母子手帳をもっと素敵に!私らしく楽しめる活用方法を教えます♪

母子手帳ってどんなもの?

妊娠経過によって違いはあるものの、お腹の赤ちゃんの心拍が確認出来ると「母子手帳をもらってきて下さいね」と言われることが多いですよね。これから長い付き合いになる母子手帳。まずは、母子手帳の役割を知ることから始めてみましょう!

母子手帳ってどんな時に必要?

妊婦健診

ママの健康状態や赤ちゃんの様子を記録してもらうため、妊婦健診には必ず持って行くようにしましょう。尿検査や血圧、体重の管理など妊娠中の身体の様子を記入するときに必要になります。

ちょっとしたメモ代わりに、妊娠中に心配なことや聞きたいことなどをママ自身が書いておくと、次回の健診の時に聞き忘れる心配がありません◎

私は健診の時のエコーで、赤ちゃんがどのくらい育っているのかを毎回自分で記入していたら、いつの間にか病院の先生が「〇月〇日何グラム」と書いてくれるようになって、嬉しかったのを覚えています。

赤ちゃんの予防接種や病院の受診

赤ちゃんは生まれた後、定期的な健診や予防接種が受けられます。定期健診で行う身体測定では、母子手帳の中に書いてある成長曲線とよばれるグラフが、赤ちゃんの成長の目安になります。

このグラフを参考にしながら病院では、赤ちゃんの栄養状態や身体の成長をチェックしています。また生後2ケ月からスタートする予防接種は、ワクチンの種類や接種回数がとても多く、いつどんな注射を打ったのか分からなくなってしまいがち。

でも母子手帳に記録しておくことで、予防接種のスケジュールをスムーズに組めるようになるんです◎

赤ちゃんが病院を受診するときには、必ず持って行くと覚えておいて下さいね!

大切な届け出をするとき

出生届や保険証の発行など、公的な手続きをする際に母子手帳が必要となります。赤ちゃんの名前や、どこで生まれたのかをきちんと記録をするためです。

この手続きを行えば、自治体の子育て支援や、保健師さんによる赤ちゃん訪問などのサービスを受けられるようになります。大事な届け出にも母子手帳は欠かせない存在なんです!

母子手帳はママの小さなガイドブッグ

母子手帳は記録をするだけでなく、ママに伝えたいことや赤ちゃんとの生活での心構えなど、ママに伝えたいメッセージがたくさん書かれています。不安なことや育児に悩んだ時はまず、母子手帳のページを開いてみて下さいね♪

妊娠中の健康的な過ごし方を教えてくれる

妊娠中のバランスの良い食事は、ママにとっても赤ちゃんにとっても良いことづくめ。母子手帳には、健康的な食生活の見本が分かりやすくイラストで表示されています。ぜひ参考にしてお腹の赤ちゃんに栄養を届けられるよう心がけましょう

また、体調の変化が大きい妊娠中にはあまり無理をしないでなど、優しい言葉で伝えてくれます!

赤ちゃんとの生活で大切なことって?

自治体によって違いはあるものの、母子手帳の最後のほうのページには、ママへのちょっとしたアドバイスが書かれています。例えば、「赤ちゃんは泣くことがコミュニケーションだから、泣いても慌てないで」というように、ママが不安になったときに励ましてくれるような元気になれる言葉が載っているんです。

ゆったりとした気持ちで赤ちゃんに向き合えるだけでなく、お守り代わりのような言葉のおかげで少しずつ、ママとしての自信が持てるようになります。困ったときには母子手帳を見てみると、探していた答えと出会えることがありますよ♪

もしものときの相談先が分かる

夜間や祝日に、赤ちゃんの体調が急変したらどうしたらいいの?と悩むママは多いですよね。母子手帳には、緊急の時に頼れる情報がきちんと記されています。

病気以外でも赤ちゃんのことを相談したいときに、子育て支援センターや自治体の家庭支援課の連絡先が掲載されているのでママはとっても安心。母子手帳をもらったら一通り目を通しておくと、もしものとき慌てないで冷静に対応することが出来ます。

大好きな気持ちをこめた、母子手帳の活用法

ここからは、ママになったら母子手帳をメモや日記帳のように活用してもらえる方法をまとめてみました。書き方に決まりはありません!ぜひ素直な想いを母子手帳に綴ってみましょう♪

妊娠中ってどんな気持ちだった?カタチに残る想いを綴る

妊娠中の不安な気持ちや、赤ちゃんの性別が分かったときなどその時にしか書けない気持ちってありますよね!恥ずかしがらずに記録をしてみましょう。きっと数年後には「あの時、こんな風に思っていたんだな」と懐かしくなりますよ!

