プレイジムっていつから?どんなものがいい?おすすめのプレイジム10選をご紹介!

プレイジムってなに?いつから使えるの?

プレイジムとは、プレイマットにアーチやメリー、鏡などのあらゆる仕掛けがついているものです。おもちゃとしての種類も数多くあります。

新生児から遊べるおもちゃ

プレイジムは新生児から遊べる数少ないおもちゃです。新生児から遊べるおもちゃの多くは、小さいうちだけしか遊べないというものが多いのですが、プレイジムは新生児からおすわりができるようになっても遊べるおもちゃです。

その後は個人差がありますが、プレイジムが気に入っている子どもさんは歩けるようになっても、座ってプレイジムで遊ぶこともあるようです。

知育玩具でもあるんです!

プレイジムは知育玩具としての一面もあります。色々な仕掛けがあり、赤ちゃんの好奇心をくすぐります。視覚や聴覚などの五感を刺激する遊びができるので、赤ちゃんの成長をサポートする役目があります。

  • 布がこすれたときのカサカサとした音
  • 仕掛けのおもちゃが揺れる姿
  • 鏡に映る自分の顔や手
  • 色に対する興味
  • マットや仕掛けが手に触れる感触
 
など……あらゆることが、赤ちゃんの刺激となっています。

また、新生児の場合はプレイジムのマットの上で寝ている状態で遊ぶことになりますが、寝ている状態から手や足を伸ばして仕掛けに触れようとすることで、運動能力を高めることにも一役買っているんですね。

このほか、プレイジムには噛むことができる仕掛けが付いていることもあり、歯がための効果により、顎の発達や乳歯の成長もサポートしてくれます!

あらゆる方向から、赤ちゃんの成長をサポートしてくれていることが分かります。

長い期間遊べるおもちゃ

プレイジムは先ほども触れたように、新生児から歩き始めた子どもさんでも遊ぶことのできるおもちゃです。

プレイジムによって差はありますが、成長に伴って形状を変えることができるタイプもあります。このようなプレイジムは長い間使うことができるでしょう。

プレイジムとよく比較されるのが、ベビーベッドに付けるメリーというおもちゃです。メリーはベビーベッドで寝ているときにしか使えないものですから、新生児から半年くらいまでしか使えません。さらに、ベビーベッドを使わないという家庭が増えていることもあり、購入しない人も増えています。

その点、プレイジムは仕掛けを外すことができるものが多いので、ベビーカーやチャイルドシートに仕掛けを付けることもできます。また、形状を変えることができるタイプも多いです。さらに、プレイジムそのものを運ぶことができるので、部屋を変えて遊ぶこともできます。このような違いや生活スタイルの変化からプレイジムを購入する人が増えています。

プレイジムを使ってよかった理由とは?

プレイジムを使ってよかった理由について見ていきましょう。購入を悩んでいるママの参考になれば嬉しいです。

楽しく遊んでくれる

プレイジムは選び方が大切です。あらゆる仕掛けがあるものを選ぶと、飽きずに遊ぶことができます。楽しく遊んでくれるので、声が出る月齢になると、「きゃっきゃっ」と赤ちゃんの楽しそうな声が聞こえます。

なかには、あまり仕掛けのないプレイジムもあります。子どもさんのタイプにもよりますが、仕掛けがあまりないと飽きてしまうこともあるようです。

私事になりますが、自宅にあるプレイジムはあまり仕掛けのないものだったので、わが子はあまりプレイジムで遊んでくれませんでした。しかし、お友達のお宅や小児科に置いてあるプレイジムは仕掛けが多いもので、わが子も楽しそうにずっと遊んでいたのです……。

子ども目線で考えると、仕掛けの多いものの方が飽きることがありませんよね。好きなキャラクターというだけで選んでしまったことを後悔したのは言うまでもありません。

また、寝返りができるようになった赤ちゃんは、寝返りをすることが楽しく、転がって遊びます。ママが見ているときは、ほのぼのとする姿ですが、問題はママが見ていないときに起こります。

