台所収納術のポイント! 狭い台所でも簡単に片付くコツをお教えします

快適な台所収納への第一歩

ダメな台所収納について良く知ろう!

皆があこがれる快適な台所収納

kufuraさん(@kufura)がシェアした投稿

誰だって台所で快適に作業したいものですが、「快適な空間」ってどんなものでしょう。これには個人差がありますよね。シンプルな雑貨が好きな人、カラフルな空間が好きな人、いろんな調理器具や食材を試すのが好きな人、というように、ひと口に「快適」と言ってもかなり差があります。

では逆に「快適でない空間」はどうでしょう。これはわりとみんな共通している部分です。その中でも大きく3つが挙げられるでしょう。

1.出し忘れたゴミ袋がたくさんある

台所から出るごみは、生ごみ以外にもガスのスプレー缶や空き瓶、ペットボトルやダンボールなど、分別しなければならないものが多く、面倒くさくてついついゴミ出しを忘れがち。

こうなると何がゴミだか食材だか分からない台所になってしまいます! 何より第一に、ゴミを適切に処分しましょう。台所を快適にするのはそのあとからです!

2.使わないもの(調味料・調理器具)がたくさんある

「使わないものなんてない!」と思っている人も多いと思います。しかし、よく見てみてください。賞味期限の切れた調味料はありませんか? テレビCМで見て発作的に買ってしまったかれど使っていない調理器具などはありませんか? 

きちんと使いこなせているのならいいのですが、一度も使っていない、使う予定もなさそうなものは断捨離の対象にした方がいいかもしれませんよ。

3.ストック用の食材が床に置きっぱなし

買ってきたものをついつい床に置いてしまい、狭い台所の空間を圧迫していませんか? 

しかも、その食材や商品のせいで、棚の一部が使えなくなっている、なんていうお家もたくさんあるんです。モノにはきちんと「定位置」を作ってあげないといけません。定位置とは、つまり「モノの帰る場所」です。しかも、ただ作ればいいだけではありません。

大きさや重さ、使用頻度によって、使い勝手のいい場所に「モノの帰る場所」を作ってあげましょう。

「全部のモノを出してみる」のがおススメです

一度、台所にあるものを全部出して眺めてみてください。モノの多さに気づき、驚くと思います。

天然生活さん(@tennenseikatsu)がシェアした投稿

なかなか台所が片付かないと嘆いている人には、一度「台所にあるものを全部出して上から眺めてみる」ことをおススメしています。一見まわり道のように思えますが、自分がどれほどたくさんのモノを所有しているのか、ひと目で分かりますよ。

台所で起こる小さな「イライラ」をチェックしよう

台所での仕事って、実は小さなイライラがたくさん隠れています。それをひとつずつ解消していくことで、快適なキッチンに近づいていきますよ!詳しく見ていきましょう。

ゴミ袋の収納の仕方

totoriさん(@to_____ri)がシェアした投稿

ゴミ袋って、市町村で細かい指定があったりしますよね。ほしい時には足りなかったりすると、ゴミ出しにも行けなくてストレス。かといって大量にストックしておくと、引き出しの中などでぐちゃぐちゃになって、余計に面倒に感じてしまいます。

そして「袋を一枚だけ取り出す」っていうのも難しくて、結構イライラの原因になっていたりします。

そういうイライラを解消するために、ゴミ袋のストック方法を考え直しましょう。必要な時に、必要な種類のごみ袋がスッと出てきたら嬉しいですよね。100均などでは専用の収納ケースが出ています。それ以外にも、突っ張り棒1本で見事に収納してしまうアイデアもあります。参考にしてみてください!

縦横自由に使える「ゴミ袋&保存袋用ホルダー」

アンジェ web shopさん(@angers_web)がシェアした投稿

ゴミ袋はゴミ箱の後ろに、突っ張り棒でセットしておくと便利!

AANE.HOMEさん(@aane.home)がシェアした投稿

重ねられない鍋の蓋の収納

お鍋の蓋って取っ手がついているから重ねられないし、自立もしないから困りものですよね。引き出しの中で雪崩を起こしていたりすると、料理中にもストレスです。
こういう場合は扉の裏に蓋用のラックをセットするのが一番!

100均のなべ蓋ラックを利用してスッキリと収納

satochanさん(@interior_satochan)がシェアした投稿

少ししか使わない&種類の多いスパイス類

調理に欠かせないスパイス類。和洋中で種類も違うし、ボトルは統一感がなくて、見た目がごちゃごちゃしがちですよね。こういうものはボトルを統一し、すぐ手に取れる位置に! 移し替える瞬間だけは「面倒だな」と思うかもしれませんが、移し替えるのはほんの一瞬。あとは快適な毎日が続きますよ!

増え続ける調味料のボトルはコンロ脇の収納スペースに

leafさん(@leaf_asch)がシェアした投稿

お米の場所を考えて台所での動きの無駄を省こう!

皆さんの家では、買ってきたお米はどこに収納していますか? お米って結構重たいですよね。場所も取るし、パントリーの一番奥、という人もいるかもしれません。

重いものは基本的に「下」に置くように習うかもしれませんが、お米のように毎日使うものは手に届きやすい場所に置くほうが便利なことも多いです。収納庫の奥に保管してしまうと、取り出すだけで屈んだり、動きに無駄が多く出ます。

そして、お米は真っ白でインテリアに溶け込みやすい色。おしゃれな米びつなどで見せる収納にするといいかもしれませんよ。

場所を取る米びつ。おしゃれなガラスに移し替えてみませんか?

