スリング、まだ使ってないの?新生児から使えるスリングで育児をもっと楽にしよう!

新生児の頃から使える!スリングって?

スリングは主に、布で作られた赤ちゃんの子守帯のことを言います。メーカーにもよりますが、多くは布をママの身体にぴったりと巻き付けてから、赤ちゃんが入るスペースをもうけてすっぽり抱っこするアイテムです。

なかには、もともと赤ちゃんが入るポケット部分が作られているものも。そのぶん使い方もメーカーにより異なりますので、しっかり確認して使うことが大切です。

最近では海外のオシャレなママやパパたちが愛用している様子がSNSで紹介されることが多く、気になっている方も多いのでは?

スリングはこんな風に出来ています

ほとんどはコットンなどの布で出来ています。サイズ調整や赤ちゃんのスペースを作るためにリングパーツが付属しているものや、バックルが付いているものも。

ママはもちろん、赤ちゃんにたっぷり触れるものですから、肌触りのよい布が使われることが多いです。オーガニックコットンなど素材からこだわったブランドもありますよ♪素材にも着目してお気に入りを探してみてくださいね。

抱っこひもとの違いは?

いわゆる抱っこひもと言われるものは、クッション材やバックルなどで作られていることがほとんど。ママと赤ちゃんをしっかりと固定するイメージです。

安定して抱きかかえることはできますが、密着度が高くママも赤ちゃんも暑く感じることや、肩や腰に赤ちゃんの重さがかかって身体を痛めやすいことなどから、敬遠するママもいます。

また、赤ちゃんを保護するためクッションがたっぷり使われているため、持ち運びに不便という声も。

一方スリングは、布1~2枚程度を重ねて赤ちゃんを支えるシンプルな構造。そのぶん、抱っこひもよりは暑くなりにくく、また肩や背中など広い範囲で赤ちゃんを支えるので身体へのダメージが少ないため、使いやすいという声がよく聞かれます。

抱っこひもの方が対象年齢が幅広い、スリングの方が気軽に使える、など双方にメリットやデメリットがありますので、使用するシーンやライフスタイルに応じて選んでみてくださいね♪

スリングはこうやって使う!

抱っこひもに比べて軽くて使いやすいスリングは、赤ちゃんのお世話にとても役立ちます。グズグズとご機嫌斜めの赤ちゃんも、大好きなママにさっと包み込んでもらったらすぐに泣き止んでしまうという話をよく聞きます♪

もちろん授乳やミルクのときに赤ちゃんを支えることも。いつもなら手や腕を酷使してお世話する場面で、ママをサポートしてくれるんです!

スリングは「今ちょっと抱っこできたらな…」というママの心のつぶやきに応えてくれるアイテム。一度使ったら手放せないですよ♪

スリングを使うときに気をつけたいこと

赤ちゃんとの生活に便利なスリングですが、シンプルな構造ゆえに弱点も。必ず使い方を守り、安全に使うようにしましょう。

国民生活センターからも注意喚起の発表がされていますので、参考にしてみてくださいね。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100326_1.html

過去には海外製品で安全性に問題がありリコール対象となったものもありました。使用に際しては、情報収集をしながら活用することをおすすめします。ここでは注意点を大まかにご紹介します。

赤ちゃんの落下に注意

多くのスリングでは、赤ちゃんの胴体だけを固定して支える仕組みになっています。腕や足を丸めた状態で抱きかかえることができるので、赤ちゃんとしては自然な姿勢を保つことができますが、その一方でスリングからスルリと抜け出せてしまうという危険も孕んでいるんです。

スリングで赤ちゃんを抱っこしているときには前かがみにならない、必ずママの手を添えて抱っこするなど、最新の注意を払うようにしましょう。

窒息事故も起きています

赤ちゃんがスリングで包まれる姿勢は、少し角度を誤ると気道をふさいでしまうことも。

落下を心配してしっかり抱きかかえようとするあまり、呼吸がしにくい苦しい姿勢になってしまわないように注意して使用してください。自分で訴えることができない赤ちゃんの様子は、ママがしっかり見てあげましょう!

