洋服クローゼットだっておしゃれに!素敵アイデアでスッキリ収納

ママの悩みあるある「洋服収納」ってどうしてる?

育児や家事・仕事に忙しい毎日を過ごすママにとって、日々増える洋服の収納はなかなかの難題ですよね。

収納スペースにぎゅうぎゅうと詰め込んでしまって、着たいときに見つけられなかったり、存在を忘れて着ないまま好みが変わってしまったり、もっと整理整頓できていれば…!と思うこと、ありませんか?

ここでは整然とした洋服収納を行なっている方の素敵アイデアを、実例を交えてご紹介します。

ayaさん(@aya_____0420)がシェアした投稿

クローゼットや押入れなどの場所別にご紹介するので、ご自分のお部屋に合った収納方法を見つけてくださいね。アイデアやグッズを取り入れて、めざせ!スッキリ収納!

クローゼットに+αで収納力アップ!

多くの住宅で収納スペースとして設けられているクローゼット。ただハンガーをかけるだけではスペースを生かしきれないし、何よりしまっておきたい洋服が入りきらない!

そんなとき、クローゼットにグッズやアイデアをプラスするだけで、さらに有効的な使い方ができちゃいます。モノが増えてきて困っているママ、必見ですよ。

アウターの掛け方で見違えるスッキリ感

Yukikoさん(@__.yukiko)がシェアした投稿

ハンガーに掛けるもののなかで、かさばって大きなスペースを占領してしまうのがアウターですよね。

でもダウンはふっくらした状態で保管したいし、ハリ感のあるトレンチコートなどはシワを防いで吊るしたいし…とクローゼットに“掛ける”必要が多いのも、アウター保管のお困りポイント。

そこで、スッキリ見えのために目の錯覚を利用しましょう!

方法は簡単。掛けるものを背の順に並べ、その順番に掛けていくだけ♪圧迫感を生みやすい長めのアウターは壁際に、その反対側へ短めのものを掛けていきます。
そうすることでクローゼット内に視覚的な広がりが出来て、あっという間にスッキリ見えが叶います。

短めのものを掛けた下には収納スペースも生まれるので、更に効率的な収納もできちゃいますよ。

小物のベスポジってどこ? 《吊るし収納》

クローゼットにはハンガーに掛けられないものも収納したいですよね。例えば、帽子やストール、バッグなどなど、着るもの以外にもたくさんのものを収納できたら便利です。

でも、服などの大物に隠れてしまって行方不明になることもしばしば…。

そんなとき、《吊るし収納》で小物の居場所を作ってあげましょう!クローゼットを開けたらパッと見える場所に小物があれば、失くさずに済みますね。

こちらのクローゼットでは、型崩れさせたくないカゴバッグや帽子などの小物を《吊るし収納》に保管しています。バッグや小物も工夫すればハンガーで吊るすこともできますが、そうすると洋服のスペースを圧迫してしまいますよね。

でも細かな部屋に分かれた吊るし収納グッズを使えば、縦のスペースが有効活用できますよ。

ここでも、掛けるものは背の順になっていて、見た目もスッキリ!どこに何があるのが一目瞭然になると、コーディネートを考えるのも楽しくなりそう。

吊るし収納グッズは無印良品やニトリなどで簡単に手に入ります。綿のほか、通気性に優れた不織布で出来ているのが一般的。小物の収納に困ったとき、手軽に取り入れられますね。

asnnoricoさん(@asnnorico)がシェアした投稿

こちらのクローゼットでも《吊るし収納》が大活躍です。帽子の高さにぴったりの収納グッズを使えば、型崩れ防止になりますよね。

またストールハンガーも活用されていますね!折り目をつけずに保管することができ、取り出すのも簡単です。ストールハンガーも、ニトリなどで販売されているほか、100円ショップでも売られています。

お気に入りのストールやパパのネクタイも、グッズを取り入れて綺麗に保管できちゃいますよ♪

+1本でスペース倍増! 《突っ張り棒》

yukaokさん(@arika_919)がシェアした投稿

クローゼットのハンガースペースは限られていますよね。スペースを倍増させる方法があります!《突っ張り棒》を使う方法です。備え付けのハンガーラックの手前や奥、さらに下部に取り付けることで、たくさんの洋服を掛けることができます!

