リビングをおしゃれにするには?壁紙や棚、照明などなどインテリアのポイントを総ざらい!

リビングをおしゃれにしたい!

リビングは家全体の中で、一番広い部屋。家族がくつろいだり、お客さまを招いたり……あらゆるときに人が集う場所です。同時に、その家の中心とも言える部屋なので、リビングをおしゃれにしたい!と思うのはごく自然なことですよね。

おしゃれなリビングというのは、どのようなリビングのことを言うのでしょうか。

  • 家具の素材が統一感がある
  • 部屋全体の色がまとまっている
  • 家具の配置がバラバラではない

というようなことが言われますが、上級者のおしゃれなリビングは、まとまりのない家具であっても、リビングをおしゃれに見せることができたりするんですよね。おしゃれなリビングって本当に奥が深いものです。

リビングをおしゃれに見せるためには?

一般的にどのようなリビングであれば、おしゃれに見えるのかということを考えていきましょう。

リビングのテーマを決める

まず、リビングのテーマを決めましょう。例えば、ナチュラルテイストにしたいとか、モノトーンにしたいとか、アジアンリゾート風にしたいなどを決めましょう。

それも難しいという場合は、どのような色の部屋にするかということを決めるといいでしょう。好きな色でもいいですし、何かしらの効果を得るための色でもいいです。

例えば、ブルーはリラックスした場を作ることになるので、日ごろストレスが多い人には効果を発揮することができます。また、イエローは楽天的な考え方ができるようになる色であり、金運アップの効果もあります。

それぞれの色の効果に着目して、リビングを作っていくのも楽しそうですよね♪

掃除と断捨離は必須

おしゃれなリビングに見えるということの最低限の条件に、掃除がされていること、断捨離がされていることが挙げられます。

いらないものを捨てるとスッキリしますし、収納にも余裕ができます。リビングが片付いた状態であるということは、それだけでもおしゃれ度がアップします。

いくらおしゃれなインテリア家具や小物を使っていても、そこが散らかっているリビングだとすれば、おしゃれとは思えないですよね。「掃除したらおしゃれなのに」とか、「溢れているものを片付けすればおしゃれなのに」という印象を持ちます。

また、普段から片付いているリビングであれば、急なお客さまに慌てることもありませんし、掃除もしやすいですよね。

風水の話になりますが、掃除をするとか断捨離するだけで、運気が上がると言われています。一般的に、あらゆる業種で成功している人は部屋が片付いていていることがほとんどです。

また、心身に変調を来している人は部屋がだんだん汚くなっていくと言われています。

収納ケースはまとめる

上手な収納は、収納ケースを揃えることからはじまります。あらゆる大きさやタイプの収納ケースが並んでいると、それだけでまとまりがなく、おしゃれな印象ではなくなりますよね。

私たちは規則正しく並んでいるものに対して、本能的にきれいだと感じます。そのよい例がホテルです。

ホテルの部屋はタオルや備品などが規則正しく並んでいます。それだけできれいで清潔感があるように感じます。目に飛び込んでくる色や形が揃っているだけで、おしゃれに見えるのは本能的なものだったのです。

ということは、掃除がされていない、断捨離されていない部屋を見ると、本能的に美しくない印象となってしまうのはある意味当然のことなのです。

リビングを広く見せたいときは?

リビングの広さってそれぞれの家庭で違いますから、狭い場合はどうにかして広く見せたいと思ってしまいますよね。リビングが狭いという場合、広く見せるためにいくつかポイントがあります。

わが家も賃貸なので、お世辞にもリビングが広くはありません。一戸建てのお宅にお邪魔すると、リビングの広さに圧倒されてしまいます。しかし、毎日過ごす空間を気に入ったものにしたいので、リビングが広く見えるような裏技を実践しています!

