思い出に残る七五三にするために!知っておきたい当日のスケジュールと準備リスト

知ってる?七五三の時期や由来

子供のお祝いイベント「七五三」。11月になると千歳飴を持った子供たちを神社でよく見かけますよね!男の子も女の子も対象の年齢になると着物やドレスを着て両親の付き添いのもとお祝いをします。

七五三とは三歳、五歳、七歳の節目に子供の健やかな成長を感謝し、これからの将来の長寿をお祈りする行事のことでその歴史は、室町時代までさかのぼると言われています。当時は乳幼児の死亡率が高かったため、「7歳までは神の子」と言われており、無事に成長したことを祝う儀式が節目ごとに行われていたのが由来となっているようです。

七五三はいつ祝うの?元々は定められた日があったって知ってた?

暦上、七五三は11月15日となっています。その由来は将軍徳川家光の子供、徳光のお祈りを11月15日に行い、その後徳光が健やかに成長したことがきっかけで現在の七五三の日時になったようです。
ただ、11月15日が必ずしも休日という訳ではないので、現在は厳密に日時にこだわらず、10月から11月の休日など両親の都合に合わせて行うことが多いです。

いつがベスト?お参りする時期


出典:Instagram @___naco_さん
お参りする時期は10月〜11月の間で家族の都合が良い日を選びます。また、七五三に六曜(大安や友引など)は無関係と言われていますが、やはり10月から11月の間で休日と大安が重なる日の神社は大変込み合います。もし、六曜を意識した日取りにお祝いを行うのであれば、着物レンタルや美容院の予約も早めにしておく必要があります。ゆっくりと神社でお参りをしたい場合は逆に大安の日にちを避けると、比較的人も少なく動きやすいです。お祝いの日をどのように迎えるかを家族で話し合ってお参りする時期を決めるようにしましょう。

七五三をお祝いするのは数え年?満年齢?

七五三は男の子が三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いをします。昔は生まれた歳が一歳と数える「数え年」が主流でした。しかし現在では歳を数える概念では満年齢が主流なので、数え年でお祝いをするのか満年齢でお祝いするのか悩んでしまうこともあるかもしれません。実際には厳密なルールがある訳ではないので七五三を行う歳の数え方は家族にとって都合の良い方で大丈夫です。ちなみに私も娘姉妹の七五三を同時にするために上の子は満年齢、下の子は数え年でお祝いをしました。また、各地域やそれぞれの家庭でのしきたりがある場合はそちらを優先させて七五三をお祝いするようにしましょう。

女の子の七五三はどんなものが必要?準備するものを事前にチェックしておこう

七五三は思っている以上にやることも多く、当日スムーズにお祝いを行うためにも前日までに済ませておきたい事前準備をしっかりと把握しておく必要があります。準備を始めるタイミングやあらかじめ決めなければならないことをご紹介していきます。

準備はいつ頃から始めるのがベスト?


準備は早ければ早いほどゆとりを持って準備を進めることができます。私を含め、七五三を経験した知り合いのママたちはだいたい2ヶ月以上前から準備を始める方が多かったです。まずはできるだけ早く日程を決めて動き始めることが大切です。特に七五三の時期は写真屋さんや衣装レンタル屋さんも予約で混み合うので、日程が決まり次第そういった手配を順を追ってしていくようにしましょう。

事前に決めておかなければならないことを把握しておこう


準備といっても最初は何から始めて何を決めればいいのか分からず時間だけが過ぎてしまうことも。日程が決定したら準備を進めることができるので、家族と話し合ってまずは七五三の日取りを早い段階で決めることが大切です。日程が決まったら決めなければならないことや、手配しなければいけないことを進めていきます。事前にどういったことを決めて、準備をするのか把握して後の段取をスムーズに行えるようにしておきましょう。

和装にするか洋装にするか?

七五三において子供の服装を和装にするか洋装にするかは早めに決めておきたい大切なポイントの一つ。和装・洋装どちらにするにしても、服の購入またはレンタルから髪型をアレンジしてもらう美容室の予約まで、事前に手配しなければならないことが多いからです。特に人気のものは早く売り切れることがあるので、まずは和装にするのか、洋装にするのかを決めてできるだけ早い段階で衣装決定をするとスムーズです。

