コーヒーミルで美味しい毎日を♡暮らしに合ったおすすめコーヒーミル19選♪

コーヒーミルの役割って?

コーヒーミルはコーヒー豆を粉砕するのに使う器具です。一般的に、業務用を「グラインダー」家庭用を「コーヒーミル」と呼んでいます。
そもそも、コーヒーミルを使うと何が良いのでしょう。

抽出率を高くする

焙煎したコーヒー豆を粉砕せずにコーヒーを抽出することは可能です。ですが、ものすごく時間がかかり香味も乏しく、うす〜いお茶のような味わいでコーヒーには程遠いものです。そのため、コーヒーミルで粉砕しコーヒーの抽出率を高くする必要があるんです。抽出率が高くなると同時に抽出速度も増します。

「挽きたて」の香りを味わえる

コーヒーショップなどで豆を購入すると、そのままお店でコーヒー豆を挽いてもらえますよね。利用されている人もいらっしゃるかと思います。自宅でドリップするだけなので便利ですが、やはり美味しいコーヒーの基本は「挽きたて」ではないでしょうか。

コーヒー豆が粉になると香りが抜けて急速に酸化しやすい状態になります。なので、コーヒーは淹れる直前に豆を挽くことが美味しいコーヒーの鉄則というわけなんです♡そこで、毎回飲みたい分の量を挽けるコーヒーミルが重宝するんですね。

好みの味に調整できる

コーヒーは、粗挽き・中挽き・細挽き・極細挽きと、豆の挽き方で風味や香りが違ってきます。

  • 粗挽き/ネルドリップやフレンチプレス向きで、あっさりとしたコーヒーができる
  • 中挽き/ハンドドリップやサイフォン向き、飲みやすくクリアな味のコーヒーが楽しめる
  • 細挽き/水出しコーヒーやアイスコーヒー向きで、濃いめのコーヒーができる
  • 極細挽き/主にエスプレッソマシンで使用、苦味の強いエスプレッソができる。カフェラテやカプチーノによく使う

コーヒーミルがあれば、濃いめのコーヒーには細挽き、さっぱりしたコーヒーには粗挽き、バランスのいいコーヒーには中挽きと、その日の気分で調整することができるんです♡

手動と電動、コーヒーミルはどっちがいいの?

コーヒーミルは、主に手動と電動の2つのタイプに分かれています。コーヒーミルをはじめて使われるかたはどちらが良いのか迷ってしまいますよね。そこで、手動と電動のコーヒーミルの特徴を少しまとめてみました♡さっそくみていきましょう。

手動コーヒーミルの特徴

豆を挽く時間が楽しい

手動のコーヒーミルの醍醐味は、何といっても手回しで挽く感覚だと思います。コーヒー豆を挽くときの音と、ふんわり漂ってくる焙煎豆の香りが最高です。また自分のペースで挽けるのも手動ならではの良いところだと言えるでしょう。電動と違い、摩擦熱が発生しにくく鮮度を保ちやすいといった特徴もあります。

個人的には、昔放送されていた「やさしい時間」というテレビドラマで主人公たちが談笑しながらコーヒーミルを挽いているシーンが手動の良いイメージとしていつも心に残っています♪

おしゃれインテリアにもなる

クラシカルなデザインが多い手動のコーヒーミルは、そのままディスプレイしてインテリアにもなるんです。実際に、喫茶店や個人経営のカフェなどでは手動式のコーヒーミルが飾りとしてデイスプレイされているのをよく見かけたりします。

実用性もありインテリアにもなる手動のコーヒーミルは、おうちの雰囲気作りにもぴったりのアイテムではないでしょうか♡

お手入れが必要

電動にも手動にも言えることですが、コーヒーミルにお手入れは欠かせません。とくに手動式の場合、メーカーやミル刃の種類によっては水洗いできないものも多いです。

ですがコーヒーミルに残った微粉などを放置しておくとミル刃や本体にこびりつき、除去しにくくなります。微粉に含まれる油も酸化し、コーヒーの風味まで損なうため普段からこまめなお手入れが必要なんです。

コーヒーミルを使ったあとは、柔らかい布かブラシで微粉を取り除きましょう。これだけでコーヒーミルの寿命が長くなるんですよ。また、手動のコーヒーミルは電動と違い分解してメンテナンスできるものが多いんです。時間があるときは、分解してメンテナンスも忘れずに♡

