新生児の時期の入浴と言えば沐浴ですが、一体いつから湯船に浸かってもいいのか気になるママも多いと思います。気になる湯船での入浴時期や、入浴に必要な物から便利グッズ、湯船での楽しくスムーズな入浴方法をご紹介します。

いつから赤ちゃんと一緒に湯船に入ってOK?

出産を終えて、新生児期と呼ばれる生後1ヶ月の期間はベビーバスなどを利用して沐浴を行います。パパやママと一緒のお風呂に入れない理由は大きく分けて2つあります。一つ目は、新生児期の赤ちゃんは抵抗力が弱いことが挙げられます。出産時のへその緒がまだ取れていない赤ちゃんが多く、またへその緒が取れてからも傷口のようにおへそが安定しません。この時期に一緒に湯船に入ってしまうと、おへその部分から体内に雑菌が入ってしまいます。二つ目は、パパやママのコンディションや特にママの体調が挙げられます。新生児期であ1ヶ月間は出産を終えたママの体の回復期でもあります。悪露の多い時期になりますから、ママも湯船に入ることができないためです。ですから赤ちゃんとママの1ヶ月健診が終わり、医師からOKが出たタイミングが湯船デビューとして適していると言えます。

お風呂に必要なもの

いよいよ湯船デビュー!お風呂に必要なものは何がある?

着替え

肌着とロンパースなど赤ちゃんの着替えを用意しましょう。一度にサッと着ることができるように、あらかじめ洋服の袖に肌着の袖を通しておくとスムーズに着替えることができます。冬場などは湯冷めの心配もありますから、この方法を覚えておくと大変便利ですよ。

ガーゼ

赤ちゃんの頭や身体を洗う際に、直接お湯をかけてしまうとびっくりしてしまったり、顔や耳にお湯が入ってしまうことがあります。ガーゼを使って流してあげることでそれらを防ぐことができますので、赤ちゃんの顔や髪を洗う時にあると便利です。

バスタオル

湯上り後すぐに赤ちゃんの身体を拭くことができるように、バスタオルは広げて入浴することをおすすめします。

オムツ

湯上り後、すぐに服を着替えさせるためにも着替えと同じタイミングで一緒に用意しておくと良いでしょう。

赤ちゃん用石けん

赤ちゃんの身体から頭まで全身洗えるものが便利です。固形のものでも大丈夫ですがポンプ式の泡タイプのものは泡立てる手間がなく、泡切れも早いので洗い残しを防ぐことができ、さらに便利です。

保湿クリーム

赤ちゃんの皮膚は大人に比べて大変薄いので、冬場などは湯上り後にベビーローションやクリームなどで保湿してあげましょう。ベタつきが気になる場合はベビーパウダーもあわせて使用すると良いでしょう。ベビーパウダーを使用する際は赤ちゃんが吸い込んでしまわないように注意しましょう。

赤ちゃんに適した入浴時間

赤ちゃんの入浴時間は身体や頭を洗う時間を含めてトータル10〜15分程度を目安に。湯船に浸かる時間は2〜3分程度にし、赤ちゃんがのぼせてしまわないように気をつけましょう。

赤ちゃんに適した湯温

赤ちゃんをお風呂に入れる時に気をつけたいのが湯温です。夏場は38〜39度、冬場は40度くらいが適温とされています。熱めの温度が好きなご家庭の場合、赤ちゃんがのぼせてしまうので注意が必要です。

適切な入浴回数

清潔な身体を保つためにも、体調の悪い時以外はお風呂には毎日入れるようにしてあげましょう。赤ちゃんは一年を通して汗をかきやすいですから、夏場はすぐにあせもや湿疹ができてしまうこともあるため、洗いすぎは避けてしっかりと汚れを取り除いてあげましょう。

ママ

赤ちゃんをお風呂に入れる前にママ自身の身体や頭などを先に洗ってしまってから赤ちゃんを入れてあげれば、赤ちゃんと同じタイミングでお風呂から上がることができるので、赤ちゃんが湯冷めして風邪をひいてしまうことがないのでおすすめです。

赤ちゃんの洗い方手順

長い時間お風呂に入れてしまうとのぼせてしまうので、赤ちゃんをお風呂に入れる時には手順良く入れる必要があります。

生まれたばかりの赤ちゃんはとっても繊細で敏感です。手順良く入浴させることで体力の消耗も最小限にすることができます。毎日のことなので手際良く最小時間を心がけましょう。

