授乳ケープで赤ちゃんとのお出かけをもっと楽しもう!

そもそも授乳ケープって必要なの?

授乳ケープは文字通り、授乳をするときに使う便利なものです。

ですが、子育てをしていく中で今の時代はいろんなことが問題視されますよね。授乳ケープで言えば、公共の場での授乳の姿がよく議論のテーマとして取り上げられます。

なにかで隠したりせず授乳することは、まわりの人達から見れば決してスマートな姿ではないというのです。

みなさんはどう思われますか?これってモラルの問題なんですよね。本人もまわりも気にしない人ばっかりなら良いのですが、現代はとくにマナーの面で厳しい時代、子育てをしていく上でもいろんなことを気にする必要がありそうです。

授乳ケープのメリットとデメリット

まだまだ小さな赤ちゃんとのお出かけは大変なことも多いと思います。現在は至るところで授乳室が見られるようになりましたが、タイミング次第では全然見当たらない状況になったという経験ありませんか?

わたしの場合は母乳とミルクの混合育児だったのですが、すぐ帰る予定のお出かけが想像以上に長引いてしまったことがありました。哺乳瓶もミルクもなく、授乳ケープも自宅に置いていたので、お腹すいた様子のわが子を抱え、やっとの思いで見つけた授乳室。

仕切られた3部屋はすべてカーテンで閉じらていました。どうしてもタイミングが重なると混雑してしまうのが授乳室。

あぁ……授乳ケープさえ持ってきていれば……という経験からも言えることは、カバンの中に授乳ケープを常備しておけば、急なお出かけの際にも安心です!では、授乳ケープについてもっと詳しくみていきましょう。

メリット

授乳ケープの最大のメリットはカバー(覆い隠す・保護する)できること。授乳する際、ママはおっぱいを出して赤ちゃんに飲ませますよね。肌の露出が気になるママにとってはこの授乳姿は嫌だと思われるはず。

やっぱり見られたくないですもんね。授乳ケープを使うことでまわりの人も気を使わずにすみます。また、赤ちゃんをカバーするという意味でも授乳ケープは役立ちます。赤ちゃんが安心しながら授乳できる空間を作れるからです。

もし新幹線や飛行機の中などで授乳するタイミングがきたら、少しでも静かな空間の中で授乳してあげたいですよね。授乳ケープで覆うことによって、光や音、外部の雑音から少しでも赤ちゃんを守ってあげられるのもメリットのひとつだと思います。

他にも、幼い兄弟がいるご家庭ではお出かけも一苦労しますよね。授乳室が完備されている商業施設などではなく、公園や遊園地へ遊びに行くと授乳室って少ないんです。

目が離せない上のお子さんを見ながらの授乳って大変だと思います!はっきり言って場所なんて構っていられませんもんね。どんな場所でもさっと隠せる授乳ケープがあると家族総出でのお出かけも気持ちに余裕が生まれ楽しく過ごせそうです。

デメリット

授乳期間を考えたとき、個人差はあると思いますが大体1年前後だと思います。卒乳のタイミングって非常にむずかしいんですよね。考えたら授乳期間はあっという間の短い期間です。

その中で使用頻度の少ない人にとっては必要ないと思われるかたもいます。ひとりひとりのライフスタイルに合わせて決めることが1番良い選択だと思います。

授乳ケープ、使わないでも困らないような生活スタイルであれば、とくに持つ必要はないですもんね。様子を見ながら買うママも多いようですよ。

デメリットとしては他にもあります。

荷物が増えるという点です。授乳時期のお出かけグッズはとにかく多いですよね!離乳食も始まっていたらなおのこと。オムツ・おしりふき・着替え・離乳食・スタイ・タオル・おもちゃなど、ざっと言ってもこれだけの数がバッグに入っています。

プラス、ママの持ち物が合わさるとすごい量になるんです。荷物をひとつでも減らしたいママには授乳ケープは負担になるかもしれませんね。代用できるものもありますが、専門的な視点から作られた授乳ケープはやっぱり使い勝手が違います。