電動コーヒーミルの特徴

挽き粉の粗さ調節ができる

電動コーヒーミルの優れた点は「粗さ調整」ができるところだと思います。手動タイプのコーヒーミルでも粗さの調整は出来ますが、微調整という点では電動タイプの方が優れたものが多いように思います。

電動タイプはワンタッチやダイヤル式で簡単に「粗さ調整」の切り替えができるので使いやすいんです。

最近の電動コーヒーミルには粗さ調整が44段階できるものもあるんですよ!すごいですよね。また、ムラなく均一に挽けるのも電動コーヒーミルの魅力と言えるでしょう♡

スピイディーに挽ける

電動コーヒーミルの最大の利点は、あっという間に挽けるところではないでしょうか。普段使いでは、量にもよりますが数十秒で挽けるものがほとんどだと思います。手挽きのコーヒーミルではそうはいきませんよね。

ライフスタイルを考えると電動コーヒーミルが便利だと思いますが、スピーディーに挽けるがゆえの弱点もあるんです。

それは、摩擦熱です。電動タイプの場合、ミル刃に摩擦熱が発生しやすく、大量の豆を挽く場合などは風味を損なうことも。挽いてすぐにコーヒーを淹れる分には問題ないと思います。

コーヒー以外でも使える

最近はマルチに使えるコーヒーミルも増えてきています。コーヒー豆の粉砕以外に胡椒や緑茶を粉末にしてお料理に使ったり、自家製ふりかけを作ったり。チョッパーとミルに分かれているタイプがほとんどなので匂い移りの心配もないでしょう。

ブレンダーやミキサーにミルが付属している場合もあれば、コーヒーミルにチョッパーが付いて販売さている場合もあります。コーヒーミル1台でいろいろできる頼もしさがあるのも、電動タイプの特徴のひとつだと言えるでしょう♪

どのタイプが好き?暮らしにあったコーヒーミルを選ぼう♡

コーヒーミルにもさまざまなタイプがあるように、わたしたちのライフスタイルもさまざまです。自分の暮らしにあったコーヒーミルを選べるように、シーンやタイプ別にセレクトしてみました♪

はじめての人でも使いやすいコーヒーミル

電動コーヒーミル /Kalita(カリタ)

50gの豆を約15秒で中挽きにできるコーヒーミルです。1〜2人前の量だと10秒ほどで挽けて、忙しい朝でもサッと挽きたてコーヒーが楽しめるという魅力があります。コンパクトなボディーでワンタッチ式♡

値段もお手頃なので、はじめての人にはおすすめのコーヒーミルだと思います♪コーヒー器具の老舗メーカーKalita(カリタ)社製というところも安心ですね!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

recolte (レコルト) コーヒーミル/TIMELESS COMFORT

出典:zozotown

シンプルなデザインでカラーリングがキュートなrecolte (レコルト)コーヒーミルは、とってもコンパクト♡500mlのペットボトルより少し小さいサイズで、収納場所に困りません。ボタンは一つ、長押しすることで極細挽きまでできちゃいます。贈り物にも良さそうですね。

電動ミル コーヒーグラインダー /CHULUX

グラインダーカップとチョッパーカップがついた1台2役のコーヒーミルです。グラインダーカップはコーヒーなどを、チョッパーカップでは水分の多い野菜や果物を挽くのに便利なんですよ。カバーを押すだけのプレス操作で簡単に挽くことができるのも魅力的♡

カバーが開いてる間は作動しないので誤作動の心配が少ないと言えます。小さなお子さんがいるご家庭でも安心の設計ですね。

また、カップが取り外し可能なので水洗いができます。清潔を保てることができるのはうれしいポイントですね♡

Amazon
Yahoo!ショッピング

おしゃれ 電動 グラインダー セット /RussellHobbs ラッセルボブス

出典:Yahoo!shoping

劣化しにくいステンレス製がうれしいラッセルボブスのコーヒーミルです。同ブランドのコーヒーメーカーもセットでついています。セットだとキッチンまわりに置くことで一気におしゃれ感が増しそうですよね。

クリアな透明カバーで外から挽き具合を確認できるところも良い点だと思います。総じて、はじめて使うかたにも使いやすいコーヒーミルではないでしょうか♡

自然な暮らしが好き♡アウトドアにも最適なコーヒーミル

コーヒーピクニック/Kalita(カリタ)

コーヒーピクニックは持ち運びに便利なハンドミルです。金属加工で名高い新潟県燕市の「Made in TSUBAME」の認定を受けたステンレのスボディーがとっても魅力♡