窒息を防ぐ大切なポイントは、赤ちゃんの顔色がママからよく見えるように抱いているか、ということ。表情や顔色から赤ちゃんの様子をいつもチェックして使うことが事故を未然に防ぎます。

股関節脱臼についても知っておこう

赤ちゃんの股関節脱臼を知っていますか?生まれてからすぐの健診と、4ヶ月健診等で赤ちゃんの足の開き具合を医師に診てもらったことを覚えているママもいるかもしれませんね。

これは、股関節が脱臼しやすい傾向があるかどうかを診ているのだそう。

この傾向が強い赤ちゃんは、いわゆる横抱きと言われる足を揃える姿勢を取り続けると脱臼を起こしやすいと言われ、新生児の頃より縦抱きを基本とし、大腿部を開いた状態でかつ固定をしないという抱っこの仕方が提唱されています。(日本ベビースリング協会・日本小児股関節研究会による)

赤ちゃんの基本的な姿勢は、足が自然にM字に開く状態。そうならないときは赤ちゃんの下半身に無理な力が加わっているということ。

横抱きができるスリングは魅力的ですが、メーカーやブランドによっては使用できる期間が制限されているものもあります。使用方法はもちろん、対象月齢も守って安全に活用しましょう。

参考:「発育性股関節形成不全」日本整形外科学会

参考:「先天性股関節脱臼の原因と予防運動の歴史、およびベビースリングのもつ危険性」福岡市立こども病院

新生児から使える!おすすめスリング5選

使い方を守って安全に使えばとても便利なスリング。たくさんのスリングがありますが、そのなかでも新生児から使うことができて、しかもとってもオシャレなスリングをご紹介します♪

機能的なものや生地のデザインが豊富なものなど、ポイントはブランドにより様々。生まれてすぐから使いたいプレママさんも必見です!

使いやすくてロングセラー “Betta(ベッタ)”

可愛いプリント柄と独特なシェイプの「ドクターベッタ哺乳びん・ブレイン」でBetta(ベッタ)の名前を聞いたことのある方も多いと思います♪

科学的な見地から赤ちゃんが飲みやすいようにデザインされた哺乳びんと同じように、スリングも使いやすく安全に設計されているんです。

安全性を重視して、生地は立体裁断され赤ちゃんを包み込むスペースがしっかり確保されています。ママへの負担も減るよう幅広のベルトも嬉しいポイント。新生児のうちから使える万能デザインで長く愛用できますよ♪

ベルト調整のファスナー以外は主に布地で出来ているため畳んでもかさばりません☆荷物が多くてもサッと取り出しやすいと評判です。


出典:Betta

生地の色や柄も豊富なので、どれにしようか悩んでしまうかも!はじめてのスリングにはユニセックスで使いやすいモノトーンが人気のようです。

きょうだいで使うときにも便利ですよね。また、使いやすい色柄ならプレゼントにも最適です♪Bettaには哺乳びんとスリングがセットになったギフトも充実していますよ。

パパも使いやすいのでシェアOK!

モノトーンはもちろんナチュラルなカラーも豊富に揃うので、「パパにも使ってもらいやすい!」と選ぶママも。お出かけ先で抱っこを代わってもらうだけでもママは助かりますよね。スリングを一緒に選べばさらに協力的になってくれるかも?


出典:Betta

また、肩に掛けるベルトの部分に長さを調節できるファスナーが付いているので、1つのスリングを2人でシェアするのも簡単。

赤ちゃんに触れない部分で調節ができるので、指を巻き込んだり怪我をする心配はありません。パパもぴったり密着抱っこができたら、赤ちゃんとパパとの距離もグーッと縮まりますよ♪

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

美しいドレープが映える “femmebelly(ファムベリー)”

ドレスショールのようなエレガントさ、実はこれもスリングなんです。femmebelly(ファムベリー)のスリングはママが赤ちゃんを抱っこしたときのシルエットにこだわって作られています。

