ディアウォールでおうちの壁を有効活用!リビングもキッチンも簡単DIYでおしゃれ&スッキリに♪

今注目の「ディアウォール」って知ってる?

「ディアウォール」とは、天井と床の間で2×4材を突っ張らせる便利グッズです。壁を傷つけることなく簡単に柱を設置、撤去ができるという画期的なアイテムで、ホームセンターやネットで購入することができます。値段もお手頃で柱を立てるのには工具も不要だから、DIY初心者さんでも手軽にトライできますよ。

パーツや種類はどんなものがある?


ディアウォール本体は、上パッド・下パッド・スペーサー(2mm)2枚がセット。色はホワイト、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色があります。

最近では、2×4材より薄い木材を使う「1×4ディアウール」や「1×6ディアウォール」も発売しているので、スマートな仕上がりにしたい方はそちらもチェックしてみてください。棚を作るための「ディウォール専用棚受け」は棚受け本体2個・ネジ8個がセットになっていて便利です。
木材と木材を繋ぐパーツ「ディアウォール専用中間ジョイント」(2×4材専用)もあり、本体とネジ12本がセット。長い木材を運べない場合はこちらを使ってつなぎ合わせて高さを調整できますよ。

木材を用意する

本体とは別に必要なものは2×4材(38mm×89mm)です。2×4材は用途によって木材を選びますが、室内での使うならばSPF材がいいでしょう。取り付けたい場所の高さから40〜45mm短くカットした木材をホームセンターなどで用意します。カットは自分でやってもOKですが、ホームセンターで30〜50円程度もしくはお店によって無料でしてくれるのでおすすめです。プロに任せた方が断面も綺麗になりますのでぜひ利用してみてください。
木材はそのままの風合いもいいけど、ご自分のイメージ合わせて塗装ができます。カラーのカスタマイズも楽しみの一つですね!ディアウォールを設置する前に塗装と乾燥をしておきましょう。

ディアウォールの取り付け方


ディアウォール本体を、用意した木材の上と下にかぶせます。上パッドにはバネが仕込んであるので、天井の隅に押し当て力を加えながらスライドさせ、バネの力で床に突っ張らせます。柱を真っ直ぐに調整して完成!微調整はスペーサーを使います。

限られたスペースを活かせる

なんといっても壁に穴を開けずに手軽に柱が立てられることは、賃貸のおうちはもちろん持ち家にも大きな利点です。撤去も簡単で環境によって移動もできますし、引越しする時もすぐに原状回復できるから安心なんですね。
柱1本でも利用の仕方はいろいろありますが、2本以上設置することで壁面収納やディスプレイ、パーテーションやドアでさえも作ることができます。わざわざ家具を買わなくてもちょっとしたデットスペースさえあれば棚を作れるなんて、インテリア好きには夢のようなグッズです。カスタマイズの幅も広いから、楽しみ方が何倍にも膨れますね。

気をつけるポイントを知りたい!

木材の長さ

ディアウォールを使う場合の一番の注意点は、木材の長さです。まずは天井から床までの長さをメジャーで正確に測りましょう。パッと見はわからないけど、お住まいによっては1cm程度違う場合もあります。
木材が長かった場合はカットすればいいけど、高さが足りなくてしっかり突っ張れない!という場合は付属の調整用スペーサー2枚を入れてみましょう。それでも柱ががたつく場合は、天井を傷つける可能性もあるので無理せず正しい長さの木材に交換しましょう。

棚受けの強度

ディアウォールで立てた柱を利用して棚を作りたい方が多いと思います。その場合、棚板と棚受けが必要になります。専用の棚受けは耐荷量2個で5kgまで。素材も樹脂で強度も低めです。
当然ですが、設置した状況により強度も変わってきます。棚板を長くすればするほど強度も弱くなりますし、垂直に設置してないと重心がズレて歪みがきます。水平器を使って真っ直ぐに棚を付けましょう。
棚受けは丈夫さを重視したスチール製のものやアンティーク風なアイアンのもの様々な種類があります。棚に何を置くかにもよりますが、自分好みのデザインと強度を計算してオリジナルの棚を作ってみてください。