リビングを広く見せるためにはいくつかのポイントがあります。これらを実践していくことで、自然と広い印象を与えることができます。

白い家具を増やす

白い色は膨張色です。洋服の場合は体型が気になる人は避けた方が良いと言われますが、色の作用を逆手に取ると、狭い部屋を広く見せる効果があります。

ソファーやテーブルをはじめとする家具類を白にすることによって、部屋を広く見せることができます。最近は、ホワイトインテリアと言って、部屋全体を白だけでコーディネートする人もいます。白という色そのものが、清潔感があり、部屋全体がきれいに見えることも人気の理由です。

背の低い家具で統一する

背の低い家具は背の高い家具と比べると収納力が落ちますが、部屋を広く見せる効果があります。

例えば、壁面収納で天井までの収納は、圧迫感を感じてしまうものですが、背の低い家具を配置することにより、圧迫感を感じません。壁面が広く見渡せることが理由のひとつです。

では、どのくらいの高さの家具がいいの?ということになりますが、高く見積もっても90㎝までと言われています。できれば50㎝くらいにするとさらに効果が高まります。私たちは本能的に、自然と自分より背の高いものには圧迫感を感じます。

もし、背の高い家具をどうしても置かなければならないという場合は、スリムなサイズのものにするか、壁やクロスになじむ色のものにすると、威圧感が緩和されますよ。

隠す収納で生活感を消す

「収納で部屋の広さが違って見える」というと、にわかに信じがたいかもしれませんが、実際違って見えるものです。隠す収納で目に入る色を減らすことができますが、この効果でスッキリとした印象になりますよね。スッキリした印象は、広々とした印象につながります。

実際には部屋を広く使っているわけではありませんが、あくまで視覚的な効果。できるだけ使われている色が少なく、かつ白もしくはそれに近い色にすることによって、私たちは視覚的に広い印象を受けます。

見せる収納が流行していますが、これが成り立つのは”出ているものの色味が落ち着いていて、統一感がある”から。でも、実際に持ち物をすべておしゃれなもので統一するのは難しいですよね。そんなときは1つ箱を作り、その中に入れて目隠ししてしまいましょう。壁や周囲の色味と馴染む箱を使えば、雑多な印象を避けることができます。

カーテンの色を壁と一体化させる

カーテンと壁の色を一体化させることによって、壁面が広がっている印象を受けますよね。壁面の色と言うと、どうしても白っぽい色が多くなってしまいますから、近い色のカーテンやブラインドを使うことによって、部屋を広く見せることができます。

リビングをイメチェンさせたいときは?

リビングをイメージチェンジしたい!と思ったときはどうすればいいのでしょうか。今あるソファーやテーブルなどの家具を買い替えるわけにもいかない場合がほとんどでしょう。実はちょっとした方法でリビングをイメージチェンジする方法があるんですよ。

アクセントクロスでイメチェン

アクセントクロスとは、クロスの一部分を別のクロスにすることです。持ち家でなくても行えることから人気があります。

賃貸でもOKのはがせる壁紙施工サービスを行っている業者を利用するといいでしょう。クロスを一面変えるだけで、部屋の印象はかなり変えることができます。

リビングにアクセントクロスを貼る場合は、ドアを開けて、リビングに入ったときに一番目に付く場所が良いとされています。

主にくつろぐ場所であるソファーの後ろ側や、テレビを設置している後ろ側、アートや観葉植物を置いている後ろ側などがおすすめです。部屋が映えるために行うので、どの場所にするかはよく考えましょう。割合としては30%までを限度にするといいでしょう。

色はそれぞれのインテリアに因るところが大きいのですが、モノトーンのインテリアの場合はグレー、人気の北欧テイストのインテリアの場合は明るめのブルー、ポップな印象であればイエローやピンクが人気があります。

また、柄の入ったクロスもあります。インテリアとしては冒険とも言えるのですが、個性的なインテリアを目指すのであれば、このようなクロスも外せません。

ラグやクッションを変えてみる

気軽にインテリアのイメージを変える方法として、ラグやクッションを変えてみるという方法があります。

これらの雑貨はある程度使っていれば、どうしても劣化してしまうものですし、いずれは交換しないといけないもの。それを、季節によって違うものにすることは費用負担の少ないイメージチェンジの方法ですよね。

夏の間は涼し気な印象を受けるようなラグやクッションにし、寒い時期は温かい印象を受けるようなラグやクッションにする。ただこれだけでもインテリアのイメージチェンジができるんです!

