子どもの夏服選びをシチュエーションごとに一挙公開!ママのお悩み解決

シーン別!夏の子ども服装選びのポイント

夏に多いイベントなどに合わせた、シチュエーション別に夏の子ども服の選び方のポイントをご紹介します。

普段着

一番頻度の高い普段着。夏場は通気性の高いものや吸汗性の高い素材がおすすめです。夏に不向きな素材は、通気性の悪いポリエステル系の素材。

おすすめなのは綿100%や天竺、ガーゼで作られているものです。また、夏場は汗を描きやすいので着替えが必要になる場合があります。なので、洗濯への耐久性に優れた服を選ぶようにするといいです。

お葬式、法事

子どもの場合は鮮やかな色味を避けた黒や白を基調にした服を選べば良いでしょう。黒のポロシャツに黒い半ズボンやスカートなどデザインもシンプルなものなら問題ありません。

フリルや光沢のないものを選ぶこと。足元はサンダルは避け、つま先とかかとがきちんと隠れるものを履かせましょう。制服がある子どもの場合は制服が正装になりますが、鮮やかなリボンやネクタイがある場合は外しましょう。

遊園地

屋外はとても暑くなるので帽子が必須です。できるだけ涼しい服装をさせたいですが、タンクトップよりは半袖をお勧めします。タンクトップだと脇の下の汗を吸収しにくいのでおすすめできません。

また、屋外から屋内に入るとエアコンで一気に体が冷えるので、Tシャツなどの肩が覆われている服装の方がおすすめです。

キャンプ

キャンプでは日差しや虫除け対策が必要になります。暑くても、長袖・長ズボンがおすすめです。通気性の良いものを選べば直接肌に日光が当たらないので暑さも感じにくくなります。

高の高い場所だと夏でも寒さ対策が必要になりますので、ジャケットなど羽織るものもあるといいです。また、キャンプですので汚れてもいい服を着せましょう。

お宮参り

お宮参りは、生後1ヶ月ほどを目安に行くのが一般的です。できるだけ赤ちゃんの服装は軽装にしましょう。

ご祈祷するときや写真撮影の時だけ祝い着をかけ、そうでないときはできる限り涼しく、体温がこもらないように気をつけてください。

夏のお宮参りでは、赤ちゃんとお母さんの体調を一番に気をつけましょう。夏のお宮参りは正式な祝い着にこだわらず洋装、略式祝い着としてベビードレスなどのご家庭も多いようです。

お祭り

幼稚園などの夕涼み会などに参加する機会もありますよね。男の子の場合は甚平がおすすめです。女の子の場合は浴衣か甚平どちらかがおすすめです。

子どもは一人でトイレに行くことで、着崩れ、裾の汚れなどの心配もあるので、女の子でも甚平のほうが良いかもしれませんね。

浴衣ですと歩幅が狭くなり、慣れない子どもには少々大変です。甚平ですと走り回ったり普段着のように使えますので安全です。

甚平は浴衣よりも1,000円ほど安く買えますし、レースがあしらわれているものや、とっても可愛いものもたくさんありますのでおすすめですよ。

おすすめの夏の子供服ブランド

夏におすすめの子供服ブランドとコーディネートを紹介します。

普段着

日常使いにぴったりな夏服を紹介します。お気に入りの1着がみつかると嬉しいです。

apres les cours(アプレ レ クール)


出典:smaeby

綿100%なので涼しさ抜群!これ1枚でとってもかわいいです。


出典:smarby

オールインワンなので動きやすさ抜群です!とってもセンスの良いデザインですね。


出典:smarby

おしゃれにも普段着にもどちらにも使える1枚です。蝶ネクタイが可愛いですね。着回しがしやすいタイプのデザインなのもポイントです。

FUTURE TENSE(フューチャーテンス)


出典:smarby

綿100%で柔らかい素材なので洗濯のたびにアイロンがけがいらないのもママには評価の高いポイントですね。

キャンプ

キャンプにおすすめな服装です。

Patagonia(パタゴニア)


出典:patagonia

紫外線防止指数50+のUVカット加工がされているので日差しから肌を守ってくれます。


出典:patagonia

紫外線カット効果と耐風性、耐水性、速乾性を兼ね備えた万能なハットです。360°夏の強い日差しから守ってくれます。ストラップがついているので帽子を落とすこともないので安心です。

お宮参り

暑い夏のお宮参りにおすすめなベビードレスをご紹介します。

ミキハウスベビー

こちらは通年用のベビードレスです。夏場は下着の上から着せるだけで十分ですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

お祭り

夏のお祭りにおすすめな服装です。お気に入りの1着をみつけてでかけてみてはいかがでしょうか。

apres les cours(アプレ レ クール)


出典:F.O.international

花火柄の甚平ロンパスです。夏祭りらしさもあり明るくかわいいデザインですね。

EIGHT CLUB(エイトクラブ)


出典:smarby

シンプルなのにどこか今っぽいおしゃれなデザインですね。センスの良さが光ります

夏の服装注意点

ただ薄着をすればいいだけじゃない。夏場の子ども服の注意点をご紹介します。

下着は着せたほうがいい

夏に下着は暑いのでは?と思われる方も多いと思います。でも下着を着せたほうが涼しいんです。下着を着ることによって、下着とトップスの間に空気の層ができます。それにより、空気が通りやすくなるので涼しく過ごせます。

タンクトップよりは半袖シャツを

できるだけ薄着の方が涼しいと思いますよね?これも、半袖シャツの方が涼しく過ごせるんです。タンクトップですと脇の下の汗を衣類が吸収しにくくなります。

Tシャツですと脇の下の汗を吸収してくれるので、冷えた汗が脇の下から体温をきちんと下げてくれる効果が期待できるんですよ。

冷房対策

屋外では良いですが、室内はエアコンが効いているところが多いので、体温調節ができるように1枚羽織れるものを持ち歩くことをおすすめします。

暑い屋外から涼しい屋内に入ると、汗が一気に冷やされますので着替えを持ち歩いてもいいですね。

暑い夏も子どもの服装で悩まない!

体温調節機能が未熟な小さな子どもはこまめな着替えや羽織りものを上手に使うようにしましょう。夏の日差しは強いですから、紫外線対策になる衣類を上手に使うのもいいですね。

薄着になる季節だからこそ、センスあるおしゃれな夏服を選びたいですね。お祭りやキャンプなど催し物も多い季節ですから、イベントに合わせておしゃれを楽しむのも素敵です。

機能性を重視したおしゃれな服選びが、夏服選びには大切なポイントになると思います。今年の夏はぜひポイントを抑えた夏服選びを楽しんでくださいね。