軽量でコンパクト、デザイン性と機能性も兼ねたコーヒーピクニックはアウトドアにもぴったりのコーヒーミルだと思います。自然の中で手挽きして淹れたコーヒーは間違いなくおいしいことでしょう♡

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

セラミック 電動ミル コーヒー/京セラ

キャンプやアウトドアでも電動コーヒーミルの手軽さが欲しい!という人におすすめなのが京セラのセラミック電動ミルです。電池式でコードレスなのでどこでも使えます。錆びにくいセラミック製で臼式なのも魅力ですね。

時間は電動のようにスピーディーではないものの、ワンタッチでオートストップなので、挽き終わるまで手を離して他の作業をすることもできます◎

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

オールインワンコーヒーメーカー/Cafflano Klassic カフラーノ クラシック

ミルからドリップまでオールインワンがうれしいコーヒーミルです。500gにも満たない重量で携帯にも便利だと言えるでしょう。

なにより、セラミックのハンドミル・ドリップケトル・ドリッパー・ステンレスのフィルター・タンブラーが全てひとつになっている点が素敵なアイテムだと思います。

お湯さえあれば登山中でもカヤックの上でも挽きたてコーヒーが飲めちゃうんだから、本当贅沢な時間が過ごせそうですね♡地球にも優しいエコなところも魅力です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

こだわり派が選ぶ臼式やカット式のコーヒーミル

バールコーヒーミル/GEORGE’S(ジョージズ)

挽いた豆をそのまま保存できるキャニスターと一体になったコーヒーミルです。摩擦がおきにくいセラミック刃を使用。コーヒー豆の新鮮な香りを逃さずキャニスターに密閉できる優れものなんです♪ステンレス製で見た目もおしゃれ♡インテリアとしても素敵なコーヒーミルだと思います。

内蓋は吸湿効果のあるコルク付きなので、しっかり密閉してくれそうですよね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

電気式コーヒーグラインダー /bodum ボダム BISTRO

コニカル刃で挽きムラがなくエスプレッソ用の極細挽きからフレンチプレスの粗挽きまで簡単に挽けるコーヒーミルです。一般的にコニカル刃は回転速度が遅く均一に豆を挽くことができ、摩擦熱によ風味の悪影響が少ないと言われているんです。

また、グラインドされた粉は耐熱ガラス製のコンテナに入る仕組みになっています。プラスチックに比べてガラス製は静電気が発生しにくいため、挽き粉が飛び散りにくいと言ったメリットがあるんです。見た目もスタイリッシュなので、キッチンに置きっぱなしでも良さそうですね♡

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

うす式 コーヒーグラインダー/デロンギ コーヒーミル

イタリアの有名な家電ブランド、デロンギのコーヒーミルはコンパクトでシンプル。使用しないときは電源コードが底面に収納のできる仕組み。この電源コード収納って結構大事なポイントですよね♡

また、コーヒーミルとしての実力も秀逸◎杯数ダイヤルで飲みたい量に合わせるだけで適量が挽いて出てくるんです。適量になるとオートで止まってくれるので本当便利♪いちいちグラムを測って投入しなくてもいいんです。

臼式でムラなく挽いたコーヒーの香りは格別だと思います。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

忙しい毎日には手軽なコーヒーミルが便利

オートマチックコーヒーメーカー ミル/Cuisinart (クイジナート)

とにかく朝は慌ただしくて時間に余裕がない!ってかたにオススメのコーヒーミルです。

コーヒーミルとコーヒーメーカーが一体化している便利なアイテムなんですよ。水とコーヒー豆を入れるだけで、豆挽きから抽出まで全自動でやってくれるんです。しかも最大12カップ分のコーヒーを一気に淹れることができます。

来客やホームパーティーなどでもゲストを待たせることなくて挽きたてのコーヒーでおもてなしできるって良いですね♡

2カップから抽出できるので、毎日のコーヒータイムに活躍すこと間違いなしです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

セラミックミル/Kalita(カリタ)

カリタ製品の中でもロングセラーなセラミックミルです。臼式で臼刃にはダイヤモンドに次ぐ硬さのファインセラミック刃が使われているんです。よって耐久性が高いコーヒーミルと言えるでしょう。

毎日使っても丈夫で長持ちなコーヒーミルには愛着もわきそうですね。コンパクトで場所もとらない点も人気の理由のようです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