ソファーやテーブルなどのインテリア家具は頻繁に買い替えないものですが、インテリア雑貨や小物をは季節に応じて変えられますよね。きっと、家族やお客さまも印象が変わったと気が付いてくれますよ♪

リビングに子ども専用スペースを作りたい

リビングに子ども専用スペースを設けると、ママも安心して家事をすることができます。ママと子どもがお互いを感じられる距離にいるということは、安心感につながります。最近では、リビングに子ども専用スペースを設けたり、学習スペースを設けるという家庭が増えて来ました。

一段高くしておもちゃ収納を設ける

子ども専用スペースは居心地の良さと、リビングのどの場所から見ても見える場所に作ることが大切。人気のある子ども専用スペースは、リビングの一部を小上がりタイプの畳敷きにし、そこを子ども専用スペースにすることです。

畳の下が収納できるタイプであれば、収納スペースも確保できますし、一段高い場所ということもあり、ママの目も届きやすくなるでしょう。

このほかには、リビングの隅のスペースにラグを敷き、そこを子ども専用スペースにする方法。この場合、カラーボックスなどの身近な収納を利用することで、簡単に子ども専用スペースを作ることができます。

リビングをおしゃれに演出したいママにとって気になるのは、子ども専用スペースとリビングとの調和かもしれませんね。子ども専用スペースをおしゃれに演出するには、

  • テーマカラーを決める
  • 絵本をディスプレイする
  • 収納と見せない収納を使い分ける
  • ガーランドやウォールステッカーを利用する
  • キッズ用のインテリア家具を利用する

というような方法を上手に使うと素敵な子ども専用スペースが作れますよ♪

シンプルな机でリビング学習

少し前に、「リビングで学習する子どもの方が安定した成績を残している」という話があり、それから一気に高まったのがリビング学習です。

ある程度雑音がある中で学習するには集中力が必要ですよね。集中力を高めることで、効率の良い学習ができるというもの。

また、ママが子どもさんの勉強をすぐに見てあげることができるということもあって、最初から子ども部屋を作らずに、リビングを子ども部屋にする家庭も増えています。

そこで気になるのが、学習机。あえて学習机を置かないという家庭もありますが、子ども自身が自分専用の机が欲しいと思うこともあるでしょう。実際のところ、学習机がある方が収納を兼ねることもできますし、多くは壁に向かって机を設置するので、集中できることができるんです。

リビング学習をしようと決めたとき、どのような学習机を置いたらいいのかということは悩みの種。最近ではシンプルな学習机や、北欧テイストのタイプなど学習机にはさまざまなタイプがあります。

リビングとの調和を考えると、シンプルなデザインと色のものにした方が自然とリビングにマッチします。

グリーンを置きたいけれど無理そうなときは?

リビングにグリーンを置く。それだけで生命感に満ちたリビングを演出できます。しかし、グリーンを置きたいけれど、管理が苦手というママもいることと思います。そのような場合の解決方法を見ていくことにしましょう。

アートを飾る

出典:Rakuten

北欧インテリアが人気に伴って、このようなボタニカルモチーフのアートが注目されています。シンプルですが存在感がある上に、実際の植物のように管理しなくていいので、植物の代わりにインテリアのひとつとして取り入れるお宅が増えています。

カーテンや雑貨でグリーンを生かす

グリーンを基調としたカーテンや雑貨は人気があるので、数多くのアイテムがあります。

私の自宅もリビングが広くはないので、できるかぎり物を増やしたくない、でもグリーンが欲しいということで、カーテンをモンステラをモチーフとしたものにしました。リビングに入ったときに、まず目に入るのがカーテンというわが家にとって、モンステラ柄のカーテンは癒しを与えてくれます♪

リビングを優しい印象にしたい!

リビングを優しい印象にしたいという人は多いことでしょう。優しい印象のリビングにするにはどのようなインテリア家具や雑貨を使ったらいいのでしょうか。また、どのような色が優しい印象を与えるのでしょうか。

丸いフォルムのものを使う

丸いフォルムのインテリアは優しい印象を与えます。角がないことは、それだけで柔らかく感じるものです。例えばダイニングテーブルを丸いものにすると、リビング内で場所を変えるときも簡単で、融通が利きやすい。

座っているときに、家族全員の顔が見渡しやすいことも言えますね。単に優しい印象を与えるだけでなく、使い勝手が良いのが丸いダイニングテーブルです。

同じく丸いライト、丸いラグなども、リビングを優しい印象にしたいときにおすすめです。

木製、暖色にこだわる

優しい印象と言えば、やはり木製のインテリアです。木のぬくもりを感じることができますし、手触りも優しい。例えば、木製のおもちゃが長年人気がありますが、優しい印象があり、素材の温かみを感じるからこそではないでしょうか。

