赤ちゃんの生後100日を祝う「お食い初め」、準備の仕方は?

「お食い初め」ってどんな儀式?

どうしてその日を祝うの?


出典:AGNEY

個人差はありますが、生後100日から120日くらいにかけて、赤ちゃんにうっすら乳歯が生え始めます。今まで母乳やミルクだけだった赤ちゃんがそれ以外のものを口にするようになるのもこの時期ですよね。この時期を祝い、「今後、食べるものに不自由しないで済むように」という願いを込めて、食べる真似をさせるのがこの儀式です。

生後100日目はどうやって計算したらいいの?

医学的には赤ちゃんが生まれた日を「生後0日」で数えますが、お祝い事ではその日を「生後1日目」とします。このため、医学的には99日目にあたる日が「百日祝い」の日、ということになります。

もちろん、そんなに厳密でなくても大丈夫。赤ちゃんの体調にも左右されますし、パパとママのお仕事の休みの日や、おじいちゃんおばあちゃんの予定も合わせて日程を選んでくださいね。

お食い初めの献立

いろんな由来のある献立

▼お食い初めのお膳はこんな感じです


出典:Okuizome.kp

地域や各家庭でやり方は変わりますが、本来は一汁三菜を用意する習わしとなっています。内容も、穀物、海のもの、山のもの、飲み物、塩、という、生きていく上で必要な要素を盛り込んだ食事内容になっています。

具体的な献立は以下の五つです。食べ物ではありませんが、これに「歯固めの石」が加わります。それぞれにいろんな由来があるので覚えておくといいですよ。

  1. 鯛など尾頭付きの魚
  2. 赤飯
  3. 焚き物
  4. 香の物
  5. 吸い物

尾頭付きの魚

▼お祝いの席に欠かせない「鯛」

Kazue Shiotsukiさん(@k.moon105)がシェアした投稿

赤い色がめでたい、という語呂合わせもあり、お祝いの席には欠かせないのが鯛です。

七福神の恵比寿様が釣っているのも鯛ですよね。何故お祝いには鯛を使うかというと、他の魚に比べて長生きすること、栄養価も高いという理由です。日本では古くから重宝されていまて、神様に捧げるのも鯛です。お祝いの席なので、切り身ではなく一尾丸ごとを準備しましょう。

赤飯

▼魔除けとして赤いご飯を用意したそうです

古くから赤い色は魔除けとされていました。現代では赤飯ですが、昔は赤米などを炊いていたそうです。

焚き物(煮物)

煮物のことです。紅白となるように人参と大根を入れ、長生きするように「亀の甲羅」の形に切ったカボチャやシイタケ、その他に季節の野菜などを盛り込みます。

香の物

季節の野菜や地域のものを漬け込んだものです。

吸い物

「吸う」力が強くなるように、という願いが込められています。

歯固めの石


出典:FUNFAM

赤ちゃんの歯が丈夫になるようにという願いを込めてお膳に添えます。福石と呼ぶこともあります。お宮参りの際に神社の境内から頂いてきます。終わった後は神社にお返しするようですが、最近では記念に持って置く人もいるようですね。石の代わりに固い栗の実を置いたり、関西地方ではタコを添えることもあるのだとか。

神社に石がなかった場合などは河原など近場で拾ってきたもので代用します。きれいに洗ってから使用してください。

儀式のやり方と順番は?

食器の準備

お食い初めに使う食器はどんなものを使うのでしょうか。祝いの膳でもある「お食い初め」では漆器を使い、高足の御膳に設えるのが習わしとなっています。

男児の場合は内外ともに朱塗りの漆器、女児の場合は外側が黒色で内側が朱塗りの漆器、箸は柳の白木、など細かいルールがあります。地方によっては逆のこともあるので、実家の家族などに聞いておくといいですね。

▼男女で色が違うお食い初め食器。「違いがある」ということだけでも知っておくといいですね。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

