【30選】お弁当のおかずってどうしてる?主菜も副菜も、簡単レシピで作り置き!

みんな大好きお弁当

お弁当のおかずってけっこう大変?

お弁当を作る頻度や量はご家庭によってさまざまですが、簡単で美味しくて栄養バランスも良いお弁当にしたい!って思いはみんな一緒ですよね?

冷めても美味しいは基本だけど、見た目の美しさも大事なので、彩りも良く、かわいいお弁当が理想的。だけど、お昼時間にお弁当のフタを開けてみたら、偏っててあらら…なんてことになったら、頑張って作ったお弁当もちょっと残念。詰め方も気を抜けません。

おかずの汁があまり出ないことや、夏場は食材が悪くならないように、など、お弁当ならではの気遣いもいろいろとあります。悩みは付きませんね。そしてお弁当作りは大抵忙しい朝。1分1秒も無駄に使いたくない!

では、どうしたら簡単で美味しくかつ美しい理想のお弁当を作れるのでしょうか?

使い捨てできるラップやフリーザーバッグを活用

 

View this post on Instagram

 

naomi / みちゃんさん(@pote.pote.pote)がシェアした投稿

当日の朝の「面倒な手間」を減らすことを、まず考えてみてはどうでしょうか。一つ目の提案としては、洗い物を減らすことをおすすめします。

調理過程でボールやお皿を極力使わずにラップやフリーザーバッグ、アルミホイル、キッチンペーパーをフルに活用するといいですよ。バットの上にラップやアルミホイルを敷いて使うのも◎。

紙コップや紙皿を使うのもいいですし、菜箸も家に余ってる割り箸を使うと楽チン。台拭きをウエスにすると、使い終わったらそのままポイっと捨てれます。

全体の時短に繋がり、時間が有効に使えます。ノンストレスで試せる方法なので、ぜひやってみてください。

お弁当のおかず=作り置きを活用!

 

View this post on Instagram

 

@torakichi_catがシェアした投稿

もう一つの提案としては、朝から頑張りすぎないで「お弁当のおかず=作り置き」にするという考えです。全部ではなく、おかずのうち一品か二品だけでも作り置きを詰めるだけにしたら、随分ラクにお弁当作りに取り組めるはずです。

また、作り置きがいくつかあれば、アイデア次第で組み合わせやアレンジもできて、楽しくなりますよ♪

作り置きでも味は落ちないの?と思う方もいるでしょうが、大丈夫!今回は、作り置きでも充分に美味しく、さらに簡単にできる定番おかずレシピも含めて集めてみました。おかずの詰め方も合わせて、ぜひ参考にしてください!

お弁当のおかずにぴったり!お肉を使ったレシピ

やっぱりお弁当のメインはお肉のおかずで決まり!定番のメニューからアイデアメニューまで、冷めても美味しく、パワーが出るおかずを選んでみました。

昔懐かしい鶏のからあげ【作りおき】

まずは定番の鶏のからあげのレシピ。鶏肉の下味は15分ほど漬け込みます。衣はしっかりつけて揚げるのがポイント!揚げた後は粗熱を取って密封容器に入れて保存できます。

  • 調理時間10分。
  • 冷蔵保存で2〜3日ほど、冷凍保存で2〜3週間ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/209426

前日準備で朝ラク豚のみそ漬け弁当

こちらのレシピは豚のみそ漬けをメインとして、副菜も合わせて段取りしているので、とても便利ですよ。副菜はアスパラベーコン、卵ボール、大根とカニカマのマヨ和えの3品。前日までの下準備も分かりやすく手順していますので、ぜひ参考にしてみましょう。

しかも、当日の朝はメインの豚肉をフライパンで焼きながら、その間に一つの副菜をトースターで焼き、別の副菜をレンジでチンして、もう一品を和えるという、キッチンフル稼働!作る人の動線まで考えられた完璧な時短レシピです!もちろんこの通り進まなくても、かなりの時間を節約できそうですね。

  • 調理時間15分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/4337026a5dc68f749c543c6052bc8b9e.html

チキンの塩焼き

究極にシンプルにしたチキンの塩焼き。朝から揚げ物はしたくない!という日にはオススメのレシピです。調味料もお酒、塩のみ。凝ったことは特にはしません。それでも美味しいのは、このレシピが極めて正解に近いから。揚げなくても充分に美味しいプリップリの鶏肉に仕上がりますよ。後片付けも楽チンです。

