台所掃除の基本!場所別・汚れ別テクニックを伝授します!

台所掃除の基本は「使った後すぐ」!

台所の掃除って大変ですよね。台所というのは、水垢汚れ、カビ汚れ、おまけに油汚れまで混じっていて、水回りの掃除の中でも一番大変な箇所。清掃業者も、トイレ→お風呂→台所、の順にステップアップして研修を受けるほどなんです。

空間的にも水回りの中で一番広いですし、食材などもあるから使える洗剤にも制限があります。お風呂のように丸洗いもできないから、いつも適当にしか掃除していない人も多いのではないでしょうか。

台所掃除の頻度は? 毎日「ちょこっと掃除」で汚れ知らずの台所に

では台所掃除ってどれくらいすればいいのでしょう。答えは、「毎日」です。そんなの無理! と思うかもしれませんが、もちろん大掃除のようなレベルの掃除ではありません。やるべきポイントをおさえた「ちょこっと掃除」が一番効果的なんです。

積み重なった汚れはガチガチにかたまり、落とすのに大変な苦労をすることに。年に一度の掃除でごまかそうとするとかえってひどい目に遭います。毎日の調理の後にすぐに「ちょこっと掃除」をする習慣を身につけたいものです。

キッチンはとても掃除が大変!

出典:ハウスクリーニングサーチ

台所掃除に必要な道具や洗剤って?

台所はいろんな汚れが交じり合う場所です。汚れにあった道具や洗剤を準備しないといけません。大きく分けるとこの3つになります。

  1. 普通の汚れ(食器洗いなど)→中性洗剤・スポンジ・長いブラシなど
  2. 油汚れ・埃汚れ(コンロ回り)など→アルカリ性洗剤・細かいブラシなど
  3. 水垢汚れ・石鹸汚れ(シンク)など→酸性洗剤・メラミンスポンジなど

汚れに応じた洗剤と道具が必要です

つねたさん(@tsunetaka0120)がシェアした投稿

①普通の汚れの場合は「中性洗剤」
食器を洗ったりするのは「中性洗剤」でOKです。スポンジも、ごく普通のものでいいでしょう。コップや水筒の底を洗うのに長めのブラシなどを用意しておくといいかもしれません。

②油汚れ・埃汚れ(主にコンロ回り)には「アルカリ性洗剤」
調理場であるコンロの周辺は、特に油汚れが飛び散っている場所。油汚れは酸性の汚れです。毎日「ちょこっと掃除」で拭き取るのが基本ですが、それでも取れない汚れには、中和するために「アルカリ洗剤」を使うのが効果的です。市販の油落とし洗剤などの他、いま流行りの重曹、セスキ炭酸ソーダなどをスプレーにして吹きかけて、クロスで拭き取りましょう。洗剤が残らないように、必ず二度拭きしてください。
隙間に入り込んだ油汚れをかき出すために、スクレーパーや細かいブラシ(歯ブラシなどでもOK)を準備しておくと便利です。

③水垢汚れ・石鹸汚れ(主にシンク)には「酸性洗剤」
水を使うシンクでは、水垢や石鹸カスによる汚れが残りがち。水垢や石鹸というのはアルカリ性ですので、中和して落とすためには「酸性洗剤」を準備します。水垢用のクリーナーの他、「クエン酸」がおススメですね。スプレーになったものだと手軽に使えますし、シンクの壁面をパックするのにも使いやすいです。その他にもクリームクレンザーなどで磨くと表面がきれいに仕上がります。
素材によりますが、普通のスポンジと別に、メラミンスポンジなども準備しておきましょう。

汚れの特性をよく知り、使う洗剤を選びましょう。

Yukikoさん(@__.yukiko)がシェアした投稿

場所別に汚れの種類と対処法を知ろう!

