スタイを手作りしてみよう♪お気に入りの生地で世界でひとつのスタイを。

手作りしてあげたい!スタイなら簡単&かわいい♡


出典:nunocoto

お店にもたくさん売っているスタイですが、最近は手作りするママが急増中!

普通のまあるい形はもちろん、こんなかわいいふんわりデザインも、思いのほか簡単に作ることができちゃいます。

スタイってどういうもの?


出典:niva

スタイとは、いわゆる“よだれかけ”のこと。英語では“ビブ”とも言います。赤ちゃんのよだれを受け止める役割があり、洋服へのダメージを減らすのにも一役買っています。

また、授乳の際に赤ちゃんの口元に添えるガーゼ代わりにスタイを使う方法も◎ガーゼと比べてスナップなどで固定できるので愛用しているママも多いですよ。

スタイは新生児向けのギフトに入っていることが多いのですが、実は赤ちゃんが生まれてすぐの頃はよだれが少ないのです。生後6ヶ月頃から徐々に増え始め、1歳前後がよだれのピークと言われています。

よだれ対策として主にスタイを使うのは1歳から2歳前後まで。個人差がありますので、お子様の状況に合わせて選んであげてくださいね

はじめてママの手作りにぴったり

スタイは赤ちゃんのコーデのポイントになる部分だからかわいいものがいいですよね。好みの生地ならママも赤ちゃんもニッコリご機嫌になれそう。ママからの素敵なプレゼントとして、作ってみませんか?


出典:clocomi

私の周りで聞いてみたところ、産休に入って仕事が落ち着いたり、里帰りして時間ができたママなど、赤ちゃんのために何か作ってあげたい!と考えるママが多いようです。また、生まれてからも、お昼寝の間などの空き時間を有効活用したい!というママもいました。

そんなとき、スタイなら使う生地も選びやすく、型紙やキットなども販売されているので、トライしやすいんです。小物だから縫う部分が少なく、手縫いでも挑戦できちゃいますよ。

1針1針、ちくちく。赤ちゃんのことを思いながら針を運ぶ時間も、出来上がってから使うときも、あたたかくて幸せな気持ちになれそう

スタイには“やさしい生地”を選んで♪


出典:Rakuten 天衣無縫

スタイはよだれを吸い取るものなので、素材は吸水がいいものを選んであげましょう

また、赤ちゃんの肌はとっても敏感。ちょっとした刺激で肌荒れを起こすこともあるので、肌触りにも気配りしてくださいね。アレルギーのことも考えて、肌に触れる部分は綿で作るのが基本です。

“生地”とひとくちに言っても、織り方や素材によってさまざまな生地があります。スタイにぴったりの素材をピックアップしてご紹介します。

スタイの定番 “ダブルガーゼ”


出典:手芸の店トリアノン

平織りにした綿生地を2枚重ねたものをダブルガーゼといいます。赤ちゃんの肌着などのほか、医療用途やガーゼマスクにも使われてますよね。

ふんわりと織られた生地なので、やわらかく吸水力もばっちり。そのぶんヨレやすいという弱点もありますが、他の素材と重ねて使えば肌触り◎のスタイが作れます

ふんわり吸水◎ “パイル”


出典:PRISTINE

タオルに使われている、糸でつくった輪を織り込んだ生地をパイルといいます。肌にやさしい綿の中では最も吸水力があり、厚みのおかげでやわらかさもある、スタイにぴったりの生地です。

ただ、使い込んでいくとゴワゴワしてしまいがちなので、他の生地と組み合わせて使うのも一手です。

麻の風合いがやさしい “リネンコットン”


出典:nuno1000.net

麻のさわやかさと綿のやわらかさの、まさに“いいとこどり”をしたものがリネンコットンです。プリント技術の向上でかわいいデザインのものも増えています。

プリント柄豊富 “ブロード”


出典:Creema

先にご紹介したガーゼやリネンコットンなどに比べ、密に織ってある生地のことを一般的にブロードといいます。

ワイシャツなどに用いられている生地です。ハリがあり、目も細かいので、プリントなどを施すととても綺麗に映えます。その特性を生かして、かわいい色柄が豊富に揃います!