両耳に水が入らないように親指と薬指を使って押さえベビーソープをおでこ、ほっぺ、あごに乗せ、優しく円を描くようにして洗います。流すときは濡らしたガーゼを使ってベビーソープを拭っていきましょう。新生児湿疹ができやすい顔ですが、しっかりとベビーソープで洗ってあげればすぐに改善しますよ。

濡らしたガーゼを使って髪を濡らしてからベビーソープを使ってしっかりと洗いましょう。流す時もガーゼを使うとお湯が目に入ることなく洗い流せます。

胸や首から洗っていきましょう。首などはホコリや汚れが溜まりやすいので念入りに洗います。手のひらにも汚れが溜まりやすいので、手を広げながら洗ってあげましょう。背中やお尻も同様にしっかりと洗います。

皮膚と皮膚の間のシワなどに汚れやホコリが溜まりやすい赤ちゃん。しっかりと皮膚を伸ばしてベビーソープでしっかりと洗ってあげましょう。皮膚トラブルを避けるため、湯上り後はしっかりと拭いてあげることも忘れずに。

お風呂に入れる前の注意点

お風呂に入れる前に気をつけたいポイントをまとめました。

授乳

お風呂に入る直前にミルクなどを飲ませてしまうと入浴中に吐き戻してしまうことがありますので、入浴する数時間前に授乳は済ませておきましょう。

排泄

排泄もしっかりと済ませておきましょう。時々お風呂が気持ちよくて排泄してしまう赤ちゃんもいます。赤ちゃんがいきみそうになったら湯船から出すようにするなどしましょう。万が一排泄してしまった場合は衛生的に好ましくないので、その時点でお風呂から上がるようにしましょう。

入れる時間帯

お風呂に入れる時間は、赤ちゃんに生活リズムをつけるためにできるだけ毎日同じ時間帯に入れるようにしましょう。無理やり起こして入れたり、ぐずっている時に入れてしまうとお風呂自体を嫌がってしまうようになるので無理に入れる必要はありませんが、できるだけ同じ時間帯で入れることをおすすめします。

入浴用浮き輪

入浴用の浮き輪なども販売されていますが、ママが髪を洗っている間に浮き輪ごとひっくり返っていたという事故も報告されています。使用する際には絶対に赤ちゃんから目を離さないなど注意して使用するようにしてください。

入浴用椅子

ママやパパが一人で赤ちゃんを入浴させる際にあると便利でしょう。きちんと赤ちゃんの月齢に合ったものを使ったり、きちんと安全ベルトを使用したり正しく使用しましょう。

ワンオペ育児でも入浴用の椅子などを上手に使えば、入浴時間も楽しくなります。使用する際は事故などを防ぐために、正しい方法で使いましょう。

赤ちゃんが入浴時に泣く理由

赤ちゃんをお風呂に入れる時に困ったパパやママも多いはず。なぜ、赤ちゃんはお風呂の時に泣くのでしょうか?

裸になると不安になる

急に裸にされたことで不安になって泣く赤ちゃんが多いのも事実です。そんなときは身体に入浴用のガーゼをかけてあげると良いです。

湯温が高い、または低い

湯温が高くても低くても赤ちゃんは泣きます。湯温は適温かどうかしっかりと確認してから入れてあげましょう。

浴室が寒い、または暑い

浴室の温度は適温でしょうか?冬場は特に浴室と脱衣場の温度差がありますから、適温を保つようにしましょう。

入浴後は

入浴後はしっかりと水分補給をしましょう。赤ちゃんは身体の水分量が少ないうえに大人よりも汗をかきやすいので大人よりも水分補給は大切です。白湯や麦茶などでしっかりと水分補給をするよう心がけましょう。

赤ちゃんは大人に比べて汗っかきで、体温調節機能もに発達なので、身体の中に熱がこもってしまいうまく体温の調節ができません。短い入浴時間であっても湯上り後には必ず水分補給を忘れずに行いましょう。

赤ちゃんの湯船デビューに手順をしっかりと守り、親子で楽しいバスタイムを!

沐浴期も終わり、一緒に湯船に浸かれるようにようになると親子のスキンシップも増え、お風呂の時間も楽しめます。とはいえ、大人とは違い赤ちゃんはとっても繊細で敏感です。まだまだ気をつけたり配慮しながら入れなくてはなりません。赤ちゃんとのお風呂の時間を楽しむためにも手順をふんで正しい方法で入れてあげましょう。赤ちゃんとのお風呂の時間が楽しいものになりますように。。。