衣替えの収納、どうしてる?季節の変わり目も慌てずシンプルに暮らそう

まずは必要ない洋服は処分しよう

衣替えって結構大変です。ひとり分でも大変ですが、家族の分をまとめて行うときはさらに大変……まとまった時間を見つけて行わなくては終わりません。できれば、短い時間で終えたいですよね。

衣替えをするとき、まずは必要ない洋服を処分することから始めましょう!必要ない洋服を持っているということは、収納スペースも無駄になります。必要ない洋服を処分することによって、余裕のある収納ができますよ♪

着る服・着ない服・迷っている服に分ける

ただなんとなく衣替えをする洋服を1枚1枚眺めて、「これは必要」「これは必要ない」と考えることは大変です。大変さだけではなく、よく考えたらすべて必要だよね……となってしまうこともあり、結局処分できないということになりがち。

ではどうしたらいいのか?とっておきの方法があるんです!それは、

  • 着る服
  • 着ない服
  • 迷っている服

に分けること。一瞬で判断できないものは、「迷っている服」に仕分けします。迷っている服に仕分けられた洋服たちを手に取って考えてみましょう。コーディネートが浮かびますか?ほかに似たような洋服を持っていませんか?

コーディネートも浮かばないし、似たような洋服もあれば、それは着ない服に仕分けることができますよね。ここで、迷っている服が新しいとかそうでないということは置いておきましょう。

もし、どうしても決められないという場合、家族に聞いてみるのもひとつの方法です。家族の場合、客観的に意見してくれることでしょう。また、一般的に、「3年着ない洋服はこれからも着ない」と言われています。これを目安に処分する方法もあります。

自分の洋服の仕分けは悩むのに、家族の洋服の場合は仕分けに悩まないということが多いはずです。その違いは、「客観的に判断できるかどうか」なのです。自分の洋服を客観的に見ることができるようになれば、仕分けもスムーズに行き、迷いがなくなりますよ。

フリマアプリへなどに出品する

数年前から流行しているフリマアプリ。多くの人がフリマアプリを利用したり、サイトを見たりしたことがあるはずです。

実は私もフリマアプリを利用中です。主に出品がメインですが、必要ない洋服を出品しています。さすがに売れないかなぁと思える洋服も、フリマアプリでは買ってくれる人がいるんですよね。特に衣替えの季節は購入希望の人の閲覧が増える時期です、必要ない洋服を思い切って出品してみませんか。

フリマアプリで商品を売るためにはいくつかのコツがあります。それは、写真を複数枚上手に撮ること。全体の写真、ブランド名のタグ、素材の感じなどでしょうか。閲覧する側が知りたい情報を撮影することがポイントです。

フリマアプリはゴミの削減にもなり、エコ活動でもあるのでおすすめですよ!

リメイクしましょう

必要ない洋服と思っても、生地が素敵なもの、丈夫な生地という場合もありますよね。このような場合は、リメイクしてみませんか。

リメイクをする場合、何を作ろうか迷うこともありますよね。そのようなときは、いくつか持っていると便利で、かつ簡単に作れるものがおすすめです。

バッグであれば、きんちゃく袋やトートバッグ、エコバッグがこれにあたります。また、クッションカバーや枕カバーもリメイクしやすいと人気があります。

生地が少なくても作れるランチョンマットやコースターはセットで作ってもいいですし、洗い替え用に準備してもいいですよ。

また、パパやママの洋服は生地がたっぷりあるので、子ども服にリメイクしやすいんです。洗濯しやすい生地ならなおのことピッタリ!

簡単なものは、子どもさんと一緒に作ると楽しいですよ♪

衣替えする前に準備しましょう!

さて、必要ない洋服の行き先は決まりました。これからは、衣替えをする前の最終準備にかかりましょう。次のシーズンまでお別れする洋服たちに、「ありがとう」「お疲れさま」「次もまたよろしく」の思いを忘れずにいたいですよね。

衣類はしっかり洗濯されていますか

衣替えをするときに、洋服がしっかり洗濯されたものかどうかチェックしましょう。ちょっと着ただけだから、特別汚れてもいないから大丈夫!なんて思わないで!

