない赤ちゃんも、中にはいます。おもちゃなどの興味を引くものを周りに置かないようにしたり、「おいしそうね~!」などと、たくさん声をかけたり、一緒に食べたりして、食べることに興味を持たせてあげましょう

ミルクや母乳だけで満足している

ミルクや母乳が大好き!だったり、飲ませる量が多いとお腹いっぱいで食べれないことがあります。離乳食を与え始めたら、ミルクや母乳だけ与えていた時より減らすようにするといいです。

食感や、食べるのに使う道具の感触が苦手

イスの座り心地やスプーンの感触、食べ物の食感が苦手だったりすると、食べたがらないことがあります。赤ちゃんってとっても敏感なんです!そんな場合は、イスや使う道具を変えたり、離乳食の作り方を変えてみるといいと思います。

試してみて!4つの対策

環境を変えてみる

たまに外食したり、実家に行って食べさせてみたり。食べさせるのを家族に代わってもらうのもいいと思います。環境が変わると、周りに「本当に普段あまり食べないの?」と聞かれたほどパクパク食べてくれた!という経験があります。

食べてくれない時って、焦ったり、不安になったりして、きっと顔や雰囲気にも出ちゃってたんだと思います。私自身の気持ちに変化があったのも、良かった点なのかもしれません。

作り方を変えてみる

味付けを変えたり、食材の大きさを変えてみるのも、効果がありました。わが子の場合、水分の多いトロトロのお粥より、水分少なめの粒が残ったお粥、食材に関しては、小さく切るより少し大きめで食感のある物を好むようでした。

この方法は離乳食の進み具合にもよりますので、消化不良など起こさないよう、様子を見て試してくださいね。

食べるまで待たずに早めに切り上げる

食べるまで長時間ねばるのは止めて、思い切って、食べないと分かった時点で食器をさげてしまいます。食べない分は、ミルクを与えることで補っていました。

数回繰り返した時点で、食べないとさげられてしまうと認識したのか、少しづつ食べる量が増えるようになりました。少し勇気のいる作戦です。

市販の離乳食に頼ってみる

出来るだけ手作りのものを!と張り切って毎日作っていましたが、大量に残されると、悲しい思いをするんですよね。

ある日、試しに市販の離乳食を与えてみたところ、食べる食べる。たとえ残したとしても、悲しい思いをせずに済みますし、何せ、作る手間が省けて楽です。たまには息抜きがてら、頼ってみるのもいいかもしれません

まとめ

今回、離乳食に使用する便利な道具を調べてみて、これ買っとけばよかったな、と思うものが沢山ありました。例えば、大人のご飯を炊くのと同時にお粥が作れるものや、電子レンジでお粥が作れるものなど。

私の場合、第一子ということもあり、道具を選ぶのに慎重になり過ぎていたのかもしれません。今となっては、手を抜けるところは極力手を抜きたいと思ってしまいがちですけどね!

また、離乳食食べてくれない問題についても、私自身すごく悩みました。周囲に意見を聞いたり、ネット検索し過ぎるほどしたり。いろいろ試した結果、4つの対策が一番効果がありました。

このまま食べなかったらどうしよう、と途方に暮れることもありましたが、今ではみんな驚くほど、よく食べます。

現在、問題に直面している方、きっと大丈夫です。克服できるときは来るはずです。それまで、どうか温かく見守ってあげてくださいね。