ドライフラワーで、インテリアコーデをナチュラルにセンスアップ♪

ドライフラワーのこと

ドライフラワーのはじまり


出典:六本松 蔦屋書店

今、おしゃれなインテリアとして人気のドライフラワーですが、その歴史はかなり古く、なんと最古のドライフラワーは、エジプトのピラミッドで発見されたもの!エジプト王のミイラに、ドライフラワーの花冠が供えられていたそうですよ。

また、ドライフラワーはギリシャ神話にも登場します。

恋人から届いた花が枯れてしまうのを悲しんでいた王の娘が、花をできるだけ長く手元に置いておくため、ドライフラワーにして保存することを考えついたという、なんとも胸キュンなストーリー♡

ちなみに、日本では、1695年に書かれた「花壇地錦抄(かだんちきんしょう)」という園芸書に、ドライフラワーの作り方が記録されたのが最初とされています。

ドライフラワーは枯れていない?

ドライフラワーも、ちょっとずつ表情や色が変化していきますよね。それが、ドライフラワーは生きているという証拠。

変化していく様子は美しく、独特の魅力を放ちます。

プリザーブドフラワーと、どう違うの?

ドライフラワーは、草花を乾燥させたもの。寿命は2、3か月~長くて半年くらい。お花の種類によっても変わってきます。

一方、プリザーブドフラワーは、加工用の液につけて生花に近い状態を保ったもの。寿命は通常2~3年ですが、保存状態が良ければ10年ほど持つのだとか!

どちらも水やりなどの手入れがいらないので、ギフトにも最適。贈りたい人の好みに合ったほうを選ぶと良いですね。

意外と簡単!手作りドライフラワー

初心者でもできる♪簡単な作り方

手作りとなると、ちょっと難しそうなイメージもあるドライフラワー。実は、ポイントと注意することさえ守れば、初心者でも簡単に作れちゃうんです!

作り方

お家の中の風通しの良いところで、ドライフラワーにするお花を、1~2週間ほど逆さまに吊るして乾燥させます。たったこれだけ!

作るときのポイント

ドライフラワーを作る時に1番重要なのは、しっかりと水分を抜くこと

花束のままだと乾燥するのに時間がかかってしまうので、1本ずつ吊るすのがおすすめ。

また、できるだけ新鮮できれいなお花を選ぶようにすると、仕上がりもきれいに。

注意すること

aya nishiokaさん(@aya_nishioka)がシェアした投稿

早く乾燥させようと直射日光に当てるのは×。色あせの原因になってしまいます。

また、湿気の多いところや、加湿器のあるお部屋を、吊るす場所に選ばないようにしてくださいね。

ちなみに、エアコンの近くに吊るすと、乾燥を早めることができますよ。

ドライフラワーにしやすい草花ってあるの?

草花の中には、ドライフラワーにしやすいものと、そうでないものがあります。

そこで、ドライフラワーにしやすい、おすすめな草花を、その草花が持つ花言葉とともにご紹介します。

かすみそう

小さな白い花が、清楚で可愛らしいかすみそう。英名は「Baby’s berath」=「赤ちゃんの吐息」♡初心者でも簡単にドライフラワーにできるので、おすすめ。

かすみそうの花言葉は、「感謝」「親切」「永遠の愛」「幸福」「純粋」。花束によく使われているのは、かすみそうが持つ花言葉が関係しているのでしょうね。

バラ

華やかで香りが良いバラは、ドライフラワーにもぴったり。ドライフラワーにするタイミングとしては、つぼみが開き始めたくらいがベスト。

まるでアンティークのような、ダークな色への移り変わりが楽しめます。花言葉は色によってさまざま。

  • 赤:「情熱」「愛情」「美」「あなたを愛しています」
  • 白:「清純」「深い尊敬」「無邪気」「私はあなたにふさわしい」
  • 黄色:「友情」「平和」「献身」「可憐」「愛情の薄らぎ」
  • ピンク:「可愛い人」「上品」「感謝」「あたたかい心」
  • オレンジ:「元気」「愛嬌」「絆」「信頼」
  • 紫:「気品」「誇り」「尊敬」