また、木製の家具には暖色系の色がよく似合います。木製+暖色系の色で、部屋全体を優しい印象にすることができます。カントリー調のお部屋はこのような色の組み合わせが多いのですが、どこか懐かしい優しい印象を受けます。

ナチュラルテイストのインテリアにする

ナチュラルテイストのインテリアも長年人気です。明るく見える上に、かわいい雑貨とも相性が抜群。特に若い女性に人気があります。ベージュに近いカラーがメインなので、圧迫感は全くありませんし、優しい印象を与えます。

現在持っているインテリア家具がナチュラルテイストとは言えないという場合も、インテリア小物を使うことでナチュラルな印象に変えることができます。

  • かご類
  • ドライフラワー
  • ホーローの雑貨

などを置くだけで、一気にナチュラルな印象になります。

しかし、気を付けたいこともあります。あまりにディスプレイが多すぎると、ごちゃごちゃした印象を与えてしまうという点です。あくまでもシンプルテイストの延長線上にナチュラルテイストがあると考えた方がいいでしょう。

こたつを置いてもおしゃれに見せたい

寒い時期になるとほっこりするのがこたつ。こたつを置くと、どうしても狭い印象を与えてしまうのですが、冬場はどうしても外せない!という人もいることでしょう。こたつを置いても、おしゃれに見えるリビングとはどのようなリビングでしょうか。

こたつカバーは全体と調和させる

こたつの印象を左右するのは、こたつカバーではないでしょうか。あまり気にせずに使っているという人もいるかもしれませんが、こたつはどうしても存在感があります。ここでカバーを無視することはできませんよね。

もちろん、リビング全体と調和するようなデザインのこたつカバーを選ばなくてはなりません。どちらかと言えば、床の色に合わせる方がいいでしょう。柄がはっきりし過ぎているこたつカバーはよほどシンプルなリビングでない限り浮いてしまいます。

無難なことを言うと、できれば無地で、リビング全体と調和するようなこたつカバーを選びましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

楕円こたつは洋風なイメージ

こたつというと、正方形や長方形をイメージする人が多いと思いますが、最近人気があるのは丸型のこたつです。こたつそのものが和風なイメージが強いので、それを緩和してくれる洋風なイメージの丸型のこたつを選ぶ人が増えています。

それに伴って、丸型でもワンパターンではなく、一風変わったデザインの楕円形のこたつがあります。

丸型よりも個性的なデザインであると同時に、意外と実用的です。かわいいという印象よりモダンな印象を与えます。これからこたつを購入するという場合は、楕円形のこたつも選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

照明にこだわってみる

リビングをおしゃれに演出するのに欠かせないのが照明です。照明の種類は多く、テーブルライトからシーリングライト、ランプまでさまざま。照明の明かりの色を選べることから、照明はインテリアの中でも重要なんですね。

円形のテーブルライトは好みの場所に置ける

テーブルライトはどこにでも置けるので、使いやすい照明です。ダイニングテーブルの上に置くことでデザイン性の高いオブジェの効果もありますし、ボードやラックの上に置いて、ほのかな間接照明にも使えます。

また、人気があることから、あらゆるデザインのものがあり、好みのテーブルライトを見つけることができるでしょう。運びやすい、掃除がしやすいという点を考えるとシンプルなデザインがおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

人気のあるシーリングライト

部屋全体を照らすのがシーリングライト。頻繁に買い替えるものではないので、お気に入りのものを使いたいですよね。最近多いのがいくつかの電球を使ったタイプのシーリングライト、このようなタイプは見た目がおしゃれというだけではなく、使い勝手の良さから人気があります。

例えば4つある電球全てを付けることもできますし、商品によって違いはありますが、1個だけ、2個だけ限定して付けることもできます。必要な場所だけを照らしてくれるのがこのような照明のメリットですよね。

実はわが家もこのタイプの照明を使っています。リビング全体を照らすこともできますし、リビングにひとりでいるときは必要な箇所を中心に照らすことができるので、エコな照明なんですよね。気に入ったので、ほかの部屋の照明を買い替えるときも、このタイプの照明を選びました。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