赤ちゃんが、壁に激突して頭をぶつけたり、家具に激突することもあります。そのようなことも、ベビージムで遊ばせておくことで防げるんです!ベビージムがストッパーになって、広範囲に寝返りができないことで安全につながっています。

家事がはかどる

小さな子どものお世話をしながらも、ママは仕事に家事に大忙しです。時間の許す限り、子どもを見ていたいのですが、実際はそうはいきませんよね。プレイジムがあると、子どもがひとり遊びをしてくれるので、自宅での仕事や家事がはかどるという声が多いです。

子どもが楽しく遊び、ママは仕事や家事がはかどる。何気ないことのように思いますが、とても大切なことです。

ママが仕事や家事がスムーズに行える。ということは、子どものお世話にも大きな影響を与えます。仕事や家事がスムーズに運ぶことで、それらのストレスが少なくなるので、自然と子育てにも余裕を持って接することができます。

子育て中のママは、自宅での仕事や家事はサクッと終わらせたいのが本音ではないでしょうか。プレイジムで遊んでいる間にサクッと終わらせると、子どもにもしっかり向き合える時間が持てる。もしかすると、ひとりの時間を持ってティータイムの時間くらいは捻出できるかもしれません。

そんな時間的、精神的余裕を作ってくれるのが、ベビージムなんですよね。

おとなしくおむつ替えができる

新生児のうちは激しい動きができないということもあり、おむつ替えが大変ということはあまりないでしょう。しかし、寝返りが上手になったり、はいはいができる頃になると、おむつ替えをするのも大変です。おむつ替えを嫌がって、わざと寝返りをしようとすることもあります。

そんなとき、ベビージムの下でおむつ替えをすることによって、遊びに集中しているうちにおむつ替えをすることができますよ♪

失敗しないプレイジムの選び方

プレイジムはどれも同じということはありません。先ほどの私の実体験のように、仕掛けが少なく、ちょっと物足りないかな?というプレイジムを選んだ場合、個人差はありますが、子どもがすぐに飽きてしまうということもあるでしょう。とはいえ、シンプルなプレイジムは部屋のインテリアにマッチするというメリットもあります。

どのようなプレイジムを選んだらよいのか見ていくことにしましょう。

清潔に使えるものを選ぶ

子ども関係のアイテムを選ぶとき、真っ先に条件として挙げられるのが、安全面と衛生面ですよね。プレイジムを選ぶ場合は、衛生面の問題があります。

プレイジムを使うのが新生児からということもあり、よだれが付いたり、遊んでいる途中にミルクをもどしたりすることもあります。

プレイジムの素材でよく見かけるのは、布製の仕掛けです。布製ということもあり、すぐに洗うことができます。汚れた箇所を手洗いしたり、デザインがち密でなければ、ネットに入れて洗濯機で洗ったりすることもできますよね。マットに関しても、洗濯できるものは定期的に洗濯するようにしましょう。

プレイジムがプラスチック素材の場合は、除菌したり、硬く絞ったタオルで拭くようにしましょう。

プレイジムの素材を見て、汚れたときはどのように洗濯するのか?ということにも注目して選ぶようにしましょう。

部屋のスペースを考えて選ぶ

プレイジムはスペースをあまり取らないタイプもあれば、あらゆる仕掛けや遊び方ができるダイナミックなタイプに分かれます。後者のタイプは、どうしてもスペースが十分な場所でないと遊ばせることができません。

プレイジムをどの部屋に置くのか、どこの場所に置くのかということを決めた上で選ばれた方が良さそうです。

もし、スペースがあまりないという場合は、マットが付いていないタイプのものを選ばれると、使わないときは部屋の端っこに置くというようなこともできます。このようなタイプは簡単な組み立て式なので、しばらく使わないときには、ばらしておくということもできますよ。