素材は綿に限らず、ポリエステルなどの化繊が織り込まれていることもあります。よく表示を確認してみてくださいね。

型紙が大切!デザインいろいろ


出典:nunocoto

生地を裁断するときの目印となる型紙は、書籍や手芸店で販売されているレシピを活用すると便利です。まんまるの形のほかにも人気の形はたくさん。好みのレシピを探してみましょう。

あとでご紹介するスタイ手作りキットのなかには、生地そのものに型紙がプリントされているものもあります!自信がなくても気軽にトライできますよ。

どんなの作ろう わくわく♪ 生地選び


出典:FIQ online

手芸屋さんや通販サイトを眺めていると、かわいい生地が目白押し!見ているだけでも楽しくなりますよね。

特に目を引くプリント生地ですが、使い込むと肌触りがゴワゴワしてくることも。吸水や洋服の保護も考えて、裏面にはパイル生地を用いるなど工夫してみてくださいね。

ここでは、すぐに作ってみたくなるようなおしゃれプリント生地をいくつかご紹介します。

ポップな色使いがかわいい! 《北欧テキスタイル》


出典:Dona Paula

北欧特有の鮮やかな色使いや、ナチュラルかわいいデザインは、ベビー用品でも大人気!赤ちゃんコーデの差し色になるようなおしゃれカラーと柄が揃います。なかでも動物モチーフはあどけない雰囲気が赤ちゃんにぴったりですよ。


出典:生地通販 マーブルマーケット

カラフルひつじたちが楽しいデザイン。こんな遊び心も、スタイなら取り入れやすいですよね。


出典:Kiji Kiji

キュートな花柄も北欧風デザインなら甘くなりすぎず、おしゃれにまとまります。お花の位置によって出来上がるスタイの雰囲気が変わるのもハンドメイドの楽しいところ。

なかでもイエローは男の子にも女の子にも使える万能カラーなので、ベビーの性別がまだ分からないというマタニティママにも選ばれているカラーです。


出典:Kiji Kiji

ボタンやドロップスを並べたようなポップなデザイン。

北欧テキスタイルにはよく幾何学模様が取り入れられていますが、赤ちゃんにはちょっと重たくなってしまいがち。でもこんなポップスタイルにまとまっていたら使いやすいですね。

人気のマリメッコで作ってもおしゃれです。こちらはミニウニッコ。通常バッグなどに使われるウニッコよりも小さめの柄です。

スタイは仕上がりがとても小さいので、柄の大きさにも気をつけて選んであげましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

キュートな女の子に♡ 《花柄・ボタニカル柄》


出典:Dona Paula

女の子の柄といえば花柄。好きなママも多いと思います。ママの選んだとびきりの花柄で手作りしてみてはいかがでしょうか?

かわいいお花にはちょっと残念ですが、スタイはどうしても汚れてしまうもの。柄が引き立つデザインだと汚れが目立たなくなるという嬉しい効果も。うまく柄を利用してみましょう。


出典:Creema

汚れが目立たないという点で言えば、柄に複数の色が使われているものもおすすめ。地の色も白ではないものを選んであげるなど、こだわってみると◎

こちらは人気のリバティプリントです。ほんのり大人っぽい柄も、スタイなら一部なので取り入れやすいですよね。


出典:Dona Paula

花柄は人気なので、数ある柄物のなかでも種類はトップクラス。色違いの柄を何枚か買って、組み合わせて使ってもおしゃれです。手間はかかりますが、愛情のこもった1枚になること間違いなしです!


出典:Kiji Kiji

ボカシを利かせたふんわりデザインも。赤ちゃんのやさしくてあたたかい雰囲気に、そっと寄り添ってくれるやわらかな柄です。こんなおしゃれな柄ならママの小物も作ってみたくなっちゃうかも?