正しく取り付ければ、一般的な服の重量は余裕で支えられますよ。

取り付ける場所よりも長く伸ばしてから、くるくると縮めながら設置すると、突っ張る力が高まり、安定性がアップします。
写真のように、ハンガーラックから吊り下げてもよさそうですね♪

小さいものであれば100円ショップ、大きいものもニトリなどで販売されていますので、説明書をよく読んで取り入れてみてくださいね。

☆*たきたすん*☆さん(@takitasun)がシェアした投稿

こちらのママは、クローゼット下に《突っ張り棒》を取り付け、子ども用ハンガーラックに仕立てています。大人にとっては取り出しにくい低い位置も、子どもにはちょうどよい高さになりますね。

低い・狭いスペースは活用が難しくデッドスペースになりがちですが、子ども用収納スペースにすることで身支度を整える練習にも使えます。余ったスペースがあったら取り入れてみてください!

YuKiNa.さん(@kakihome)がシェアした投稿

こちらもお子様の洋服スペースに《突っ張り棒》を活用しています。突っ張り棒にもいくつか種類があり、こちらは壁に固定できる強力タイプ。ネジや画鋲を壁に突き刺して固定したアタッチメントに棒を取り付けるので、耐荷重が大きくなり、より安定しますよ。

使う場所やシーンに合わせて選びましょう♪

@_62388がシェアした投稿

奥行きのあるクローゼットなら《突っ張り棒》をプラスしてハンガーラックを手前と奥の二段構成にすることもできます。吊るし収納と組み合わせたり、使用頻度の高いものを手前に配置するなど、使い勝手も◎

大人のアウターなど重量のあるものを長期間掛ける場合は、さきにご紹介した強力タイプの突っ張り棒がおすすめです。

クローゼットの壁面も収納スペース 《取り付け棚》

瀧本真奈美さん(@takimoto_manami)がシェアした投稿

クローゼットに余裕ができたら、ハンギングだけではなく壁に“置く”というアイデアもあります。そう、壁に《取り付け棚》を設置するのです!専用グッズを使えば簡単に取り付けられますし、サイズや素材などにこだわりがあればDIYしてしまうという方法も。

クローゼットを開けるだけで気分が上がる、おしゃれな空間が作れますよ♪

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿

クローゼットを開けて最初に目に入る壁。そこに平置きされた洋服やバッグ類は、お気に入りのお店に並べられた品々のよう。ネジなどで壁にアタッチメントを設置し、棚板を固定するタイプの《取り付け棚》です。

ふんわり感を大切にしたいニット類などを置いておくのにおすすめ。好みの高さに調節できるものもあるので、季節や使い方に応じてアレンジもききますよ。

むぎこさん(@mugiko888)がシェアした投稿

あまりの出来に据え付けの棚かと思ってしまいますが、、、実はママによるDIYで作られた《取り付け棚》なんです!カゴや収納ケースの高さに合わせて組み合わせれば、自分だけの最も使いやすい棚が出来上がります。

周りの家具やクロスの雰囲気に合った素材なら、すっとナチュラルに馴染みますね。

こうすれば便利!ウォークインクローゼット

一家の物置として大活躍のウォークインクローゼット。次のシーズンまで残しておきたい洋服や、必要なときが限られるお呼ばれ服なども、まとめて保管できたら嬉しいですよね。

豊富なスペースに様々なモノが収納されるために雑多になりがちですが、そんなウォークインクローゼットをまるっと生かせるアイデアをご紹介します。

畳み収納にぴったり《チェスト》を入れよう

usagi worksさん(@usagi.works)がシェアした投稿

収納の王道・チェストやタンスが置けたら、ウォークインの中で仕分けも畳み収納もできちゃいます。洋服はココに置くと決めておくことで、クローゼット内の整理整頓にも繋がりますね。

クローゼット収納も応用できます 《吊るし収納》

@interior_f.y.iがシェアした投稿 –

やはり小物はどこに行っても定位置を作ってあげることが大切です。ウォークインクローゼットでも《吊るし収納》は大活躍ですよ。余った下部にチェストや低めのラックを置けば、スペースも有効活用できます!