アルコランプ

ちょっとベタ?とも言えますが、おしゃれな照明の定番はこちらのランプではないでしょうか。アルコランプは、テレビドラマやおしゃれなお宅を訪問する番組でよく見かけます。

アルコランプとは、天井から吊るすわけでもない卓上でもないランプのこと。アルコとは、アーチを意味します。アッキーレとピエル・ジャコモのカスティリオーニ兄弟によって1962年に発表されたのですが、発表から50年経っても、全く古さを感じませんよね。

工事がいらないランプで上から照明を当てることができるランプは実用性も兼ね備えています。モダンなリビングにも、シンプルなリビングでもしっくり来るのがアルコランプです。このランプひとつあるだけで、一気におしゃれ度が高いリビングができあがります。

キャンドル風の照明

キャンドルの灯りはほのかな灯りであり、特別な印象もある灯りです。このような灯りをリビングの間接照明として生かしてみると、リビングがおしゃれに見えますよね。

炎が揺れているような灯りは電池式LEDライトなので、置く場所を選びません。まとめて置くのもいいですし、ひとつひとつを置くのもいいでしょう。そのときの気分で置き場所を変えられるので、使いやすいですよね。

Amazon
楽天市場

Instagramで見つけた!リビングがおしゃれなお宅

リビングがおしゃれなお宅をInstagramで見つけました。よそのお宅のリビングはどうなってる?気になるリビングを紹介していきます♪

王道のおしゃれリビング!ソファーに重厚感も

明るく開放的なリビングです。床の素材と天井の吹き抜けが明るい印象を与えるので、あえてソファーは重厚感のあるものを選ぶことにより、引き締め効果が得られます。

ソファーに合うテーブルやボードでまとまりのあるリビングです。ちょっとシンプル過ぎるリビングもグリーンをプラスすることで生命感を感じます。

ナチュラルテイストは癒しの空間

白を基調とした人気のリビングインテリアですね。全体的に白が多いのですが、ところどころに黒や茶色を使ったアイテムがあります。これらのアイテムが全体の印象を少し引き締めてくれています。

このタイプのシンプル家具は、リビングのイメージチェンジをしようと思ったときも、取り組みやすいですよね。落ち着けそうなリビングなのでゆっくりできそうです♪

こたつに違和感を持たせない!好きなものを集めたリビング

こたつを置いてあるリビングです。こたつのテーブルの素材とこたつカバーが和のイメージを洋に変えていますね。テレビの裏側のアクセントクロスの色とアート、インテリア小物すべてがまとまっていますね。リビングを作るときに大切である、イメージがしっかりしていることが分かります。

ナチュラルとモダンの融合

一見ナチュラルなイメージがある木目調でありながら、飾ってあるアートやソファーはモダンなイメージ。ナチュラルとモダンを融合させることに成功したリビングです。小物に点在しているブラックの色が全体をナチュラルに傾くことを引き留めているかのようですね。

リビングの中に小上がりも!和の空間も忘れない

模範的かつ理想的なリビングがこちら。家事をしながら、すべてを見渡すことができ、和室の小上がりでは腰掛けたり、子どもが遊んだりできます。

収納も大きく取っていますし、実際に広さがありながら、壁面は膨張色の白でさらに広がりを見せています。インテリア家具にはどれもブラックを使っていることで、甘くなり過ぎずに全体をまとめています。

リビングはちょっとした工夫で変えられる!

自宅のリビングに満足していますか?狭いとか、使っているインテリア家具が邪魔して思いどおりのリビングではないという人もいることでしょう。

そのような場合でも諦めなくても大丈夫。ほんの少しの工夫でリビングをおしゃれに変えることはできるんです!リビング全体をどのようにしたいのかイメージすることで、失敗なくイメージチェンジをすることができます。

ちょっと面倒な掃除や断捨離はスルーすることはできませんが、後はそれぞれの求めているリビングに向けて突き進むだけ。インテリア小物やアート、照明などで少しずつ変えて行きましょう。

もし、今後もリビングをイメージチェンジする可能性があるという場合には、自己主張の少ない色を使ったインテリア家具を揃えると、柔軟に対応ができます。

リビングは家族が集う場所であり、癒される場所であることが大切。そして、お客さまを呼ぶ場所でもあるので、おしゃれな空間にしたいですよね♪