出典:minnne

どこを切り取ってもかわいい、小花柄もおすすめです。自信のないママも、これなら迷わずに使えますね。地の色があまり見えない総柄の生地には、無地などのシンプルなタグを付けてあげるとよいアクセントになりますよ。

落ち着いた色柄が使いやすい 《ナチュラル》

生地の風合いを生かした控えめな柄や、甘すぎないテイストのナチュラル生地もおすすめ。男の子にも女の子にも使いやすく、落ち着いた色柄なら手持ちの洋服にも合わせやすいですよ。


出典:Kiji Kiji

こちらは絵本に出てくる星空を切り取ったようなドリーミーなデザイン。生成りのナチュラルな雰囲気だから、ふんわりとやさしいスタイに出来上がりそうです。


出典:mina perhonen

ポコポコとしたマルが印象的なこちらの生地はミナ・ペルホネンのもの。ナチュラルテイストがお好きなママ達に大人気のファブリックブランドです。

色使いから落ち着き払った安定感が感じられ、どこかホッとするデザインが人気の秘密。そこから醸し出されるやさしい雰囲気はベビーグッズにもぴったりです。

刺繍を含んだ生地は手縫いだと扱いにくい場面も出てくることがあります。ミシンが使えるときにおすすめです。

クリーンに使おう 《無地・シンプル》

スタイは汚れやすいものですが、できるだけ清潔に使いたいもの。柄物ももちろんかわいいですが、気がつきにくい汚れが残ってしまう心配も。安心安全に使いたいママにはシンプルな色柄をおすすめします。

お気に入りの柄と組み合わせて使ったり、おしゃれママにもおすすめのポイントがたくさんありますよ♪


出典:生地通販 マーブルマーケット

単色でも染めムラ感があると一気におしゃれになります。力が入り過ぎないこなれた雰囲気に仕上がりますよ。スタイにするときは、バイアステープやアップリケなどでワンポイントを作ってあげるとかわいいですね。


出典:mina perhonen

ハイコントラストな色の組み合わせも、シンプル柄なら使いやすいです。地味すぎないほどよいおしゃれ感を大切にしたデザインが作れそうですね。


出典:生地の森 Web本店

潔い無地でも、絶妙カラーならシンプルおしゃれなスタイが作れそうです。生地によりますが、使い込むうちにやわらかな風合いが出てくるものも。そんな変化を楽しみながら使うのも、ママの楽しみのひとつになりますね。

どれもかわいい☆スタイの形いろいろ


出典:kubomi

スタイにもたくさんの形があります。機能的なものからおしゃれなものまで、またどちらも両立しているようなものもあるので、オススメの形をご紹介します。

使いやすいからオーソドックス 《たまご型》


出典:Creema

スタイと言えばこれ!というくらい、一番着けられているであろう《たまご型》。ママたちが選ぶのにはちゃんと訳があります。これ、とっても使いやすいんです!

よだれを幅広く受け止めてくれますし、裾を赤ちゃんの口元に持っていけるので直接拭いてあげることもできちゃいます

そして重心が前の下のほうにくるため、回りにくいという利点も。常に赤ちゃんの前面にかかっていればママも安心ですね。


出典:Creema

オーソドックスだからこそ、生地や小物のワンポイントで雰囲気がガラっと変わります。こちらは蝶ネクタイ風のリボンをあしらったデザイン。赤ちゃんもグッとドレスアップしちゃいますね!