お腹の中の赤ちゃんはどんなふうに過ごしている?

妊婦検診のエコー検査で、お腹の赤ちゃんと会えるとすごく嬉しいですよね!ぜひ、その気持ちを母子手帳に書いてみましょう。「たくさん動いていた」や「せっかく見れたのに、今日は顔を見せてくれなかったね」など簡単でOK。

私は先生から「お腹の赤ちゃんが元気に動きすぎ」と言われ、何だか面白くてその気持ちを書いてみました。妊娠中のことは後からはなかなか書けないもの。ぜひ、その時の心境を言葉にして残しておきましょう。

ママの健康状態は大丈夫?身体の変化はしっかり記録!

妊娠中は、ママの身体の負担が大きくなる時期。つわりで食欲がなくなってしまったことや、むくみが気になるなど、ちょっとした身体の変化を書いておきましょう。どんな小さなことでも必要な情報になることがあります。いつも持ち歩く母子手帳に記録をつけることで、いざというときに助けてくれる存在になりますよ!

赤ちゃんへのメッセージを残しておこう!

お腹の中の赤ちゃんのことを考えていると、幸福感に包まれますよね。赤ちゃんが生まれる前にどんなことを思ったのか、メッセージとして残しておきましょう。ママだけでなく、パパや家族みんなの寄せ書きにしてみても良いですね◎

赤ちゃんにとって、生まれる前から愛されていたという証はとても幸せなことなんです。照れくさいことだって母子手帳には素直に書いちゃいましょう♪

赤ちゃんが生まれあとも母子手帳は大活躍!

赤ちゃんが生まれたら、成長の一瞬一瞬をカタチに残したくなりますよね!育児日記と一緒に母子手帳にも簡単に赤ちゃんの様子を記録していきましょう。どんな風に綴ってもOK!ママのアイディアで、母子手帳に大切な思い出を込めてみましょう!

生まれたばかりの赤ちゃんの写真を貼ってアレンジ!

生まれた瞬間の赤ちゃんの表情って本当に愛おしいですよね♡「生れてきてくれてありがとう」の気持ちを、母子手帳に写真を貼って残しておきましょう。子どもが大きくなって言うことを聞かない時など、母子手帳に貼った懐かしい写真を見ると、心なしかイライラした気持ちが半減していく感じがします!

そのくらい赤ちゃんの誕生は特別な瞬間なんです。

手形や足形で成長を実感出来る!

写真も素敵ですが、もう少しオリジナリティを出したい時には手形や足形はいかがでしょう?小さいけれど力強さを感じられてインパクト大です!子どもの手足ってすぐに大きくなっていきます。生まれたばかりの手形や足形が残っている母子手帳は、将来見返したくなること間違いなしですよ!

わが子の初めて記念を残してみても◎

赤ちゃんは生まれてからたくさんの初めてと出会います。それは本当に特別な瞬間。日記のように長くは書けなくても、母子手帳にひと言残してみませんか。

例えば、初めて沐浴をしたときにわが子はどんな表情をしていたのか「気持ちよさそうだったね」や「泣いちゃったね」などメッセージを添えるようにしておくと、まるで昨日のことのように思い出が蘇ってくる気がします♪

成長がひと目で分かる!母子手帳に年齢ごとの記録をつけよう!

母子手帳には、生まれてから6歳頃までの成長を記録することが出来ます。わが子が小さいうちはマメに書いていたけれど、大きくなるにつれてだんだんと書かなくなってしまった経験ありますよね。

成長は、あっという間に色々なことが出来るようになるわが子の大切な足跡です。無理のない範囲で、きちんと記録をしていきましょう!

わが子の「出来た!」を大切な思い出に♪

昨日は出来なかったことが今日は出来るようになったり、わが子の成長には日々驚かされますよね!特に1歳までの赤ちゃんの成長はめまぐるしく、生命力の強さを感じます。初めてあんよが出来たときは、小さな足の大きな一歩を踏み出す貴重な瞬間です。ぜひ、その感動を母子手帳に綴ってみましょう!