大好きなあの人へプレゼントするために、花言葉を参考に色を選んで、ドライフラワーを作るのも素敵ですよね。

ミモザ

ドライフラワーでも人気の高いミモザ。黄色くて丸い、小さな可愛らしいお花は、どこかあたたかみのある雰囲気。その花言葉もあたたかいもので、「思いやり」「感謝」「友情」「豊かな感受性」

他にも「秘密の愛」や「神秘」、「優雅」「堅実」という花言葉もあるそうですよ。

秋色あじさい

Anastasia-Tokyoさん(@anastasia_saico)がシェアした投稿

初夏に咲いて秋にかけてゆっくり色づいた「秋色あじさい」は、レトロな独特の色合いが美しく、ドライフラワーにしやすくて、おすすめです。花言葉は「辛抱強い愛情」

最近では、母の日にあじさいを贈ることも増えているようです。それから、あじさいには、なんと毒があるのだそう!小さい子供がいるお家では特に、口にしてしまわないよう気を付けてくださいね。

ラベンダー

独自のやさしい雰囲気や香りにはヒーリング効果があり、アロマオイルとしても人気が高いラベンダー。見て香って癒されるドライフラワーとして楽しめます。

花言葉は「清潔」「繊細」「許しあう心」「優美」。青みがかった色が、ブルー=ネガティブを連想させることから「疑い」や「沈黙」といった花言葉も。

ユーカリ

おしゃれな見た目と爽やかな香りで人気のユーカリも、見て香って癒されるドライフラワーとして楽しむことができます。そんなユーカリの花言葉は「思い出」「記憶」「新生」「再生」「慰め」

生命力の強さや、癒し効果のある香りが由来しているのだそう。ちなみに、風水では、ユーカリを玄関に置くと良いとされています。

できるだけ長持ちさせたい!