《たまご型》は首まわりのアレンジが利きやすいのも嬉しいポイント。先にご紹介した花柄のものは首の後ろでスナップを留めるタイプでしたが、蝶ネクタイのものはサイドで留めるタイプ。

赤ちゃんが寝ているときにスタイを付け替える場合はスナップがサイドにあったほうが使いやすいという声もありますが、成長してくると自分で外してしまうから後ろで留めたいという声も。

手作りなら好みのアレンジで作れるので、ママと赤ちゃんにぴったりな形を探してみてくださいね

フリルのようなデザイン 《もくもく型》


出典:Creema

なみなみデザインがとっても愛らしいこちらの《もくもく型》も人気です。雲のようなふわふわ感から《くも型》等と言われることも。シンプルな洋服もこのスタイがあればキュートなスタイリングになりますね。


出典:Creema

形だけでも存在感抜群だから、カラーで楽しむという方法も。ふんわりした雰囲気が楽しめるパステルカラーがぴったりです。素材をパイルやダブルガーゼにするとふわふわ感がさらにアップ!色違いや素材違いも楽しんでみてくださいね。

すっきりカッコいい! 《バンダナ型》


出典:Creema

バンダナを首に巻いたようなアクティブな雰囲気がかっこいい《バンダナ型》。スリムなシルエットで、元気いっぱいの男の子にぴったりです。


出典:Creema

生地を裁つのも縫うのも直線部分が多いので、初心者さんでも作りやすいという利点も。《たまご型》や《もくもく型》が難しそうだなと感じたら、この形を試してみてくださいね。

まんまるかわいい 《ドーナツ型》


出典:Creema

首の周りをぐるっと包み込むまんまるの形は《ドーナツ型》と言われています。赤ちゃんが着けるとブラウスの襟のような清楚な雰囲気に。

どこから見ても生地がよく見えるので、お気に入りの柄や素材を使うにはもってこいの形です。


出典:Creema

スタイ部分の幅を広めにとれば、存在感アップ!スタイとして使える部分も大きくなるので、よだれの増えてきた赤ちゃんにちょうどいいでしょう。

また《ドーナツ型》は全面同じように使えるので、汚れたらクルっと回して引き続き使うこともできます。清潔が一番ですが、お出かけ先ではこういう応急処置ができるとママは安心できますよね。

遊び心があるとママも楽しい♪

スタイは毎日着けるものだから、たまには遊び心もほしいですよね。ここでは、ハンドメイドのスタイのなかから、個性的な形から遊び心あふれる楽しいデザインまでおすすめをご紹介します。


出典:Creema

こちらはタキシード風のデザイン。チョッキや蝶ネクタイなど、男の子のドレスアップがスタイでできちゃいます。ドレスアップ風ですが、デニム調の生地でこなれ感もプラス。子どもならではの親しみやすいデザインがかわいいですね。


出典:Creema

こちらは子どもたちに人気のアニマルモチーフ。スタイ前面が動物の顔になっているので、注目されること間違いなし!スナップの部分にも注目してみてください。動物たちが赤ちゃんに抱っこされているようなデザインが面白いですね。


出典:Creema

こちらは夏にぴったりのスイカデザイン。甘くておいしそうなスタイなら一緒に遊ぶお友達も楽しい気分にしてあげられそうですね。

よーく見てみると、種のなかにアリさんがかくれんぼ。絵本の1ページのような、物語を感じるスタイも楽しいですね。


出典:Creema

ワンピースでおめかししたようなコーデが楽しめるこちらのデザインは、セレモニーやお呼ばれにぴったり。またワンピースは早いかな?という赤ちゃんもスタイなら気軽に着けてあげられますね

不器用さんでもラクラク☆簡単キットを使ってみて!


出典:Couturier

生地選びや型紙を集めるのはちょっと…というお手軽派ママにおすすめ!スタイが簡単に作れるキットもあります

キットと言ってもデザインは様々、細かなアレンジが利かせられるものもありますので、こだわりの手作りができますよ。

スタイのキットとは?


出典:Couturier

一般的に、キットには型紙・生地・スナップボタンなどがセットになっており、スタイを手作りするのに必要なものが一度にそろうもの。

型紙は家庭用プリンターに対応していないサイズがあったりもするので、印刷してあるものを使えばとってもラクですよね。中には、生地にプリントがしてあり型紙不要なものも


出典:clocomi

これなら型紙を貼り付けたり写したりというステップを省略できるので、さらに手軽ですね。限られた時間でトライしてみたいというママにもおすすめです!