一つ一つの小さな体験の積み重ねが、今のわが子につながっているのだと思えてきますよ。

わが子の成長はママにとって喜びのしるし

月齢ごとに成長の目安を教えてくれる母子手帳。個人差はありますが、どんどん出来ることが増えるとママには嬉しいことの連続。「まだこれは出来ない」なんて悩まずに、わが子のペースを大切にしながら、出来たことをちょっとずつ記録してあげましょう。成長が早い子もゆっくりな子も、可愛いわが子に変わりはないのです。

しまっておくだけじゃもったいない!母子手帳の意外な使い道

子どもが大きくなっても母子手帳の役目はまだ終わりじゃないんです!ここからは、母子手帳の様々な活用方法についてご紹介していきます♪なるほど!と思ってもらえると嬉しいです。

世代を越えて母子手帳が大活躍!

・子どもの2分の1成人式に
2分の1成人式とは10歳を迎えたお祝い。小学校の行事の中の一つになっているそうです。その中で生い立ち授業といって、「いつハイハイをしたの?」や、「歩けるようになったのは何歳ごろ?」など自分の成長を振り返っていきます。

ここで母子手帳の出番なんです!真っ白で何も書かれていない母子手帳では何だか悲しい気持ちになってしまいます。将来のわが子のために、ちょっとずつ記録することを忘れないようにしましょう。

・子どもが結婚するときに
このエピソードは私の友人の話なのですが、結婚式の打ち合わせの中で、両親への感謝を伝えるプレゼントは何が良いかずっと悩んでいたそうです。そこで、自分が生まれたときと同じ重さのぬいぐるみをプレゼントすることを思い立ちました!

でも、急に出生体重を聞いたら不思議に思われそうだし、覚えてなかったらどうしようと思った時に「母子手帳を見せて欲しい」と言ってみたそうです。

母子手帳を見れば必ず出生体重は書いてありますし、自分の歴史を大人になってから知ることが出来て嬉しかったと言っていました。無事、サプライズは成功!ぬいぐるみは今でも大切に飾ってくれているそうです。

・孫が生まれたときに
初めての育児で不安になった時、ふと「私ってどんな赤ちゃんだったかな」と思ったことありませんか。母子手帳は何年経っても大切に保管しておきましょう。ママが赤ちゃんの頃の母子手帳を見てみると、「私もこんな感じだったのか」と安心したり、前向きになれたりすることも!ママの悩みは過去のママが解決してくれることがあるんですね♪

かわいいケースで母子手帳をオシャレに持ち運ぼう♪

出典:minne

持ち歩く機会が多くなる母子手帳。せっかくならお気に入りのケースに入れて持ち歩きたいですよね♪デザインだけでなく、機能性の良さも兼ね備えた母子手帳ケースをいくつか集めましたので、参考にしてみて下さいね!

可愛いデザインで大人気!「ジェラートピケ」のケース

女性に大人気のジェラートピケの母子手帳ケースは、持っているだけでオシャレなママに演出してくれます。長く使うものだからこそ、見ているだけで気持ちが明るくなるデザインを選びたいですよね♪優しさを感じられる色合いも、癒し効果バツグン!素材は防水仕様で雨に濡れても安心だし、汚れにくくてママには嬉しいポイント満載です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ジャバラ式で取り出しやすい母子手帳ポーチ

使いやすい母子手帳ケースを探しているなら、ジャバラ式がオススメ!開いたときに、どこに何が入っているのかひと目で分かる優れものです。病院にかかるとき、母子手帳や保険証を探す手間が省けちゃいます!赤ちゃんを抱っこしながらでも、取りたいものをパッと取り出せる母子手帳ケースはいつでもママの味方です!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

まるでハンドバッグ!持ち歩きに便利な母子手帳ケース


出典:YAHOO ショッピング

手軽に持ち運べてコンパクトな母子手帳ケース。マザーズバッグから必要な時だけ取り出せるのがとても便利です!ハンドバッグのように肩にかければ両手があくので、子どもが小さいとかなり重宝しそう。荷物が多くても必要最低限にまとめて持ち歩けるので、ママには助かりますね!

母子手帳はママからわが子へ幸せのバトン

母子手帳って、子どもが大きくなるにつれてだんだんと見る機会が減ってしまいますよね。でもふとした瞬間、「あのときどうだったかな?」と見返したくなりませんか。懐かしい気持ちが蘇ったり、初心に戻れたり、ママにとってはかけがえのない思い出の詰まった宝物なのではないでしょうか。

今からでも遅くはありません!その瞬間にしか抱けない想いや、赤ちゃんと過ごした幸せなひとときをぜひ母子手帳に綴ってみましょう♪