多くの仕掛けがあるものを選ぶ

プレイジムは商品によって仕掛けの種類や個数が違います。長い期間、できるだけ楽しく遊んで欲しいのであれば、仕掛けの多いものを選ばれた方がいいでしょう。

仕掛けが多いものというと、ごちゃごちゃした感じを想像しますが、シンプルなものでも、子どもの五感を刺激するようなプレイジムがあります。シンプルなものを好まれる場合は、そのようなものを選ばれるといいでしょう。五感のうち、視覚、聴覚、触覚をひとつでも多く刺激してくれるプレイジムがいいでしょう。

色はカラフルな色もいいですが、淡く優しい色もいいでしょう。一般的に、子どもは赤や黄などのはっきりした色に興味を持つと言われますが、ある程度長い期間使うものなので、絶対にそのような色を選ばなくてはならないというものでもないでしょう。ママの好みのものを選ばれていいと思います♪

もし、淡く優しい色のプレイジムを選ばれて、はっきりした色のものを選ばなかったことが気になる場合は、そのほかのおもちゃではっきりとした色のものを選べば大丈夫です。

おすすめのプレイジムはこれ!

プレイジムは種類が多いので購入するときに迷ってしまいますよね。数多くあるプレイジムの中から、人気のあるおすすめのプレイジムを紹介しましょう♪

sebra セバ ベビージム

こちらのベビージムは、2004年に創設されたデンマークのブランドであるsebra(セバ)のもの。2016年にレッドドット賞を受賞しています。北欧テイストで、とにかく見た目がおしゃれでかわいいですよね。ナチュラルテイストのインテリアにマッチします。

ベビージムについている飾りは合計8つ。鏡、鈴が付いた2つのかわいい鳥、雲としずくをモチーフとしたものです。どれもデザイン性が高く、ひとつひとつが愛らしいですよね。

安全性についても申し分なく、EUの安全基準に準拠しています。シンプルなデザインからも分かるように、ベビージムの取り付け方も簡単。ちょっとお値段は高めではありますが、それだけの価値があるベビージムですよ♪


Yahoo!ショッピング

レインフォレスト・デラックスジムⅡ 

こちらのジムは、赤ちゃんの動きに合わせてメロディやライトが反応するタイプのもの。カラフルな色合いが印象的ですよね。

レインフォレスト デラックスジムという名前のとおり、まるで森の中にいるようなサウンドで、赤ちゃんの聴覚を刺激します。目の前にぶらさがっているおもちゃに触るだけで音楽が流れるので、赤ちゃんの運動を促してくれます。音楽の種類もワンパターンではなく、森の中にいるような音楽とトロピカルなイメージの音楽が流れます。長時間のミュージックモードは20分間音楽が流れます!

マットの素材も柔らかいので、赤ちゃんにとっても居心地がいいですし、簡単に洗濯ができる素材なので、いつでも清潔な状態で赤ちゃんを遊ばせることができます。

ふわふわのおさる、鏡、ライオン、くるくる回るかたつむり、しまうまなどの仕掛けはおもちゃの配置を変えることができるので、飽きの来ない遊びができますよね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

はらぺこあおむし プレイジム

子どもたちに大人気のはらぺこあおむしのプレイジムがこちら。ねんね期、はらばい期、おすわり期と成長に合わせて使い方を変えることができるので、長い間遊ぶことができる優れものです。

マットとピローは手洗いができるので、いつでも清潔な状態で使うことができます。付属のおもちゃにはCリングが付いているので、取り外して持ち運びができます。チャイルドシートやベビーカーに付けることができますよ。

色合いが明るいだけでなく、赤ちゃんの聴覚を刺激してくれる仕掛けもあります。おひさま、あおむし、あひるのおもちゃは押すと音や音楽が流れるので、赤ちゃんも楽しく遊ぶことができますね!