  • 調理時間15分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/7b516aee724e88c131ed6919df0e2a6f.html

ひき肉を選ばない!カレーそぼろの作り方レシピ

こちらのそぼろは、ひき肉ならばなんでも美味しく作れます!にんじん、ピーマン、しいたけを使うから、お野菜もいっしょに取れて◎。ポイントはひき肉がポロポロになるようにしっかり混ぜるところ。材料に火を通す時にはお箸を4、5本持って混ぜ通します。カレー風味なのでご飯にもパンにも麺にも合いますね。

  • 調理時間20分以下。
  • 冷蔵保存で4〜5日ほど、冷凍保存で一ヶ月ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://www.sirogohan.com/recipe/kare-soboro/

揚げない!冷めても美味しい〜唐揚げ!!焼肉のタレ編

唐揚げを揚げないでヘルシーに作りたい!下味は焼肉のタレをベースに作ります。焼肉のたれにはすでにすり下ろした玉ねぎやりんごがたっぷり入っているので、間違いなくバランスのとれた下味がしっかり付きますし、お肉も柔らかくなります。油で揚げる代わりにトースターを使って焼きますが、火が中まで通ったかどうかは竹串でチェックしましょう。

  • 調理時間30分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/57421/recipe/348709

おべんとうに、おつまみに! ベーコンとチーズのサモサ風

こちらは春巻きの皮を使ったサモサ。ベーコンとチーズとその時の季節の野菜を春巻きの皮で包んで油で揚げます。気をつけるところはチーズが溶け出さないように、皮をキチッと巻くこと。

簡単にできて、見た目もかわいいから、お弁当にぴったり!三角のサモサがお弁当の主役になりますね。パクパクと食も進みます。ホームパーティにも活躍してくれそう。

  • 調理時間10分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/11167/recipe/127311

【合いびき肉】揚げないミートボール

子どもに大人気のミートボールも揚げずに作れます!ヘルシーかつジューシーに出来上がるミートボールだから、コレストロールが気になる大人にも嬉しいおかず。ケチャップソースをたっぷり絡めて食べれば、ご飯もすすみますね。

パンの日のおかずにもマッチします。ピックをつければかわいくて食べやすいです!

  • 調理時間10分。
  • 清潔な容器に入れて冷蔵保存で2〜3日ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/24312/recipe/139539

牛肉とゴボウのオイスター炒め

砂糖とオイスターでできちゃう、甘辛な牛肉とゴボウ炒め。ちょっと濃いめの味付けだから、お弁当にも作り置きにもぴったりです。

食物繊維が多いゴボウは歯ごたえがしっかりしているから、お弁当に一品あると他のおかずとは違うシャキシャキ食感を楽しめていいですね。、食べ応えもありますよ。

  • 調理時間15分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/7fdd2c79a0c3c21ca879b9e49c75dc95.html#reviewbox

かぼちゃのそぼろあん【冷凍作り置き】

甘く柔らかいかぼちゃにトロトロのそぼろあんが絡んで、冷めても美味しいおかずです。秋にぴったり!かぼちゃに上手に味が染み込むように、柔らかくなってから調味料を加えるのがポイントです。結局ひき肉は火の通りも早いし、食べやすいのでお弁当のおかずにはもってこいなんですね。

  • 調理時間10分。
  • 密封容器に入れて、冷蔵保存で2日ほど、冷凍保存で3週間ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/354612

お弁当のおかずをヘルシーに!お魚のレシピ

作り置きやお弁当に♪ご飯がすすむ♪『ブリのネギ塩レモン』

照り焼きでもない、塩焼きでもない、新しいブリのレシピ!いつものように焼いたブリをネギ塩レモンのタレに漬け込むだけ。粗熱が取れたら冷蔵庫で保存できます。ブリは臭みが残らないように、焼く前に水分をしっかり取るのがポイント。

ネギ塩レモンがブリをさっぱりとしてくれます。このタレは他のお魚でも合いそうですし、ぜひ試したい食べ方ですね!