台所は、おおまかに分けて以下の7ヶ所を掃除します。

  1. コンロ回り(Iライン)の掃除
  2. 換気扇
  3. シンク回りの掃除
  4. 棚などの中の掃除
  5. 壁や窓、棚などの表面の掃除
  6. 冷蔵庫の掃除
  7. 床の掃除

なんだか大変そうに思えてしまいますね。ですが、一度に全部やるのは無理ですし、順にやっていけば意外と簡単に済みますよ! また、場所ごとに色々と気を付けなければならないポイントもあります。それぞれの基本を押さえてみていくことにしてみましょう。

コンロ回りの掃除

台所掃除といえば真っ先に思い浮かぶのが、ここ! 油汚れや鍋の拭きこぼしなど、面倒なイメージのあるコンロ回りです。コンロは、大きく分けると「ガスコンロ」と「IHクッキングヒーター」の二つがあります。それぞれの掃除の特徴についてみてみましょう。

ガスコンロ(五徳)の場合

ガスコンロの場合、大部分は「五徳」という取り外せるパーツがついています。メーカーによって取り外せる部品の数が違いますので、取扱説明書などをよく読んでみましょう。

油や焦げがつきやすく、一度ついてしまうとなかなか取るのが難しいパーツでもあります。こまめに洗うように心がけたいものですが、入り組んだ形状なので隅の掃除もしづらく、ついつい諦めがち。

もし食洗器があるお家なら、食器と一緒に五徳も取り外して洗浄すると楽です。日ごろのお手入れはこれで十分。もちろん取り外すときにはやけどに注意してくださいね。

五徳は取り外して簡単に洗えます。日ごろの「ちょこっと掃除」なら食洗器で洗うのが便利!

Meg..2323さん(@one_smile_one_happy)がシェアした投稿

汚れがこびりついてくくると、中性洗剤やクリームクレンザーでこすって洗うことになります。それでも落ちないほど汚れがひどい場合は、お湯に重曹などアルカリ性の洗剤を溶かし込み、1時間前後漬け込んでおくとよいでしょう。

大きな鍋にパーツを入れて、重曹などアルカリ洗剤を溶かし込んだ液で煮洗いしてもいいですね。

五徳の焦げ付いた汚れは煮洗いでスッキリさせましょう

こそうじさん(@kosouji)がシェアした投稿

IHクッキングヒーターの場合

IHは天板のみのフラットな作りなので、とても掃除がしやすいのが利点。ですが、油汚れはもちろんありますし、フライパンなどの擦れた傷が汚れとなって徐々に天板についていきます。

放置したままだと汚れがひどくなるので、調理の後に「ちょこっと掃除」で拭くようにしましょう。汚れがこびりつく前に拭い去ることができて、後のち楽できます。

こびりついてしまった汚れには、中性洗剤とクリームクレンザーを垂らし、サランラップを丸めたものでくるくる円を描くようにこすっていきましょう。たいていのものはそれで落とせます。汚れがひどい時だけアルカリ洗剤を使います。

また、IHクッキングヒーターと天板の隙間などにも汚れがたまります。歯ブラシやスクレーパーなどで隅の汚れをかき出してください。

IHクッキングヒーターの掃除の仕方

ヨッシー🎸さん(@yoshihisa2691)がシェアした投稿

IHクッキングヒータ―用の「汚れ防止マット」に注意

IHの汚れや傷つきを防止するために「汚れ防止マット」というものが市販されていますが、コンロのメーカーではこの商品の使用を禁止しています。このマットを敷くことで、IHに内蔵されている熱感知センサーが働かず、発火事故に繋がるからです。使用する際は自己責任で使うようにしましょう。

同じように、揚げ物料理の際にIHクッキングヒーターに新聞紙を敷き詰めて調理をする方法がネットを中心に人気のようですが、これも発火の恐れのある方法です。

参考:独立行政法人国民生活センター(平成25年2月1日発表)

グリルの掃除

数回使ってから洗うという人も実は多いグリル。ですが、台所の嫌な匂いのもととなるので、調理するたびに早めに洗うようにしましょう。特に夏場は注意! 忘れたまま放置してしまうと内部をカビさせてしまいます。

ですが、受け皿の隅まできれいに洗うのは結構手間だったりしますよね。グリルを使う前には、受け皿に「片栗粉パック」をしておくと、使った後の掃除が楽になります。ぜひお試しください!

