Lau(ラウ)のママバッグと運命の出会い♡子連れでも機能性◎な最愛バッグが勢ぞろい!

ママバッグ界に旋風を巻き起こした!Lau(ラウ)って?


出典:Lau

ママにもカラフルでオシャレなアイテムを楽しんでほしい!そんな思いから生まれた「Lau(ラウ)」。写真のようなオーソドックスなママバッグをはじめとして、子どもと一緒にお出かけするママが使いやすいように、でも可愛くオシャレに決まるようデザインされたバッグやポーチがラインナップ。

2017年にInRedやサンキュ!などで紹介されるやいなや、何だかすごいママバッグブランドがある!と話題になりました。ここでは、Lauの注目ポイントやオススメアイテムのご紹介など、たっぷりご紹介します♪

ママの支持を集めるポイント3つ☆


出典:Lau

それではLauが話題となった秘密や魅力を掘り下げてみましょう!

キュンとする可愛いデザイン


出典:Lau

ふっくらぽってりとした女心をくすぐるシルエットと、ビビッドなカラーリング。何かと子ども優先になるママの手荷物ですが、バッグくらいは可愛いものを持ってお出かけしたいですよね。そんなママの気持ちに応えてくれる、小粋なデザインが揃います。

ポケットいっぱい!機能的

子どものお世話グッズは、いざというときにパッと取り出せないと困りますよね。そのためにはバッグの中での仕分けが大切になってきます。Lauのバッグは大小様々なポケットを中心に、アイテムをしっかりと収納できる仕掛けが散りばめられているんです!見た目が可愛くてもママバッグとしての機能も完璧なんです♪

Lauは可愛いなと思うけど、もうママバッグは持っているから…というママも大丈夫!ポケットがたくさんあって、しかも可愛い、そして使えるバッグインバッグもあります。後ほどご紹介しますので、お楽しみに!

赤ちゃんにも優しいコットン素材

Lauのバッグはその多くがコットンで出来ています。鮮やかなカラーバリエーションや、パッと目を引くプリントも、コットンならでは。赤ちゃんにも触れる部分なので、優しい素材を使いたいというママにもぴったりですよ。

丈夫なキャンバス生地は、バタつきがちな子どもとのお出かけにも頼れる存在。お買い物に、外遊びに、いつでも持って行きたくなりますね!
(※強度が必要な持ち手部分にはナイロンや合成皮革も使われています。)

さらにスタイリッシュな“LAUGOA(ラウゴア)”にも注目!


出典:LAUGOA

Lauの姉妹ブランドのLAUGOA(ラウゴア)は、より洗練されたラグジュアリーなテイストのバッグブランドです。Lauがママのデイリー使いにフィットしたラインなのに対し、ちょっとオシャレをして出掛けるときに持ちたい上質なラインがLAUGOA。

ファーやラタン、フリルなどのトレンドを意識したマテリアルを、自由な発想でバッグに仕立て上げた個性的かつ普遍的なバッグが揃っています。

毎シーズン発表されている新作のスタイルブックは、見るだけでもワクワクするような世界観。Lauとともに注目のブランドです。

全部欲しい!Lauのバッグをたっぷりご紹介☆

お待たせしました☆数あるLauのバッグの中から、オススメのアイテムをご紹介します。ママバッグだけでなく、ベビーカーバッグやミニショルダーバッグもありますので、お気に入りを探してみてくださいね♡

Lauの代名詞「Stroller Organizer」


出典:Lau

Lauの名を知らしめた、まさに名刺代わりのアイテムと言えるのが、このStroller Organaizer(ストローラーオーガナイザー)。ベビーカー・バギーのハンドルに取り付けられる専用のバッグなんです。別売りのフックを買って、専用ではないバッグを吊り下げているというママも多いと思いますが、専用のこちらを使うともう手放せない使いやすさですよ♪


出典:oioi

多くのベビーカーに取り付けることができるベルトで、しっかりと固定できます。マチはしっかりとあるのですが、厚すぎないフォルムなので、押すときに邪魔にならないというのが高ポイント!

ショルダー用のベルトがあるので、取り外して使えるのも嬉しいところ。室内遊び場やお店など、ベビーカー置き場に停めておかなくてはならないときも、サッと持ち運べます。そのまま肩に掛けて、動きやすさはキープしたまま使えるのが嬉しいですよね♪

バッグの口は巾着袋のように絞るタイプ。ジッパーだと中身を巻き込んでしまいがちですし、ボタンやマグネットだと閉まっていない部分に不安が残る。そんな悩みに応じたイイとこどりなデザインなんです!

万一子どもが触っても、指を挟む心配がないので安心して使うことができます。


楽天市場

パパにもママにも嬉しいカラバリ

パパがベビーカーや子どものお世話グッズを持ち運ぶこともありますよね。そんなときに嬉しいのがユニセックスなカラーやデザイン。Lauのストローラーオーガナイザーは絶妙な4色展開なので、パパと相談してみたり、ベビーカーの色と合わせてみたりと、ベストカラーを選んでみてくださいね!