デイリーユースもできますが、フォーマルスタイルにもフィットするので、赤ちゃんを連れて結婚式などに参加する予定のあるママにも選ばれています

人気の生地はしじら織り。ポップなデザインが苦手、というママにもオススメの落ち着いた雰囲気です。特に人気の色は完売してしまうことも。気になるデザインはお早めに!

femmebellyのスリングは主に1枚布となっていて、リングに通して固定するタイプ。長さの調節もできるので、服装やシーンに合わせてドレープの出方を変えることもOK。シンプルだからこそカスタマイズも簡単です☆

こんなの欲しかった!嬉しいオプションも◎

スリングや抱っこひもを使っていると赤ちゃんとの距離が近くなるぶん、汗やよだれなどでママの服が汚れてしまうことも。それを防いでくれるのがこちらの胸カバー。ママの首に掛けて使うタイプなので、赤ちゃんに負担を掛けずに使うことができます

私自身が赤ちゃんを抱っこして出掛けていたとき、よく赤ちゃんと私の間にハンドタオルを挟んでいたのですが、これが本当によくズレるんです!

赤ちゃんも動きますし、歩くときの振動もあるので当然ですよね。結局汗やよだれを防ぎきれず、お気に入りの服が汚れてしまったこともありました。このカバーがあればママも快適に抱っこできますね♪

シンプルな布1枚で出来たfemmebellyのスリングは、簡単に折り畳むことができます。それを束ねておけるのがこちらのシュシュ。

ママバッグのなかでもバラけることなく、いつでも取り出しやすく持ち運べるようにしてくれるアイテムです!ちょっとガーリーに可愛くまとめられるので、使うたびに気分も上がりそう♪

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

分かりやすい使い方動画も♪

公式サイトでは詳しい使い方動画が公開されています。赤ちゃんを正しい位置で抱っこするためにはしっかり準備してあげることが大切。しっかり確認して使いましょう☆

一枚仕立てならではの一体感 “New Native(ニューネイティブ)”

アメリカ生まれのNew Native(ニューネイティブ)のスリングは一枚の布をくるっと巻きつけるプリミティブなデザイン。体にフィットするので、より赤ちゃんと密着でき、赤ちゃんも安心して抱っこされてくれることでしょう♪

赤ちゃんが小さいうちは授乳のあとそのまま眠りにつくことが多いですよね。そんなときには、スリングで授乳してそのまま抱っこしてあげると、起こさずに休ませてあげることができますよ

もちろんパパが使うのもOK!ただし、New Nativeのスリングはシンプルな構造にこだわった無駄のないつくり。そのためサイズ調整のリング等は付属しないので、パパとママで体格差が大きい場合にはパパ専用のスリングを用意することをオススメします。

布だけでできているので、コンパクトに畳むことができます♪また、付属品もないので汚れてもこのままお洗濯できちゃいます。赤ちゃんの周りはいつも清潔を保ってあげたいもの。安心して使えますね。

ナチュラル志向◎オーガニックコットン

スリングのナチュラルな色合いはすべてオーガニックコットンによるもの。赤ちゃんにもママにも広く触れるアイテムなので、出来るだけ安心の素材を選びたいですよね。こだわりママも納得の高品質スリングです。

世界に1つのオーダーもOK “pu-pi(プーピ)”


出典:pu-pi

先輩ママたちによるワークグループが手掛けるpu-pi(プーピ)のスリングは、シンプルな構造×豊富な生地でハンドメイドされたこだわりの品。アルミリングが付属するタイプとリング無しのタイプから選ぶことができるセミオーダー式で、お気に入りのスリングに出会えること間違いなし!