天井や床

フカフカしたカーペットやクッションフロア、畳の上の設置はおすすめできません。突っ張る力が確実に弱まって、柱が転倒するかもしれないからです。天井の強度も確認したいところ。コンクリートの天井は耐荷重が強く、和室の天井は弛みやすいところもあります。特にお子さんのいるご家庭はなにより安全を一番に意識して判断をしましょう。

参考にしてみたい!ディアウォールのアイデアDIY活用術

百聞は一見にしかず!ということで実際のお部屋でどのようにディアウォールを使っているのか、どんなアイデアがあるのか見ていきましょう。

リビングの壁におしゃれなディスプレイスペース

ディアウォールで立てた二本の柱をベースに作成したディスプレイスペース。二本の柱の間に3枚の棚板を通しています。ドライフラワーとガラス製品を飾りシックなナチュラルテイストでまとめていておしゃれです。目線の高さにはダークカラーの有孔ボードを設置してポイントに。柱の上部に照明もうまく取り付けているとこも憎い演出ですね。腰下の壁は大胆に同色の木材を貼り、グッとセンスアップした空間にしているとこは真似したいです。

テレビまわりのスペースを活用

テレビ台の後ろって配線でどうしてもデッドスペースができてしまいますよね。その隙間にもディアウォールが大活躍します。こちらは柱を横に立てて壁に密着させています。天井近くにはおしゃれな照明を4つ設置。小ぶりな雑貨もバランスよくディスプレイ。初心者さんにもおすすめです。

両面時計を好きなところに

人気の両面時計もたった柱一本立てるだけで好きな場所に掛けれますよ!普通の壁時計とは違い両サイドから時間が分かる時計なので、設置するなら場所と高さにこだわりたいものです。ディアウォールを使えばそれも叶います。観葉植物でナチュラルテイストを加えてよりステキに演出してみて。

洗面所にも柱を立てる

こちらも柱一本のアレンジ。洗面所のほんの一角に腰上の柱を立てただけで、歯磨き用具収納とおしゃれなディスプレイスペースができます。「1×6ディアウォールSダークブラウン」を使用しているだけに従来の木材より薄くてさらにおしゃれになりますね。ディアウォールは「2×4」と「1×6」「1×4」がありますので、シュチュエーションによって木材の厚みを選ぶとよりマッチしますよ。

キッチンボードもディアウォールで作る

キッチンの収納棚を柱2本で作っています。棚受け金具をおしゃれなものにすると、こんなにも雰囲気出るんですね!特に腰から上は視線がいきやすいので、ステキな棚受けを選んで設置するのはオススメです。また、フレームを固定してS字フックをかければ、いろんな小物を引っ掛けられるので便利。トースター周りもナチュラルなテイストで統一してステキなキッチンになってます。

機能的なのにおしゃれなスパイスラック

毎日使うキッチンにはいつの間にかたくさんのスパイスがあります。全部出すとごちゃつくので引き出しや食器棚の中にしまいがちですが、こんな風にガス台の前にスパイス専用のラックを作ってあげるとお料理する時もどこになにがあるかすぐに分かるので便利です。同じスパイス入れで揃えるとよりスタイリッシュ感が増しますね。キッチン台の上を利用するため高さもあまりいらず、トライしやすい棚ですよ。

キッチンカウンター下をキッズスペースに

キッチンカウンターの下のスペースをうまく利用して、収納+キッズスペースを作っています。ママはキッチンに立つことが多いから、近くに子どもの居場所を作ってあげると子どもも安心して遊びに集中してくれそう。ディアウォールを使って柱を3本設置。棚受けは専用のものを使用しています。右サイドには絵本のディスプレイ&本棚。小さい子でも充分に手が届く場所なので、自分で取ることも戻すことも◎。左サイドには棚受け金具でキッズデスクを作って、キッズチェアも収納できるように。デスク正面にはマグネットボードを取り付けています。ここで絵本を広げて読んだり、絵を描いたり、好きなように過ごせそう。ダイニングテーブルだとお片づけが気になっちゃうことも、ココでならOK!ママならではのアイデアですね。