仕掛けがたくさんあるので、組み立て方は難しいと思いきや、そのようなことはありません。四隅にアーチをセットするだけでOKなので、ママでも簡単に組み立てられます。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

ユーキッド レールの上を車が走るプレイジム

Yookidoo(ユーキッド)のおもちゃは、国際的に知られているデザインチームによって、企画からデザインまで行われています。ユーキッドのコンセプトは、赤ちゃんの五感に働きかけ、心と体を刺激し、身体的・感情的・知的な成長を促進すること。

レールの上を車が走るプレイジムは、成長段階に合わせて仰向け寝、うつ伏せ寝、座って……とさまざまな姿勢で遊べるプレイジムです。アーチに渡したレールの上を音楽を鳴らしながら車が走り、車は自動的に往復するので、見ているだけでも楽しく遊べるプレイジムです。

大変人気のあるプレイジムなので、入荷するとすぐに売り切れることが多いようです。ちょっと珍しいタイプのプレイジムなので想定内ではあります。

Amazon
Yahoo!ショッピング

カルーリリーローズ プレイマット

カルーリリーローズ プレイマットは、フランス生まれ。ヨーロッパの子どもたちに愛されているぬいぐるみやベビー用品のブランドです。特にこだわるのは、プレイマットの部分です。

赤ちゃんの寝心地に着目し、クッション性や触り心地を追及しただけではなく、自宅で洗えるマットです。いつでも清潔な状態で赤ちゃんが使うことができます。少し洗濯の方法は手間が掛かりますが、そこは素材が上質なので仕方がないですよね。

プレイマットにはピンクとブルーがあるので、お部屋のインテリアに合わせて選ばれてもいいでしょう。見ているだけで癒されます。

プレイマットに付いている仕掛けは、手触りの良い素材でできたぬいぐるみたち。赤ちゃんに優しい素材なので安心して遊ばせることができます。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

トイザらス ブルーイン キックしよう!ピアノつきプレイジム

トイザらスオリジナルブランドであるブルーインから発売されたのがこちらのプレイジム。キックしよう!ピアノ付きプレイジムです。あんよでピアノをキックし、ねんねの時期から成長に合わせて長く遊べますよ。キックすることで、ピアノの音やメロディーが流れます。ピアノは縦・横置きに角度を変えたり、取り外すこともできます。

仕掛けは4種類付いており、振るとリンリン鳴ることり、歯がためつきちょうちょ、振るときれいな音が鳴るひまわり、2種のパーツがカチカチなるかたつむりとシンプルな印象。

歩けるようになったら持ち運びもできるので、かなり長い間遊ぶことができるプレイジムです。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

SAUTHON(ソトン) プレイマット

フランスで創業70年の歴史を持つ、赤ちゃんのためのインテリアブランドSAUTHON(ソトン)のプレイマットです。流行に流されることなく、上質なデザインのアイテムばかりなので、多くのファンがいることで有名です。

ソトンのプレイマットはいくつかのデザインがありますが、こちらはちょっと珍しいモノトーンに近い色合い。差し色の黄色で明るさをプラスしています。

おもちゃの仕掛けは5つ付いており、ミラーは取り外しができます。プレイマットは上質な素材を使っているので、衝撃を吸収してくれますし、お昼寝にもぴったりです。また、自宅で洗濯することができ、常に清潔な状態で使えます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

スキップホップ

スキップホップは、木目調のアーチがちょっと珍しいプレイジム。メッシュ地の背景で森の中をイメージしています。ナチュラルという言葉がしっくり来るプレイジムは、使い方が4通りあります。

仰向け、はらばい、おすわり、アーチを取り外すことで成長に応じて変化を持たせて遊ぶことができるんです!取り外しできるおもちゃも5種類あり、カメさんのミラーは割れないので安心です。くまさんのラトルはカラカラと楽しい音が鳴りますし、タッチすることでおしりが光るホタル、ふわふわのくまさんは肌ざわりが良くいつでも赤ちゃんを癒してくれます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