スリングのオーダーは気軽に相談できる体制が取られているので、こんな機能を付けてみたい!など要望を伝えて自分だけのスリングを作ってもらうこともできちゃいます。

公式サイトで紹介されていたオーダーには、スリングにポケットを付けて収納しやすくしたアレンジがありました。「こんなことは難しいかな…」という相談も、先輩ママ相手ならしやすいですよね。

生地は肌にやさしいコットン

生地は日本製、丈夫なブロード生地やオーガニックコットン生地など種類や柄が豊富なんです♪実際に子育てを経験したママたちが選ぶ生地はどれも赤ちゃんを思ってやさしいコットン。


出典:pu-pi

一見スリングには見えないようなこんなオシャレな柄も。定番のタイプであれば価格が5,000円前後と、他メーカーのスリングよりも手頃なので、何枚も欲しくなってしまいそう!


出典:pu-pi

アルミリング無しのタイプだとここまでスッキリ折り畳むことができます。これなら、マザーバッグのポケットに入れておけるので、持ち運びも便利ですよね。


出典:pu-pi

北欧テキスタイル風の生地も。お気に入りの柄だと使うママもご機嫌になれますよね。ほかのママとかぶりたくない!というママにもオススメ。バッグや洋服を選ぶ感覚でお気に入りを探してみては?


出典:pu-pi

アルミリングが付属するタイプはドレープが出ますので、さらに上品な雰囲気に。こちらのアルミリング、継ぎ目がない特殊なものを利用しているそう。350キログラムの重さを掛けるとようやく変形するほどの強度で、大切な赤ちゃんにも安心して使えます


出典:pi-pu

リングがあってもコンパクトに畳めます。生地と同じようにリングカラーも選べるので、全体の雰囲気を損なわずにコーディネートできますよ♪

シックでスマートな雰囲気 “DORACO(ドラコ)”

「経験豊富な元助産師ママと現役デザイナーのパパが手がける機能性とデザインにこだわったベビーグッズブランド」DORACO(ドラコ)。

スタイリッシュなデザインや機能的であることはもちろん、ママと赤ちゃんがより安心して使えるようにサポート体制も整えられたブランドです。

構造上は新生児から使うことができるスリングなのですが、開発者の思いから、生後4ヶ月以降の使用が推奨されています。十分安全に留意して作られていることが分かり、より安心して使えますよね

参考:「DORACO 先天性股関節脱臼について」

パパにも使いやすいモノトーンを基調としたデザインが豊富。スタイリッシュなデザインはママも赤ちゃんもそっと引き立ててくれますね☆

DORACOでは購入後2年間のサポートを受けることができます。赤ちゃんの成長に伴って調整が必要になることもあるので、この画期的なサービスを活用しない手はないですよ♪お直しは1センチ単位。オーダーメイドの感覚でサポートしてもらうことができます。


出典:Rakuten

もともと輪になっているタイプなので、たすきがけすればサッと抱っこできちゃう簡単構造!

グズグズさせてしまったときにも時間を掛けずに抱っこできるので、お出かけ途中でも大活躍!使いやすいつくりは、パパとの協力育児にも必須。ぜひ一緒に練習してからお出かけしてみてくださいね。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

冬にも嬉しいファーがかわいい♡

秋冬ファッションに欠かすことのできないファータイプもあります。見た目にもぬくもりたっぷり。寒い日でもママの抱っこで気軽にお出かけができますよ。

実はこのスリングはリバーシブルで使えるんです!写真のようにDORACOらしいスタイリッシュな柄との切り替えしでオシャレに、ファー部分だけでコーデのアクセントに、と2通りの使い方ができちゃいます。その日のファッションに合わせて使い分けたいですね♪

輪になっているシンプルなつくりなので、スリングとして使わないときにはブランケットなどに活用する方法も。

ベビーカー・バギー・ベビーシートに赤ちゃんを乗せているときにはブランケットとして、抱っこするときにはスリングとして、様々な場面で大活躍の一品です。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

上手に使って快適なベビーとの時間を過ごそう

便利な機能が詰まったものやオシャレなデザインを中心に、たくさんのスリングをご紹介してきました。

安全に使えばとても便利なアイテム。赤ちゃんのことを第一に考えて、ママと赤ちゃんにぴったりなスリングを選んでみてくださいね。きっとおうちでのお世話も、お出かけも、楽しくなること間違いなしです!