・和装の場合


着物というととても高額で何代にも渡って受け継がれていくイメージがあります。しかし、現在はインターネットなどで比較的手軽な値段で購入することが可能なので、着物のセットを新しく購入する方も増えているようです。また小さな女の子場合、着物は大丈夫かな?と不安に思われる方も多いかもしれませんが、3歳の七五三では「被布」というものを羽織ります。これは着物の上から羽織るベストのようなもので、晴れ着に帯を巻く必要がないので、小さなお子さんでも比較的楽に着物を着ることができるので安心です。

浴衣のシーズンが終わる8月終わりくらいから新しい柄が店頭に並び始めるので購入の場合は早めにチェックしておくといいです。着付けと髪をアレンジしてもらう美容室の予約も購入手続きとセットでやっておくと、うっかり忘れてた!なんてことを防げるので同時進行で行うことをおすすめします。

・レンタルも視野に入れて

たくさんの種類の中からお気に入りの着物を選ぶことができるレンタル。収納場所も取らないので購入と迷われている方も多いかもしれません。また、レンタルの場合は着付けとセットになっていることが多いので美容院の予約をする手間が省けるというメリットもあります。

ただし、事前に日程が決められているので万が一子供が風邪を引いた場合などでも日程をずらすことが困難というデメリットもあります。特に小さいうちは体調を崩しやすいので、その辺りもしっかりと想定した上で決定するといいでしょう。レンタルの場合は10月から11月の中旬までの予約がピークになるので7〜8月くらいには予約だけでも入れておくと安心です。

写真を撮影する日時を決めよう


写真を撮影する日時については、子供の体力を考えると別日が無難かもしれません。特に3歳
の七五三の場合はお参りだけでも体力的にきつい場合も多いです。当日しか時間がない場合はなるべく早く撮影日時を決定する必要がありますし、事前もしくは後日撮影する場合はあえてピークを外すという選択肢も。様々なケースを想定して柔軟に対応することが大切です。

・当日撮影の場合

日程的に厳しく当日撮影をされる方ももちろんいらっしゃいます。最近では、プロのカメラマンに同行してもらってお参りの一連の様子を神社でロケ撮影してもらうケースもよくあります。実は私も娘の七五三が当日撮影だったので、カメラマンさんにロケ撮影をお願いしました。子供たちが無理にポーズをする必要がないのでリラックスした自然な表情の大変満足のいく写真に仕上がりました。もし当日撮影の場合は写真館で撮影だけでなく、時間的にも体力的にも負担の少ないロケ撮影という手もあるのでそちらも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

・事前または後日に前撮りをする場合

事前または後日に前撮りをする場合は、まず日時を決めることが先決です。写真館は10月〜11月が大変混み合うのでその期間はあえて外すとゆっくりと撮影できておすすめです。極端に暑い時期や寒い時期を外せば問題ないのでゆとりを持って撮影できる日時を選び予約を入れるようにしましょう。また、10月〜11月のピーク時以前に予約すると早期特典がある場合もあるのでそちらも併せて早めにチェックしておくといいです。

参拝する神社はどこにする?

参拝する神社をどこにするかも事前に決めておく必要があります。特に希望の神社がある場合は予約が必要かどうかも確認しておかないと当日お参りすることができなかった!なんてことになりかねないので注意が必要です。予約の際には初穂料の金額と七五三の開催期間を併せて確認しておくようにしましょう。私は下の子の七五三の時、開催期間の確認を怠ってしまったために当日お参りすることができずそのまま帰宅した悲しい思い出があります。開催期間中でも、この日は除外などの場合もあるので事前の確認をしっかりと行って当日を迎えるようにするようにしましょう。

両家の両親を呼ぶかどうか

両家の両親を呼ぶかどうかはまずは夫婦でしっかりと話し合って決定するようにしましょう。呼ぶ場合は、日時のすり合わせや、遠方からの場合であれば宿泊手配などの予約が必要になります。そのほかにも食事をどうするか?迎えに行く必要があるかなど決めなければならないことができてくるので、こちらもしっかりと連絡を取り合って当日気持ちよく迎えられるよう、準備を進めて行く必要があります。

1ヶ月前からしておくこと

1ヶ月前までに大きなポイントとなる必要な手配を終えたら、細々とした手続きを進めていきましょう。

衣装の試着と服飾雑貨の手配

和装・洋装ともに普段履き慣れない履物を履いて長時間過ごさなければなりません。事前に履き心地をチェックしたり、少し慣らすために家の庭などで歩く練習をしておくといいです。また、必ず事前に試着をして必要な場合は裾上げ、着物の場合は肩揚げ・腰揚げの調整をしておきましょう。

あまり早い段階で試着〜調整まで済ませておくと、子供が思ったより大きくなってもう一度仕立て直しをしなければならない場合があるので、試着などは1ヶ月前をめどにするといいでしょう。