届きにくい上段もこれで一目瞭然 《衣装ケース》

いがりこさん(@kumaigako)がシェアした投稿

ウォークインクローゼットの上段、どうやって収納していますか?高くて届きにくいし、置きにくいし、とあまり活用されにくいスペースになっているかもしれません。そんなときは同じサイズの《衣装ケース》に入れて並べて置くと、見た目もスッキリ。

中に入っているものをラベルなどで書いておけば、わざわざ取り出さなくても中身がわかりますよ。上段の奥行きを測り、ぴったりのケースを探しましょう!

広いスペースどう使う?押入れ活用術

ピーコさん(@syk188)がシェアした投稿

和室があるお部屋には必ずと言っていいほどついている押入れ。お布団などを収納するにはぴったりのサイズですが、洋服やその他の収納には広すぎたり、高さが足りなかったりすることもありますよね。

ここでは+αのグッズやアイデアで押入れをメイン収納に格上げしている実例をご紹介します!

押入れには押入れ専用がぴったり

Yoko Sakaneさん(@yo_ko121)がシェアした投稿

押入れのサイズを目いっぱい使いたいなら、押入れ専用の収納グッズがぴったり。幅や奥行きがちょうどになる棚で広いスペースを仕切れば、グッと使いやすくなりますよ。

布団用などとして販売されているものでも、別の使い方ができる場合も。洋服用の収納ケースと組み合わせて、好みの棚を押入れに作れちゃいます。

ミニクローゼットみたいに使おう 《ハンガーラック》

@minn.na.minnがシェアした投稿

押入れでハンガーを掛けられたら、と思うことありませんか?高さ調節ができる《ハンガーラック》を押入れサイズに縮めれば、簡単にハンガースペースが作れます。

押入れなので丈の短いものに限られてしまいますが、そのぶんクローゼットとの使い分けもできて◎。幅と強度が合えば、クローゼットで使う《突っ張り棒》でも代用できますよ♪

スペースが無駄なく使える 《メタルラック》

えりかさん(@penta_room)がシェアした投稿

色やサイズ、棚板のタイプも様々な種類が揃う《メタルラック》。もちろん押入れにぴったりのサイズも見つけることができます。畳み収納にも、衣装ケース収納にも、使い勝手抜群です。

組み立て式のラックなら高さを変えて長く使えますし、収納方法が変わっても他の場所で生かしやすいのが嬉しいところ。気軽に取り入れられる押入れ収納です♪

上下段をうまく使い分けよう 《衣装ケース・チェスト》

あずさんさん(@zuurii1984)がシェアした投稿

洋服収納の定番・衣装ケースやチェストをそのまま押入れに入れてしまうという方法も◎。奥行きさえぴったり合わせれば、効率的な壁面収納のように使えますよ。

こちらの写真では、上段:大人、下段:子どもとスペースを分けて活用しているアイデア。押入れの下段ならお子様でも手が届きやすく、着替えを取るのにぴったりですね。

余った《カラーボックス》、押入れで活用させて!

takaさん(@kurashino_kiroku)がシェアした投稿

どこの部屋にも置きやすくてついつい余りがちな《カラーボックス》。

実は押入れの高さにぴったりなので、置くだけで棚が出来上がりますよ。こちらの押入れではカラーボックスの側面が見えるように置くことで、簡単な目隠しにもなっています!

すぐに取り出したいけど、目に付くとごちゃっとした印象になりがちな小物収納にぴったりです。

衣装ケースすっきり化のススメ

rie.dvlさん(@____rie.dvl____)がシェアした投稿

《衣装ケース》は名前の通り衣類を収納するためのグッズ。

いつも開け閉めがあるケース、衣替えのときだけ出し入れのあるケース、収納スペースには様々なケースが混在しがちです。これまでご紹介してきたアイデアの中にも何度も登場し、収納の要とも言える衣装ケース。

素敵なアイデアを取り入れて、スッキリ綺麗に整理整頓しましょう!