おままごとならおまかせ

柱2本と有孔ボードでキッズのキッチンを製作。突っ張り棒でつけたお店屋さん風なストライプの屋根が効いててキュートですね。成長する子どもと共に高さ調整ができるのはディアウォールならでは。何回でも作り変えてください。上部には見やすく壁時計をかけて、コーナーを飾っています。きっとお子さんも大喜びですね。

キッズデスクも思い通りのサイズに

ジャストサイズな学習机まで作っちゃいます!兄弟揃って並んで使える幅広なデスクは壁から壁まで隅々と活用できて見た目もスッキリ。上部は柱と同じ色目の板を貼り付けてディプレイ風にまとめています。子どものお絵描きや工作したものがディプレイできるのもアイデア。シーズンごとのディプレイも子どもと一緒に楽しめそう!

スッキリと機能的な玄関

View this post on Instagram

@nahita_daakがシェアした投稿

子どもがいるとどうしても次々に増えていく靴や傘、外遊び道具。限られた玄関の収納ではなかなか間に合いませんよね。そんな時にもディアウォールで玄関収納棚を作ると便利です。こちらは3本の柱で棚板をたくさんつけて靴の収納を確保。子供靴はちゃんと低い位置に置いて自分でも取り出せるようにしてあります。傘も掛けられるように棚板下に引っ掛け金具を設置。これなら外出する時もサッと傘を取り出せて楽チンですね!家の顔である玄関をスッキリさせれば、運気もアップしそうです。

観葉植物にも居心地のよい窓際

見ているだけでホッと一息できそうな窓辺ですね。ディアウォールを使って日当たりの良い窓際を多肉植物の居場所に。ストッパーとして100均のアイアンを棚にたくさん設置しているのも、鉢とマッチしてグッド!思い思いにフックでハンギングポットを引っ掛けるとまたおしゃれな窓際になりますね。植物たちも気持ちよく日光を浴びられて喜んでいそうです。

本屋さんのようなぎっしり収納

ロフトか踊り場のようなスペースでしょうか。天井低めの場所に柱を6本立てて漫画本を大量収納しています。奥行きにももう一列漫画が収納してあるので、かなりの数ですよ。本が多い方にとってはこれは理想の収納の仕方ですね。強度を上げるため木材を縦に立て、棚受けレールを使用し重さ対策と高さ調整を可能にしています。家具と違って足部分が床置きではないのが掃除のしやすさとスッキリ見せることができる理由。本を取り出しやすくなって、子どもも大人も漫画を読む機会も増えそうですね♪

パーテーションも作れる

View this post on Instagram

@d_dmama38がシェアした投稿

リビングから子ども部屋へ入る引き戸の端っこの空間にディアウォールでパーテーションを設置しています。いいアイデアですね!どちらの部屋にも明るさを取りれられるように透明のパーツを組み合わせてかわいいドア風にデザイン。子ども部屋側はいつでもらくがきができるように黒板を取り付けて楽しい雰囲気にしてあります。子どもたちのお気に入りのスペースになりそうですね。

ベビーゲートにもディアウォールが活躍!

子どもが歩けるようになると、ママのそばをひっつきもっつき何処へでも着いてくるようになりますね。後追いする姿は愛おしいけど、キッチンでの作業中は刃物にガスに危険がいっぱい!「今は危ないよ〜入ってこないでね」って時もあります。
大事な子どもの危険回避のためには、ディアウォールを使ってキッチンにゲートを作ってみるのはいかがですか?既成のベビーゲートは設置するのにも場所環境に制限があるので、つけたくてもつけれないおうちも多いはず。ディアウォールでならキッチン台の端に柱を二本立てれれば、応用ができます。ゲートにはスノコを2つ使用。丁番で6箇所固定しています。簡単な鍵をつければ立派なキッズゲートが完成♪撤去するのも簡単なので、子どもが気をつけれるようになるまで子どもの安全を確保しましょう。

