お風呂用の浮き輪おすすめ4選!赤ちゃんとのバスタイムを楽しくしよう!

お風呂で大活躍!赤ちゃん用の浮き輪とは?

生後1ヶ月をすぎると、赤ちゃんだけベビーバスで沐浴することを卒業して、ママやパパと一緒にお風呂に入るようになります。ワクワクで一緒にお風呂に入ったは良いものの、首が座ってないので、抱っこするだけでいっぱいいっぱいになるパパ&ママも多いですよね。

赤ちゃんと1対1だと、自分の体や頭なんて洗えないから、とりあえず赤ちゃんだけ洗ってお風呂終了というパターンになってしまうことも。そんな時に赤ちゃん用のお風呂浮き輪が大活躍するんです。

お風呂用の浮き輪はどうやって使うの?

赤ちゃん用のお風呂浮き輪は首につけるタイプです。「首がしまって大丈夫なの?」と思っちゃいますよね。

首に浮き輪をはめますが、浮き輪にあごをのせて、後頭部を中心に支えることで固定されている仕組みです。だから、首と浮き輪の間には少しのゆとりがあるので、首がしまるということはないんですよ。

日本ではお風呂用として人気が広まっていますが、実は本来の目的はお風呂用ではないんです。


出典:swimava

お風呂用の浮き輪はいつからいつまで使えるの?

「いつから」使えるの?

akinaさん(@ak1na_p)がシェアした投稿

いつから使えるのかは、赤ちゃんによって個人差があります。というのは、浮き輪の上に赤ちゃんのあごがのるようになってから使えるという条件だからです。

注意
安全に使用するために、サイズを確認して、赤ちゃんのあごが浮き輪にのらないうちは使用を控えましょう。

「いつまで」使えるの?

浮き輪の種類にも違うので、購入した際にきちんと確認してくださいね。だいたい、生後18ヶ月かつ体重11kgまでというメーカーが多いです。

注意
制限体重を超えて使うと赤ちゃんの体重を支えきれずにおぼれてしまう危険性があるので、必ず守りましょう!

赤ちゃん用浮き輪を使うメリット

赤ちゃん用の浮き輪を使うことで、赤ちゃんにもパパやママにもメリットがたくさんあります。

バランス感覚が身につく

首の浮き輪のおかげで手と足が自由に動かせることができます。水中のなかで手足を動かして全身運動をしながら、自然とバランス感覚が身についていきます。

水への抵抗感をなくす

赤ちゃんの頃から水に慣れておくことで、水への恐怖感や抵抗感がなくなります。もともと、赤ちゃんは生まれてくるまで、ママのお腹の羊水の中で過ごしてきているので、胎児の頃を思い出し心地よさを感じているかもしれませんね。

夜ぐっすり寝てくれる

お風呂のなかで、浮き輪をつかって全身運動をすることで、程よく体がほぐれリラックスできます。また心地良い疲労感から寝つきがよくなりますよ。夜に赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるとパパもママも嬉しいですよね。

親子の楽しいコミュニケーション

赤ちゃんが浮き輪を使ってプカプカと浮く姿はとても可愛らしいです。思わず笑顔になってしまいますよね。緊張してずっと抱っこしてお風呂に入っている時に比べると、浮き輪というグッズが追加されたことで、パパ&ママにも余裕が生まれ親子のコミュニケーションがグッと深まりますね。

赤ちゃん用の浮き輪を選ぶポイント


出典:dai&day’s

ネットで検索するとたくさんの種類の赤ちゃん用浮き輪が販売されています。なにを基準に選んだら良いのか分からなくなりますよね。ここでは浮き輪を選ぶときのチェックポイントをご紹介します。

赤ちゃん首に合うサイズを選びましょう

hanaさん(@hanako_ty)がシェアした投稿

赤ちゃんのあごが浮き輪にのらないと使用することが出来ません。購入する際には慎重にサイズを検討しましょう。一般的に多いサイズが首周り29cm、首周り内径9cmというものが多いようです。

サイズを見る目安として赤ちゃんの首と浮き輪の間に、大人の手の指が2本分のゆとりがあるほうが良いとされています。空気の入れ加減でしめ具合を調節できる商品もあります。また、メーカーによって大、小のサイズが選べるところもあります。

赤ちゃんは日々成長していきますので、購入したときだけでなく、装着するときには毎回必ず確認してくださいね。

安全な設計なものを

赤ちゃんに本当につけても大丈夫か?誰でも気になるのは安全性ですよね。でもどこをチェックしたら良いのか分からないという方のためにチェックポイントをご紹介します。浮き輪を選ぶときの参考にされてください。

ベルトのチェック

赤ちゃんの浮き輪をつけたあとに、ベルトで固定します。その時にベルトが1箇所だけよりも上下に2箇所ついているタイプの方がはずれにくく、安心です。またベルトの長さが変更できるタイプは赤ちゃんの成長に合わせて調整できるので非常に便利ですよ。

空気挿入口のチェック

空気の挿入口が通常の栓だけでなく逆止弁がついていると、万が一何かの拍子で空気の栓がはずれてしまっても、空気が抜けにくいので安心です。

2層構造の浮き輪がオススメ

通常の浮き輪は空気を入れると全体に膨らんでいきますが、赤ちゃんの浮き輪は上下の2層構造になっているものがほとんどです。上と下の2箇所から空気を入れるという手間はありますが、万が一、どこからか空気が漏れてしまった場合でも沈みにくく、気づくことができます。