    <材料>

  • 片栗粉 大匙4
  • 水 300cc
  • <作り方>

    水でよく溶いた片栗粉液を受け皿に流し込んでおくだけ。しっかり溶かしておくようにしましょう。このまま普通にグリルを使って大丈夫。魚の油も片栗粉液の中に包まれます。その後、受け皿が冷めるまで待ってください。片栗粉の液が固まり、ぺろっと気持ちよく剥がれてくれます!

魚焼きグリルの「片栗粉パック」、簡単掃除に欠かせません!

いのさんさん(@ino3_gram)がシェアした投稿

換気扇の掃除

台所の換気扇は、「プロペラファン」と「シロッコファン」のふたつに大きく分かれています。昔の台所では壁から直接外に排気する「プロペラファン」が多く、最近のシステムキッチンではダクトを通じて排気する「シロッコファン」の方が主流となっています。

シロッコファンタイプの換気扇の清掃

現在主流のシロッコファンタイプの換気扇は、取扱説明書に沿って取り外し、清掃することができます。かなり重いので、男性に手伝ってもらった方がいいでしょう。

ここはとにかく油汚れなので、お湯に重曹など(アルカリ洗剤)を溶かし込んだ液で1時間以上漬け込みをして油を浮かせて掃除をします。隙間にたまった油汚れは、歯ブラシなど細いブラシでかき出すイメージで掃除します。

ただし、元々油汚れが付きにくいようにコーティングされているものが多く、あまり強い薬剤を使用するとコーティングを剥がしてしまう恐れがあります。

シロッコファンの清掃

083さん(@simple083)がシェアした投稿

プロペラファンのタイプの換気扇の清掃

プロペラ部分とカバー部分が取り外せます。こちらもシロッコファンと洗い方は一緒。お湯にアルカリ洗剤を溶かした液に1時間以上しっかり漬け込んでください。こちらは入り組んだ形状ではないので、スポンジなどでこすり洗いすればスッキリきれいになります。

また、油汚れがひどすぎるとネジが外せないこともあります。この場合、ドライヤーなどでネジを温めるか、薬剤をスプレーすると、周囲の油が溶けてネジが動くようになりますので試してみてください。

プロペラファンの清掃

換気扇の回りの掃除

換気扇内部だけでなく、表面にも油汚れがたくさんついています。お湯で固く絞ったクロスでに中性洗剤を含ませ、きれいに隅々まで拭きましょう。拭いた後はもう一度、お湯だけで絞ったクロスで洗剤を拭き取るように、最後に乾拭きを忘れずに。

換気扇の汚れ防止にフィルターを

換気扇も汚れをためてしまうとなかなか掃除が億劫になってしまいます。年に一度は定期的に掃除をしたいものですが、年末などの寒い時期は油落ちも悪く、何より人間の体も動かすのが大変ですよね。

こういう大掛かりな作業はなるべく春や秋など、掃除しやすい時期にやることをおススメします。

汚れを防止するために、かぶせるタイプのフィルターをセットするのもおススメです。フィルターは100均でもたくさん出ていますので試してみてくださいね。

フィルターはかぶせるタイプがお手入れ簡単でおすすめ♪

RIEさん(@chez_rie2016)がシェアした投稿

シンク回りの掃除

日常的なシンクの掃除方法

普段はここで食器を洗っていることと思います。ここはカビやすく排水溝のぬめりを防止する意味でも必ず毎日行いたい掃除です。特に難しいコツなどはありません。食器を洗い終わったら、そのままシンクを続けて洗う習慣をつけると掃除し忘れがありません。

その際、適当にくるくる洗っている人も多いかと思います。ステンレスには「目」と呼ばれる筋があるので、そこに沿って洗うようにしましょう。

ステンレスシンクには「目」と呼ばれるラインがあります

***May***さん(@mayblue2250)がシェアした投稿

汚れが蓄積してきたら「クエン酸スプレー」でパックしよう

普段から洗っているつもりでも、気づけば汚れは蓄積するものです。蛇口の裏、排水溝のパーツの隅などに水垢や石鹸カスがたまってきます。1ヶ月に1度くらい、しっかりチェックしてみてください。

シンクの表面がうっすら白く曇ってきたら、クリームクレンザーなどで磨いてみるか、クエン酸でパックしてみましょう。きちんと拭きあげてみて出来上がりを確認しましょうね。

いのさんさん(@ino3_gram)がシェアした投稿

スポンジがなくても大丈夫! ジャガイモやレモンの皮を使ったシンク掃除の裏技!