▼「祝い箸」は必ず箸袋に入っており、両方の先端が細く、真ん中が膨らんだ形です。

出典:和工房 包結

しかしこんな高価な漆器を家庭で揃えるとなるとかなり難しいですよね。ですので、ご自宅にある食器で代用する人も多いです。また、これを機に離乳食用の食器を買い、それに盛り付けてもいいですね。堅苦しく考えず、やりやすい形で行いましょう。

▼ご自宅にある食器で代用してももちろんOK。

くまさん(@kuma_1016)がシェアした投稿

▼お食い初めにあわせて名入れの離乳食用食器をプレゼントするケースも多いです。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

▼離乳食用のプレートで代用しても素敵です。

Life with Juju🌸さん(@lifewithjuju0529)がシェアした投稿

儀式の手順

料理の準備が整ったら、実際に赤ちゃんに食事のまねをさせます。これはパパ・ママが行ってもいいですが、おじいちゃんやおばあちゃんなど年長者がいるならお祝いの席にお招きして、ぜひやっていただくといいでしょう。赤ちゃんが長生きするようにという願いが込められています。

男児は男性の左ひざに、女児は女性の右ひざに座らせて儀式を行うのだそうです。食べさせる順序は、ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯→汁物、という順で3回行います。もちろんまだ離乳食が始まっていない時期ですから、無理に食べさせなくてもいいので、くちびるに触れさせる程度に留めておいていいですよ。

それが済んだら歯固めの儀式です。

箸の先に石をつけて、その箸で赤ちゃんの歯茎をちょんちょんと触るようにそっとつけてください。くれぐれも、赤ちゃんに直接石を近づけたりしないようにしましょう。誤飲の可能性があり危険ですよ!

その他の儀式

色直し式

▼袴ロンパースで記念に残るお食い初めを!

出典:BASE Kaen

生まれてからずっと白い産着を着ていた赤ちゃんが、この日を境に色のついた衣類へと変わります。この風習を「色直し式」と言います。現代では生まれたときから色も素材も多数ありますのであまりピンとこないかもしれません。ですが、そういう風習があったことは知っておいてもいいですね。

また、お食い初めの時に家族で記念撮影をすることもあるでしょう。この時に赤ちゃんに、色直しとして袴など着せたいと思うママも多いと思います。最近では袴の形をしたロンパースもたくさん作られていますから、ぜひ記念に揃えてみてもいいですね。

お祝いへのお返しは?

おじいちゃんやおばあちゃん、その他の親戚からお祝いをいただくかもしれません。お食い初めは本来、近しい身内だけで行う儀式なので、原則的にお祝いへのお礼は不要です。気になる場合は、記念撮影した写真を添えて儀式が済んだことを報告し、菓子折りなどと一緒に贈るといいですよ。

ホテルや料亭、ネット利用で手軽にお食い初めを

プロが準備してくれるから安心&楽々!

子供がまだ小さいうちに、これだけの準備をママひとりでやるのは大変ですよね。最近ではホテルや料亭などでお祝いをするプランも増えています。これなら、スタッフさんが手馴れているので楽ですし、ママは子供をつれて参加すればいいだけ! 掃除も後片付けも要りません。

プランによっては記念撮影なども行ってくれますので事前にお店と相談してみてください。

自宅と違って利用時間には制限があると思いますが、店の奥の個室などを予約できますし、器も正式な漆器で出してくれます。ぜひ検討してみてくださいね!

▼ホテルや料亭なら伝統を重んじた儀式が可能です!

出典:Chigusa Hotel

ネット通販などを利用して、自宅で手軽にお食い初めを

▼セットで注文できるのでご自宅でも簡単にお食い初めができます。

出典:Okuizome.jp

なるべく自宅でやりたいけれど、普段料理しないようなメニューばかりなのがお食い初め。「やっぱり準備が面倒だな…」というママには、ネットや宅配などを使うやり方もあります!

赤ちゃんの分だけセットで購入できるので、準備も簡単です。残りの家族は普通のメニューで済ませてもいいですね。

まとめ

いかがでしたか? 平安時代から続く伝統行事でもある「お食い初め」。赤ちゃんの健康と長寿を祝うこの儀式ですが、かたく考えずに、それぞれのご家庭に見合ったやり方で行うといいですね。きっと記念に残る式となりますよ。