みきちぃさん(@__mikitty2129__)がシェアした投稿

ホーローの米びつもインテリアに映えるものが多いですね

いわはし かほさん(@i.kaho_23)がシェアした投稿

コンロ回りの収納について考えよう

台所に立っている時間の半分近くはコンロのあたりにいますよね。コンロの回りが散らかっていると、イライラが増えるだけでなく、調理に時間がとられてしまいます。
しかし火を使う場所だからこそ、あまりモノが置けないのも事実。特に火の出るガスコンロでは、周囲に置けるモノが限られてきます。

コンロ周辺にモノを置く場合のポイント

まず火に強い素材のものにしましょう。紙や木製品は火や湯気に弱いため、おススメできません。また、調味料などの食材は、熱により中身が悪くなることもあります。置き方にもポイントがあり、グリルの排気口をふさがないように注意してくださいね。

コンロ回りに調味料が置ける「棚付き伸縮排気口カバー」などを使うと便利!

出典:Amazon

コンロもDIYで作業台に早変わり!

調理が終われば特に用のないコンロ。ここをDIYした板で覆えば、簡単に作業スペースになります。例えば、食後の食器洗いの時に、食器を乾かして置くスペースなどにも使えますよね。狭いキッチンを快適に使えるアイデアです。

コンロをDIYした板で覆って作業スペースに

makomiさん(@ma_ko_mi)がシェアした投稿

機能的で人気の「吊るす」収納

コンロ回りの「吊るす収納」の注意点

最近はやりの「吊るす収納」。デッドスペースを有効活用できて、しかも動作がスムーズになるのが、この収納の特徴です。

ですが、まずは不要なものを処分することを考えましょう。それでもなおモノがあふれているようなら、吊るす収納を考えるのも手です。ただし、調理中の落下がないように不安定なものを置かないこと、なるべく燃えない素材のモノ(ステンレスなど)にするようにして下さい。

万が一落下したときにけがをしないように、あまり重すぎるフライパンなども控えたほうがいいかもしれません。

軽いキッチンツールなどは100均のワイヤーに吊るすこともできます

monobuhiさん(@monobuhi)がシェアした投稿

重いフライパンなどは落下の危険も考えてなるべく最小限に

@moco_kimonoがシェアした投稿

コンロ回りの吊るす収納では、油跳ねも気になるところです。洗える素材のものに厳選しておけば、もし汚れたときも食洗器で一気に洗うことができるので楽ですよ!

洗える素材で統一すれば、油が飛んだときも一斉に洗えます

Michiko Suzukiさん(@su_tarou0423)がシェアした投稿

隙間や壁面に「吊るす収納」

隙間収納を置けるほどではない壁面のデッドスペースなども有効活用しましょう。コンロの壁面や、台所収納の隙間など、いくらでも場所は見つかります。

フックでハンガーネットを吊るしてもいいですし、画像のように突っ張り棒を上下にセットし、結束バンドでハンガーネットを固定すれば壁一面の収納スペースができます!もちろん耐久性などには注意が必要ですので、しっかり固定してくださいね。

突っ張り棒とハンガーネットで壁面をフル活用

台所になくてもいいものを移動させる

食卓で必要なものはダイニングに移動する

どれだけ工夫しても台所のモノが収納しきれない! という人は、モノの定位置を変え、「モノのお引越し」をしてあげるのもひとつの手です。

例えば、食卓でしか使わないキッチン雑貨や家電ってありますよね。お箸やお茶碗などの食器、ランチョンマットなどの日用雑貨、さらには炊飯器やトースターなどもそれに含まれるかもしれません。

こういうものをすべてセットにして、ダイニングにお引越ししてみてはいかがでしょうか。

キッチンがスッキリするのは当然のこと。動線から考えると、ダイニングで使うものをダイニングに置くのは理にかなっています。

視覚の効果を利用して台所をスッキリ見せる

頑張ってモノを減らし、モノの置き方を変えてみたのに、なかなかきれいになった感じがしない…と嘆いている人は、視覚の効果を利用してみるといいですね。

モノの「ホワイト化」を試してみましょう

日本の製品はどれもカラフルで、表面に説明文が書き込まれていますよね。このために、視覚的に「うるさく」感じることが多いんです。

これを白のボトルに詰め替えるだけでスッキリ見せることができるんですよ。「そうなると中身が分からなくて心配」という場合は「英語」で中身を書いておくといいですね。一見デザインにしか見えないため、いっそうオシャレに見えます!

ボトルの色や形を統一するだけでスッキリ見えてきます!

Natureさん(@nature.a)がシェアした投稿

ボトルだけでなく、キッチンツールのをすべて同じ色で統一するのも「スッキリ」への近道。また、台所では必需品のラップ類もパッケージが鮮やかですので、白のラップホルダーに変えてみると見違える台所に変身します!

100均や無印でも買えるシンプルなラップホルダー

渡部 夏代さん(@natsuyo_watanabe)がシェアした投稿

もちまる☺︎さん(@mochimaru_1122)がシェアした投稿

詰め替えが面倒な場合はシンプルな素材のボックスなどで「隠す」収納に

spoonhomeさん(@spoonhomeblog)がシェアした投稿

まとめ

いかがでしたか? 毎日長い時間を過ごすキッチン。うまく収納できれば、食材に無駄がなくなりお金の節約になります。

また、調理がスムースに進むため時間の節約にも。そんな日々を過ごせば知らずのうちに自分自身もスッキリしてきます。快適な生活は、心と時間と金銭的な余裕を生むんですね! ぜひ小さなことから実践してみてください!