気が付くと薄く曇ってしまうこのシンク。色んな洗剤を買いそろえるのも面倒ですよね。

実は、普段ゴミとして処分するミカンの皮やジャガイモの皮でも掃除ができるんです! 使い方はいたって簡単で、皮でそのままこすって掃除するだけ!

ミカンの皮には油を分解する「リモネン」、つやを出す「ペクチン」、汚れを落とし消臭・除菌してくれる「クエン酸」が含まれています。干して使ってもいいですし、そのまま生で使ってもOK。これを掃除に使わない手はありませんね。

ジャガイモの皮には「サポニン」という成分が含まれていて、これは石鹸の界面活性剤と同じような成分です。切った方の面(実のついているざらざらした部分)をシンクにあてて、こすってみるとピカピカになるんですよ!

似たようなものに、小麦粉や大根の皮もあります。どちらも捨てる前の最後の一仕事として、シンク掃除をしてみてはいかがですか? ゴミとして捨てるだけのものを最後まで使いきれるので、エコにもなります。

ジャガイモの皮に含まれる「サポニン」という成分がシンクの曇りを落とします

accoさん(@y.a.k_home4811)がシェアした投稿

排水溝の掃除

気づいたらドロドロになっている排水溝。見るのも触るのも嫌ですよね。ここもシンクを洗うついでに毎日やってもらうといいのですが、おろそかになってしまいがちな場所。

まずカゴの部分は細かい目になっているのでブラシなどで汚れをかき出し洗います。その下にある排水トラップは一番汚れが付きやすい場所! 取り外したら表と裏の両方を歯ブラシなどで念入りに隅々まで洗いましょう。最後に排水溝の中全体を洗います。

スポンジでだいたい落ちる汚れなので、専用のスポンジを用意して中性洗剤で洗いましょう。匂いなどが気になる場合は塩素系洗剤(キッチンハイターなどスプレータイプがおススメ)を吹きかけて5分ほどおくとするりと汚れが落ちてくれます。

泡のスプレーでつけ置きすると手が汚れずに楽ちん掃除できます!

さよさん(@sayo.rento.sara)がシェアした投稿

手の届かないパイプ部分も詰まりの原因になります。パイプ専用の洗剤なども月に一度くらいの頻度でやっておくといいですね。

排水溝の奥まで掃除。月に1~2度やっておくときれいな排水溝になりますね。

@i☺︎♡さん(@kurashi___)がシェアした投稿

棚などの中の掃除

埃がたまりがちな棚の中は風通しを兼ねて拭きあげを

食器棚の中には気づかないうちに埃がたまりがちです。最近はやりのオープン収納には埃がたまりやすいですし、扉付きの収納の場合は湿気によるカビが心配ですね。1年に一度くらいのペースで、不要な食器のチェックや棚の中の風通しを兼ねて掃除をしましょう。

食器が入っているだけですので、洗剤を使う必要は特にありません。固く絞ったクロスで拭き、最後に乾拭きを。念を入れたいなら、アルコール除菌スプレーなどをするのもいいですね。

食器を全部出して、中までスッキリしましょう

ユニ*ウニさん(@uni22i)がシェアした投稿

壁や窓、棚などの表面の掃除

手あかで汚れがちな扉は要注意!

「台所の掃除」といえば普通はコンロやシンクをさしことが多いですが、忘れてはいけないのが引き出しの取っ手や扉など、表面の汚れです。ここが汚れていると、台所全体がなんだか汚れた印象になりがち。

水はねや油はね以外にも、料理をしながら調理道具を出したり冷蔵庫を開けたり、知らないうちにいろんなところを触っていると思います。特に冷蔵庫の表面は一日に何度も触る場所だから、気づけば手あかでベタベタ! 