男の憧れ作業部屋の壁収納

男性はほぼほぼ所ジョージさんに憧れるものだ、と聞いたことがあります。確かにこれは所さんイズムを感じました。あらゆる工具をキレイに並べて収納しているのは圧巻!センスが光る壁収納ですね。ディアウォールで立てた柱をベースに同じ2×4材でしっかりと棚板をつけています。有孔ボードを多めに使用して、工具をひとつひとつピンで引っ掛け、見せる収納と同時に取り出しやすさも可能に。バックの黒っぽいボードが工具をカッコよく浮き立たせています。ビスやネジの部品も見やすくガラス瓶に分けて収納。
次のDIYはどこをしてくれるのかな♪パパの気分は世田谷ベースですね!

猫まっしぐらのキャットタワー

お部屋の高低差を利用するのは人間だけではありません。ご自宅で猫ちゃんを飼っている方にはこんな使い方もありますよ!ディウォールでキャットタワーを作ると猫好みに台座の位置を設置することができ、調整もできます。アレンジしてハシゴをつけたり、お気に入りのおもちゃをぶら下げたりもできそう♪高いところが大好きな猫ちゃんのお気に入りスポットとなって、登って、降りて、ジャンプして、遊んでくれますよ。

憧れの壁掛けテレビ

テレビって家の中で大きくて圧迫感のある家電ですよね。だから壁に掛けるとインテリアの一部になって、ずいぶんとスッキリしてスタイリッシュな印象になるんです。お店ではよく見かけるし憧れてはいたけれど、うちの壁には難しいのかなぁとぼんやり思っていた方も多いでしょう。それを実現してくれるのはもちろん私たちの強い味方!ディアウォールです。

まずご家庭のテレビが壁掛けできるものかを確認をしてくださいね。設置にはテレビ専用取り付け金具が必要です。テレビの大きさによって専用金具が違うので、必ずチェック。

テレビの裏に専用ブラケットを2箇所取り付け、壁面パーツも壁にガッチリと固定し、テレビ側のブラケットをかけるといった具合で設置します。柱は2本立てて、テレビを固定したい高さに太めの棚板を通しましょう。テレビと固定金具でかなりの重量になりますから、2本柱や棚板はしっかりと固定してください。配線はなるべく後ろに隠して通した方がごちゃごちゃに見えませんよ。

シンプルでスッキリ壁掛けテレビ

テレビの上下の壁板もなく潔くシンプルに2本の柱のみ。配線も柱の後ろに上手に隠していて見当たりません。最小限で充分にスマートに壁掛けできていますね!ブルーレイ置き場として一つだけ小ぶりの棚を設置。シンプルがお好きな方や、あまりあれこれしたくない方にはこれでOK!

余分なものは壁で隠す

View this post on Instagram

@asaii_99がシェアした投稿

まるでテレビが浮いているように見えますね。天井から床まで柱ごと板で覆っておしゃれな壁を作っています。ランダムに板を打ち付けることで動きのあるカジュアルな雰囲気に。スクエアーの時計も引き立ちますね。HDDは目立たないようにテレビ上のスペースに置いていて、配線の存在を消してくれているので、これなら小さい子も届かないので扱うこともないでしょう。お子さんのいるおうちは参考にしたいですね。

ディアウォールでわが家のビフォアー→アフターを楽しもう♪

なんてことないちょっとしたデッドスペースがアイデア次第でこんなにも有効活用できるなんて、目からウロコでした。ディアウォールで収納や棚を作るのは、家具を増やすよりも壁面に密着してるぶん、スッキリと見せることができて、床のお掃除もしやすい。そしてジャストマイサイズで微調整できるので、結果スマートにお部屋にマッチするんですね。

応用も自由自在。オリジナリティーが発揮できるって面でも、今の私たちの暮らしにフィットする便利グッズなんです。人気沸騰の秘訣がよくわかりました。無限の楽しさが詰まってるディアウォールを使って、私たちのお部屋もビフォアー→アフターしてみませんか?