女の子の場合は髪飾りや巾着バッグなどの手配も進めておきましょう。こちらも着物や洋服と同様人気の柄やメーカーのものは早い段階で売り切れることもあるのでこまめににチェックしておくようにしましょう。

みんなで会食する場合はお店の予約をしておこう

会食をする場合はお店の予約を1ヶ月前くらいにはしておきましょう。両家の両親を呼ぶ場合は双方の希望を聞きながらリサーチを進めていく必要があります。私の母は長時間正座をすると足が痛むので、掘りごたつかテーブル席が必須でした。

義両親は食事に好みがあり和食が希望だったので「掘りごたつ・和食・掘りごたつ・個室・祝日」など条件を絞って行くと1ヶ月前でも中々見つけるのに時間がかかってしまい少し焦ったのを覚えています。特にこの時期はそういったお祝いの予約が多くなるので早めのリサーチと予約をしておくとみんなの希望が叶う会場を抑えることができます。

あらかじめ知っておくとスムーズ!参拝当日の流れとあると便利なもの

七五三は子供の数ある儀礼の中でも華やかなイベント。当日どのようなスケジュールになるのか全体的な流れを知っておくと安心です。また、全体の流れを把握した上で子供に負担のないような余裕を持った時間配分で行動できるよう計画を立てるようにすることも大きなポイントとなります。

意外とハード!参拝当日のスケジュール


七五三のの参拝当日は着付けやヘアセットに始まり思った以上にハードなスケジュールになることが多いです。七五三当日がどのような事をして、どのような流れになっているのかご紹介します。

当日想定されるイベント

参拝当日に想定されるイベントは

・お母さんの着付け・ヘアメイク
・子供の着付け・ヘアメイク
・写真撮影(当日撮影の場合)
・神社にて参拝
・レストランホテルなどで会食

になります。特に着付けや写真撮影が入ると少しハードな印象があります。あまりタイトなスケジュールを組まずゆとりを持って行動できる無理のない時間配分で計画を立てることが大切です。

七五三当日の流れ

1.前日は子供を早めに寝かせて、しっかりと睡眠をとってもらう
2.当日の朝は美容室に行くので時間にゆとりを持って早めに起きる
3.美容室へ行って、お母さんから着付けヘアメイクを開始。終了後子供の着付けヘアメイクを順番にしてもらう(着物は着用すると身動きが取りにくいので、兄弟・姉妹合同でお祝いをする場合は年齢の高い順番で着付けをしていってもらうといいです。)
4.写真撮影がある場合は記念撮影をする
5.神社に到着、参拝をする。(ロケ撮影の場合はここで参拝の様子などを撮影してもらう)
6.レストランやホテルにて会食

私の娘の七五三当日もこのようなスケジュールでした。ただ、うちの娘たちは試着の段階から着物を長時間着るのは厳しいかな?と思ったので、参拝後の会食は着物を脱いでワンピースなどの洋装に着替えて行いました。なので着付けなどは自宅の近くの美容室ではなく、参拝する神社のすぐ近くの場所で予約をしました。神社近くで着付けをしたので着物を着用している時間が短くてすんだので子供も負担なく当日を過ごすことができましたよ。小さなお子様の着物を着用される場合は、神社近くの美容室着付けをするということも選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

当日慌てないために前日までにしておきたい準備

当日「しまった!忘れてた」なんてことにならないためにも、前日までにしっかりと準備をして心にゆとりを持って思い出に残る七五三にしたいですよね。また、参拝当日にあると助かるアイテムも併せてご紹介します。

神社までの道順や駐車場の有無


近くの神社に行く場合は別ですが、近所ではなく目的の神社がある場合は道順の確認と駐車場の有無のリサーチをしておく必要があります。駐車場がない場合は神社まで最短距離の駐車場の場所を調べておくといいでしょう。

祈祷料の確認と準備

宮司さんへの謝礼として祈祷料を包みますが、神社によって金額が異なるので事前に確認をしておきましょう。金額がわかったらお金を銀行などで新札に変えてもらい必ずのし袋に入れて表書きを書いて用意しておきます。(一般的な相場は3000円〜一万円です)
祈祷料を包む水引きは紅白で蝶結びです。表書きは水引き(蝶結び)の上に「祈祷料」または「御祈祷料」と書き、水引き(蝶結び)の下に祈寿を受ける子供名前をフルネームに書きます。