それでなくても手あかはどこにでもつくもの。ですがその汚れが料理に入ってしまうのは嫌ですよね。

風邪や食中毒の原因となるバイ菌は、リモコンや冷蔵庫の扉の取っ手から移ることが多いそうです。1ヶ月に一度くらいを目安に、表面も念入りに拭いておきましょう。

これは、冷蔵庫だけでなく部屋のドアなどにも有効です。真正面から見てもよく汚れが見当たらない場合、横から、斜めからと見方を変えてみると、見つけやすくなります。

手が触れる場所ですから、あまり洗剤は多くつけない方がいいのですが、汚れがひどい場合はお湯と中性洗剤を含ませたクロスを固く絞って拭いてみてください。洗剤で拭く場合は必ず仕上げに二度拭きですよ!

冷蔵庫の掃除

冷蔵庫の中はパーツを取り外し、場所ごとに、こまめに

冷蔵庫は食材を保存する場所だけに、清潔にしておきたいですよね。ですが、知らずのうちにこぼれた汁などで汚れやすい場所なのも事実。果汁や油汚れなどはそのままにしておくとプラスチック部品の劣化にも繋がりますから、見つけ次第きれいに拭き取るようにして下さい。

冷蔵庫の中のパーツはほぼ外せるものばかりでできています。一度に全部を掃除するのはとても大変ですし、出した食材を保管しておくる場所の確保まで考えないといけません。

なので、例えば「今週は冷蔵庫部分だけ」「来週は野菜室だけ」「次は冷凍庫だけ」という風に、順にやっていくと負担も軽くなりますよ。できれば3ヶ月おき、季節ごとに実施してほしい箇所ですね。

掃除をする場合は、上の段から順に手を付けていくようにしましょう。パーツは取り外して丸洗いできるものがほとんどです。水をきちんと拭きあげてからセットしないといけませんが、定期的な掃除なら除菌アルコールなどで拭きあげるだけでもOKです。

同じように除菌アルコールで庫内の壁も忘れず拭きあげましょう。その際に、賞味期限切れの食材なども厳しくチェックする習慣をつけましょう!

パーツは小分けして洗えるものがほとんどです!

eatdropさん(@eatdrop)がシェアした投稿

冷蔵庫の上の掃除

なぜか埃と油汚れのたまりやすい冷蔵庫上部。これは調理中の油煙が空気中の埃を巻き込んで、冷蔵庫の上に溜まるから。滅多に見ない場所だから汚れていることにさえ気づかない人も多いと思います。

精密機械ですので、ぬるま湯を含ませたクロスを固く絞って汚れを拭き、そのあとで乾拭きです。薬剤は使用しない方がいいですが、どうしても落ちない部分には中性洗剤をクロスに含ませ、二度拭きしてみてください。

きれいになったら、埃がつかないようにカバーをしたくなりますが、冷蔵庫の上には排熱口もあり、新聞紙やラップなどで埃除けをするのは危険です! 半年~1年に一度は掃除をするようにすれば十分です。忘れないようにだけしてください!

気づかないことも多い冷蔵庫の上。たまに覗いてみてください。

Ⓜ︎iitaさん(@miita185_home)がシェアした投稿

台所の床の掃除

べたべたしている台所の床、まめに拭きましょう!

なんとなくキッチンの床がべたべたしている…というお悩みはありませんか? 料理をしているうちに油が跳ねてしまい、それを足で踏んで、広げてしまっているのが原因。

まずキッチンと他で使うスリッパを分けるようにしましょう。これだけで他の部屋への被害を防ぐことができます。

また、汚れてしまった床はやはり拭くしかありません。べたつきがひどい場合は、かたく絞ったクロスに中性洗剤を含ませて拭きましょう。床にはワックスが塗られていることもあります。汚れと一緒にワックスが落ちることもありますので、ワックスも塗り足してあげてくださいね。汚れ防止にもなります!

週一くらいで水拭きを習慣づけましょう!

ぴょこぴょこぴさん(@pyokopyokop)がシェアした投稿

台所の掃除が行き届いていると毎日が快適!

台所の掃除はため込んでしまうととんでもない負担になります。ですが、「コンロ周りは調理後にひと拭き」「シンクの中は毎日の終わりに軽く拭きあげ」など、ちょっとしたポイントを押さえておくだけで年末の大掃除が格段に楽になります。

その他にも手軽にできるコツをいろいろ調べましたので、全部は無理でも、何かひとつずつ生活に取り入れてみてください。