重曹洗濯の良さを正しく知って、レッツ快適ナチュラル生活!

重曹ってなんだろう?

重曹の特徴をよく知ろう!

@kinacoco12がシェアした投稿

重曹とは、「重炭酸ナトリウム」という物質のこと。これは水に溶けると弱アルカリ性を示し、酸性の汚れを中和して落とすのに適しています

食べ物にも使われている素材なので、人体に無害なのは説明するまでもないですね。

種類は食用・薬用・工業用の3種類があり、洗濯に使うのは工業用(洗濯用)の重曹。食用のものを使うよりコストダウンになります。

性質として、石鹸などよりpH値が低く、水に溶けるとその水を軟水化させる働きがあります。このため、石鹸だけを使った洗濯よりもふわふわに仕上がると評判です。

  • 重曹を使ったナチュラルライフ、みんなの憧れです。

Erisaさん(@erisa.ina)がシェアした投稿

重曹で洗濯するメリットはこんなにたくさん!

そんな重曹ですが、これを使って洗濯すると、4つのメリットがあります。

合成洗剤と違って環境に優しい

食品にも使われる素材ですから、環境に優しいのは言うまでもありません。もし溶け残って衣類についていても、肌に悪影響をもたらすことはないので安心して使えますね。

重曹のみで洗濯をするなら、洗剤と違って泡立ちもないですからさらにエコと言えます。

肌に優しいから安心

敏感肌やアトピーなどお肌にトラブルのある方は、合成洗剤や柔軟剤に含まれる化学薬品が肌に合わず悩んでいらっしゃるケースが多いようです。

重曹は天然素材ですから肌には無害、そして水を軟水化してくれるから柔軟剤も不要になります。お肌のデリケートな方や生まれたての赤ちゃんの洗濯物には特におススメなんです!

ちなみに重曹は入浴剤としてもつかわれるほど。それほどお肌に優しいんですね!

  • 重曹で作るバスボム。お肌にいいからこんな使い方ができるんですね!

Wakako Nakajimaさん(@nakajima.wakako)がシェアした投稿

洗濯していると洗濯機まできれいになる

洗濯槽の裏の汚れの大半は、黒カビや皮脂汚れなどの酸性の汚れです。洗濯槽にこびりついた汚れも、重曹を溶かした溶液につけ置きしておくとみるみる溶けてはがれていきますよ!

  • 月イチでやってほしい洗濯槽掃除も、重曹でできちゃいます!

くろゆーさん(@kuroyu.myhome)がシェアした投稿

防菌・消臭・漂白効果がある

部屋干しした時の嫌な洗濯物のにおい。特に生乾きの洗濯物に多いですが、これは衣類に雑菌が繁殖しているために起こります。こんな時こそ重曹パワー!重曹には殺菌・消臭効果があり、こうした匂いの原因となる菌の繁殖を防いでくれます。

他にも、例えば靴箱の中やトイレなど匂いのきつい場所に、器に入れた重曹を置いておくだけで匂いを取ってくれます。洗濯をするたびににおいを消してくれるので、市販の柔軟剤の強いにおいの苦手な方に向いています

消臭効果も抜群の重曹。除湿もできますのでぜひ利用してみて!

重曹を使った洗濯の仕方は?

重曹を使った洗濯方法は、主に二つの方法があります。

  1. 普段使いの洗剤と重曹を半々で使う
  2. 重曹オンリーで洗濯をする

重曹と普段使いの洗剤を半分ずつ使う方法

OLIVIAさん(@oliviaolivia408)がシェアした投稿

いきなり最初から重曹だけの洗濯に挑戦するのは気が引ける、という方におススメの方法です。普段お使いの洗剤をいつもの半量、重曹をもう半量いれて普通に洗濯してみてください。これなら気軽に始められますよね。

特に洗濯石鹸をお使いの方は、この時、石鹸を入れる前に重曹を入れましょう。重曹を溶かし水を軟水化させておくことで、石鹸カスの発生量を減らすことができます。石鹸カスが減ることで黄ばみなどの原因を減らしてくれますし、自然な風合いに仕上がります。

miimさん(@miki__house_)がシェアした投稿

ちなみに柔軟剤も重曹で代用できます。柔軟剤を入れるポケット部分に3分の2カップの重曹を入れておくだけ。市販の柔軟剤のにおいがキツイ、という人にもこの方法なら無臭ですのでおすすめですよ。

ただし、重曹は水には溶けにくいため、かならずぬるま湯で溶かしてお使いください!