授乳ケープは種類やサイズもたくさんあるので、バッグの空きスペースを考えながら選ぶといいかもしれませんね

授乳ケープ♡選び方のポイント

授乳ケープは赤ちゃんもママも使うもの!使いやすいものをえらびましょう

授乳ケープにもいくつかタイプが分かれています。自分にあったものを選ぶためにもタイプ別にご紹介していきますね。

ワイヤーエプロンタイプ

さっと被って授乳できるエプロンタイプは、首まわりの紐の調整がきくので窮屈になりすぎる心配がありません。とくにワイヤー入りのタイプは赤ちゃんの様子を見ながら授乳できるので便利だという声を聞きます。

一方で、主に前面部分のカバーだけになるので、脇腹や背中の露出が気になるというかたもいます。サイズも幅広く出ているので、大きめのサイズを選ぶと良いかもしれませんね。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

ポンチョタイプ

赤ちゃんとママをすっぽりと覆うポンチョタイプ。見た目を360度カバーするので、エプロンタイプではカバーしきれない腰や背中部分が気になるママにおすすめです。

ポンチョなので冬はあたたかく防寒対策にもなりますね。また、夏の季節、屋外は蒸し暑いです。ポンチョタイプを選ぶなら涼感素材や通気性の良い生地を選ぶと良いでしょう。種類も豊富なのでお気に入りの1枚が見つかると思います。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ガーゼタイプ

綿100%のガーゼは昔から赤ちゃんのお世話に使われてきた素材です。お肌に優しく通気性に優れているので、沐浴や汗取りに使ったママも多いはず。洗うたびに柔らかくなり、通気性が良いのですぐに乾くのもママとしてはうれしいですよね。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、授乳ケープもガーゼやコットン素材のものだと安心です。お洗濯しやすいので毎日使えるのもポイントですね!

____rii.sogram._さん(@____rii.sogram._)がシェアした投稿

3wayタイプ

ちょっとしたことなんだけど使い方が他にもあると、育児をしている身としてはとても助かりますよね。

出典:coming shop

授乳ケープも3wayから6wayまで幅広く使えるものがあるんです。荷物を少なくしたいママにはマストアイテムではないでしょうか。

出典:coming shop

使い方は授乳ケープの他にブランケットやベビーカバー、取り外しできるリングは歯固めとしてお使いいただけるんですよ。伸縮性の素材だと使い方はもっと広がります。

赤ちゃんの行動は予測不可能です。よだれ、おやつのクズ、ミルクの吐き戻し。万能な授乳ケープを1枚持っていると、さまざまなシーンで役立ちそうですね。

UV対策はしっかりと!赤ちゃんを守ってあげましょう

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。バリア機能も弱く、アレルゲン物質などの外部刺激を受けトラブルを起こしやすいんです。紫外線が体に良くないことは多くのママが知っていることだと思います。授乳ケープでオールシーズン赤ちゃんのお肌を守りましょう。

赤ちゃんを紫外線から守るのに多機能なUVケープ

ユグノーポランナケープ

赤ちゃんのお肌に悪影響なのは紫外線だけではありません!近年、大気汚染物質が問題視され、空気中には目に見えないさまざま物質が浮遊しています。また、年々増加しているのが花粉症です。

現在、東京都内だけでもスギ花粉が影響しいている有病率が48.8%と言われているんです。じつは私も3年前に花粉症デビューしました。大人になっていきなりくるんです!びっくりですよね。

みなさんも、赤ちゃんにはなるべく花粉の影響を受けさせたくないと思います。

ユグノーポランナケープはアンチポランという花粉がつきにくい素材のケープなんです。また、表面は撥水加工、内側は接触涼感素材で急な雨の日でも赤ちゃんを守ってくれます。クリップ式なので授乳ケープとしても使えそうですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

バディバディ 吸水速乾 ケープ

UV97%カットは紫外線対策を考えているママにとってはうれしい数字ですよね。

大判の正方形だからいろんな使い方が出来そうです。裏地が吸収速乾の生地ということで汗をかく赤ちゃんのためにも良いケープですね。ママのお肌も赤ちゃんのお肌も両方守ってくれる万能ケープはとっても便利ですよ♡


楽天市場
Yahoo!ショッピング

気になる季節!夏におすすめの授乳ケープ4選

夏……夏はどうしてもお出かけの機会が多くなります。海、山、キャンプのようなアウトドアからプール、花火、お祭りのようなイベントまで、おでかけの機会がたくさん出てきますね。

お盆で遠方へ帰郷するご家庭もあるかと思います。そんな夏に使いたい授乳ケープをご紹介します!