できるだけ長持ちさせるためには、まず、しっかりと乾燥させること。それから、湿度が高いところに飾らないようにして、カビを防ぐようにしてくださいね。

それから、知らないうちに溜まってしまうホコリも、カビや虫が発生する原因に。気づいたら、その都度はらってあげてくださいね。

また、直射日光や蛍光灯の光が当たると、色あせが進んでしまいます。ちょっと暗めな場所の方が、きれいな色を保つことができますよ

プチギフトにしておすそ分け♡

大事に作ったドライフラワー。上手に出来たら、誰かにおすそ分けしたくなっちゃいませんか?そんな時は、もらっても気負うことのない、プチギフトにするのがおすすめ。

ちょっとの工夫で、さらに素敵なプチギフトになりますよ♪

かすみそうを主役に

あかねさん(@oshitadesuka)がシェアした投稿

束ねて紐で結ぶだけで、可愛らしい小さなかすみそうの花束の出来上がり♡

瓶の中に閉じ込めて

藍さん(@yoooooothi)がシェアした投稿

瓶の中にいろんな種類のドライフラワーを入れて、レースや紐でちょっとしたアクセントを。お花の入れ方が工夫されていて、参考になりますね。

myvalentinesgさん(@myvalentinesg)がシェアした投稿

花束を瓶の中に閉じ込めて。とっても素敵なアイデアですよね。

MAIさん(@mai_10_17)がシェアした投稿

アンティークな色合いがきれいなドライフラワーは、透明のセロハンで包むくらいが丁度いいのかもしれませんね。

ハーバリウム

ドライフラワーを使ってハーバリウムに。そのまま飾るのとはまた一味違った雰囲気が楽しめますね。

花冠

yuiさん(@_____.y_)がシェアした投稿

ドライフラワーで小さな花冠を。お誕生日など、イベントのアイテムとしても喜ばれそうですね。

プレゼントに添えて

meguさん(@_m.margaret__)がシェアした投稿

ちょっとしたプレゼントにも一工夫するだけで、喜びも2倍に♪

や す えさん(@yasue_125)がシェアした投稿

プレゼントにユーカリの香りを共に添えて。シンプルな中にもセンスの良さを感じさせられるラッピングです。

miki___kさん(@mikitty_k)がシェアした投稿

まるでプレゼントに花束を添えているよう。気負わないナチュラルな雰囲気は、ドライフラワーならでは。丁度いい豪華さが素敵です。

ドライフラワーでつくる、素敵インテリアコーデ

☆miki miyagami☆さん(@mamemama39)がシェアした投稿

ドライフラワーを麻ひもでしばって、吊るす。たったこれだけでも、素敵なインテリアになるのは、ドライフラワーの魅力。

none*さん(@noneno8922)がシェアした投稿

上から吊るして、風に乗ってゆらゆら揺れるドライフラワーを楽しむのもいいですね。

Akiraさん(@botanical.0715)がシェアした投稿

リビングの真ん中で、主役級の存在を放つドライフラワー。アンティークな雰囲気を盛り上げています

masumokeさん(@masumoke)がシェアした投稿

玄関に写真と共にかすみそうのドライフラワーを。かすみそうの花言葉「幸福」が伝わってくるコーディネートです。

azuuuuoo…..さん(@mias2525)がシェアした投稿

カゴやバッグと組み合わせて、存在感あるお部屋のアクセントに。

tomoya kawaseさん(@tomoya.lifestyle)がシェアした投稿

夏を思わせるようなユーカリの爽やかな香りと、一緒にディスプレイする小物使いで季節感を出して

ノルディさん(@nordy0303)がシェアした投稿

試験管を使ってドライフラワーを飾ると、またちょっと違った、スタイリッシュな印象に。

miho-kさん(@m19860629k)がシェアした投稿

個性的なインテリアに、ドライフラワーをプラスして。まるで、自然の中で月の満ち欠けを見ているような、幻想的な雰囲気

mamecafe.m 1969さん(@mamecafe.m)がシェアした投稿

大きなカゴにお気に入りを詰め込んで。それだけでも、とっても素敵なインテリアに。

坂東拓哉さん(@dadarakaban)がシェアした投稿

ベッドサイドに飾れば、安らげる空間に。安眠効果や、気持ちの良い朝を迎えられそうですね。

kana matsudaさん(@frais_kn)がシェアした投稿

ドライフラワーは和室とも相性◎。本当に必要なものだけを、といったシンプルなお部屋に、ドライフラワーがほんのりと華やかさを添えて。

makoさん(@moco_moco625)がシェアした投稿

お部屋のいたる所に、いろんな飾り方をしていて、まるでカフェのような雰囲気。あたたかな家族団らんのひと時が、ますます盛り上がりそうです。

eko⋆さん(@__.oluolu.__)がシェアした投稿

おしゃれな北欧風のお部屋に、ドライフラワーで華を添えて。さりげない飾り方にも、センスを感じます。

saokoさん(@sao.coco)がシェアした投稿

シンプル・ナチュラルな洗練されたお部屋に、ドライフラワーが映えていますね。

sayaka.さん(@sayaka_j89)がシェアした投稿

ドライフラワーを高い位置に飾ったり、天井から吊るしたり。飾り方も1つ1つが工夫されていて、とても参考になります。つい、上を見上げてしまいたくなるような素敵なダイニング

ドライフラワーで素敵な暮らしを

私にとって、ドライフラワーといえば、母がよく手作りしていたのを思い出します。その多くが戴いた花束。きっと、枯れてしまうのが惜しかったのでしょう。

また、ドライフラワーに囲まれていると、不思議と心が和むんですよね。

思い出に浸れる時間や、安らぎを与えてくれるドライフラワー。ギリシャ神話に登場するプリンセスが愛したように、これからも、ずっとずっと愛される存在であり続けていくのでしょうね。