どうやって収納してる?ハンガーのスッキリ!きれいな収納アイデア15選

収納してスッキリ!

haru✩︎⡱さん(@puccho_home)がシェアした投稿

生活感を出したくない!ハンガーをおしゃれに収納したい!というあなたは、収納ボックスやバスケットを使用する方法がオススメです。中身も見えにくく、より雰囲気のあるものを選べばインテリアにもなります。

収納ボックスを使用する

まひまなさん(@mahimana)がシェアした投稿

ベランダや庭など外に置いておきたい場合は、頑丈な収納ボックス(ストレージボックス)がおススメ!外だけでなく室内でももちろん使用することができますし、また蓋付きを選べばより衛生的に収納できます。ベンチ付きを選べば、腰掛けとしても利用可能です。ハンドル付きだと持ち運びもラクチン!

また、室内用であれば、持っている箱・布・包装紙等を使ってDIYすると、部屋の雰囲気にあったインテリアにもなります。

キッチンワゴンを使用する

ちびかおさん(@___k___319)がシェアした投稿

本来はキッチンで使われるはずのものですが、その利便性ゆえに洗濯グッズの収納におすすめのアイテムです。キャスターが付いているため容易に移動可能!

数段に分かれているものがほとんどなので、一番上の段はよく使用するハンガー、その下は洗濯ばさみや布団ばさみ等々、洗濯グッズを分かりやすくまとめられるのも魅力的です。また、洗濯ばさみは散らかりやすいため、メイクボックスに入れて収納するのもOK!

ランドリ―バスケットを使用する

A._.WORKさん(@a._.work)がシェアした投稿

ランドリーバスケットは洗濯物を持ち運ぶためのものなので、バスケット自体の容量が比較的大きいわりに軽量で、取っ手も握りやすく、持ち運びやすいのが特徴です。おしゃれなデザインのものを選ぶと収納が楽しくなりそう♪

見せてスッキリ!

小川 めぐみさん(@meg_yu)がシェアした投稿

「頻繁に使うものをいつも見えないところに収納するのは面倒だ」というあなたは、見える場所での収納を工夫しましょう!種類ごとに区分し、分かりやすくまとめるのがポイントです。

ファイルボックスを使用する

mcさん(@mc.home36)がシェアした投稿

書類収納に使用するファイルボックスの多くが、前面が斜めにカットされていて、出し入れしやすくなっています。これを上手に利用してみましょう!ハンガーをその種類ごとに分けて、それぞれのボックスごとに収納すれば、見た目も非常に綺麗です。

それでも生活感をなるべく出したくない方は、前面が斜めにカットされてないファイルボックスを選んでみて下さいね!

仕切りスタンドを使用する

Ayano Mさん(@ayanocats)がシェアした投稿

書類を仕切るためだけに存在するスタンドを敢えて利用してみましょう。やり方はファイルボックス使用時と同様、種類ごとに分けてまとめて、それぞれに収納します。ハンガーが取り出しやすく、倒れにくいのが特徴です。

どうしても見た目が気になる方は、扉付きの棚や、底の深い引き出しに上から縦に入れるように収納する等工夫してみてはいかがでしょうか。

かけてスッキリ!

LIMIA(リミア)さん(@limiajp)がシェアした投稿

いつもハンガーを掛けておける場所を、あらかじめ作ってしまいましょう!

突っ張り棒を使用する

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿

例えば、洗濯機横の空きスペースを上手に利用して突っ張り棒を設置し、ハンガーを掛けて収納してみましょう。出し入れしやすいのが嬉しいところ!

専用グッズでスッキリ!

頻繁に使用するハンガーですが、収納専用グッズの種類はそう多くはないものの、優秀なものばかり!この機会に是非、利用してみてはいかがでしょうか。

スタンド型を使用する

スタンド型のラックに上から重ねて収納します。絡まることなくきれいに収納可能です!ただしサイズもいろいろありますので、事前にしっかりと大きさをチェックしてから購入して下さいね!

バッグ型を使用する

@ao.mu305がシェアした投稿

ハンガーをトートバッグに収納しています。取っ手が付いていて肩から掛けることもできるため、持ち運びに重宝しそう。

ラック型を使用する

洗濯機横のタテの隙間を上手に利用できるのものです。マグネットで洗濯機に簡単に設置できます。洗濯ハンガーが一括収納できて、その場で洗濯物をかけられるから、動作もスムーズ!掛ける対応なので、出し入れも簡単にできます。

番外編①:余ったハンガーの有効活用法

掛けてもすぐに落ちて不便、使うと思って購入したら間に合っていたなど、今は使用していない手元に余っているハンガー。ご自宅に意外と沢山あるよ!という方も多いのではないでしょうか。せっかくあるのなら是非DIYして上手に利用してみましょう!

手作りクリスマスリース

tomotomo*coccoさん(@cocoat_moco)がシェアした投稿

自分だけのオリジナルのクリスマスリースを作ってみましょう。手元にある布で作ってもよし!毛糸のボンボンバージョンや、デニムやリボンバージョンでも楽しそう♪上手にできたものをプレゼントしても◎

レシピスタンド

Akiko Kawasakiさん(@partika_info)がシェアした投稿

あると便利ですが、他に使い方が見つからないボトム用ハンガー。リメイクせずにそのままレシピスタンドとして使用してみましょう。場所を取らずレシピも汚さず一石二鳥!

ペット用ドーム

yukiさん(@ykiran_55)がシェアした投稿

動物用ドームがTシャツと針金ハンガー、段ボールで簡単にできます。夏はTシャツ、冬はセーターに衣替えすると、動物も居心地よくていつも安心♪

番外編②:ハンガーの正しい処分方法

少し古くなったけどまだ利用できるかも…ハンガーを捨てるタイミングを見失って、ずっと同じものを使用しているという経験はありませんか。正しい処分方法を知らない人も意外と多いようです。

まずはクリーニング店へ

クリーニング店でいただいたものは、あとで無料回収してくれるところもあります。その際、特典を受けられることもあるかも!行きつけの店舗にぜひ確認してみましょう。

材質により分けて処分

ワイヤーなどの入った金属製は不燃ごみとして処理します。木製であれば可燃ごみですが、中に金属・プラスチックが入っているようなら、事前に分解して取り外す必要があります。

プラスチック製は、可燃ごみ又はプラスチック資源ごみです。処分方法の詳細をお住まいの地方公共団体で必ず確認してから、処分するのが鉄則です。

charlotte♡さん(@charlotte_920)がシェアした投稿

再利用して社会貢献も

AM/TO/GKさん(@amtogk)がシェアした投稿

不要なものを回収・再利用し、社会支援に役立てている団体もあるそうです。気になる方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

発想を少し変えるだけで、ハンガー収納も楽しくスッキリ収納できます。自分自身の生活スペースやライフスタイルに合わせ、好みももちろん取り入れながら、上手にアイテムを使用することがポイントです。

頻繁に使用するわりにはなかなか買い替えないものだからこそ、ハンガー購入時には是非収納法もあわせて考えてほしい!美しく工夫された収納が、より丁寧で快適な生活空間を約束してくれることは間違いありません。