一見きれいに見える洋服の中にも繊維の中に皮脂や汚れがしみ込んでいるものがあります。それが後々汚れとなって浮き出てくることがあるので、洗濯はしっかり行いましょう。

特に、白い色の洋服は要注意です。次着るときに見たら、見覚えのないシミがある……ということはよくあること。白い色の洋服に付いたしみって結構目立つものです。

これまでそのようなことがなかったから大丈夫ということはありません。大切な洋服こそ、洗濯はしっかり行うようにしましょう。

自宅で洗濯する場合、洗剤をぬるま湯に薄めておきましょう。そこに最低でも30分、できれば2時間ほどつけ置きします。もし、襟や袖の黒ずみが気になる場合は、漂白剤を混ぜたつけ置きが効果的です。

その後、いつものように洗濯機で洗います。このときに、お風呂の残り湯は使わないようにしてください。お風呂の残り湯には、皮脂や汗がどうしても含まれていますから、黄ばみの原因になります。

クリーニングを利用する場合の注意

クリーニングに出せば完璧!と思いがちですが、クリーニングに出すときは洗濯の方法を選ぶことから始まります。

クリーニングは、ドライクリーニングではなく、ウェットクリーニングにしましょう。多くのクリーニング店が何も指定しなければ、ドライクリーニングで洗われます。なぜドライクリーニングがいけないのかということになりますが、それは皮脂や汗をしっかり取り除くことが難しいから。

ウェットクリーニングは油溶性の汚れ落としは不向きですが、汗などの水溶性の汚れを落とすのに向いています。汗がしみ込んでいる夏服に特に向いていますよ。

クリーニングに出して返ってきた洋服は、ビニールから外して半日乾燥してから収納するようにしましょう。

衣類圧縮パックの準備

衣類圧縮パックは洋服の収納に欠かせないアイテムとなっています。冬場のかさばる衣類も衣類圧縮パックのおかげで収納スペースを縮小できるようになりました。

衣替えをしているとよく思うことのひとつに、冬場の洋服が収納ケースに入りきらないということ。セーターやトレーナー1枚の収納スペースは半袖Tシャツは5枚くらい収納することができますよね。

ことことが、収納のミスマッチを招くのです。それを解消するために、衣類圧縮パックが活躍してくれます♪

衣類圧縮パックを利用するとき、いくつか注意事項があります。衣類圧縮袋のチャックの内側を濡れタオルで拭きます。そうすることで、チャック部分の密着度が高まり、空気が入り込むのを防ぎます。

圧縮は、空気がゼロに近いくらいまでしてみたくなりますが、ここは1/3くらいで抑えておきましょう。その理由は、あまりに圧縮してしまうと生地が元に戻りにくくなったり、しわが寄って、戻らなくなることがあるからです。

防虫剤を準備しよう

衣替えに欠かせないアイテムのひとつである防虫剤、においが嫌いとか苦手といって使わないという人もいるようです。

実は私もそんなひとりでした。防虫剤のにおいが苦手であのにおいが付くのが嫌で、衣装ケースに洗濯した衣類をしまいこんで終了!としていたのです。

あたり前に防虫剤を使わなくなったある日、半年ぶりに出した洋服が虫に食われている……そのときのショックは言うまでもありません。

最近は、防虫剤の香りも変わってきています。昔ながらのにおいもありますが、一方で石鹸の香り、バラの香り、フローラルの香り、フルーツの香りとあらゆる香りが付いたものが発売されています。きっと、気に入る香りの防虫剤も見つかるはずですよ♪

天気の良い日に衣替えしよう

衣替え、いつ行った方がいいかと思いますよね。衣替えに適しているのは、最低気温が20℃になった頃です。1日中天気が良いことが分かっているときに行うことがベスト。

一般的に10月1日に制服の切り替えが行われることが多いことを考えると、秋の衣替えの時期は9月後半から10月の1週目にするのが良さそうです。しかし、お住まいの地域によって気温には差がありますから、最低気温をベースに考えて衣替えをするようにしましょう。

衣替えした衣類の収納方法、どれがベスト?

衣替えした衣類、ただなんとなく収納していませんか。衣替えした衣類の上手な収納方法があります。衣類によって最適な収納方法を身に着けると、しわや型崩れを防ぐことができ、衣類も取り出しやすいですよ。

春物と秋物どうする?