ぴったり収まる畳み方

erikaさん(@erika.12.09)がシェアした投稿

ハンガーに掛けない洋服は、畳んで収納することになりますよね。

でも下の方にある洋服が見えなかったり、デッドスペースが生まれてしまって収納量が少ないなどお悩みのママも多いのでは?ポイントを押さえて畳めば、見やすく取り出しやすい、そして効率的な収納ができますよ♪

スッキリ収納のための基本的なポイントは次の3つです。

  • 仕切りボックスなどでスペースを区切る
  • 畳んだあとの高さと幅を区切ったスペースに揃える
  • 仕切りの中に立ててしまう

特に重要なのは最後の「立ててしまう」こと。こうすることで出し入れしやすく、綺麗な状態を保ちやすくなります。いつでも整理整頓しておきたい洋服の収納には、続けやすさもポイントの一つなんです。

収納ケースにはラベリングを!

OURHOMEさん(@ourhome305)がシェアした投稿

生活感を抑えてスッキリした見た目にするには、《衣装ケース》の目隠しは必須です!でもそれだと中に何が入っているかわからないので、家族を困惑させてしまうことも。そんなときは可愛いラベルシールを貼ってあげると◎。

ようこさん(@yo_ko.0629_home)がシェアした投稿

こちらのママはお子様の手が届く位置に衣装ケースを置き、中身のアイコンシールを貼っています。これならどこに何があるか一目瞭然!そしてホワイト×グレーでスッキリ!

アイコンシールは市販のものもありますが、フリー素材等でハンドメイドしても楽しいですね。お着替えトレーニングもはかどりそうです。

ケースの種類・大きさを工夫して♪

Karinaさん(@cb.home)がシェアした投稿

様々なサイズがある《衣装ケース》ですが、種類を揃えて置くことが整理整頓のポイントです。スッキリ見えるという利点もありますが、何よりデッドスペースが少なくなるので、収納力が格段にアップ!

収納スペースの幅・高さ・奥行きを測って、ぴったりサイズの衣装ケースを活用しましょう。

h i k a r i ⋆さん(@aha.home)がシェアした投稿

同じ衣装ケースを並べると、一つの大きな洋服タンスのように使えます。ケースは半透明でうっすら中身が見えるので分かりやすく、圧迫感なく設置できていますよね!

上段も同じ書類ケースを並べて、統一感のある収納に仕上がっています。

TNKさん(@tnk.02)がシェアした投稿

三段に分かれているタイプのクローゼットなら、それぞれに合った《衣装ケース》をセッティングしましょう。下段にはドロワー(引き出し)タイプで見やすく、中段はフラップタイプのふたで開閉しやすいものを選ぶと、取り出すときもしまうときも楽ですよ♪

ここでも、同じものを並べるというのがスッキリ見えのポイントです。

satomiko.sさん(@sacchan00home)がシェアした投稿

大きな《衣装ケース》は収納力抜群ですが、大きすぎて場所をとってしまうという場合も。丈の長いハンガーものとの相性を考えて、他の小さな収納グッズと組み合わせるとスペースを有効に使うことができます。

こちらの写真ではラベリングした衣装ケースの隣にフタ付き書類ケースを置いて、ハンガーの邪魔にならない配置をしています。デッドスペースも少なく、スッキリとした大容量クローゼットが出来上がりますね!

収納便利グッズでさらに整理整頓!

ここまでご紹介したなかにも数多く登場した収納グッズたち。最近は家具や雑貨とともに、ありとあらゆるグッズが売られていますよね。でも、どれを選べばいいのかわからないほどたくさんあり、悩んでしまいませんか?

そこで、素敵な暮らしを送っている方々の実例から、これは機能的で便利、そしてオシャレ!というグッズをご紹介します。

小物収納は”仕切り”でスッキリ

引き出しにはもともと仕切りがついていないことが多いですよね。大きなものの収納には便利なのですが、靴下や下着などの小さなものを収納すると収集がつかなくなること、ありませんか?

そこで使えるのが引き出し用の《仕切り板》。

トレー状のものに仕切りが付いているものや、はめ込み式で仕切りの位置を変えられるものなど、種類も豊富。引き出しの高さと収納するもののサイズに合わせて、ぴったりの仕切りを見つけましょう!

aiさん(@k7a3i10)がシェアした投稿

こちらの写真では格子状の仕切りの中に、靴下をくるくると丸めて収納しています。バラバラになりやすい靴下は、ペアで分かりやすく保存しておきたいものですよね。重ねて収納するのではなく、仕切りの中に立ててあるから、入っているものの見分けもつきやすくなりますよ!