今すぐ作ってみたい! おすすめスタイキット3選


出典:ミシンレンタル屋さん

ここではかわいいデザインが手軽に作れるキットを厳選してご紹介します。赤ちゃんに手作りのプレゼントをしたくなる、素敵なキットがたくさんありますよ♪

色も形もたくさんあって迷っちゃう! “nunocoto(ヌノコト)”

この記事でもご紹介したような素敵なデザインがたっぷり揃うヌノコト。初心者さんにも安心のわかりやすいレシピや作り方動画があるので、簡単におしゃれスタイが作れちゃいますよ

スタイのほかにも赤ちゃんグッズの手作りキットがありますので、一緒に作ってみても楽しいですね。


出典:nunocoto

スタンダードな《たまご型》に襟をつけたデザイン。すこしノーブルな雰囲気になりますね♪


出典:nunocoto

人気の《ドーナツ型》をすこし変形させたようなまんまる型。大きな襟をつけたようなあどけない雰囲気がかわいいですね。


出典:nunocoto

難しそう…に見える《もくもく型》もキットなら簡単♪手軽に挑戦できちゃいますよ。

ヌノコトには様々な生地が揃っているので、形のほかに色や柄で選ぶのも楽しいでしょう。きょうだいやお友達とのおそろいもできますね。

刺繍&名入れができる “Hobbyra Hobbyre(ホビーラ・ホビーレ)”

おしゃれな手芸屋さんとして知っている方も多いと思います。ホビーラ・ホビーレにも赤ちゃんグッズのキットがあるんですよ♪


出典:HOBBYRA HOBBYRE

こちらはスタイとおそろいタオルが作れるキット。ナチュラルな雰囲気を大切にしたシンプルデザインで、長く愛用できそうですね。使うシーンを選ばないので、ヘビロテしているママの声も聞かれました。

生地はもちろんパイルなので、吸水性も抜群。1枚は欲しいデザイン&機能です。


出典:HOBBYRA HOBBYRE

こちらは縫製済みのスタイに刺繍をするキットです。1から作るのは自信がないけれど、手作りをしてみたいというママにおすすめ。

自分で刺繍をするから、お子様のお名前を縫い付けることもできます!世界に1枚だけの記念のスタイを作ってみてはいかがでしょう。

刺繍は通常の針では難しい部分があるので、初めての場合は店頭で相談してみることをおすすめします。

おしゃれスタイが初心者さんでも◎ “clocomi(クロコミ)”

織物の産地・兵庫県で作られている播州織を使ったスタイを、家庭で簡単に作れるキットがあります

実は先にご紹介していた、型紙不要の生地はこちらのもの。洗濯にも強い播州織を染色した布地には、裁断する線のほかに縫い線も直接織り込まれているのでハサミ不要でとっても手軽。

柄が豊富に揃うので、好みの柄を見つけてくださいね。


出典:clocomi

青空と果実を思わせるさわやかなデザイン。男の子にも女の子にも使えるおしゃれスタイです。

clocomiのスタイキットでは、同じ生地で巾着が作れちゃいます。スタイを持ち運んだり、ベビーグッズを入れたり、使い方いろいろ。小分けできるグッズはママに嬉しいですよね。


出典:clocomi

お花のような可憐さがある蝶々柄。ほかにないデザインの生地が揃うのもclocomiの魅力です。巾着袋も作れるのを考えると、何枚も欲しくなってしまいそう。

スナップ部分は手で付けられるパーツを採用していたり、首まわりの長さが調節できたりと、細かい部分にも“作りやすさ”の秘密がいっぱい。手軽にトライしてみましょう!

おわりに


出典:Creema

最近スタイを手作りしたいママが多くなったこともあり、アイデアやデザインも豊富に選べるようになってきています。

素材や生地、かわいい形、簡単に作れるキットまでたくさんのアイデアをご紹介しました。ぜひお子様に、世界に1つだけのスタイを作ってあげてみてくださいね♪