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/22780/recipe/185926

さんまのかば焼きのレシピ/作り方

秋に食べたいさんまをかば焼きにしてお弁当のおかずに。白ご飯の上に乗せてお弁当に詰めれば、かば焼きの濃いタレがご飯にも染み込み、一口で美味しいですね。フライパンでさんまを焼く時にお好みで野菜(ピーマンやきのこ類)も炒めれば、バランスも良いおかずになります。

その場合はタレをもう少し濃くするといいですよ。

  • 調理時間20分以下。

レシピはこちらから!

https://www.sirogohan.com/recipe/kabayakisanma/

たらの味噌マヨチーズグリル【作り置き】

こちらは鱈を使ったレシピ。冬の時期に手に入りやすい鱈の切り身。淡白な味とよく合う味噌マヨチーズをたっぷり乗せてトースターで焼き色がつくまで焼くと、ふっくら美味しく仕上がります。

子どもも大好きな味ですし、大人のおつまみにもいいですね。ポイントは味噌マヨチーズに入れる玉ねぎを細かくみじん切りにすること。食感が良くなります。

  • 調理時間10分。
  • 密封容器に入れて冷蔵保存で2日ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/243260

ぷりふわ海老カツ【作り置き】

衣にはんぺんを使った海老カツのレシピ。プリプリの海老とフワフワのはんぺんと香ばしく揚げた衣のサクッと感が美味しさを引き立てます。ポイントはエビを細かすぎずにおおざっぱに切って叩くこと。えびの食感が残っている方がぷりぷり度が上がります。

温め直す時はトースター使うのがベストです。

  • 調理時間15分。
  • 冷蔵保存で2日、冷凍保存で2週間ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/229606

お弁当のおかずにはかかせない♪お野菜のレシピ

決して主役ではないけれど、必ずメインのおかずの横にいる副菜。栄養や味のバランスも考えながら、トータルでお弁当を彩っていく大事な役割です。そんな名脇役と思えるほどの野菜を使った副菜を厳選してみました。

春雨サラダのレシピ/作り方

春雨ときゅうり、わかめ、にんじん、ハムを使った春雨サラダ。スルスルっとした食感とさっぱりとした味付けで、お弁当に入っていればいつでもホッとする一品です。ポイントはやはり水気をしっかり取ること。必須ですね!

  • 調理時間20分以下。
  • 冷蔵保存で3日ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://www.sirogohan.com/recipe/harusames/

ピーマンの梅じゃこ炒め

抗菌作用のある梅が入っているから、夏場のお弁当にもおすすめのレシピです。梅とじゃこは相性がよく、ピーマンとちくわがさっぱりといただけます。かつお節も全体に馴染んでうまみがたっぷり。ちくわを多く入れるとボリュームが出るからメインのおかずとしてもいけますね。

  • 調理時間10分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/0f8953b4fd510ba86cc644270c4b415e.html

作り置き♪ツナの和風ポテサラ

じゃがいもとツナで作るシンプルなポテトサラダをちょっと一工夫、おしょうゆを入れて和風にしました。ポイントはツナ缶の汁を少し入れるところ。そうすることによって、ポテトがしっとりします。あさつきを入れることで彩りも良くなりますね。

  • 調理時間20分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/81580/recipe/215015

糸こんにゃくの炒めレシピ/作り方

https://www.sirogohan.com/_files/recipe/images/itokon/itokon9042.JPG

糸こんにゃくとにんじんの洋風きんぴらです。オリーブオイルとにんにく、ベーコンで一気に洋風テイストになるんです。普通のきんぴらが苦手なお子さんもこれなら食べやすいですね!温めても冷めても美味しいから、常備菜として冷蔵庫にいつでもあって欲しい一品。

  • 調理時間20分以下。
  • 冷蔵保存で3〜4日ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://www.sirogohan.com/recipe/itokon/

ブロッコリーときゅうりのおかか和え

とにかく簡単!ブロッコリーときゅうりのシンプルな和え物です。かつお節+白ゴマしょうゆが二つの野菜を風味よくまとめ上げます。ブロッコリーは彩りも良く、野菜の中でも食べ応えがあるので、副菜としては優秀ですね。

ポイントはきゅうりの水気をしっかりと取ること。緑色のおかずとして見栄えもバッチリな一品です。

  • 調理時間15分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/0fa3a19651b4bca4be40537f5980f3fe.html

モヤシのチヂミ風焼き

作り置きの甘酢を使ったモヤシのチヂミ風焼き。モヤシは一年中価格変動がなくコスパが高いから、主婦の強い味方ですね。栄養もちゃんとあるからお弁当にもっと使いたい。そんな時にはモヤシをチヂミにすると食べやすくていいですよ。

作り置きの甘酢しょうゆのタレがモヤシチヂミの美味しさを引き立ててくれます。この甘酢は季節によって配合を変えるのがポイントです。たくさん作り置きしておくと、お弁当にも他のお料理にも使えます!