仕切りの大きさを変えれば、靴下のほかにも下着やお子様の洋服にも応用できます。

こちらは筒状の収納グッズを使っているのですが…実はこれ紙コップなんです!クラフト素材の紙コップに、靴下を丸めてたてて収納しています。丸めるとかさばるような厚手のルームソックスなどは、大きめのプラカップがぴったり。

仕切りそのものが動かせるので、整理整頓しやすいですね。

spoonhomeさん(@spoonhomeblog)がシェアした投稿

《仕切り》として売られていないものでも、《仕切り》のように使えるアイテムがあります。こちらはそのアイデアを使って小物収納をされています。

使っているのはいわゆる“プラカゴ”。100円ショップにもたくさん売られていますよね。主に樹脂製の小物入れを並べて、あたかも仕切りのように活用しているんです♪これなら見やすい収納と仕分けが両立、しかもカゴごと取り出せるので整頓や衣替えもラクラク。

すぐにマネしたくなるアイデアですね♪

@i.__.amがシェアした投稿

こちらは、壁面ポケットを小物収納に応用されています。取り出すのもしまうのも簡単ですが、何より壁なら場所を問わずに掛けられるので様々なところで使えちゃいます!クローゼットの中の壁でも、脱衣所の近くでも、小物をさっとしまえるようになりますよ。

グッズを揃えれば”見せる収納”も簡単!

kinuさん(@___okinu)がシェアした投稿

あえて隠さずに収納する、“見せる収納”。難しそうですが、シンプルに&グッズを揃えるというコツさえ掴めば簡単にトライできますよ♪子ども服や、お気に入りの小物など、お部屋のインテリアとして置くのも楽しくておすすめです。

chaco❣️さん(@a_sako_no)がシェアした投稿

こちらは子ども部屋の洋服収納スペース。カラフルなストレージボックスが楽しい印象ですね。洋服に楽しい柄やプリントが多いので、ボックスや棚は無地のものを選ぶとゴチャゴチャせずにまとまります。

また、分かりにくいですがハンガーも同じサイズで揃えているので、統一感も出て◎ですね♪

ピーコさん(@syk188)がシェアした投稿

お気に入りのワードローブをスッキリ整理整頓すれば、見せたくなる収納に!白で統一した収納ケースが、主役である洋服や小物たちを引き立てます。重心を下に持ってくることで開放感が生まれ、よりスッキリと見えますよ。

100均は収納グッズの宝庫!

Rさん(@r_____stagram)がシェアした投稿

こちらのママが使っているのはダイソーのフタ付きプレーンボックス。白×クラフトですっきり統一感のある子ども用クローゼットに仕上がっています。ラベリングで何が入っているのかも一目瞭然!

これまでご紹介してきた収納実例にも、数え切れないほど登場した100均グッズ。今や無印良品やIKEA、ニトリなどにも劣らない品質と機能で、活用している方も多いのでは?何よりどれも100円なので、たくさん買って並べて収納するのにぴったり!

たくさんの商品の中で特に注目のアイテムをいくつかご紹介します♪

spoonhomeさん(@spoonhomeblog)がシェアした投稿

畳んだシャツにぴったりのこちらのトレー、実は書類用のジョイントトレーなんです!引き出せたり、スタッキングできたり、洋服にも活かせる便利な機能がたくさん。洋服以外の収納にももちろん使えますから、クローゼット内で一緒に並べてもスッキリ片付きますね。

MoMosukeさん(@momosuke_life)がシェアした投稿

インスタグラムで大人気となり、一時セリアでも品薄状態になったというプレンティーボックス。シンプルな段ボールボックスで、フタ付きなので何でも収納できてしまうというすぐれもの。白と黒のモノトーンデザインで、どんなお部屋にも使いやすいのも嬉しいポイント。

今回ご紹介した中では、オフシーズンの洋服などを入れてクローゼットの上段などに並べて収納されているケースがたくさんありました!普段使わないものは雑多な収納になりがちですが、100円グッズでスッキリ収納に切り替えるのもおすすめです。

おわりに

Manaさん(@manataro.500)がシェアした投稿

手軽に取り入れやすいアイデアやグッズをたっぷりご紹介してきました。ご自分にぴったりの方法は見つかりましたか?素敵な実例を参考に、ラクラク便利な収納を試してみてくださいね。