春物秋物を着る時期は、気温が日によって変化しやすい時期。長袖のシャツやカットソーだけでちょうど良い気温のこともあれば、肌寒い時期もあるでしょう。

春物秋物は、一箇所にまとめて収納するようにし、すぐに取り出せるようにしましょう。

吊るす収納たたむ収納

衣類には吊るす収納、たたむ収納に適しているものに分けられます。上下セットになっているスーツ、ワンピース、コートなどは吊るす収納が向いています。

セーターやパーカー、ジーパンなどはたたむ収納にむいていると言えますが、クローゼットの容量があれば吊るす収納でも構いません。まずは、吊るす収納に適しているものを収納し、残りの衣類をどこに収納するのか決めるようにするようにしましょう。

ハンガーの種類を揃えて見た目も美しく

クローゼットのハンガーどうしていますか?クローゼットのハンガーを揃えるだけで、クローゼット内がまとまってきれいに見えます。さまざまな形のハンガーが並んでいると、無駄なスペースもできやすくなるので、収納スペースが無駄になってしまうこともあります。

また、同じハンガーを揃えることで、肩の位置が揃うので、洋服が選びやすく、取り出しやすいです。クローゼット内をすべて同じハンガーで揃えるのもいいのですが、アイテム別でハンガーを分けるのもひとつの方法です。

例えば、ジャケットやコートは木のハンガーにし、羽織ものやハンガーからすべり落ちそうなものは、起毛素材のハンガー、シャツやTシャツは細い素材でできているハンガーに分ける方法もあります。

私はクローゼットを木のハンガーで揃えています。木のハンガーというと高そうなイメージがありますが、最近はまとめ買いをすれば思ったより割安。それまでハンガーにはあまり気を遣っていなかっただけに、クローゼット内がスッキリ。お気に入りのクローゼットになりました♡

頻度の高い服は吊るして収納

自宅のクローゼットの容量や高さによっても変わってきますが、一般的にしわになりやすいものや使用頻度の高いものは吊るす収納、そうでないものはたたむ収納が適しています。

洋服はクローゼットに収納している方が取り出しやすいので、使用頻度の高い洋服はクローゼットを開けたときに、すぐ目が行く場所に収納する方が実用的。また、上下のコーディネートを数パターン準備しておくと、時間のないときでも慌てずに済みます。

高さを揃えてたたむ

次はたたむ収納についてです。たたむ収納は収納ケースに合わせてたたむことから始まります。収納ケースの深さに合わせてたたむことで、すっきりとたっぷり収納ができますし、引き出しを開けたときに、見やすいです。

これとは逆に重ねて収納すると、引き出しを開けたときに何が入っているかわかりませんし、手持ちの洋服の量も分からなくなりがち。持っている洋服をしっかり着まわすためにも、立てて収納するようにしましょう。

小物はひとまとめにする

収納は洋服ばかりではありません。洋服に使う小物の収納もありますよね。寒い時期はマフラーに手袋、帽子など小物類もかさばります。小物類は寒い時期の防寒ばかりではありません。シンプルな服装に変化を付けることもできますし、印象を変えることもできます。

小物の収納はひとまとめにすることが鉄則。小物使いのコーディネートもしやすいですし、あらかじめ小物の場所を決めておくことは、急な外出でも慌てません。引き出しの深さに合ったケースを入れ込み、そこに収納するようにしましょう。

引き出しに収納スペースが取れないという場合は、クローゼットの下の空いている部分にかごやケースを置き、そこに収納する方法もありますよ♪

衣替えの収納ケース、おすすめは無印良品!

これから衣替えの収納ケースを購入する、または買い替えるというとき、数多くある収納ケースの中でどの収納ケースを選んだら良いのか悩みますよね。

ここであえて推したいのは、無印良品の収納ケースです。無印良品の収納ケースはサイズも豊富ですし、価格も手ごろ。あらゆる場所の収納ケースとして使うことができます。例えば洋服の収納ケースで使わなくなったとしても、台所の収納ケースで使うというようなパターンです。

収納ケースそのものがシンプルなデザインなので、どこの収納にもしっくり来ますし、いくつか揃えることでさらに収納の幅が広がります。

浅い収納ケース

出典:無印良品

こちらの収納ケースは深さが18㎝の浅いタイプです。無印良品の収納ケースのこのパターンのものでは一番浅いタイプになります。このタイプの収納ケースはクローゼットの空きスペースに置くことで、無駄になりそうなスペースを有効活用できる優れものです。