ナオミイトウ


出典:10mois

コットン100%でお肌を優しく包み込むポンチョタイプの授乳ケープです。夏ってとっても暑いのに、場所によっては「寒っ」と思うことはありませんか?寒暖の差が大きいと体調を崩しやすくなります。

せっかくのおでかけもこれでは楽しめませんよね。「ナオミイトウ」はスヌードとしてもお使いいただけるのでママの体調をサポートしてくれますよ。

それに油断しちゃうのが首焼け。薄手のわたガーゼなので夏でも首に巻くことができます!授乳ケープとしても、赤ちゃんのブランケットとしても、夏の季節にはガーゼが1番使いやすい素材ですよね♡

伊織


出典:伊織

「伊織」はタオルの専門店なので肌触りや風合いが違います。オーガニック100%糸で織り上げた伊織のガーゼケット。

3重ガーゼで透け感も気にせず使えるのがいいですよね。日本の夏は蒸し暑いので、赤ちゃんにとっても通気性は非常に大事なポイントです。

また伊織のガーゼケットはコンパクトに畳めるので荷物がかさばる心配も少ないですね。おくるみとしてもちろん、ベビーカーの風除けや授乳ケープとしてもお使いいただけます。ネーム刺繍のサービスがあるので贈り物としても選びたくなりますね。

Copper Pearl(コッパーパール)

伸縮素材のケープはホールド感がありママと赤ちゃんをぴったり包んでくれます。ズレ落ちたりたり飛ばされる心配がないのが良いですよね!

日本の夏でもスコールのような雨が降ることも珍しくなくなってきました。急な雨や風に晒されたとき、ベビーカーやバギーをピタッと覆うカバーにもなる優れものと言えるでしょう。

普通のタオルケットだと、赤ちゃんが蹴ってめくれたりズレ落ちたりするんですよね。夏の暑い日は日よけとしても使えそうです!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

授乳ケープがない!困ったときの代用法♡

出先での授乳タイム、バッグのに入れたはずの授乳ケープがない!と慌てた経験をされたママもいるのでは?赤ちゃんの荷物は多いので、わたしも忘れることはしょっちゅうでした!

でもご安心ください。授乳ケープはみなさんが普段持ち歩く物で代用が可能なのです。隠すということだけを目的とするなら十分な代用になると思います。

おくるみ

おくるみは産後のベビー用品として揃えたり、出産祝いのプレゼントとしてもらったりしますよね。サイズも大きいものは120×120㎝、小さなものでも80×80㎝が平均のようです。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

フロント部分を隠すなら小さいサイズでも広げて使えば十分代用できますね!


出典:mina perhonen

おくるみは赤ちゃんが普段から使うもの、お出かけの際にも持ち歩くというママも多いと思います。授乳ケープを忘れてしまった!という日はおくるみ代用をおすすめします♡

スリング

スリングは幅広の一枚布で赤ちゃんを包み込む抱っこひもの一種です。定番の抱っこひもでは泣く赤ちゃんもスリングに替えたら泣き止んだという話はよく聞きます。

また、スリングは新生児から使えて洗濯も頻繁にできるというメリットも。育児をするうえで清潔を保てるのは良いですよね。ママと赤ちゃんがより密着した形で一緒にいられるスリング。愛用されているママも多いようです。


出典:pu-pi

スリングは一枚布ということもあり、かなりコンパクトにまとまるんです!荷物としても苦になりませんよね。


出典:pu-pi

しかも簡単な切り替えで授乳できるんです。少しリングをゆるめてテールを広げるだけ!万能ですよね。カラーも種類も豊富なので選ぶ楽しみもあります。

ストール

ストールは子育てママに限らず、多くの女性が持っているもの。わたしも日焼け対策として何本か持っています。とくに大判ストールは一枚持っているととにかく役立ちます。寒さ調整としてもさっと羽織ってさっと外せる手軽さで世の女性の必須アイテムと言えますね。

薄手のストールは透け感が気になるところですが、大判タイプだと二重に巻くことでカバーできると思います。
以前、わが家に遊びに来た友人も赤ちゃんがぐずってストールで隠しながら授乳していました。自然な感じで全然気にならなかったことを覚えています。

ポンチョ

寒くなってきた冬などにポンチョは活躍しますよね。動きやすいし体型カバーにもなる♡授乳の際も赤ちゃんとママを暖かく包み込んでくれることでしょう。

フロントがオープンタイプのポンチョであれば、そのまま赤ちゃんのおくるみとしても使えるし、何よりママのおしゃれ着ポンチョなので、授乳期間が過ぎても普段使いできるのが良いですよね!