出典:oioi

まずはカモフラ柄。ママが持っても程よくカジュアルにまとまるので、人気のカラーです!どんなベビーカーにも合わせやすいのが人気の秘密かも。


出典:oioi

定番のネイビーもあります♪清潔感のある配色で、クリーンさを大切に使いたいママにオススメです。キャンバス生地の白さが際立つデザインですが、巾着部分のペイズリー柄がアクセントになっています。


出典:oioi

女の子ママにオススメなのがこちらのピンク。パキっとしたピンクは、使うたびに元気になれそうな明るさです☆ベビーカーまわりは暗色系が多くなりがちなので、ワンポイントやアクセントにも。


出典:oioi

最もシックなオールブラックは、こだわり派のママにもオススメ。子どもまわりのアイテムはカラフルになりがちですが、それが苦手なママやパパも使いたくなる一品ではないでしょうか。汚れも目立ちにくいため、気軽に使えるのも嬉しいポイント。

美しいフォルムにうっとり「Canvas Tote Bag」


出典:oioi

一切の無駄を削ぎ落としたような、潔い佇まいのトートバッグ。実はこちらも機能たっぷりのママバッグなんです!子ども用に持ち歩いているようには見えないスタイリッシュさで、使いやすさも◎なCanvas Tote Bagをご紹介します。


出典:oioi

まずは大きめに取られた2つのポケット。キーケースや携帯電話などを入れるスペースは多くのトートに付いていますが、子どものグッズをしまうのには大きさが足りないんですよね。でもこの大きさの仕切りなら、すぐに取り出したいものを収納するのにぴったり!自ずと一番広いスペースも整頓されますね。


出典:oioi

バッグ外側にもポケットがついていますよ♪深さがあるので安定してものを入れることができます。サイドのほか、正面と背面にもポケットがあるので、何を入れても使いやすくカスタマイズできちゃいます♪


出典:oioi

さらに嬉しいのが4色のカラーバリエーション。赤ちゃんのほんわかした雰囲気にぴったりなミルキーカラーと、マニッシュに持てるモノトーンです。

イニシャルワッペンでオリジナルを楽しんで


出典:oioi

別売りのワッペンを付ければオリジナルバッグとして楽しむことができます♪ワッペンはイニシャルのアルファベットがあり、キャンバス生地の部分であればお好きなところに付けてOK。アイロンで簡単に接着できるので、お子様のイニシャルを入れてみては?

バッグの整理にお役立ち!「Bag in Bag Pouch」

お手持ちのトートバッグなどと合わせて使いたいバッグインバッグもありますよ。ポケットが少ないバッグも、便利で使いやすいママバッグにコンバートOK!

高さ19センチ×幅23センチ×底マチ8センチというミニサイズながら、ましかくに近い形なので収納力は抜群。また、重さもかなりの軽量・190グラム!いつも重くなってしまうママバッグを軽く持てますよ♪


出典:oioi
サイドのフープはボトルホルダーとして活用OK。ボトルのほか、折り畳み傘などにもちょうどいいかもしれません。バッグの中で邪魔になりやすいものの居場所を作ってあげましょう♪


出典:oioi

砕けた雰囲気のカモフラ柄は安定の人気。キャンバス生地のナチュラルな雰囲気ともマッチします♪


出典:oioi
キュートなギンガムチェックは女の子ママに限らず、可愛らしさを大切にしたい男の子ママにもオススメしたいカラー。バッグの中がふわっと明るくなりますよ♡


出典:oioi

オシャレなレオパード柄はそのまま持ちたいスタイリッシュさ♪実際に、腕にもかけやすい持ち手がついているので、貴重品だけを持って行きたいときなどにそのまま取り出しても◎なんです。バッグの中でも外でも大活躍のバッグインバッグです。

おむつ“バッグ”にもなるスグレモノ

実はこのバッグインバッグ、おむつポーチのように使うことができるんです!赤ちゃんを抱っこして大きな荷物を持って歩くのは誰だって大変。おむつ替えのときはなおさら、身軽に動きたいですよね。そんなママの思いに応えてくれるのがこちらのバッグなんですよ♪

秘密は背面にあるポケット。ここにウェットティッシュを入れれば…


出典:oioi
バッグを開けずにおしりふきが取れるんです!バッグの中には替えのおむつやビニール袋を入れておけばこれ1つでおむつ替えが完了しますよ☆

おむつポーチの多くには持ち手が付いていなかったり、付いていても小さなものが多く、それだけで持ち運ぶことが想定されていない場合が多いですよね。でも、こちらは腕に掛けられる持ち手もあり、ママの動きの邪魔になりにくい仕様。パパにおむつ替えをしてもらうときも、これだけ渡せばOKですよ♪

コロンと可愛い☆「Nano Shoulder & Mini Shoulder」


出典:0101

ママバッグの他に、ママの貴重品だけを入れておける小さめサイズのショルダーバッグもLauの人気シリーズなんです。子どもとのお出かけのときはもちろん、ちょっとそこまで♪にちょうどよいサイズ感で、ママ以外にも注目されているアイテムなんですよ!