コーヒーミルだって、おしゃれでユニークなものがいい♡

コーヒーミル 桐モダン壱/Kalita(カリタ)

カリタ社のコーヒーミルの技術と、桐たんす職人の匠の技がコラボした全く新しいタイプの手挽きコーヒーミル「桐モダン」。まるで工芸品のような佇まいで、目を引くこと間違いなしです♡

桐という素材は機密性や吸湿性が高く、米びつや茶筒などによく使われていますよね。桐は鮮度が大事なコーヒー豆との相性もバッチリだと思います。ミルとしての機能も粗さ調整ができ、申し分ないでしょう♪

何より、個性的なデザインでインパクトが強いので、インテリアとして飾っておくのにも素敵だと思います♡

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Kalita×Le Magasin】ナイスカットG/Adam et Rope’ Le Magasin

出典:MAGASEEK

ナイスカットGは業界用のミルをそのまま小型化、家庭でも使えるとってもおしゃれなコーヒーミルです。なかなか見かけることの少ないピンクカラーがポップでかわいいですよね♡

また、コップ型の粉受けはステンレス製でそのままペーパーフィルターに入れることができ、使い勝手も良さそうです。

RED ROOSTER COFFEE MILLレッドルースコーヒーミル/ACME FURNITURE

鋳物のハンドル、ウォールナットの蓋、Ball社のガラスジャーと良いとこ取りのコーヒーミル。Made in USAということで、クールなおしゃれ感が素敵なアイテムだと思います!

調整ネジで挽き目を変えられるぼで、自分好みのコーヒーが淹れられるでしょう♪お友達が遊びに来たら、ぜひ使いたいコーヒーミルです。

Amazon

コーヒーミル・コラム/HARIO/ハリオ

耐熱ガラスメーカーで有名なハリオのコーヒーミルは、ナチュラルテイストで木のぬくもりが素敵♡おうちカフェにぴったりのコーヒーミルだと言えます。

臼挽きで風味も逃さず、豆も40gまで挽けるんです。4〜5人分のコーヒーを淹れることができるのでお友達が来ても安心ですね。天然木のやさしい雰囲気がキッチンにそっと寄り添うような、そんなコーヒーミルだと思います。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

collarコーヒーグラインダー/Steltonステルトン

collarコーヒーグラインダーは「和モダン」という言葉がぴったりのコーヒーミルではないでしょうか。北欧デザインが取り入れられたシンプルで美しいデザインは日本のインテリアにもマッチしやすいと思います。

collarシリーズを揃えてコレクションしたくなりますね!


楽天市場
Yahoo!ショッピング

エスプレッソやカフェラテ好きな人におすすめのコーヒーミル♡

みるっこ/富士珈機

業務用としても使われている「みるっこ」は、モーターがパワフル◎コーヒー愛好家やプロも推奨しているんですよ。微粉もほとんどなく雑味のない美味しいコーヒーが飲めるということで、みるっこファンも多いようです。

みるっこには2パターンあり、エスプレッソ対応のカット臼刃モデルは、中挽きから極細挽きに特化したコーヒーミルなんです。ミルクと割って美味しいカフェラテやカプチーノを淹れるのにとっても便利でおすすめです。家庭用ではお値段が高いコーヒーミルですが、一生ものを選ぶ価値はあると思います♡

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

バリオ・コーヒーグラインダー/VARIO

ホッパーに220gの豆を貯蔵でき、飲みたいときにいつでもスイッチひとつで極細挽きのエスプッレソ粉が挽けるコーヒーミルです。最高級の銅を使用したコニカル形式のミル刃で、ムラのない均一な粉を挽いてくれるんですよ。

粉の受け皿には静電気防止特性を持った素材を使っておりコーヒー粉がつきにくいのもうれしいですね♪エスプレッソを多く飲むような人におすすめのコーヒーミルです♡

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

美味しいコーヒーには欠かせないコーヒーミル

シアトル系カフェや昔ながらの純喫茶、コンビニエンスも負けてはいません。今や美味しいコーヒーが飲めるお店はいたるとこに存在し、昔と比べてコーヒーがより身近になったように思います。ですが、自宅でくつろぎながら飲むコーヒーはまた格別です。

ご家庭にコーヒーミルがあることで、ショップの味と遜色ないコーヒーが飲めるって良いですよね。自分で挽く楽しさもあります。みなさんもコーヒーミルのある暮らしで美味しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか♡