Nattou (ナチュー)プレイマット


出典:cuna

ベルギーのソフトトイブランド「Nattou(ナチュー)」は、2017年に日本に初上陸したブランドです。こちらのプレイマットは、快適な座り心地や寝心地がポイント。ベロア風の生地を使っているので高級感があります。また、カラーバリエーションが豊富で、10種類もあるんです!お部屋のインテリアにもなじむデザインを見つけることができますよ。

ナチューのプレイマットはほかとは違う点がいくつかあります。そのひとつは、知育発育の専門家でもあるデザイナーが最新の研究データをもとにデザインしたという点。さらに、プレイマットは外側に高さがある盆地状になっていますが、これは赤ちゃんが寝返りをしたときに、頭をぶつけたり、転がってしまうことを防いでくれます。

このほかにも、お座りがまだ上手にできない時期の支えになってくれます。赤ちゃんを安心して遊ばせることができるプレイマットですよね。

プレイマットのアーチ部分の仕掛けも、お腹を押すとピコピコ音が鳴るぬいぐるみや、触るとカシャカシャ音がするボール、思わず掴みたくなるドーナツ。赤ちゃんの五感を刺激してくれるものばかりです。

SELECTA(セレクタ)社 ベビージム ムジーナ

ドイツのSELECTA(セレクタ)社のベビージム ムジーナは、カエデとブナを使用した柔らかい質感の木製プレイジムです。木製なので、見ているだけで癒しが得られます。

安全基準は、CE(ヨーロッパEU諸国共通の玩具安全基準をクリアした証明のマーク)に準拠しています。

プレイジムの仕掛けはシンプルな3種類。鈴が鳴ったり、掴んだりして遊びます。決して派手さはありませんが、購入した人の多くが満足できるベビージムです。

マットは付いていないので、寝心地の良い場所に敷いて、遊ばせるようにしましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

プレイジム購入を迷っている場合

プレイジムがあった方が良さそうなことは分かるけど、購入するのは迷ってしまうということもあるでしょう。そのようなときにはレンタルする方法やイマドキのフリマアプリを利用する方法もあります。

レンタルする方法

赤ちゃんが使うアイテムやグッズをレンタルできるのはベビーベッドやベビーカーだけとは思っていませんか。最近はあらゆるものがレンタルできるようになっているんです。レンタルの良い点は、使わなくなったときに保管場所が必要ないという点と、長く使わないであろうものをお得に利用できる点にあります。

なかには、キャンペーン期間を設けているところもあり、さらにお得にレンタルすることもできます。

しかし、同じアイテムをレンタルするとしても、レンタルショップによって、価格には差があります。いくつかのレンタルショップを比較して、レンタルするようにしましょう。

フリマアプリやオークションを利用する

最近はスマートフォンを利用してフリマアプリやオークションでベビー用品を上手に購入する人も増えています。タイミング次第ではかなりお得に購入することもできます。フリマアプリを利用する際も、同じ商品でも価格も違えば、商品の状態も違うので、しっかり比較して購入するようにしましょう。

プレイジムでママも赤ちゃんも笑顔になれる♪

プレイジムの種類ってこんなにたくさんあるとは思いませんでした。最近では海外のおしゃれなプレイジムも手軽に購入することができるので、数多くのプレイジムから選べる分、どれにしようか悩んでしまいますよね。

プレイジムは赤ちゃんの五感を刺激する遊びが多いですし、ひとり遊びができることもあるので、ママが家事をスムーズにこなすことができます。プレイジムは、赤ちゃんにもママにも嬉しいことがいっぱいあるんです。

プレイジムを選ぶときには、どの程度の仕掛けが必要なのか、簡易的なものでもいいのか、マット部分にこだわりたいなど、優先したいことを考えることで、商品選びが絞られてくるでしょう。

プレイジムは購入する以外にも、レンタルを利用したり、フリマアプリやオークションを利用する方法もあります。それぞれのご家庭で一番最適な方法を選んでくださいね。