出典:無印良品

このタイプの収納ケースは、キャスターを付けることもできるので、ベッドの下の空間を有効活用できます。重ねて使うことでき、自由度が高い収納ケースと言えます。

深い収納ケース

出典:無印良品

ポリエステル綿麻混のソフトボックスです。無印良品にはこの素材でできたソフトボックスがたくさんあり、収納スペースによって使い分けすることができます。今回紹介するこのソフトボックスは高さが26㎝あるので、引き出し式の収納ケースの仕分けにも使えますし、クローゼットの中に置いて小物入れとして使うこともできます。

生地の内側がコーティングしてあり、コンパクトにたたむことができるので、使わないときにも場所をとりません。同じタイプにふた付きのものもありますよ。

これさえ押さえれば整理上手!衣替えの収納ポイント8選

衣替えをきっかけに、整理上手になりたいですよね。衣替えにはいくつかの収納ポイントがあります。最低限度抑えておきたい収納ポイントを8つ紹介しましょう。

収納は8割で留める

収納は8割で抑えておくことがベストだと言われています。ぎゅうぎゅうに収納することで、洋服同士が押し合いをしてしわになったり、型崩れしやすくなります。8割収納は見た目もきれいですし、どこに何が吊るされているのかが分かるので、洋服も選びやすく、取り出しやすいです。

常に8割収納にするには、いくつかのルールを徹底させなければなりません。新しい洋服を1着購入したら、今ある洋服を1着捨てるというようなルールが必要です。

型崩れして欲しくないものは吊り下げラック

出典:

どうしても型崩れしてしまうのは困る洋服や小物は、このような吊り下げラックに収納することがベストです。吊り下げタイプなので、クローゼットに吊り下げて使います。収納する洋服などはあまり重さのないものが適しています。

このような吊り下げラックもサイズが色々とあるので、空いているスペースに合っているものを購入するようにしましょう。

衣替え用の収納ケースの形は揃える

衣替えをするときに使う収納ケース、なんとなく購入してはいませんか。収納ケースはできるだけ同じメーカーの同じ大きさのものを購入するようにしましょう。積み重ねて収納することにより、クローゼットや押入れのデッドスペースを無くすことができますし、見た目もきれいです。

あらゆる場所で収納ケースは販売されていますが、なんとなく購入するのではなく、買い足ししやすいメーカーの収納ケースを購入することをおすすめします。その理由は何年か経っても同じ収納ケースを購入できる可能性が高いからです。オンラインショップや、全国に店舗があるようなところの収納ケースであれば問題ありません。

収納スペースに困ったら……

全体が白の素敵なクローゼットですね。収納ケースも同じ形のものを揃えており、見た目が美しいです。このクローゼットの注目点は左端にある収納。

突っ張り棒を張って、そこにS字フックをかけることにより、バッグを収納しています。このような収納だと、急なお出かけのときに、バッグもすぐに決められますね。

無駄なものは持たない、シンプルな収納でありながら、使えるスペースは上手に使っていますね。参考にしたい点がたくさんあります。

キャスター付きの収納ケースが便利

クローゼットの下の部分や押入れに使う収納ケース、できればキャスター付きのものがおすすめです。収納ケースを引き出したいときにも、床に傷を付けずに済みます。収納ケースの上下段を入れ替えたいときも簡単です。

何よりもキャスターが付いていることで通気性が良くなります。湿気がこもりやすい家に住んでいる場合は、カビ予防にもつながります。

収納ケースはプラスチック製がベスト

出典:無印良品

収納ケースの素材はプラスチック製がおすすめです。最近、紙製の収納ケースも多くなって来ましたが、長い年月使うつもりであれば、やはりプラスチック製です。

紙製の収納ケースは安価で購入しやすい分、耐久性が良くないので型崩れしやすいですし、湿気を吸いやすいので、虫が寄り付く原因にもなります。

もし、紙製の収納ケースを利用するという場合は、虫食いの可能性を理解し、頻繁に出し入れしないものを収納するようにしましょう。

クリアファイルで収納上手!

