「子どもの日」って何のためにあるの?子どもの日の由来やおすすめの食べ物をご紹介。

「子どもの日」の由来

5月5日は「子どもの日」で国民の祝日のひとつです。「子どもの日」は子どもの健やかな成長をお祝いするために1948年に制定されました。また、5月5日は古くから端午の節句が行なわれている日でもあります。

端午の節句とは

「端午の節句」とは奈良時代から行なわれている行事です。健康祈願や厄除けのために菖蒲(しょうぶ)入りのお酒を飲むことや、菖蒲(しょうぶ)を飾る習慣など、中国から伝わった風習が、端午の節句の由来。武家社会の時代に「菖蒲(しょうぶ)」は、武道を重んじる「尚武(しょうぶ)」や「勝負(しょうぶ)」を連想させる象徴となっていました。このようなことから、男の子の誕生を祝ったり、成長を願う行事となっていったのです。

「子どもの日」は何をする日?

1948年に子どもの成長を祝う「子どもの日」が制定されてからは、男の子だけでなく女の子も一緒にお祝いをするようになりました。では具体的に「子どもの日」は何をする日なのか紹介します。

鯉のぼりを飾る

4月に入ると、大きな鯉のぼりが飾り始められ、青空にゆらゆらとおよぐ鯉のぼりは見ごたえがあります。鯉のぼりは、「流れが激しい滝水に逆らいながら登りきった鯉はは龍になった」という中国の故事が由来。生命力の強い鯉のように、健康にたくましく育ってほしいという願い、男の子の出世を願う思いがこめられています。

鎧兜や五月人形を飾る

子どもが生まれてから、初めての節句のことをを「初節句」といいお祝いをします。女の子は3月3日に「桃の節句」、男の子は5月5日に「端午の節句」が初節句です。男の子の初節句に、鎧兜や五月人形を贈ってお祝いをする風習があります。鎧兜は、その昔、武士が身を守るために身に付けていたもの。端午の節句の鎧兜は、子どもが事故や病気にならないようにという願いが込められています。五月人形は、子どもの人形に鎧を着せた若大将と言われるものや、桃太郎や金太郎の人形などがあり、たくましく育つようにという願いがこめられているんです。

菖蒲(しょうぶ)湯に入る

菖蒲(しょうぶ)は邪気を祓うと昔から言い伝えられてきました。香りが強い菖蒲(しょうぶ)の葉を湯船に入れてお風呂に入ることで病気や厄を払い除けて、健康に過ごせることを祈願する意味合いがあります。

「子どもの日」におすすめの食べ物

かしわ餅

こどもの日にかしわ餅を食べるようになったのは江戸時代の頃から。かしわ餅に巻かれているかしわの葉は、春に新しい芽が出るまで古い葉が落ちないんです。このようなことから、家系が途絶えず、子孫繁栄という縁起が良い食べ物として5月5日に食べられています。

ちまき

ちまきは無病息災の願いが込められている食べ物です。ちまきは中国から伝わってきた食べ物。中国でも、厄除け、無病息災の願いを込めて食べられています。

子どもの日のお祝いにおすすめの料理

ロールケーキにデコレーションして、鯉のぼりのケーキを作られています。子どもと一緒にデコレーションして楽しむのもおすすめです。

手まり寿司にきゅうりで背びれ、チーズとごまで目をつけて、「鯉」を表現されています。お皿に一口大の小さな手まり寿司が並んでいて、とても可愛らしいですね。

トマトとチーズで鯉のぼりプレートを、春巻きの皮でかぶとを作られています。子どもの日のお祝いらしい素敵な食卓です。

子どもの日におすすめのプレゼント

子どもの日には「鯉のぼり」や鎧兜などの「五月人形」を飾る意味が分かりました。マンション暮らしの方には、大きな鯉のぼりなどを飾ることができませんよね。お部屋の中に飾れるおしゃれな鯉のぼりなどもありますよ。そんな方におすすめの子どもの日のプレゼントをご紹介します。