お弁当として持って行く時には、タレは小さい容器に分けて入れて、食べる時にかければOKです。

  • 調理時間10分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/96a1d235d5b326f619f2e0505b9dcf83.html

レシピはこちらから!(作り置き甘酢)

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/3b255aac9fa973373dc1e70fbe902e60.html

さつまいものはちみつレモン【作り置き】

そのままでも充分美味しいさつまいもですが、はちみつレモン煮にするとより一層しっとり感が加わってさらに美味しく食べれるんですね。食べやすい大きさや、お弁当に詰めやすい形にできるのもいいところ。

もう一品足りないな…という時にもとても便利です。メインのおかずが和風でも洋風でも中華風でも、なんにでもマッチするところも嬉しい。みんなのお供です。

  • 調理時間10分。
  • 密封容器に入れて冷蔵保存で4日ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/152658

かに玉とキャベツのマカロニサラダ

包丁を使わないマカロニサラダのレシピ。キャベツは敢えて手でちぎります。マカロニの茹で時間は製品によって異なるので、ちょうどいい時間を計算してくださいね。ポイントは粗熱が取れ後に味付けをすること。

オイスターソースが隠し味になって、いい仕事します。時間が経てばカニカマとキャベツにもっと味が絡むから、作り置きでもなお美味しい!これは癖になりそうな副菜です。

  • 調理時間10分。
  • 冷蔵保存で2〜3日ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/22780/recipe/356964

そら豆の塩ソテーのレシピ

薄皮ごとそら豆をフライパンで焼くだけのシンプルレシピ。ポイントは、食べやすくするために焼く前のそら豆に切り込みを入れるところ。この一手間が大事なんですね。

香ばしく焼きあがったそら豆は、他のおかずにない風味が出るのでお弁当にはとてもおすすめです。ピックを刺すとより一層ポップな見た目になってかわいさもプラス!これは定番のおかずになりそうですね。

  • 調理時間20分以下。

レシピはこちらから!

https://www.sirogohan.com/recipe/soramamesote/

ピクルス

箸休めのピクルスのレシピ。大根、にんじん、たけのこで作ります。お弁当の端っこの隙間に入れると彩りもよく野菜もしっかり取れますね。夏場でも悪くなりにくいのもありがたいところ。

白ワインを使うので、風味よく仕上がります。毎日のお弁当にもピクルスなら飽きもこないので、重宝しそう。お野菜はきゅうりやカブでも代用できるし、普段の作り置きにもストックしておきたいですね。

  • 調理時間15分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/4f40ce76a1afe71805f75d01ac0d34b9.html

意外に簡単!手作り福神漬けのレシピ/作り方

福神漬けって買うものだと思っていませんでしたか?実は自宅でもお手軽に作れるんです。大根、れんこん、なすで作る福神漬け。本来福神漬けは七福神に例えたお漬物ですから、7種の野菜が入ります。が、こちらではお手軽に3種の野菜、プラス風味づけの生姜、の4種で作ります。

ポイントは、歯ごたえを出すため、大根の皮も使うことです。たくさん作って冷蔵保存できるのも頼もしい。カレーにもお弁当にも、福神漬けがあればご飯がレベルアップしますよ!

  • 調理時間20分以下。
  • 冷蔵保存で1週間ほど、冷凍で1ヶ月ほど日持ちします。

レシピはこちらから!

https://www.sirogohan.com/recipe/hukusin/

お弁当に黄色の彩りを!たまごを使ったレシピ

みそ漬け卵

作り置きのおかずの中でも、こちらは一番トライしやすいのではないでしょうか?ゆで卵をみそダレに半日漬けるだけ。前日の夜から仕込んでおけば、朝には切るだけでOK。

しっかりと味が染み込み、間違いなく美味しく仕上がります。信頼できる一品です。お弁当でなくても、朝ごはん、麺類にもトッピングできます。

  • 調理時間10分。

レシピはこちらから!