赤ちゃんがなめても大丈夫な素材かチェック

なんでも口にしてしまう赤ちゃんは舐めたりしても大丈夫なように、浮き輪の素材もぜひチェックしてください。「赤ちゃんが舐めても大丈夫なようにアレルギーを起こしにくい素材(PVCプラスチック)を使用しています。」など安全性を表記してあるか確認しましょう

品質マークをチェック

認定マークがついているかどうかもひとつの基準になります。例えば、日本のおもちゃには、構造や素材など様々な検査に合格したものに「STマーク(玩具安全マーク)」がついていますよね。スイマーバなどイギリス発の赤ちゃん用浮き輪には「CE」とマークが記載されています。

CE(欧州規格)認定マークは全てのEU加盟国の基準を満たすものだけにつけられているんですよ。

赤ちゃん用浮き輪のオススメ4選!

数ある赤ちゃん用の浮き輪のなかからオススメのものを4つご紹介します。

スイマーバ(首リング)

だんとつの人気商品スイマーバ。赤ちゃん用のお風呂浮き輪は「スイマーバ」しかないと思っている方もいるほど子育て中のママやパパに知られています。2005年にイギリスで発売されて以降、世界93カ国で愛用されている人気の定番商品です。

ニセモノも出回っているようなので、安全、安心に使用できるように正規品を購入されることをオススメします。

正規販売店などは、公式サイトで確認できます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ベビーフロート

じわじわと人気になってきているベビーフロート。一番の特徴はこのシックな色合いです。赤ちゃんの浮き輪といえば、ピンクや黄色や青などに可愛らしい絵がついたものが多いなか、ベビーフロートはとってもオシャレなデザインです。また「CEマーク」つきで安心して浮き輪をつけることができます。180日という長い製品保証もとてもめずらしいです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ベビースイマー


出典:テレビショップ フュージョン

可愛らしいペンギンの絵がついているベビースイマー。先に紹介したスイマーバやベビーフロートに比べてお値段はお安いですが、こだわりのある商品です。海外で厳しく規制されている「フタル酸エステル類」を一切使用せず製造されています

空気穴は逆止弁つきなので、万が一栓がはずれても空気がもれにくい構造になっているんですよ。持ち手もついていおり、ベルトも上下2箇所についているので安心ですね。

浮き輪首リング

こちらもお値段がお手頃ですが、赤ちゃんに優しい設計になっています。赤ちゃんのあごをのせる部分がやわらかく、溝がきちんとあるので口に水が入りにくくなっています。また、浮き輪の縫合が内側にきているので赤ちゃんの肌を傷つける心配がありません。

他にも、60日保証、2層構造、ベルトが2箇所という万が一というときの安心な構造の作りになっています。持ち手もついているので赤ちゃんも安心感がありますね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

赤ちゃん用浮き輪を使うときの注意点

이모, 안녕さん(@babydudung)がシェアした投稿

快適な赤ちゃんとのバスタイムを楽しむために、注意してもらいたいポイントがいくつかあります。

正しく装着する

商品の説明書をしっかり読み、正しく装着してください。赤ちゃんのあごが浮き輪の上にのるようにに装着しましょう。ベルトは必ずしめてくださいね。赤ちゃんの成長は早いです。サイズは大丈夫か毎回確認しましょう。

空気もれがないか確認する

使用する前に、浮き輪を水中に沈めて空気の漏れがないかを確認しましょう。空気穴の栓はしっかりしめましょう

絶対に目を離さない!

赤ちゃんとのお風呂をとても快適にする赤ちゃん用浮き輪ですが、絶対に目を離さないでください!赤ちゃんの動きは予想できません。本来はプールでのエクササイズ用として作られており、常に赤ちゃんを見守りながらの設定です。

お風呂用として使用することを禁止はされていませんが、パパやママが髪や体を洗うのも待たせるための使用は控えてください。

お湯の深さをチェック

お湯の量は赤ちゃんの足がのびた状態でが底に足がつくくらいにしましょう。湯量が少ないと転倒する危険性がありますので注意しましょう。

お風呂で長時間使用しない

赤ちゃんはまだ体力がないので、すぐに疲れてしまいます。また、体が小さいので、すぐにのぼせてしまいます。赤ちゃんとのお風呂は楽しいからと長風呂しないようにしましょう。

赤ちゃんの様子に合わせて使用する

赤ちゃんの様子に合わせて使用してください。嫌がったり、眠そうなときなどは無理にしないようにしましょう。

浮き輪を使って赤ちゃんと楽しいバスタイムを!

赤ちゃんがお風呂でプカプカと浮いている姿をみるとほっこりなりますね。赤ちゃんの気持ちよさそうに浮いている姿、楽しそうに手や足をバタバタと動かしている姿、ぷりぷりしたおしり(笑)。浮き輪があると、こちらも余裕が出て、赤ちゃんとのスキンシップを心から楽しむことができます。

もし、赤ちゃんとのお風呂が大変、、、と悩んでいらっしゃる方はお風呂グッズに浮き輪を追加してみませんか?毎日のお風呂が待ち遠しくなるかもしれませんよ。