Swing Swing/スイスイ 鯉のぼり


出典:Rakuten
とてもおしゃれなデザインのスイスイ鯉のぼりは京都精華大学のグラフィックデザイン科のユニット「union」によってデザインされました。世界各国のそれぞれの国をイメージしてデザインされたこいのぼりは、1年中飾っていたいくらいの可愛さ。部屋の雰囲気を壊さずに「鯉のぼり」を飾りたい人におすすめです。見た目の可愛さだけでなく、品質にもこだわっています。老舗の鯉のぼり製造会社「徳永こいのぼり」で丁寧に製作。ポリエステルの鯉のぼりが多いなか、スイスイ鯉のぼりはコットン100%素材なので温かみが感じられます。


出典:Rakuten
このようにパッケージも可愛いので、プレゼントにもおすすめです。

出典:Rakuten
壁に貼ったり、天井から吊るしたりと、いろんな飾り方で楽しむことができるのは嬉しいポイントです。
バリエーションは12種類、それぞれ3つのサイズから選ぶことができます。

koinobori(こいのぼり)kukkiaプロデュースの木のこいのぼりセット


出典:Rakuten
こちらの「koinobori」は飾るだけでなく、遊ぶこともできる鯉のぼりです。温かくおしゃれな木のおもちゃブランドの「gg*」や「kiko+」をプロデュースしている「Kukkia」がデザインした 木製のこいのぼり。まるっとした形ががかわいいな「koinobori」はサイズはカラーを選ぶことができるのが魅力です。植物性塗料が使用されているので、何でも口にいれてしまう赤ちゃんにも安心して遊ばせることができます。大きな鯉のぼりや五月人形は飾るスペースがないけど、「子どもの日」「端午の節句」の雰囲気を感じたいという方におすすめ。


出典:Rakuten
このように白松の木箱に入っているので贈り物にもぴったり。収納がしやすいということも嬉しいポイントです。

Madamme MO(マダムモー)の KOINOBORI (こいのぼり)


出典:Rakuten

フランス生まれのこちらの「KOINOBORI」はフランス人女性2人組ユニットによって作られた鯉のぼりです。フランスでは子どもがすくすく育つというシンボルとして、1年中インテリアとして飾られているくらい人気。カラフルでインパクトのある表情が可愛らしい鯉のぼりです。オーガニックコットン100%の素材で作られた「KOINOBORI」は汚れたら洗濯ができるのも魅力。


出典:Rakuten
パッケージも可愛いので、プレゼントにおすすめです。サイズは4種類、カラーもそれぞれ違うので選ぶ楽しさ、飾る楽しさを味わえます。毎年1種類ずつ増やしていくのもまた楽しそうですね。

棒などにつけて遊ぶという楽しみ方もできます。

子どもの日の飾りつけ

子どもの日は大きな鯉のぼりや五月人形を飾る以外にも、壁にアレンジしたり、ディスプレイ棚にちょっと飾るだけでも気分があがります。素敵な「子どもの日」の飾りつけをご紹介します。

こちらは「マダムモー」の鯉のぼりを壁に飾りつけされています。カラフルでサイズ違いの鯉のぼりがとてもおしゃれで可愛いです。

フランス生まれの「マダムモー」らしいカラフルな鯉のぼりは様々な飾り方で楽しむことができるんです。こちらは、紐の吊るして飾られています。

手作りの鯉のぼりの形のガーランドです。このように、手作りで飾りを作って飾るのもオリジナルを楽しめるのでおすすめ。また100均などでプチプラで「子どもの日」「端午の節句」の飾りが手に入りますので、手軽に子どもの日の飾りつけができますよ。

ペーパーデザインや、子供と一緒に折り紙で「かぶと」や「鯉のぼり」を作ってテーブルに飾ったり、壁に貼り付けたりするだけでも「子どもの日」らしくなります。準備の段階から楽しめる飾りつけは気分が盛り上がるのでおすすめです。

「子どもの日」の由来を知ってイベントを楽しもう

今まで、何となくで過ごしていた「子どもの日」の由来や意味を知ると、より心のこもったお祝いができます。子どもの成長を感謝し、またこれからの成長を願って楽しい「子どもの日」を過ごしませんか?家庭に合わせた鯉のぼりや五月人形を飾ったり、子どもの日らしい料理を作ってお祝いしてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。