カメラやビデオの充電

事前の手配や準備などで忙しく、忘れてしまいがちなカメラやビデオの充電!せっかくの晴れ着姿なのでカメラにも動画にも可愛い子供の姿をしっかりと収めておきたいですよね。前日までの充電はもちろんのこと、メモリー容量も併せて確認をしておくようにしましょう。

子供の着替え

和装を着るなら、ちょっとフォーマルな着替えの準備をしておきましょう。会食前に洋服に着替えておくと食事も食べやすいですし、子供もリラックスして過ごすことができます。また、草履はお子様にとってはとても負担に感じる場合もあるので、履きなれた靴を用意しておくと安心です。事前に用意しておくと参拝や写真撮影の時のみ草履を履かせて、そのあとは履きなれた靴に履き替えさせてあげることができます。

ストロー付きの飲み物容器

ストロー付きの飲み物容器もあると非常に便利です。お化粧をしている場合も口紅が取れる心配もないですし、ペットボトルの飲み口から溢れて洋服や着物を汚してしまう心配もありません。

一口で食べれる軽食やおやつ

七五三当日は朝早くから行動しなければならない場合が多く、どんなに朝たくさんご飯を食べても小腹が減ってしまうことがあるかもしれません。そんな時役立つのが一口で食べれる軽食やおやつです。アメや一口サイズにした丸いおにぎりなど、口の周りも着ているものも汚れない一口で食べることができる食べ物がオススメです。

ヘアピンと手鏡

ヘアピンと手鏡も必須アイテムの一つです。ヘアアレンジをしてもらっても、何かの拍子で崩れてしまうことが想定されます。ヘアピンがあれば、ちょっとの崩れであればある程度修正することが可能なので持っておくととても便利です。また、口紅を塗り直したあとや、少しぐずった時などに手鏡で顔を見せて「ほら!今日は特別可愛いね!」と褒めてあげると子供の表情も柔らかくなり、とても喜んでくれますよ!

女の子なら必ず喜ぶ!和装や洋装に映える髪飾り

和装の場合も洋装の場合も可愛い髪飾りをちょっとつけてあげるだけで、顔まわりがとても華やかに、子供をより可愛く見せてくれますよね。今回は和装や洋装に合う素敵な髪飾りをご紹介します。

髪飾り つまみ細工

出典:Rakuten

七五三の着物にぴったりの子供用髪飾り。動くたびに揺れる花びらがとても可愛いですよね。子供用とはいえ本格的なつまみ細工のしっかりとした作りからその品質の高さが伺えます。小さなお子様でも嬉しいパッチン留めタイプなので、すぐに取り外しができてとても便利です。

リボン髪飾り「赤色 椿」

出典:KIMONOKOMACHI

大きなちりめんリボンがとても印象的な髪飾り。コームタイプなので髪が短いお子様にも使えるのは嬉しいポイント。結い髪のトップ部分につけてキュートにしたり、サイドにつけてちょっぴり大人っぽく仕上げても。大きさも大きく、大人っぽいデザインなので、7歳の七五三や卒業式の袴まで長く使うことができます。

飛びうさぎのちりめんリボンの髪飾り

出典:Rakuten

珍しい黄色の髪飾り。リボンに乗った飛びうさぎがなんともキュートです。こちらもコームピンなのでつける場所を選びません。髪がまだ生え揃ってないお子様の場合はお手持ちのピンで補助どめしておくとより安心して使用することができます。

フォーマル Uピン

出典:amazon.co.jp
まるで妖精のように可憐で素敵なUピン。シンプルなデザインなのでどんな装いにも合わせやすいです。アレンジ次第では洋装だけでなく和装でも素敵な雰囲気に仕上がりそう。Uピンなので髪型や髪の多さを問わないのも嬉しいですね。

セレナーデ カチューシャ

出典:Rakuten

女の子ならきっと喜ぶとても淡いピンクの大きなコサージュのついたカチューシャ。大きなバラをモチーフにしたコサージュの中に小さなバラがあるのもアクセントになってとても可愛いです。色合いもデザインも上品なので卒園式や入学式などにも活用することができます。

事前準備をしっかりして思い出に残る七五三に!

大切な子供のこれからの健やかな成長を願う七五三。子供の人生の儀礼の中でもとても華やかなビッグイベントなだけに事前にしておかなければならない準備や手配も多くなります。七五三当日を思い出に残る一日にするためにも、早めに日時を決めて準備を始めることが大切です。家族みんなでしっかりと話し合いながら心に余裕を持って当日までの準備も楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。