薄手の肌着やパンスト、タイツなどの収納はどうしていますか?場所を取らずに分かりやすく収納したいものですよね。そこで、とっておきのアイデアがこちら。

100均でもよく見かけるクリアファイルを切って、筒状にテープで貼り付けたものを作ります。そこに、クルクルと丸めたパンストを入れるだけ。

これで、立てて収納することもできますし、どこに何があるのかも分かりやすいですよね。ちょっとしたひと手間をかけることで、分かりやすい収納が簡単にできます♪

収納ケース内を小分けする

靴下やタオルの収納はこうやって小分けにするといいですよ。どこに何があって分かりやすい収納ですよね。特に靴下の収納って困ってしまいますが、こうやって高さを揃えて、収納するだけで美しくまとまります。

こちらの小分けできる収納は、無印良品のもの。高さを変えられるので、あらゆる収納の小分けに使うことができます。このような小分けできる収納をいくつか持っていると、スッキリとまとまりのある収納スペースが作れます。

衣替えのときにあると便利なアイテムって?

衣替えのときに、このアイテムがあると便利!衣替えしやすい!というようなアイテムがあります。

私も実際に使っていますが、やっぱりあると便利。無駄な労力がいりませんし、収納がしやすい!ということで2つのアイテムを紹介させていただきます。

ラベル

洋服や小物を収納ケースに入れたあとに取り出すとき、どの箱に入れたのか忘れてしまいませんか?特に、ケースを揃えて収納している場合は見分けが難しいですよね。そんなときに役立つのがラベルです。

見分けがつくように付けておくと、探し物をするときにとても便利。かわいいマスキングテープの上に何が入っているのか書いて貼るだけでもラベルの代わりになります。

最近のラベルは実用性だけでなく、色も形もセンスの良いものがたくさんあります。また、自分でラベルを手作りしてみてもいいですよね♪

ブックエンド

ブックエンドは本を立てるためにあるものですが、これが収納でいい仕事をしてくれます!小分け収納BOXのような役割を果たすので、収納ケースの中で洋服がごちゃごちゃになりません。ブックエンドはあらゆる収納に役立ちますから、いくつか持っておくと便利ですよ。

洋服の収納に迷ったときに読みたい本

洋服の収納のコツを知っても、納得のいく収納をしていくことは難しいものです。そんなときに、読んでみると参考になる本があります。少し前に話題になった2冊がこちらです。新しい何かに気が付くかもしれません。

フランス人は10着しか服を持たない

「フランス人は10着しか服を持たない」は、物を少なくして今ある物を大切に使うというメッセージとも取れますが、それぞれの状況に応じて感じ方も違うようです。

もし自分が10着しか服を持っていなかったとしたらどうなのでしょうか。持っている10着すべてを把握することもできますし、コーディネートも考えますよね。

日本のように四季があり、気温差があるところで10着しか服を持たないというのは無理があるようにも思いますが、普段の暮らしの質を上げて、丁寧にシンプルに生きるというのは多くの人が求めている生き方だと言えます。

収納という点から見ると、必要のない洋服は処分し、必要のある洋服を上手に着まわすことは褒められるべきことですよね。収納スペースに余裕があって、ゆったりとしたクローゼットが作れそうです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

服を買うなら捨てなさい

「洋服を1着買ったら1着処分する。」そうすることによって、今よりも洋服を増やさずに済むことは確かですが、それ以前にたくさん持っている洋服の中で実際に着る洋服ってほんの一部ですよね。

この本を読んだ人は、片付けのモチベーションが上がると声を揃えて言います。確かにそうですよね、この本を読むと今すぐ片付けをしたくなります。洋服を処分することって結構大変なこと。

しかし、それらを処分することによって、これまで洋服に無駄なお金を使っていたことなど、さまざまなことに気が付きます。片付けのモチベーションを上げるだけでなく、人生の無駄なことにも気が付く1冊です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

衣替えで収納上手になりましょう♪

衣替え、ただ洋服や小物を入れ替えるだけと思っていたら大間違い!衣替えに手間を加えるだけで、次からの衣替えをスムーズに行うことができます。きれいに収納されている引き出しを眺めるだけで気持ちがよくなりそうですよね♪

収納のきほんは、「揃える」ことから始まります。必要な洋服だけを揃える、収納ケースを揃える、収納する洋服を揃える……あらゆることを揃えることから始めましょう。

収納上手になるには、便利なアイテムを使用することは必須。きれいなだけでなく、利便性を兼ね備えた収納をするようにしましょう。

そして、収納に困ったときには、収納に参考になる2冊を読み返してみることも大切。忘れかけていた何かに気が付くかもしれません。