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/6ccb62661a02373d76443c0898916465.html

電子レンジで作る 豆苗の中華出汁巻きたまご。

忙しい時にもう一品!そんな時は電子レンジを使った出汁巻きたまごのアイデアレシピを。こんなに簡単に美味しいだし巻きたまごができるんですね。ポイントは、レンジの余熱を利用してたまごに火を通すところ。

レンジで完全にたまごを固めるのではなく、半熟部分を残したところでラップで包むと、余熱でキレイに仕上がります。真ん中に豆苗を入れるので歯ごたえも良くて見栄えがいいですよ。ラップの上から巻きすを使うと、もっとキレイに出来上がりますよ。

  • 調理時間5分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/22477/recipe/351184

見た目も華やか!ご飯もおかずもひとまとめで元気が出るお弁当

ご飯とおかずが一緒になったお弁当は、食べやすくて子どもも大好きです。詰め方も簡単で見た目もかわいい!ここでは、一品だけで食べ応えもあるおすすめレシピをご紹介します。

サバ缶で作るタコライス。

最近注目されているサバ缶を使ったタコライスです。サバ缶の汁までそのまま利用するから、ダシも活用できて一石二鳥ですね!玉ねぎを、炒め用と生用と二つに分けて使うのがポイントです。

生の玉ねぎはトマトと和えて、アボガドと一緒にご飯にトッピング。チップスは食べる直前にふりかけ感覚で混ぜれば、パリっと感を保ったまま食べれます。ベースのサバタコミートはまとめて作って作り置きにできるし、他にもアレンジして使えそう。赤、緑、黄色、茶と色鮮やかなお弁当になります!

  • 調理時間25分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/22477/recipe/147044

簡単オシャ飯 クロックマダムおにぎらず!

こちらはベシャメルソース(ホワイトソース)を使ったおにぎらずのレシピ。レンジで簡単にできるベシャメルソースがいつものハムと卵の味をグッと持ち上げてまとまりよくしてくれます。おにぎらずはガブッと食べられるから、運動会やアウトドアにも最適!子どもも大人もきっと喜んでくれますよ♪

  • 調理時間15分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/84356/recipe/208106

レシピはこちらから!(ベシャメルソース)

https://oceans-nadia.com/user/84356/recipe/208093

お弁当オススメ!スパゲッティーナポリタン

たまにはスパゲッティーが主役のお弁当も嬉しいですよね。ナポリタンのシンプルレシピです。トマトケチャップと中濃ソースで味付け。お弁当用にちょっと濃い目の味付けにして冷めても美味しくなっています。メインでなくても少量カップに入れて、副菜としても使っても◎。

  • 調理時間10分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/11206/recipe/193655

かわいい見た目にはまっちゃう!水玉ちらし

最後のレシピはこちら、水玉がポップなちらし寿司です。お弁当箱を開けてこんなにキュートなご飯だったら、テンションも上がりますよね!こちらの具材はハム、きゅうり、ミニトマト、ラディッシュ、薄焼き卵。同じくらいの丸に揃えて酢飯の上にキレイに並べたらできちゃう。

ハムを魚肉ソーセージにして輪切りにするというアレンジもできます。

味のポイントは、薄焼き卵の残りの部分を刻んで酢飯に思い切って混ぜるところ。そうすることで子ども好みの優しい酢飯になります。前日からトッピングを用意しておけば、当日は簡単。酢飯の上に並べるだけで出来上がり。水玉ちらし、これこそインスタ映えなお弁当ですね!

  • 調理時間30分。

レシピはこちらから!

https://oceans-nadia.com/user/34997/recipe/157657

お弁当レシピを増やして楽しもう!

お弁当にピッタリな簡単おかずレシピをご紹介しましたが、作ってみたいものはありましたか?

時間がなくてついついワンパターンになりがちなお弁当のおかずも、そんなにがんばらないで簡単に美味しくできることが分かりました。

作り置きを前提に作ることがとても有効なお弁当作りのコツといえますね。冷蔵庫や冷凍庫にある作り置きの組み合わせで、お弁当のバリエーションも増えますし、ついでに夕飯もラクにできます。これからのお弁当作りに少しでも役立ていただけたら幸いです。

なにより、お弁当を食べる人のことを思って作ればそれがご馳走ですからね♪