重曹のみ(合成洗剤を使わない)方法

重曹を単体で洗濯に使うと、pH8.2くらいの弱アルカリ性となります。普通の洗剤はpH10くらいですので、比較するとこれだけでは洗浄力が弱いことが分かります。

普通の衣類の洗濯には、洗濯機に重曹大さじ2杯と、過炭酸ソーダ大さじ1杯を追加してアルカリ度を強めましょう。この場合、クエン酸小さじ1杯を柔軟剤として使います。もちろん重曹はぬるま湯で溶かして使ってくださいね。

また、これ以外にも「部分洗い」ができます。

部分洗いには「重曹ペースト」を作ること

shioriさん(@s.k.m.f)がシェアした投稿

重曹に水を加えていき混ぜ合わせ、ペースト状になるまで練り合わせます。これを部分汚れに乗せて歯ブラシでこすったり、手で揉んだりします。重曹自体は肌に優しい素材ですが、気になる方は手袋をして行いましょう

そのまま30分ほど置いておき、あとはそのまま洗濯機へ。特に汚れが気になる場合はクエン酸をその上からかけてみてもいいですね。簡単に作れる重曹ペーストにもぜひチャレンジしてみてください。

シルクやウールなどのデリケート素材の洗濯にも

重曹単体ではpH値が低く、洗濯向きではないと先ほど書きました。ですが、これは逆に中性洗剤に近いpHですので、ウールやシルクなどのおしゃれ着洗いにはちょうどよい、ということになります。洗い方は次の通り。

  1. 桶などに30℃前後のお湯をはって、まず簡単に衣類を手洗いする
  2. そこに重曹を大匙1杯入れる
  3. 優しく押し洗いをし、30分前後つけ置きしておく
  4. 水を替えてすすぎを1回
  5. 新しく水を入れ替え、クエン酸をひとつまみ
  6. 衣類をすすぐように洗い、20秒ほど洗濯機の脱水にかける

知らないと大変なことになる、重曹洗濯のデメリット

万能なイメージのある重曹ですが、もちろんデメリットもあります。知らずに使ってしまうと取り返しのつかないことになることも。しっかり覚えておいてくださいね!

い草や麻には使用できない

重曹には使えないものがあり、それが麻やい草などの天然素材です。重曹の小さな粒子が繊維の間に入り込んでしまい、変色や変質を起こす可能性があるのだそうです。

色落ちがする

インディゴ染料を用いたデニム生地などは使用を避けましょう。インディゴ染料の中の油分が重曹で分解されてしまい、激しい色落ちとなります。もちろん普通の洗剤を使うときもそうですが、必ず衣類の材質をチェックしたうえで、洗剤を選ぶようにしましょうね。

水だととけにくい!

重曹は合成洗剤と違って大変溶けにくく、40℃以上の湯温が必要です。海外製品と違い、日本の洗濯機のほとんどは温度調整ができないタイプなので、ぬるま湯で溶いて使わなければなりません。

こうしないと、排水ホースが詰まってしまったり、衣類に粉が残る原因にもなります。特に排水ホースの目詰まりは洗濯機の故障の原因にもなりますので、とても注意が必要なんです!

おふろの残り湯を利用したら、湯温もちょうどいいですし排水の有効活用としてエコにも繋がりますよ

ドラム式洗濯機では使用できないことも

特にドラム式の洗濯機の多くでは「重曹は使用しないでください」と但し書きがあります。これを無視して重曹洗濯して故障した場合、保証期間内であっても有償修理となることもありますので、きちんと取扱説明書を読むようにしてくださいね。

吸湿性が高いので、必ず密封して保管

ならおかみきさん(@naraoka_miki)がシェアした投稿

除湿剤としても活躍する重曹。なので、かならず密封容器に入れて保管するようにしましょう。カチカチに固まってしまいます。固まってしまったものも掃除や洗濯には使えますが、使いにくくなるし溶けにくくなるので、ご注意を

おわりに

いきなり生活のすべてを重曹に変えるのは難しいと思いますが、洗剤の半分だけ重曹に置き換えてみるやりかたなら初心者でもやりやすいと思います。

もし面倒くささを感じて途中でやめてしまっても、消臭剤や掃除道具としてなど、他の使い道はたくさんあります! ぜひ気軽にナチュラルライフを始めてみてください。