カーディガン

カーディガンって気づけばオールシーズン使っているような気がしませんか?夏はエアコンの効いた場所だと本当に寒いことがあります。バッグの中に薄手のカーディガンを入れているママも少なくないのでは。

わたしのよく行くスーパーもなぜかキンキンに冷えていています。カーディガンでも寒いくらいです。赤ちゃんも体温が高いとは言っても、これでは体に負担をかけてしまいますよね。体温調整としてもさっと掛けられるカーディガンは授乳の目隠しとしても使えるんです。

しかもとっても簡単!前後ろ逆に着ればいいんです。袖を通すことで横からの視線も気になりませんよね。薄地で通気性の良いカーディガンであれば夏でも使えて便利です。

ロングカーディガンであれば授乳タイム膝下まで隠せてもっと便利に使えますね♡

マルチクリップ

マルチクリップは名前の通りマルチに活用できるアイテムなんです。ベビー用品専門店ならほとんどのお店が扱っているアイテムだと思います。種類の絵柄も豊富なので選ぶのに迷っちゃいそう!


出典:10mois

何役でもこなすマルチクリップ。赤ちゃんの帽子と洋服を留めたり、膝掛けの落下防止としてベビーカーと繋いだり、おもちゃの紛失予防でチャイルドシートに留めたり、本当にいろいろできるんです。

またアジャスター付きの長さ調節できるクリップもあります。バスタオルや布に取り付けることで授乳ケープが作れるのはママにとってはうれしいアイテムですよね。

出産祝いのプレゼントは授乳ケープで♡

ベビー用品は出産前にある程度準備をしますが、ママの分も含めると揃えるものがたくさんあります。見落としがちなのは授乳ケープ、生まれてから揃える人も多いんです。

でも赤ちゃんとの生活が始まると毎日あたふた……。こんなとき出産祝いで授乳ケープをもらえたら正直うれしいですよね。

ベビー枕とセットで可愛さアップ!

エスメルダ

出典:babybaby

ベビー枕とセットになった授乳ケープをもらったら喜ぶこと間違いなし!ですね。また、ポーチ付きなので便利です。ドーナツ枕は赤ちゃんの頭を安定させるのに役立つグッズ、わが子の時も使っていたので覚えています。

赤ちゃんって向き癖があるんですよね!いっつも右ばかりに傾いて眠る子や左ばかりに傾く子。枕はミルクなどで汚れたりすので替えの枕が何個かあると助かるものです。

キッズウェアやベビー服で有名な老舗ブランドのケープ♡

ミキハウス

ミキハウスって、くまさんをモチーフにしたベビー服やキッズウェアが可愛いんですよね!ご存じのかたは少ないかもしれませんが昔はよくミキハウスのCMが流れていたんです。

ブロンズヘアの男の子がとってもかわいかったんですよ。ミキハウスは日本ブランドなので、ものづくり大国の良さが詰まったアイテムも多いのが特徴です。

ミキハウスの授乳ケープにもママ目線の使いやすさと素材がいかされていて、ギフト用に多く選ばれるのも納得ですよね。

綿100%のガーゼで通気性もよくオールシーズン使えるのは便利です。ミキハウスらしいギンガムチェックの柄はリバーシブルになっています。ボタンタイプなので、赤ちゃんの顔を見るのにも調整しやすいケープですよね。

ミキハウスの授乳ケープはストールやブランケットとしても長く使えるアイテムと言えるでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

赤ちゃんとのお出かけを楽しむために

授乳ケープの特色やお出かけの際のメリットについて語ってきましたが、いかがでしたか?赤ちゃんとのおでかけはママの気分転換にもなりますよね。そして楽しめるか楽しめないかは持ち歩くアイテムでも多少変わってくるんです。

育児に関する多くのことはパパやまわりの人でも代われますが、授乳となるとそうはいきません。ママにしかできないことですもんね!ゆっくり時間をかけて、気兼ねなく授乳できる環境を作るのに授乳ケープの役割は大きいと思います。赤ちゃんとのお出かけ、たくさん楽しんでくださいね。