サイズはナノとミニの2サイズ。お財布の大きさなどに合わせて選ぶことをオススメします。

最小限の荷物でサッとお出かけOK ナノサイズ


出典:0101

可愛らしい雰囲気がありながら、伝統的で安心感のある台形バッグ。こちらのNano Shoulderは、高さ10.5センチ×幅最大19センチ(幅最小10センチ)×底マチ10センチと、とても小さいシリーズです。


出典:0101

キーケース・スマホくらいでいっぱいになるくらいのミニマムぶりで、荷物をとにかく軽く持ち歩きたいときにぴったり!ママバッグはベビーカーに積んだりパパに預けたりすると思いますが、ママ自身の貴重品を別に持てるので、これは便利ですよね。


出典:0101

ナノサイズには、写真のビビッドなピンクのほか、ネイビー・ホワイト・レッド・レオパード・カモフラ・ブラックの7色展開。コーデの差し色にもちょうどいいサイズなので色々持ってみたくなりますね♪

素材は、無地:ポリエステル・柄:レーヨン。キャンバス生地のママバッグとほどよいコントラストで楽しめますよ。

お財布も入る絶妙なサイズ感 ミニサイズ


出典:0101

こちらは、ナノよりも少し大きめのMini Shoulder。高さ14.5センチ×幅最大22センチ(幅最小14センチ)×底マチ13センチと、ひとまわり大きいので収納力がアップしています♪合成皮革でできているので、雨や汚れも早めに拭き取れば色柄長持ち。カジュアルなフォルムながらも、上質さを楽しむこともできます。


出典:0101

小さめのお財布やスマホ・キーケースはもちろん、タオルハンカチや小さめのポーチなども入る絶妙なサイズ感。ハリのある素材なので、中身が多くても少なくても、コロンとした可愛いシルエットを保ちやすいですよ♪


出典:0101

口が大きく開くので中身が見えやすいのも嬉しいところ。抱っこ紐で子どもを抱いているときにはカバンの中が見えないこともありますが、ここまで大きく開けば手探りでもサッと取り出しやすいですね。


出典:0101

カラーは、写真のライトブルーのほかに、ライトピンク・ベージュ・レオパードの4色展開。身軽に持てるバッグなので、軽やかな色合いがぴったりです。

パラフィン加工でさらに丈夫!「ParaffinTote」


出典:0101

キャンバス生地にパラフィン(蝋ひき)加工を施したトートバッグがこちら。シワ感や色ムラ感が、アメリカンカジュアル・ヴィンテージな雰囲気を醸し出してくれるオシャレな一品です。

Lサイズの大きさは、高さ32センチ×最大幅44センチ(最小幅32.5センチ)×底マチ13.5センチです。肩にも掛けやすい持ち手は高さ18センチ。たっぷり入れてお出かけOKです!


出典:0101
オーソドックスな台形で抜群の収納力。どんなものもすっぽり入れられちゃいます。仕切りなどがないので、バッグインバッグなどと併用するともっと使いやすくなりますよ♪


出典:0101

クリーンなホワイトは、ナチュラルスタイルのママたちに大人気!オーソドックスなデザインなので、どんなファッションにも。もちろんパパにも使いやすいですよね。


出典:0101

ヴィンテージデニムのようなネイビーは、よりカジュアルに、よりスマートに持てますよ♪汚れがつきにくくて目立ちにくいから、外遊びのときにも◎ ママの荷物も子どもの荷物もたっぷり入れてお散歩したくなりますね。

ミニマムに使えるSサイズも♪


出典:0101

Lサイズトートよりひとまわり小さいSサイズも、小回りが利くと人気なんです♪サイズは高さ19センチ×最大幅28.5センチ(最小幅16センチ)×底マチ12.5センチ。肩掛けは難しいですが、少ない荷物をサッと持ち運べるのがSサイズのいいところ。


出典:0101

カラーバリエーションはLサイズ・Sサイズともに、写真のブルー×ブルーのほか、ブルー・ワイン・カーキ・ナチュラル(ホワイト)の5色展開です。悩んだらイロチ買いも楽しいですね☆

ママもバッグからオシャレを楽しもう!


出典:0101

ママにもオシャレなバッグを持ってほしい!という願いから生まれたLauのバッグをたっぷりご紹介してきました。子ども中心の生活を送るママに嬉しい、たくさんの機能が生かされたアイテムが目白押しですよね。もちろんカラーバリエーションも豊富なので、ぜひ最愛のバッグを見つけてくださいね。

ママバッグのほかにも、ひとひねり個性が光るクラッチバッグやハンドバッグなども展開されています。バッグから毎日のオシャレを楽しんでみてくださいね♡